3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[921] 新しい掲示板を設置しました。 3QQQ掲示板管理人 - 最新投稿 3QQQ掲示板管理人 2013/03/08(金)00:47
[921-1] 新しい掲示板を設置しました。 3QQQ掲示板管理人 2013/03/03(日)01:25
   いつもお世話になっております。
3QQQ掲示板の管理人です。

新しい掲示板を設置しました。
掲示板への書き込み時にスパム投稿対策のための「投稿キー」入力作業が増えるため、皆様には大変お手数をおかけしてしまいます。済みません。
Menu ページから入れますので、試用してみてください。「続・3QQQ掲示板」です。

もしかすると携帯電話で投稿キーが見えないことがあるかもしれません。その場合は管理人宛にメールをお送りください。

以上、よろしくお願いいたします。

[921-2] 祝「続・3QQQ掲示板」誕生。 2013/03/05(火)07:58
    「続・3QQQ掲示板」に移転しています。旧のスレッドでは、書き込み不可の場合もあるようです。

 管理人さま、お世話になります。^^

[921-3] 祝、その2。 2013/03/05(火)08:08
    最上段にあげときます。^^

[921-4] こちらには書き込みできないようにします。 3QQQ掲示板管理人 2013/03/08(金)00:47
   続・3QQQ掲示板に書き込みできないときは、画像掲示板か管理人宛メール(postmaster)でお知らせください。

[882] おそのさん情報 ひらの - 最新投稿 2013/03/05(火)08:02
[882-1] おそのさん情報 ひらの 2013/02/21(木)15:33
   おそのさんが、久々に新作を制作し、東京で開催される「染めの小道展」に出展します。
今回は去年の北海道ツーリングをイメージしたもの、Aルプスクイックエーススーパー通称「ペーター君」グッズなど、自転車と旅をテーマにした美しい手拭い、コースター、Tシャツなどが満載です。

東京近郊の方、または東京にお越しの方はぜひお立ち寄り下さい。

以下、本人からメッセージです。
ひらの


皆様こんにちは、ペーターくんとおそのです。ペーターくんのレストアは皆様のおかげで完成出来たと思ってます。あらためてありがとうございました!たまにのぞいてますよ。掲示板。(大笑)
で、宣伝ですが!
今東京にむかってます。
久しぶりの新作もって新宿中井のイベント、「染の小道」に出展します。
私の自転車人生が怒涛のようにはじまってます。作品にもめちゃくちゃあらわれてしまっています。

ペーターくんだらけのコーヒー染めの手ぬぐい、Tシャツ。その他いろいろ。作りました。
ペーターくんはキャンピングとそうでないバージョンあります。ぜひみてほしいです!

お時間ありましたら、どうぞ起こしください!染色作家の生き様を見に来ていただきたいな。とおもってます!商店街にいろんな作家がのれんをかけて街全体をギャラリーにしてしまおう!という染めのイベントです!2月22、23、24日
そのはら出没情報!開催中はずーっと中井にいます。暖簾は西武新宿線中井駅前のコーヒーショップコロラド(パンフレットNo.85)にかけます。作品販売や、私はギャラリーさくらさん(パンフレットNo.28)に在中します!駅前でパンフレットを配っているので、地図を見てくださいね。
染の小道サイト
(送信、不可だったので、検索かけてください。)
あわせてblogもごらんください。
園原弘美(*^o^*)
(こちらも、名前で検索
してみてください)

[882-2] 早速 brm-codama 2013/02/21(木)18:25
   園原さんのブログ"ARE YOU"から「染の小道」のHPを見つけて確認しました。
現場へ行けば作品を見れるし写真でしか見た事のないサイクリスト園原さん本人に会えるのに…。

[882-3] お鶴さん情報。 2013/02/21(木)18:52
    お園さんの、お染めものですか、ひらのさん、ひめさま(お元気そうで何よりです)。コースターとは、バーへ行くとある、あれですね。電動こけし、ちゃう、電気仕掛けで光る、プラスティックのそれにグラスを置く例のバーですが、
 「こんなもん、アカン」
 「グラスが滑るやんか、それでは」
 「イボの上で斜交いになって」

 「ワイングラスなら、丁度、良いんだけど・・」
 「じゃあ、鶴さんのはこれ」

 と、お絞りを畳んで載せられています、私のコップだけ、文句を言ったら、それ以降。結論は、

 その「日本手ぬぐい」ですが、いつからか、どこにも売ってなくて、呉服屋へ行き買っていたけれど、最近は、旅先の土産店で買うようにしています。呉服屋さんは、お祭り用の為だけなのか、夏場しかなくて。Mベルが、それを悟ったんでしょう、製品として販売してますね。これも、いつからか。

 サイクリングには打ってつけです。N誌の小上馬何とかさんが、自身の携行品を紹介する際、マファックの携帯工具と日本手ぬぐいを挙げてられて、そのときから私もタオルに換えて持参です。みなさまは、あの嵩張るタオルでしょうか、サイクリングに所持は。あんな便利なものはありません。包帯にもなるし。切れ目が解れるのが玉の輿、いえ、玉に瑕ですが。結論の結論は、

 ひめ!、サイクリング・グッヅを沢山こさえて下さいませ。日本手ぬぐいは勿論のこと、

 サコッシュ
 靴下
 ホーズ
 テントのフライシート
 ボトルカバー
 指きり手袋
 輪行袋
 散らばる小物を入れる、スタッフバッグ
 ヘルメットカバー
 工具入れ
 チューブラーバッグ
 カードサイズのサイフ
 コンロケース
 荷作り用風呂敷
 サブザック
 
 こんなところです、私が必要なのは。キャッチフレーズは、
 
 「サイクリストのあなたを、染めて早漏、いえ、候」

 です。駄目かな。(笑)ではなくて、(大笑)でしたか。

 私は、関係ありませんよね。^^

[882-4] 嗚呼、いいですなあ 2694 2013/02/21(木)19:07
   嗚呼、いいですなあ

東京お住まいの方たちが、ランドナーで乗り付けると、喜んでもらえると思います。

それにしても、brm―codamaさんが行けないの本当に残念そうです。
これは、園原さん、ひらのさんで九州ツーリングでも企画しないと駄目ですね。

[882-5] 染めの小道展 初日レポート ひらの 2013/02/22(金)19:07
   今日、初日の「染めの小道展」でのおそのさんと出品物をレポートしてきました。画像アップしましたので、ご覧ください

[882-6] 綺麗ですね。 KEROYON 2013/02/22(金)20:39
    僕は、京都で買った手拭を額に入れて飾っています。形に合う額の方が大変なんですが。
 爽やかな色調ですから、飾っても部屋にも合いそうですね。
 中井界隈は、学生の時のなじみなのと、赤塚漫画やタモリさんや所ジョージさんも出た映画等、色々と楽しめますね。

 午前中にでも、軽く立ち寄りしに行こうと思っていましたが、突発事象が有り、結局、一段落したのが17:30だったのでした。
 お昼頃のニュースでもやっていましたので、知る人ぞ知るイベントなのでしょうかね。

[882-7] 見ていると brm-codama 2013/02/22(金)22:09
   見ていると つい思わず微笑んでしまう ほっこりと暖かい空間が出来ていますね。

[882-8] ぼくも手ぬぐい派です 2694 2013/02/23(土)03:43
   画像を見ていると心がほどけて、皆さんが応援したくなる気持ちがわかります。

自転車との出会いが、こんなに思いかけぬ作品を産み出すんですね。これからどうなっていくのでしょう。

[882-9] 感性 brm-codama 2013/02/23(土)09:59
   園原さんがこれらの作品を生み出す上で 彼女の感性を刺激した自転車達がある訳で 自分ら製作側は流行に流されず 今現在入手出来る部品を使って そういう自転車を作らなければいけないな…と感じさせられます。

[882-10] ありがとうございます ひらの 2013/02/23(土)11:23
   みなさまの暖かいコメントに、おそのさんも大変喜んでおりました。
僕も大変嬉しく思います。
今日も再び、現地におりますので、引き続きいらっしゃられる方はよろしくお願いいたします。

でも、こういった広がりはやはり楽しいですよね。
僕の見る限り、ランドナーやのんびり旅、またはキャンピングの体験があったからこそ可能だった表現だと思います。

または旧型スタイル、伝統的なスタイルの自転車だからこそ、描いて味わいと楽しさと遊びが出てくるものだと思います。
今回は、旅先で出会った豚小屋を脱走して羊たちと一緒に生活する事になった(本当の話なんですよ)豚のブーブさん(笑)や旅ぬいぐるみのジェリーさんが脇を固め、キャンピングらしく、月光と樹木が静かなイメージを作っています。

カトピンさんが自転車による風を抽象的に表現したように、ランドナー特有に見えてくる世界はあるはずです

[882-11] ブーブ様 ひらの 2013/02/23(土)11:55
   今回のおそのさんグッズで重要なキャラクターになった豚のブーブ様の旅先での画像をアップしておきました。

よろしかったらご覧ください

[882-12] 染めの小道 お会いして来ました。 KEROYON 2013/02/25(月)12:06
    園原様の作品をアップしておきます。
 出来るかな?
 額装すると、いっそう映えます。
 ターナーの様です。

ひらのさん
 この様な機会を、本カテゴリーで紹介して頂き、有難う御座いました。

おそのさん
 額の関係で、天地・左右が切れますが、調整してバランスを整えました。

[882-13] keroyonさん ひらの 2013/02/25(月)18:02
   ありがとうございます。
おそのさんも喜んでおりました。
額装いいですね。

この柄は、北海道のチミケップ湖での体験がモチーフです。

静けさの感じがよく伝わってきますよね

[882-14] 無事終了しました! おその 2013/02/25(月)18:10
   皆様!あたたかい感想本当にありがとうございます。自転車のご縁、人とのご縁。すべてはペーターくんがここまでの影響があるとは。自分でもびっくりする間もなくここまで来ました。自分の気持ちと、見てくださった方の感想がとてもリンクしていて嬉しいです。お客様にも、自転車、旅、コーヒーと好きな方とたくさんお話しました。

染色の表現の可能性をいつも探ってます。自転車と自分が体験したあの風景。感じた事、人の作り出すもの、言葉もすべて、真剣なものは伝わるのだと、あらためて感じた今回の作品でした。
そして、ご来場くださいました、KEROYONさんALPSとともに、本当にありがとうございました!手ぬぐいも額に入れて頂けて嬉しいです。
これからも自転車ととともに、表現していきたいと思います。九州の方も行きたいですね。楽しみが沢山です。今、あずさで長野に帰るところです。それではまた!!

[882-15] お疲れ様でした。 brm-codama 2013/02/26(火)00:41
   おそのさん お疲れ様でした。
KEROYONさんの投稿画像も見ましたが、掛かった手間の大変さも感じますが、センス…素敵だと思います。
これからもいい作品を作り続けてください。

[882-16] 作家と作歌。 2013/02/26(火)08:03
    お、お、お、の、おそのさん!。私の感想は暖かくも何ともない、自己中心的にて、相、すみませんでした。

 これからの作品が楽しみですね。何も知らない人が見ても、自転車の絵がなくとも、「サイクリングに出たいわ」となれば、私は嬉しいです。できたら、若い女のみの。で、変態3QQQ、いえ、

 電脳談話室へは処女ライティングではなかったでしょうか、ひめさま。何か質問でも偶にはなさって下さいませ。書く人がないと、読めませんから。あ、「わたし、寂しいの・・」でも、結構です。

 ♪あずさ2号で わたしは わたしは あなたから♪

 ・・・、なんでしたでしょう、この次の歌詞は。たしか、1号でないと、下り列車ではないところ、2号にしたのは、メロディーと合わないからだったかと思います。芸術は、事実を変えてはならない?。こんな唄などとは違って。ともあれ、お疲れさまでした。

 いいなあ、新宿。信州が近くて。大阪にいると、アルペンな心をもてなくて、いけません。^^

[882-17] 続・3QQQ掲示板、誕生!。 2013/03/05(火)08:02
    これより次は、「続・3QQQ掲示板」に移転しています。^^

[861] 朝まで大激論VOL.5 ひらの - 最新投稿 2013/03/05(火)08:00
[861-1] 朝まで大激論VOL.5 ひらの 2013/02/08(金)19:35
   第5ラウンドです。再び熱く語りましょう。どこまで続く?デスマッチ。

[861-2] 還暦仕様 2694 2013/02/08(金)21:19
   ランドナーに乗り続けてきた先輩サイクリストの多くが還暦を迎えています。

年上の人たちには、豊富な経験と知識で年齢に応じたサイクルスタイル、自転車作りをされるのか興味があるんですよと話すことがあります。

その時の愛車は、もちろんビルダーの作るオーダー車でしょう。
自分は、量産車で還暦仕様なんていうのは、知りません。
自転車に関わり続ける限り終わりは、ないんですね。
brm―codamaさんもフレーム作りをする上で年齢を重ねたからこそ見えた世界があるのかな?と思いました。

[861-3] そうでもないんですよ。 KEROYON 2013/02/08(金)21:41
    還暦より上の方で、昔はオーダーにこだわったけれど、プジョーやモトベカンのアルミetcに乗ってみたくなり、ポチッとしたらオークションで取れちゃったから・・・なんて方もおります。
 どーやってフロントキャリア付けるかな・・・とりあえずリクセンカウルだけれどとか。

 また、ずーっとこれだよ!!と、BSやパナソニック(ナショナル)という方もおります。

 なんだかんだ言って、カーボンに乗ってみたいとかチタンにしてみようとか、また買っちゃった!!なんてやっている方もいらっしゃいます。
 
 昔、学生の頃に買えなかったから退職金でケルビム。(これも、吊るしって奴で先代のフレームですが・・・)
 以前、3QQQで書いた、この間、組んであげたスーパー・ツーリングなんかがそうです。
 これが欲しかったんだよーって。

 もう何年も乗れないのに、そんなに衝動買いしてどーするの?って、皆から冷やかされています。

 逆に、ワンディサイクリングなら小径車ばっかり乗ってますなんて言う方も。
 
 見聞きした事が無いという事でしたので、参考にして下されば幸いです。

 結局、色んな自転車に乗ってみたいのが中毒患者の傾向として有る様です。

[861-4] 3QQQ的な 2694 2013/02/08(金)22:19
   まあ、何か理由を拵えて新しい自転車を手に入れるというのは、あると思うんです。

地元の知り合い、ちゃんと走られる方で、筋力が落ち、身体が硬くなり、アップライトな姿勢、その上でフォルムを含めた自転車作りを模索されています。

未だに、イベント車ではなく、サイクリング車として古い部品を着けた自転車に乗る方がどう一緒に年齢を重ねていけるか?若いのと程々一緒に走れるか?
レストアしてないで新しいの作って下さいよ、アルビーでと言っています。

ここは、3QQQだから、そういうのを応援、プッシュしたいんですよ。

[861-5] 確かに brm-codama 2013/02/08(金)23:37
   年齢的な体力やフォームの変化に合わせて走りを楽しめる自転車をという方も増えています。体の故障やガタも来ていたりしますから こちらとしては普通ならありえないバランスボールのように精度面でも高めて体のバランスや感覚を取り戻すような感じにしたり ずいぶん前から暖めていた部品を持ち込むケースもあり 現在の高性能で低抵抗の部品と組み合わせる事もあります。昔のはワイヤーの摩擦抵抗が大きくわからなかった潜在性能が引き出されたりしますね。…というふうに様々な楽しみ方が出来るのが自転車のいい所かもしれません。

[861-6] 僕でも KEROYON 2013/02/09(土)00:38
    若い頃は、チネリのステムですが、上に行くと曲がっていて入りきらない。
 それで削って、真下に突っ込んで使う位でした。
 パールにすると、真直ぐだけれど元々の突き出しが長くて入りきらない。
 だから、自分で切って、台形臼のテーパーを作り直して使うなんて事していました。
 今は、3p位出していますから、硬くなっています。
 腰よりも、首・肩甲骨ですね。

 この間、NHKの「ためしてガッテン!!」を、たまたま見たんです。
 そうしたら腰痛の事をやっていて、脊椎狭窄症というのが有るんです。
 それは、前傾姿勢になると圧迫が取れて痛くなくなる。
 僕が、現在それなんです。
 寝ていると真直ぐだから痛みが残る。
 それで、自転車に乗ると取れる。

 その番組を見て「なる程」っと。
 だから、ある程度の前傾姿勢が良い場合も有るみたいですね。
 老人だと、大概は、サドルとステムが水平なら平気みたいですね。

 でも、若いのに付いていくのは無理ですね。
 僕でも無理ですから。
 でも、それは求めていないと思います。
 だから、頑張るとしても、自己新記録を目指すという事ですが、それもしないですね。レースじゃないから。楽しく楽に走れれば良いと思います。
 それより、色々な所に自由に行きたい。体力が続く限り、寝たきりに成らない限りは・・・じゃないかと。

 最近も、知り合いが、古いのでやりたい!!と言うのだけれど、知識が断片的なんですね。
 日東のパールにフィリップのハンドルとか、サンプレのS.L.J.が好きなんて言うから、フレンチ規格だしサンプレエンドが・・・って言うと、キョトンとしている。
 まあ其処までは無理として、ヘッド小物と言うと、それ何処ですか?
 それなのに022より019が良いと思っていますとか。
 アレレ、詳しいのだか知らないんだかみたいな。
 でも、僕の自転車みたいのに憧れる。
 そういう事も含めてのオーダーだと思います。

 まあ、ひらのさんなら、「いきなりトーエイとか、ふざけるな!!10年早い!!」かも知れませんが、それだと、彼、死んでるかも。

 ビルダーさんは、お仕事ですから、ソフト面と言うか、大多数のそういう方に親身になって商売繁盛して頂ければと思います。
 まあ、選手に作る方が面白いでしょうけれど。

[861-7] 内蔵工作 火を使う仕事 2694 2013/02/09(土)03:13
   薄肉のパイプにフレームの内蔵工作っていうのは、あまり向かない?難しい?のであまり作り手が気がすすまないようです。

直付け、オール内蔵で手間をかけた末に何か失うものは、あるのかな?と最近考えています。

火を使う仕事は、手際、タイミングが大事。あまりビルダーがやり慣れない仕事を盛り込むとこねくりまわして美味しくない料理みたいになるのかしら?と思ったりします。
面倒でも作り手がやる気、集中力がある時は、不安がないです。
納得してない、遣らされている場合がこわいですね。

作り手の得意を活かすのが一番で、その上でだれにやって貰うかを考えるようにしたらいいのでしょうね。

[861-8] 物欲の程度は、60歳未満とは異質?。 2013/02/09(土)08:14
    この世からオサラバまで、あと少しのサイクリストですか。サイクリストとは関係なくて、

 この話が例のバーであがったんですが、残りの人生への「取り組み方は様々」と仰せの昭和23年生まれの人

 注)会長と呼んでいます、そこでは。希望退職をされて現在はアルバイト。年金とそのバイトで呑んでいるようです。10年前、何には逃げられたらしいです。寂しさを紛らわす毎日なんでしょうね、おそらく・・

 でした。私は、サイクリストで還暦あたりは普通の気概かと感じています。75くらいまでは持続するけれど、80の呼び声と同時に消滅するのが、普通なんでしょうか。いくら好きなことでも・・。話にならんといいますか、面白くなくなると仰せでした、ゴルフの場合。結論は、

1 旧来の自転車を何とかして使い続ける。
2 兎に角、軽い自転車を欲する(5キロを切る「ランドナー」に乗る先輩サイクリストが!)。

 1と2だけに分かれそうな。

 これまでの集大成みたいな自転車を新しく作ったという人は、私は知りません。これまでの延長でしたらば、いらっしゃるけれど。大先輩のKEROYONさんは、1ですね。いえ、やっぱりと、通過点でしょうか、新車への。

 拝見したいです、その新車を。^^

[861-9] 歳になると KEROYON 2013/02/09(土)10:26
    スポーツ全般に言えるのですが、若い頃は、肉体が身体に勝っている。
 だから、筋肉が悲鳴を上げる経験が皆有ったと思います。
 100メートル、試合で走ったら痙攣して倒れるとか、其処までいかなくても呼吸困難になるとか。
 僕らは、腹筋が肉離れになるとか血尿が出る経験をすると本物だ!!って、聞かされていましたし、其処までは、僕も含めて皆やった。

 今は、自転車も息があがる前に脚が動かなくなる。
 昔は、肺から血の息が上がりました。

 そういう事で、全然違いますから、自転車に求めるものも違ってきますね。

 ひらのさんのテーマに少し触れると、自転車って構成品が多いですよね。
 マファックからクールストップのシューにしても進化します。進化と言うと主観的だから変化ですかね。
 工夫して、シマノがやったブレーキレバーに補助スプリング付きにすれば、握力面だけでも現代になります。それと同じ工夫(結果として同じ方向性の工夫)をマファックのレバーに盛り込めば、外見で一緒でも違って来る。
 だから、完成時に完璧にせず共、幾らでも変化する。だから、流動的で、一台でも通過点という発想です。
 判り易く言えば、ビンディングに交換すれば、進化するか別にして、現代風にはなる。
 スキー靴もビンディングが良いと言えないし、半分ビンディングという靴も有ったので、あえて進化とは言いません。

 フレームが駄目なら新車になりますが、2694さんのビルダー論に絡めると、エルネストが多分、僕の今の歳の頃にオーダーした訳です。
 それなのか、こじつけになるかもしれませんが、今乗った方が、しっくりくる。
 それは、彼のその時の感覚が無意識にフレームパイプのブレンドに宿ったのかな?とも、勝手に思っています。

 前にも何処かで書いたと思うけれど、先代が油の乗りきった旬の頃、世間的に言えば40〜50の頃、体力と知力のバランス面で、それと、2代目が継いだ直後、普通は、先代の方が良い仕事でしょう。
 僕が経営者の2代目だから言う訳じゃないですが・・・
 だから、それを見越して、そのタイミングを逃さず作った訳です。
 それと、結婚する前にとか、定年までにという経済上の問題も有りますね。
 スチールのフレームの土俵なら劣っていると思いません。良いかも判りません。
 本人に能力が無いので、正直、判らない。
 ただ、間に合っているとは言える。
 けれど、寿命が来たら・・・だから、耐用年数が気になったんですよ。
 確かに、もう少し、今の知恵と部品群の中から選択して作ってみたいですね。
 良い物が出来るかは、作らないと判らない。持っているのを越えられるかも判らない。
 仲間が、それを最近やりました。羨ましいですよ。
 
 ブランドだけじゃなく、そういうのも有るんじゃないですか?
 鶴さんじゃないですが、何の格だか知りませんし、格という言葉の響きは嫌いですから、なんて日本語で言うのか別にして、読めば、今迄、面々とコメントしていたニュアンスは伝わるかと。

[861-10] 直付けの場合 brm-codama 2013/02/09(土)11:51
   2694さん 直付けの場合は数種類の溶接方法があり、それと共に温度も違いもあり、肝心のフレームチューブが、その溶接温度に対応していなければ劣化やなまされて弾力性や強靭さが失われ寿命が短くなります。
そして事前にチューブ単体の段階で直付けしておく場合とメインの溶接終了後に直付けする場合でも精度や弾力性や強靭さが全くと言っていいほど変わり、薄肉チューブの場合は特に差が激しく違って来ます。
オール内蔵は故障や部品交換が必要になった場合は、当然ながら簡単に行かずとても面倒な作業になるので 使用状況に照らし合わせて本当に必要などうか検討して決める必要があると思います。

[861-11] 済みません 訂正 KEROYON 2013/02/09(土)15:10
   誤:ひらのさんのテーマに少し触れると・・・
正:(大先輩のKEROYONさんは、1ですね。いえ、やっぱりと、通過点でしょうか、新車への。)鶴さんのテーマに少し触れると・・・

 内蔵工作ですが、ブレーキにしろ変速にしろ抵抗により引きが重くなる(人様の良く調整してある物を触らして頂いた経験だけです)事は無いと思います。
 変速の場合、上向きな事、アウターで保護されていない等から、「雨水で錆びる」と、良くお聞きしますが、ブレーキは、平気ですね。
 でも、僕の場合、ことごとくビルダーから変速内蔵は止めておきなさい!!、今回だけって言っても、シーン。
 ハハーン!!と、理屈も判るのですが内緒にしておきます。僕の××もそうですから。

 残留応力もベアより不利と言うなら、引っ張り側が出ない様に下駄を履かせて溶接すれば良いのでは・・・クロモリで薄肉パイプというフレームの性質上、かなりの影響が出る点は、言うまでも無いと思いますが、それで亀裂が生じたとか、フレーム精度に問題が出て真直ぐ走らない事は、聞いた事が無いから、実用どちらでも問題無し!!と、考えます。
 それを言うなら、パイプをバンドで締め付けても、変形力が常に加わるのだから問題が発生する気がします。

 僕は、ABS樹脂でやりましたが、接着剤も収縮度の違いから残留応力が働きます。
 接着剤は、UV硬化樹脂なので、簡単に言うと2液混合比やUV照射方法・温湿度管理でも違います。
 エージング、アニーリング・・・ノウハウの塊ですが、自転車も一緒かと。
 1000oで±1o未満の精度でしたが、線路じゃないですが、外気温でも勝手に変わります。
 カーボン・フレームの接着も、研究開発畑でしたから隣で見て来ましたし、飲みグループに自転車の梶原さんみたいな※※の神様と業界で言われた(専務さん)がいたので未だ懐疑的です。

 ですから、フレーム体も、素人の聞きかじりで判断しても意味が無い。
 そういう所は、職人にお任せで、まして日本の職人は、殊更丁寧で勉強熱心ですから信頼しています。

 一般的に電気は、0〜40℃ 0〜85RHですが、北海道も沖縄も有る。
 仕事なら、駄目ですとか出来ませんって、「馬鹿じゃないの!!」当時「貴様それでも設計課長か?」って叱られますよ。
 「お前なら出来るだろう!!一週間やるからそれまでに何とかせい!!」と。
 ゼロ戦とかも、そうやって作ったんじゃないかな。

 自転車業界もそんなに甘いとは思えませんから、内蔵工作程度は、造作無く出来て当り前と思いますよ。
 苦手とか不得意が残っている腕前なら、使い物にならないんじゃないですか?
 やる気が起きなければ「辞めれば・・・」でしょ。
 職人堅気や気質って、「誰にも負けない!!」方ばかりだと思っています。
 その反面、何処かで手抜き出来るのも熟練技だから、其処を見付けてチョッと・・・って言うとテヘヘって。人って面白いと思いますよ。

[861-12] brm―codamaさんありがとうございます 上がりの一台 2694 2013/02/09(土)15:13
   brm―codamaさん、ありがとうございます

自分は、今の自転車を10年くらいのスパンで考えています。
自分が年齢を取り、深い前傾が取れなかったら、アップライト姿勢、ステムは上がるし、短くなる。
実際に乗りにくくなる個体もありますね。フォークを作り直せば済む話しなのか?
状況により答えは、変わるでしょうが。

サイクリストとしては、上がりの一台というのはないですね。
憧れの部品、仕様の自転車も乗れば、その時の自分に向き合うことになる。

美しいサドルピラーの出、ステムの突きだしとかは、広く使う部品を選び直すとか、視覚のトリックでも利用するしかないですね。

[861-13] サドルの直付け KEROYON 2013/02/10(日)12:42
    というタイトルを聞けば、アレだな!!って、想い出す方も多いでしょう。保坂?穂坂?女史のレポートです。
 上手くやれば、まとまる訳ですね。
 機能美を追求した結果、其処に行き着けば・・・
 そう思います。

 でも、ギヤ比だけは無理ですね。
 意地でもロードレーサーは、52Tと言ってもネェ。
 と言っても、カンパで有る限り42Tか44Tになる訳ですが。
 その点、ランドナーは、まだ誤魔化しが利きますね。ロングゲージのデザインの好き嫌いは別にして。
 まあ、現役の頃から小ギヤードの方もいらっしゃるので、ノー・プロブレムなのかもしれません。

 年賀状のインクの色じゃないですが、あの色は、何々君のだ!!って言われる位になれば、どーでも良い事です。
 ですが、妥協せずにやってみたいとも思います。

[861-14] 問題が・・・ brm-codama 2013/02/10(日)14:48
   KEROYONさん 掲示された「サドルの直付け」に関する情報元が何なのか?わかりません、何を見ればいいのか教えてください。

[861-15] ニューサイクリング誌です。 KEROYON 2013/02/10(日)15:01
    エート 何月号でしたか・・・部品特集だったか、女性用車を取り上げた何ヶ月かの中の一文だったかと。リリーエルスの自転車を持ち出して書いています。1980年初頭でごんす。
 要するに、フランス・ルート・チャンプの彼女のもシートピラーが少ししか飛び出していないのでホッとした・・・でも格好良くって、なんだいーんだ!!と言う件だったかと。
 もしかすると式場キヨ?さんでしたか・・・
 そらんじているので、また間違ったかしら?
 アルチュー・ハイマーですからね。

 1975年のサイクルメイド総覧か、ダニエル本の1961年の線画でモノホンが確認出来ますね。
 最新のアイズさん等から出た英書に有りましたかね。無い筈もないとも思いますが。

[861-16] スミマセン KEROYON 2013/02/10(日)15:08
   インターネット環境、ソフトをインストールしたらの調子が悪くなり、整備中でした。
また、しばらく駄目かも・・・調査中です。

[861-17] サラヴア レーベル ひらの 2013/02/19(火)23:30
   全然関係ないですけど、音楽ネタです。

最近、再びフランスのキ○ガイ女、ブリジットフォンテーヌをよく聞いてます。
日本のPhew(フュー)なんかの直系の先輩といいますか…やはり「ラジオのように」は時代を越えた傑作でしょう。最近、ボーナストラックを5曲も付いた再発CDが出たので、持ってるのに、思わず買ってしまった(涙)新たに追加された「美しい動物たち」という曲は、戦慄ものでした。
18歳の頃、初めて聞いた「ラジオのように」のスーパークールで冷たい熱さが全身の毛を逆立てる感覚を思いだしました。
サラヴアレーベルはやっぱ凄いです。
もちろんピエールバルーやアレスキーも好きです。
ピエールバルーさんには実は90年代に個人的にお会いした事があって、僕は国内版オリジナルレコードを持っていたので、サインしてもらったのが良い思い出です。

サラヴアとは関係ありませんが、フランス系スーパークールミュージシャンでは、僕のアイドル、もう亡くなってしまった 女性ミュージシャン、リジーメルシェーデクルーも昔からよく聴いてます。
数年前にCDで再発されたので、全部買ったぐらいです。

ああ…くるわ…

[861-18] 鶴さん、2694的格好良いとは? 2694 2013/02/20(水)00:48
   Aート・Eンサンブル・オブ・Cカゴが演奏やっているものだろうか?
ブリジット・フォンテーヌは、深まらない自分のフランス音楽の中で聞いたもののひとつ。
モロッコのジャジューカとかを聞いたりした。
Lジー・Mルシエ・Dクルーは、再発で聞きました。ジャケットのデザインが良い、中のボブ・マーリィのカバーが好きでした。
自分でジャズの聴きかたに行き詰まってレゲエとかに流れた。
自分にとっての格好良さとは、前に話したLKJとかが端的に表しています。
鶴さん、格好良いとは、LKJです。
ヒップホップもこの気配をもっと持っていてくれたら聴けたのに。
80年代のJLGのサウンドトラック。

ECDのライブで東京生活終わりです。

[861-19] めちゃ渋 ひらの 2013/02/20(水)02:34
   そうです、2694さん、AートEンサンブルof Cカゴがバックのリズム隊を担当している69年発表のセカンドアルバムです。

凄いです。これは。

ボーナストラックに付いている、当時、シングルで発表された「やに」って曲も、そーぜつに好きですね。
鳥肌立ちます。
先ほど書き込みした「美しい動物たち」という曲も…なんだろ?この異常な緊張感は。
かつてのNO WAVEの緊張感と同じものがすでにこの頃のフランスに存在していたんだ、って感じでしょうか?

フリージャズとかとはまた全然違って、もっと断絶感というか、リズムではなく、ビートの物凄い緊張感だけで突っ走る感じというか、ああ、でもEリックドルフィーに近いかな?あの感覚をもっとドライにしてヴォーカルの音程を外してめちゃくちゃにした(笑)感じ。
それにしても、2694さん、LKJが端的にカッコいいと言えるって凄いなあ。僕と合いますね。
そういう事言う人、初めて聞きました。なんだか嬉しいですね。

やっぱDニスボベールだよなあ。この二人のコンビは死ぬほどカッコいいよなあ。

しかし、鶴さんには(笑)
たぶん…違うような…

いやあ…こういうのは鶴さんの世界と一番遠い気がするんですけど…(笑)
どうなんだろ?

LKJを聞いてる鶴さんって、まったく想像つかない…

それは、例えば、僕がカーボンロードに乗って、ヘルメットして、ピチピチの服着て、サングラスして、「やっぱ、これからは11速の電動っすよー、ピース」とか、やってるぐらい違う世界な気がする(笑)

いや、僕は冗談でそういう事やって、頭おかしくなったって思われるのも楽しいかなって思いますけど(笑)

[861-20] 続・格好いいは格好わるい。 2013/02/20(水)04:25
    例の、格好いいは格好いいですね、2694さん。ひらのさん仰せの通り、といいますか、その音を聞いたことはあるのかも知れませんが、ボブ・マリィー以外は、何それ?です。
 LKJ → LNG(液化天然ガス)なら知っています。
 ECD → ECCと、関係あり?。
 自慢ではないけれど、レコードを買ったのは、友達に買えと言われて買った「ビリー・ジョエルの何とか」だけです。あとは、全てラジオでした。「軽音楽をあなたに」という、NHKFMをよく聞いていました。当時、ロック以外にジャズ、フレンチ何とかも流していたかと思います。結論は、
 「音を楽しまない部族はいない」
 らしいですね、世界のどこでも。サイクリング途中に聞きたいとは思いませんが。というか、人が作った音は嫌なのが正直なところです、自転車を走らせるとき。で、

 ホースではなくて、ホーズなんですね、知りませんでした。モン○ルさんの長靴下ですが、膝下までなら数点、あるようですね。でも、素材を売りにしているだけで、オシャレ感覚は相変わらず、否定ですよね。サイクリング用バッグでも、色さえ揃えれば、それなりに売れると思うのですが。フロントバッグの奥行きは、

 私もそう思います。何せカメラバッグを改造したのが国産フロントバッグですから、あちらとは違うのでしょうね。京都のそれは、横に大き過ぎるんですか?。手に触れると安心するサイクリストと、ハンドルだけを握りたいそれとに分かれるのかな。私はハンドルだけ派になりました。むかしは、どうもなかったけれど。結論の結論は、

 ひらのさん、遠いことはないと思いますよ、私でも。ひらのさんのカーボンロードも、世界は違うのでしょうが、マイヨー姿がお似合いかも知れません。ひょっとして、思ったよりも好きになられる可能性も大いにありです。私も同年輩の人も、その格好が異なとき、そうでしたから。今では新幹線の通路も歩けます。あそこが膨らんでいても、べったら、いえ、へっちゃらです。市民権を獲得した?。

 ランドナー権獲得!。渋さの上に成り立ったスポーティさも獲得!。

 靴下もそうですが、ニッカも柄、絵が欲しいですね。一般の人がツーリストに憧れるもの。先のユーレーの絵を散りばめるとか。駄目かな・・。^^

[861-21] ぎゃあー ひらの 2013/02/20(水)05:25
   ピチピチで、ヘルメットでカーボンロード、11速でピースの世界、冗談が本気になるのが一番コワイ(笑)

二度と戻って来なかったりして。

「あーん?まーだユーレーとか言ってんのぉ?やっぱさあ、鉄なんかいい加減、卒業した方がいいっすよー、これからは電動っすよー、電動!」(鶴さん、コケシって突っ込まないでね、もう手口はわかってるんだから)

とか、なんとか言っちゃって。
最悪にイヤな奴になったりして(笑)

でも、ちょっと言ってみたかったりして。

[861-22] ぎゃうー。 2013/02/20(水)17:23
    「突っ込む」と申しますと、ひらのさん、電動ではなくて、ゴム製穴ボコ、コケシ状の筒を買いました。手動です。前の記事に書かせて戴いた、通天閣の近所の個室映画館の中で。それは、
 ピンク色をしています。生まれて初めて買ったものですから、ワクワクでした。その部屋に自動販売機があり、誰にも内緒で買えました。穴ボコに指を入れますと、丸で、ボトムブラケットの、ワンのグリースを拭っているみたい。他言してなかったもので、ちょっと、言ってみたかった。結論は、

 これだけでは、気持ち良くないですよね。千円だったから買ったけど。アホらし・・。レバー、前変速機、後変速機、ワイヤーのセットでないと機能しないように、顔、うなじ、オッパイ、ボコの4点セットでないと、いけませんね。何とかワイフは、実家には無理です。隠して収納するところがなくて。まぁ、これ以上は、

 変態3QQQ妄想談話室になると困りますので、やめて、締め切りの仕事を続けたいと思います。あ、そうそう、

 そのカーボンフレームは、重量1,500グラムくらいなんですね。正確には知りませんでした。コロンバスSLの私の愛車と、1キロ少ししか違わないです。フォークつきで、1,000グラムくらいのものもある?。1キロを切れば、既製のそれを買い、時には娼婦、いえ、時にはランドナーのように使いたいです。価格も問題ですが。

 他の問題は、泥除けと、ランドナーバーと、セットバックピラーと、あとは何が問題かな。主な部品は、スーパーレコード。あ、ペ○ス、ちゃう、35Cの車輪が嵌りませんね、幾ら何でも。シクロクロス向けの、カーボンモノコックフレームが、売られている?。

 買うのは嫌だけど、一度は乗ってみたいです、そのカーボンフレームに。上の大人のおもちゃに過ぎないであろうことを願いたいですね。ツーリングの実際には、鉄子とは違い、気持ち良くなくて。どんな感じなんでしょうね、カーボンは。アルミフレームは想像がつくけれど。

 ひらのさん、乗られたこと、ありますか?、五輪真弓さんに。いいえ、カーボンフレームに。重量だけでない利点は、あるのでしょうか。難点は別にしまして。

 錆びないなんてことは、なしです。^^

[861-23] あれこれ乗ってはいますが、 brm-codama 2013/02/20(水)18:35
   現在の炭素繊維樹脂フレームはアルミからの発展型な事や競技志向なので揺れない構造が基本です。ずいぶん前スチールの規格そのままのアルミフレームやカーボンフレームもありましたが壊れやすいし、ふにゃふにゃだったりと全然ダメでした。
釣竿でのカーボンは逆に独特のしなりが特徴ですが、元々植物が主流だったし自転車とは使用条件がかなり違うので同じには語れません。
まあそれらは3QQQ結成の主旨から外れて行くし この倶楽部を結成したメンバーの大半がアルミ製やカーボン製にはエレガントさを感じないという事もあります。また実際にアルミやカーボンでツーリングしている人も多くいる時代ですから それにふさわしい所で意見交換されるといいと思います。

[861-24] まさか ひらの 2013/02/20(水)18:49
   電動マ○コで逆襲されるとは。

さすが鶴さま。
こちらの完敗です(笑)

千円ってとこが鶴さんでスバラシイ!!

brm-codamaさん、冗談ですからね、冗談。

[861-25] 続・穴ボコ。 2013/02/21(木)08:30
    襲うなんて、どんでもないです、ひらのさん。どちらかと申しますと、襲わてきました。正確には、誘惑されたです。「突っ込む、電動、コケシ、言ってみたかった」から、思い出してしまい・・。で、brm-codamaさん、ありがとうございます。変態3QQQ妄想談話室ではなくて、

 優美体3QQQ電脳伝書鳩を継続しないといけませんね。今度、行きつけのお店の兄ちゃんにでも、詳しく聞いてみます。「コラムはアルミにしないとあきません」とは、何かのことで教えて下さったけれど、やらせて、いえ、乗らせて貰えるお店でも紹介してくれないか、尋ねてみます。

 この際、買ってもいいかな、150万のデ○ーザでも。ひらのさん、買ったら、貸して差し上げますよ。10年くらいの間。スチールの良さを再確認は、身を持って試さないといけません。

 抱いたらば 色気なしなの そのウナジ

 なのかな。知らんけど。たぶん、買うことはない筈です。15万円ならば、分かりませんが。^^

[861-26] アルミコラムでも brm-codama 2013/02/21(木)10:36
   取り扱いを慎重にやらないと危ないひ弱いカーボンコラムよりもアルミコラムは強いのですが、アルミコラムも折れる事はあります。それらの補強のためにコラム内部に従来の引き上げ棒式のステム本体だけのような物を差し込んで(突っ込んで)2重補強するパーツもあります。

[861-27] LジーMルシェDクルー ひらの 2013/02/21(木)14:31
   2694さん、Lジーが、Bブマーリーをやった曲は「sun Is shining」かしら?アルバム「マンボナッソー」のボーナストラックに入ってる…
渋いアレンジでLジーが淡々と歌ってるやつですよね?

Lジーに関しては、ソロが出る前に12インチのシングルで出ていた、ROSA YEMEN というグループ名義のものが凄いです。1分ぐらいのNOWAVEを彷彿とさせる曲群で、昔、オリジナルのレコードも買い求め、大切に取ってあります。CDでは大傑作「プレスカラー」のボーナストラックに入ってて感激ものでした。
「プレスカラー」はとにかく好きなアルバムで、もちろんオリジナルのレコードも持ってて、うちにだいぶ昔から飾ってある唯一のレコードがこの「プレスカラー」です。 ジャケットも素晴らしいんですよね。

昔からこのジャケットが好きだったのですが、僕の「監督失格」のチラシなどパブイメージのデザインがモノクロ写真一発に文字が入るだけの構成で、この「プレスカラー」のジャケットに近いティストにあがってきたので大喜びでした。

[861-28] 刺すか?刺されるか? 2694 2013/02/21(木)16:04
   そうです、「マンボ・ナッソー」です。
自分は、近年のCDによる再発、渋谷Tワレコでプッシュ、試聴して買いました。

裏ひらのさんを知っておれば、東京にいた時、映画館に駆けつけたでしょう。DVDで探してみようかと思います。いかんせん、コンビニも遠い田舎ですので、観るのに時間かかります。

美しい醜いとか言うと高尚な話しになるので、

心に刺さるか?刺さらないか?

というのが一番大事なのかもしれません。
自転車雑誌でなくとも構わないのでひらのさん!

心突き刺すランドナー世界!!

を展開して頂きたいと思います。

[861-29] 2694さん ひらの 2013/02/27(水)00:18
   刺すか刺されるか?っていい言葉ですね。

「監督失格」も、ぜひ2694さんには見ていただきたいです。

TSUTAYAにレンタルで置いてあるとは思いますが…
置いてないところもありますのでなんともですが…。
自転車は僕にとっては最も重要なもののひとつですが、僕の中のほんの一部、とも言えます。

[861-30] 続・3QQQ掲示板、誕生! 2013/03/05(火)08:00
    これより次は、「続・3QQQ掲示板」に移転しています。^^

[919] 第11回 防府の春ラン フリーダム - 最新投稿 2013/03/05(火)07:27
[919-1] 第11回 防府の春ラン フリーダム 2013/02/25(月)14:56
   今回より、ハンドル名をなかのふりー から フリーダム へ改名しました。
皆様よろしくお願いいたします。

さてさて、もう一ヶ月もすれば暖かい春ですね。

今年もやります。防府の春らん。桜満開を目指して、日程を決めました。4月6日(土)泊の7日(日)ランです。

一応ターミナルを押さえてます。万一雨の場合は一週間後の13−14日です。

まだ時間があるので、詳細は時々アップしますね。
奮ってご参加下さい。

[919-2] brm-codama 2013/02/26(火)00:42
   もう そういうシーズンなんですね。
状況が許せば 是非行きたいと思います。

[919-3] 不定浪士。 2013/02/26(火)08:42
    お〜〜〜会長、お元気ですか。春咲小紅まで、もう少しですね。昨年はありがとうございました。今年はボロ会社の心配でもすることにします。日曜の雑用が多くて、近場へ行くのも昼前からが殆どなこの頃、何とかしなくてはです。で、あのサイクリング・ターミナルは存続になったのでしょうか。広間でのYさんの寝顔が忘れられません。あ、

 おそのさんで思い出しましたが、お月さんもお元気でしょうか。会いたいな、お月さんに。でも、来られても行けない、行かないし、真冬のキャンピング・ランはどうか、聞いておいて下さいませ。コースは、

 山口くるっと一周です。テントほか、私が持っているのと、二人きりでも安心です。何事につけましても。ひらのさんと同じです。冗談は兎も角、結論は

 春ラン、事故のないよう、お祈りしております。^^

[919-4] 鶴さん、 brm-codama さん・・どうも フリーダム 2013/02/26(火)16:24
   ありがとうございます。

去年は、母の介護等でいまいちこちらも元気がありませんでしたが、今年はちょっと違いますよ〜。張り切ってます。

ターミナルの支配人から今年も、年賀状が3QQQあてに来てたし、昨年のボヤキは何だったんでしょうね?
まあ何とか今年も、予約請けてくれましたよ鶴さん。
大丈夫なんでしょう。きっと。(笑)

お月さんですか。そうですね確か3年前の8回ランには来てくれたのですが、それ以来参加してませんね。毎年一応声はかけてるんですが・・・。

今年は是非来てくださいと言ってみますね。彼女も更年期なのか、HiとLoが極端だから、たまたまHiの時期だと乗りが良いんだけどね。

もし、お月さんが来るって言ったら、鶴さん無理してでも来るんじゃないの?
まあとにかく、空けときますね。(笑)

[919-5] そうでしたか。 brm-codama 2013/02/26(火)17:57
   サイクリングターミナルはもうダメなのかと思っていたのでよかったですね。
政権が変わったので少しばかりサイクリング協会を取り巻く事情にも変化があったのかもしれません。…各地のレースやサイクリングイベント開催への補助も絞られていましたから。

[919-6] 参加します・・・1 振り子時計 2013/02/27(水)18:15
   前泊で参加します。

[919-7] 参加します kuro 2013/02/27(水)19:09
   楽しみにしていました。
前泊の予定です。

よろしくお願いいたします。

[919-8] 参加します オオツカ 2013/02/28(木)20:51
   その日まで資金と気力を養いつつ。
楽しみにしています。

[919-9] 春一番♪ ユアサ 2013/03/01(金)13:01
   前日から参加します。宜しくお願いします。

鶴さん、ぜひ来てください!

[919-10] 参加表明 フリーダム 2013/03/01(金)13:38
   振り子時計さん、 kuro さん、オオツカさん、ユアサさん、ありがとうございます。

たった今、お月さんとも連絡が取れました。なんでも、ただ今、膝と腰を痛めているとのことですが、久しぶりなので、ぜひとも皆さんとお会いしたいとの事でした。
当日、無理に走らなくても、前夜祭で盛り上がりましょうよ・・・・と言ったら、そうだねー。って言ってました。
突発的な仕事とかがない限り、参加してくれそうです。

[919-11] ああ、お月さん。 2013/03/02(土)17:09
    会長、ユアサさん、ありがとうございます。ユアサさんのあれに、未だ見ぬ、お月さんの、膝腰を含む下半身ですか。当日、チョッキするかも知れません。そのときは宜しくお願いします。今日なら、伺えましたです、この時刻に。その土曜の当日、出られるときは、お電話します。^^

[919-12] 参加します。 TOM上田 2013/03/03(日)10:39
   日曜日の朝からで、メンバーに入れておいてください。

[919-13] 続・3QQQ掲示板、誕生!。 2013/03/05(火)07:27
    これより次は、「続・3QQQ掲示板」に移転しています。^^

[807] レストアに関する愚痴 BB - 最新投稿 2013/03/05(火)07:24
[807-1] レストアに関する愚痴 BB 2012/04/21(土)14:47
   ナショナル「ランディオーネ」の修復を頼まれました。若い後輩から。

フレームは雨ざらしで本来「赤」であったのが白くやつれ、ホイールは27×1 1/4(うわぁ 懐かしい規格)のステンレスリムでクイック無し。鉄スポークはサビサビ。サンツアーパーフェクト6段はサビで固着。
マッドガードはジュニアスポーツにありがちなやつで白かったアルマイトがぼろぼろ。
ヘッド小物はおそらく丹下の鉄でサビサビ
クランクはは杉野のトリプル鉄嵌合でサビサビ。
ディレーラー系はサンツアーで、Wレバーはダウンチューブ上にエアロ系直付、F&Rメカはサビで詳細が判明せず。
バーテープの無い栄のドロップハンドルにダイアコンペのセーフティーレバー付きレバーとダイアコンペのラージサイズサイドプルブレーキ(センター調整付き)。でも白サビサビ。

そんな感じのエアロブーム時代の生き残りが持ち込まれました。

で、どないせーと・・?

「前のギアは1段で」
「街乗りにできれば」
「フラットなハンドルで」
「予算1万円でなんとか」

おまえねぇ・・

「父が乗ってた自転車なんで再生したいと思って」

・・・やりましょう。やってみせましょう!

でも、かなり自腹を切りそう・・

[807-2] 27のシブイチ なかのふりー 2012/04/21(土)20:57
   凄いですね〜。もうこれは徹底的にやるか、放すかしかないですよね。

そう言えば、僕もフロムナードの仕様がそれなので、いろいろと・・・タイヤなんかが無くて困っております。
フリーダム号の、初めと言うこともあって珍しい物を作りたくて・・・。
一応ハチサンで、制作したのですが、マッドガードとのクリアランスが、全体的にやや狭めなので、折りを見てシブイチにしてみようと思っている次第です。

ホームセンターとかに行くとハチサンは、よく目にするのですが、シブイチは無いですネー。

まあそんな感じなので、レストア着手は慎に、・・。
そう言えば、26×1 1/4 って言うリムもありましたが、それに合うタイヤは入手出来るのでしょうか?

[807-3] 調べてみました。 brm-codama 2012/04/21(土)22:29
   27×1 1/4タイヤは、うちに以前のが1本だけあったと思いますが、現行品としては少し前までオールブラックしかなかったのですが、念のため調べてみると、何とか生産し続けているみたいで現在は、それに加えパセラ アメクロ(ブラウンサイド!) 27X1-1/4というのもあるようです。*27X1-1/8も同仕様であります。
ただ常時いつでも入手できる物ではなくメーカーからの取り寄せという形になります。
26×1 1/4タイヤは日本国内にはなくて 確か英国ではまだ需要があるので販売されているのではないでしょうか。オオツカさんが部品に関しても何か情報をお持ちかもしれません。

[807-4] 合理的な、アメリカの人。 2012/04/22(日)07:15
    頼む人はこちらを、「あの人は弄るのが好きなんよ」ぐらいにしか、思ってないようです。私も自腹を深く切りました、BBさん・・。
 交換する見込みのギア、BBシャフト、ハンドルの代金をお知らせし、作業代は幾らで、あとで交換要のあった場合はどうするのか、最初から、知らしめておかれることをお勧めします。でも、そうではないんでしょうね。綺麗にして上げたい一心で。そのリムですが、最近、アラヤさんのHPを見たとき、この問題の問い合わせが多くあるのか、
 「タイヤ外径に合わせてリムを作ったものだから、過去において膨大な種類のサイズが作られました」
 「そんなものを一々再生産できません」
 「纏まった量を作らないと合わないんです」
 「近似のリムに交換し、ブレーキを調整するなりして下さい」
 「悪しからず・・」
 と、こんな内容だったかと思います。27インチといえば、軽快車を沢山売っているお店で、26、27、28インチと表示されてありますが、いつだったか
 「28インチは、700Cなん?」
 と、専門店のご主人に聞いたことがあります。700AなのかBなのか、そのCなのか、定かでなかったです。所有の、700C新ランドナーのミシュランのチューブは、700B、700C兼用と書かれています。700Bは、エトロトで635ミリのようですね。26インチの1/4は、たしか、594ミリだったかと。アルプスさんの初期はそれだったような。いつしか、3/8リムのアンダーサイズに変わってましたが。
 27インチの3/8を履いたツーリング車は、外国旅行をしたとき見かけました。向こうの標準ツーリングモデルだったです。マウンテンバイクはアメリカ人だけでした、その当時は。27の1/4も3/8も同じリムだった筈・・。brm-codamaさんご紹介の1/8はどうなんでしょうね。他に、自身の頭の中で定かでないのは、
 24、20インチ・チューブラーリム(クリンチャーと同じサイズ?)、Aクラスのねえちゃんは何処への700Aリムと、その27インチ1/8リムです。たぶん、27インチは全て同じリムかと・・。

 アメリカ人のやることだから。(^^)

[807-5] どうやら brm-codama 2012/04/22(日)10:18
   自分では実際に確認していませんが元業界の人の話では27x1 1/8タイヤは、ビードサイズが同じなので27×1 1/4(3/8)と同じリムに合うそうです。
そういえば20インチですが同じタイヤサイズ表記でもタイヤメーカーが違うと同じリムに全然合わなくて??と思った事があります。合わないなら無駄になるのでせめて違う表記(単位)にしたり適正リムサイズを書いて欲しい気がしました。
27×1 1/8はチューブラータイヤ/リムのサイズとばかり認識していて その後圧倒的に700Cの時代になってしまい考える事もなかったのですがチューブラー以外にWOでもあったんですね。
インチサイズとミリサイズの戦い?なんですがGパンのウエストサイズなんか両方表記したりして これなど無理して細いのを買うと食事時にエライ目に合います。でも女性用衣類 例えばスカート…他はミリ表記なのは何故なんでしょうね? 鶴さん
そして26×1 1/4は、Schwalbe HS180 Rigid Tyre - 26 x 1 3/8 x 1 1/4 Inch (28/32-590) というのを見つけましたが、  1 3/8 と兼用というのはリム側のビードサイズをよく確認しないといけませんね。
自分も26×1 1/4は、英国車に付いていたので入手に苦労した思い出があります。

[807-6] うんうん・・そうですか なかのふりー 2012/04/22(日)11:14
   なるほどと簡単にはうなずけない、やっぱりタイヤとリムの関係は、昔から複雑で・・・頭が痛いですね。

僕が思っているのは、仏の場合はoで700とか650とか600とか550とかで50o刻みにサイズがあって、タイヤの太さでA−B−Cと言ってる。タイヤの太さはA<B<Cで、650ならそれぞれ650A−650B−650Cと呼んでるし、確かにリム径もA>B>Cなので辻褄が合う。それぞれリムにタイヤを付けた状態で外径が650φになる。
700も同じで、A−B−Cがあってそれぞれが外径700φになるようにしてある。
ただし、700の場合は、今はCサイズしか残ってなくて、それもアンダーサイズのタイヤが一般的で、とても外径が700φにはならない。
まあ言ってみれば、特殊な使い方が長い年月の間に一般的になったのではないかと思っています。

リム径を基準に、オーバーサイズ、アンダーサイズのタイヤがいろいろ出てくると、更に複雑で・・・何とかきれいに整理できないものかといつも思います。(笑)
更に更に、マウンテンサイズまで出てくると、もうこちらはおいちょうてとなりますね。

英の方はと言うと、27×1−1/4と書いてあるリムに27×1−1/4のタイヤは勿論、27×1−3/8のタイヤも入るし、確か27×1−1/8のタイヤも入ったと思います。
つまり、リムのビード径を基準にしているのかなと思います。

それにしても、27×1−3/8のタイヤは、タイヤ外径が丁度700φなんです。何となくこれが700Bと関係あるんじゃなかろうかと、思っておりました。

なんか話しが複雑になりました。BBさんのレストアの話しに戻りましょう。

[807-7] ゴミ KEROYON 2012/04/22(日)12:36
   僕のボロプスも、軽合部品との違いこそ有れ、河川敷に捨ててあるゴミ同然でした。
まず、外れない。
取れない事には、作業が進まないですから、工具に棒を足し、足で踏み込んで。これがペダル。
ペダルレンチなんて上品にやっていたら、敵に笑われますぜ。
車輪毎、バイスクランプでフリーをくわえて、リムが変形する位回す事、数回。一服して、さらに数回。
外れない・・・もう、鋸で、ジェイソン化するしかないか?
リムが破壊したら?という雑念が有るな!!と、心を鬼にして、外れたーです。

赤錆を見ると、心の血が騒ぎ、燃えたぎる・・・
これも、「エッ、これが例のゴミ、嫌、自転車ですか???」、「そーだよ。」と、平静を装い、煙草をプカリ。
この、一瞬の悦楽ですよ。

[807-8] 26" x 1.1/4"タイヤ brm-codama 2012/04/22(日)14:36
   気を付けて見ていたら英国のショップにありました。Schwalbeのカタログにあるようです。
・Schwalbe 26" x 1.1/4" (32-597) Classic Tyre.
 
以下はビードサイズ表示がないし
26 x 1.1/4 - 1.3/8 - 650 x 28A Presta Valveと併記なので兼用かもしれません。
・Raleigh 26 inch x 1.1/4 inch Sport tread pattern Tyre

[807-9] エトロトとは、何の略?。 2012/04/22(日)14:57
    26インチの1/4は、たしか、594ミリだったかと ×
 26インチの1/4は、たしか、596ミリだったかと ○

 596の数字も、自信ないですが、3/8の590ミリより大きかった筈。'70年代、サイクルスポーツ誌に書いてました。

 おや、597ですか、brm-codamaさん!。今、拝見しました、その記事を。いや、当時は偶数だったような・・。

>20インチ・・タイヤメーカーが・・同じリムに合わなくて

 いつだったか、この問題を、ここ3QQQ電脳談話室で書かせて頂いた記憶も、無きにしも非ずですが、先日、

 先のアラヤさんへ「何とか、ならへん?」と聞こうと思い、電話しました。というのも、預かっているミニベロ(20×1.75のアラヤリムにシュワルベ1.5)の後輪だけ、つけて間もなくサイドが膨らんで来たので直ぐに外しました。そのときお店で確認して貰うと一部分、どうやっても
陥没です。そこにあった国産のパナでも駄目でした。結局、ママースパゲッティ、ちゃう、ママ用ミニサイクルのタイヤをつけて走っています。が、持ち主に勝手に換えたので、「前と後が違う」と責められたとき困ると思い、その電話です。

 「弊社の今は、エトロトサイズのリムですが、平成11年頃ですと、違うビード径です」
 「当時は、統一されてなかったんです」
 「お店にある国産のパナもつかへんよ」
 「シュワルベは舶来で、尚且つ硬いからと思ってた・・」
 「国産リムと外国製リムは違うと、お店で聞いてたのは聞いてたんやけど・・」
 「そういう訳やったん・・」
 「で、削ったらあかん?、リムの内側をヤスリで」
 「出来ないことはないですが、かなりシンドイですね」
 「手で均一にするのも大変ですから」
 「そうなん・・」

 新鋭の台湾アレックスリムや、今のアラヤリムは大丈夫みたいです、brm-codamaさん。

 それで、ナショナルの自転車だったので、そこにも聞いて見ました。最初は何がついていたのかを、タイヤは。お答えは、台湾か中国の、何とかというタイヤでした。私が交換して上げたけど、全く忘れてました。これが2本目のシュワルベです。初めの1本は、そこそこの期間を走ってましたが、やっぱり、途中でサイドが膨らんで来ました。

 結論は、むかしは適当なタイヤを持ち込んで、そのサイズのリムを製造していたんでしょうね。又は、その逆でしょうか、持ち込まれたのはリム・・。

 どこの国も、こんなものかと推察です。(^^)

[807-10] 追伸です。 2012/04/22(日)15:55
   //www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_size.html

 ETRTOとタイプしますと、上が出て来ました。597ミリですね、間違いなく。私の思い違いかと、偶数だなんて。すいません、brm-codamaさん。で、上の記事の下に出て来たこれですが、

//www.etrto.org/page.asp?id=1594

 ETROTとは、The European Tyre and Rim Technical Organisation でした。ISOと同じみたいです。(^^)

[807-11] brm-codama 2012/04/22(日)18:49
   ETRTO:The European Tyre and Rim Technical Organisation 要するにタイヤとリムに関するヨーロッパ技術機構が定めたリムとタイヤの規格ですね。
ETRTO同様に意味はあまり気にした事もありませんでしたがISOは国際標準化機構のようです。…勉強になりました。
また以前問題になった同じタイヤサイズ表記なのに別物なのが以下のタイヤ/リムサイズです。
・ETRTO 28-406 20 x 1-1/8 ※要注意 HE規格
・ETRTO 28-451 20 x 1-1/8 ※要注意 WO規格

[807-12] 500ミリ以上が、大人の乗り物?。 2012/04/22(日)19:26
    そっちの20インチでしたか、brm-codamaさん。預かりミニベロは406なんですが、先の通りでした。でも、自転車探検さんのページに載ってないですよね、451のほうが。スポーツ車では片倉製輪行用ランドナーにあった22寸も書かれてないし。余談ですが、

 451の28ミリは、406の28ミリと比較すると、全然に違います、走行性能が。フライデーの試乗車で、同じスケルトンに乗ったときです。所有のポケットロケットは451リムです。これが、ひょっとして、20インチ丸タイヤ用だったのかも。

 私的には、451の28ミリ、要は、タイヤ外径500ミリ付近が限界かと思います、スポーツ走行するのであれば。フレーム設計では解決しないと感じました。ハンドルの切れ込み具合が。

 地道走行は別にしまして。(^^)

[807-13] モールトン KEROYOM 2012/04/23(月)00:35
   つー事は、例えば、モールトンなんて・・・と、なりますか?
それとも、良く出来たスケルトンだ!!と、なりますか?

僕も、普通の自転車なら、妥協して、片倉の22インチまでかなーと、思いますが、これよりも、借りて乗る程度だと使えそうです。

公として、答えるのが良くない質問だったら、無視して下さいね。
興味本位だし、小径車の経験がゼロに近いので、申し訳御座いません。
それこそ、ひらのさんのミニベロALPS位ですから。
タイヤが黒いのしかないとか、回転数増加によるベアリングの磨耗とか、エアーの量から来る危険性とか、そーいう事は、横に置いておいて、乗ってみて・・・という事です。

[807-14] 意外と残ってる BB 2012/04/23(月)15:06
   ●ttp://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=sr_nr_n_1?rh=k%3A27%C3%971%E3%80%801%2F4%2Cn%3A15314671&keywords=27%C3%971%E3%80%801%2F4&ie=UTF8&qid=1335160844&rnid=2321267051

小径車の場合、20インチBMX規格がありますが、あれって国産20インチとはやはり違うのでしょうか?
やはり「27×」と「700C」くらい規格が異なるのかな

[807-15] 追記 BB 2012/04/23(月)16:27
   たまたま同規格のホイールがオクに出ていまして、フリー付きサビ無しなのでゲット。チェーンホイール系は同じくオクで栄のシングル(1/8ではないのでご安心を)をゲットしました。
ブレーキレバーはテクトロで十分としてハンドルは銀輪庵さんとこのフラットバーを落札しております。

軽く予算超えですね。

ふ・・・・

手持ちの丹下レビン軽合(中古)でも組み合わせてみるか・・

[807-16] 情けは人の為ならず。 2012/04/23(月)18:43
    BMXが、その406と思ってましたが、ひょっとしたら、ETRTOの、54-428(20×2)なんても先のものに載ってますので、要確認ですね、買うときは、BBさん。現物を測るのも測り難そうな。リムへビードが当たる部分ですから。で、・・・、

 軽く予算超え、ですか・・。

 この際、集金はいいとしまして、恩を売り続けるのは如何でしょう。私なら、その後、何でも言うことを聞かせます。

 サイクリングに付き合え!とか
 あんたの知っている、若い○○○と、何かして遊ばせろ!!とか

 もう、ご計画済みなんでしょうね。私は、修復してあげた自転車で、その友人と一緒に旅行へ行くつもりでした。結果は、その彼の女房が実家に帰ったときなどしか、付き合ってくれてません。

 頼む人は、そんなものですが・・。(^^)

[807-17] 情はいつか帰ってくる BB 2012/04/24(火)22:25
   鶴さんのお言葉はかなり心にキますね(笑)

私に依頼した若いのは、自転車なんて全く興味ない今風の20代野郎です。
仕事上で、言葉で何かを教えてあげても「わかりました」という言葉だけで多分理解できていないのは間違いない。わかっていたらその後の行動が変わるはずなのですが、同じ失敗をやる。そんな人です。

そんな馬鹿野郎ではありますが、初めて自分から「この自転車を直して乗りたい」と、自転車マニアな私に頼ってきたわけです。

まあ、前向きな気持ちを初めて先輩に語った訳でして、1万円という若手にはでかい予算を提示したところは評価しつつ、実は本日「その1万円出せ」と言ってゲットし、工具は持参して「自分で分解してみろ」とサビサビパーツを外させたところです。

私が後輩に出資しなきゃいけないかなぁ・・と思う理由は
「いろんな趣味の世界を知って欲しい」
「自転車はほぼ全ての人が体感する乗り物だから知っておけ」
「掘り下げればもっと楽しいとこもあるんだよ」
「じゃあ自転車以外の世界にも手を出してみよう」
と、自分自身の幅を持ってもらいたいから。

これは仕事帰りにお酒でも飲ませながら説教するよりも実技で「考えさせ」「やり方を教えて」「実際に工具を使わせ」「結果を得る」という自転車乗りなら誰でもやってきたことが、実はいつかは仕事につながるような知識であって無駄ではない。自分自身を大きくするという体験をさせる意味でもあるし、私自身が先輩方から貴重な手持ち部品を提供されてきたからという経験があるからのです。

今回彼にとって広がる知識は「自転車の機能」だけかもしれませんが、ここから彼に期待するのは「もしかして他の世界はどれだけ面白いのだろうか?」と自分自身で新しい趣味の世界を広げていって欲しい。

「趣味はいつしか仕事に直結する」というのが実体験なのですが、彼の人間的な幅が広がればそれだけでもいいかなと思うのです。

[807-18] 勉強ですね。 brm-codama 2012/04/25(水)00:16
   BBさん 自転車のレストアを通じて人生勉強というか趣味の世界に触れてもらってる訳で そうやってこの世界に入った人も多いのでしょうね。
自分自身も修理や整備から入ったような気もします。

[807-19] Oツカさん・・ BB 2012/04/25(水)07:17
   昨夜、いきなりの電話でびっくりしました。
毎回、私が困った時には助けの手を差し伸べてくださってありがとうございます。

手持ちのブレーキ同士の交換は、すごく助かります。電話で話しながらもランディオーネに適合しそうな部品を発掘するあの音は、本当に・・若い「彼」に生で聞かせたかった。

なかなかお会いする機会がないのに恐縮です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
codamaさんには申し訳ありませんが、今回のパーツ交換の中継役をお願いしていいでしょうか?

[807-20] BBさん、オオツカさん brm-codama 2012/04/25(水)09:41
   今回のレストアの件ですが、初心者の方にもわかりやすく興味深い案件だと思います。水面下ではなく掲示板上でも進行状況を少しずつでも公開していただけませんか?
*実際に この掲示板を見られた方から難解な単語やマニアックな事項も多く 質問や挨拶なども発言するのをつい遠慮しています…と直接聞きました。
彼らのような立場の方にも入るやすい場になればと思いますので よろしくお願い致します。
BBさん 倶楽部メンバー同士の交換パーツはうちで預かっておいて構いませんよ。

[807-21] 概要(全くわかんない人用)その1 BB 2012/04/25(水)15:51
   ざっと数十年は軒下あたりに放置された27インチの自転車があるという話を後輩から聞き、フレームのロゴとか特徴を教えてみ?と言っていたところ「ナショナルと書いていました」と

『パナソニックじゃなくてナショナル?』「そうです。当時10万円くらいしたらしいです」

ナショナルと聞いてまっ先に連想したのは知り合いのお兄さんのレーサー
集合ステーでシートピンがそのステーに埋め込まれ、イタリアンラグが肉抜きされていて精悍で軽そうなフレーム(ああ かっこいい)

まあ当時のナショナルといってもタムタムロードとかあってピンキリでしたから、そこまですんごいのは期待しませんでしたが『ナショナル時代のは貴重だよ』と後輩に伝えておりました。

で、ある日いきなり書き込み「1」になっちゃった訳です。

フレームを観察すると確かに大昔のナショナルマークがヘッドにあり、トップチューブサイドには誇らしげにクロモリ(クロムモリブデン鋼 当時の最高級パイプ)のステッカーが。これは劣化していますが残したいですね。

でもノギスで計測すると、シートピラーは26.4

よん??

私の感覚ではクロモリチューブを誇らしげにステッカー表示するなら26.8やろ・・と違和感を感じました。

26.4は確かハイテンションパイプ(クロモリよりも一つ下のグレードと思って下さい)の規格では?と思ってシートピンのあたりを見ると「あ・・ギチギチに狭まってる・・本当は26.8だったのかも?でももう26.8は入らないかな・・」な感じでした。

広げたら本当は26.8なのかもしれませんが、ここまで古くて錆びてるフレームは「バキッ」とかいきそうで、私がトドメを刺す訳にはいきません。codamaさん助けて〜な状況でございました。

『まずはパーツを外してみ。そこからレストアやね』

後輩は、錆びたキャリアやスタンドなどを工具で外し、ワイヤーを切ってブレーキも外しました。

なぜワイヤーを切らせたのかというと、ブレーキをよく見るとダイヤコンペのワイヤー固定ロックナットが、6角だったはずなのに「丸」になっていたからです。

(´;ω;`)誰?!こんなことしたのは!!??

はい。昔私もやっちゃったことあります。
手抜きしてペンチやプライヤーでやるとこうなるんですよねー
ちゃんとスパナで優しく扱ってあげましょう♪

そんなこんなで、軽量化されたランディオーネはなんとなくレーサーっぽく見えるようになり、後輩もなにか感じるところがあった模様です。

「準備してもらった新しい部品がピカピカだし・・フレームを塗り直した方がいいでしょうか?」
『それはお前が決めることだよ。お前の自転車だし』
「最初は、乗れればいい程度に考えてて、フレームは錆びたままクリアーを塗ってレトロにしようと思っていたんですけど・・」
『そういう風のもありだね。うちにもサビサビでメッキが剥げたフレームがあってね。サンドペーパーで削ってクリアーを吹いたフレームがあるよ。まだ組んでないけどね』
「どうしようかなぁぁぁー」

まあ、いい傾向です(笑)

「サドルないですか?」
『は?(自宅在庫のブルックスやカシマの皮サドルを連想しつつ)ないない』

[807-22] 大変そうですね。 brm-codama 2012/04/25(水)19:29
   そういえばセラロイヤルが1970年代デザイン調のSELLE ROYAL(ORIGINS) CONTOURというシームレスサドルを出していて ちょっと前にレストアした1974年頃の丸石エンペラー初級スポルティーフに面白いので使ってみました。表面は合成革と本革製で色は各種あります。
それにしても手入れされていない自転車のレストアはいつも大変ですよね。
でも5Sボスタイプフリーやボスハブ、1/4タイヤ、ダウンチューブ用Wチェンジレバーが新品で入手出来るようになったのでありがたい状況にはなりました。

[807-23] 概要(全くわかんない人用)その2 BB 2012/04/26(木)20:05
   さて、本日は呉556をステムの根元・シートピラーの根元・Rメカ・Fメカ・ヘッド小物に噴霧しております。
試しにステムの引き上げボルトを緩め、前輪を両モモで挟み込んでハンドルをこじってみましたが、ビクともいたしませんでした。
時代的にもグレード的にも斜ウスだと思われるのでボルトの頭をひっぱたくのは見合わせることにしました。

シートピラーも、サドルを左右にこじってみましたがビクともしません。

しばし、呉556の浸透力に期待するしかありませぬ。

ただ、サビサビなヘッド小物だけは556が浸透したせいで一見「なんかヘッド小物に見える・・」

でも彼には見えなかったようです(笑)あたりまえか

明日の昼休みには「コッタレス抜きによるクランク脱着」を実演しつつ、556噴霧を続ける予定です。

[807-24] やはり brm-codama 2012/04/26(木)22:57
   苦労されているようで…
ステムは挟んだ前輪が曲がったり Fホークがネジれたりする事もあるので どうするかは思案のしどころですね。ピラーも結局取れなかった経験があります。

[807-25] モグラ叩きゲームで、ウップン晴らし。 2012/04/27(金)19:06
    ♪見え過ぎちゃって困るの♪
ではなくて
 ♪引っ付き過ぎて困るの♪
 ♪他人なのよ あんたとわたしは〜♪

 なんですね、BBさん。アルミと鉄が腐食し、そうなると、アルミワンみたいになるのでしょうね、鉄フレームに捻じ込んだときの。

 そのCRC556は、灯油とスピンドル油か、マシン油程度のものを混ぜただけかと思ってますが、

 何とか化学にでもお電話されて、それ用の何とか剤でもあれば良いのですが。浸透性に優れた物・・。あっても高額でしょうね。

 結局、最後は、叩くしか方法はないのでしょうか。ステムなら上から、ピラーも上から・・。外す方向とは違いますが、車体が捻れないですもんね。

 どこかの溶接部分が取れたりして・・。('_')

[807-26] いやはや・・ BB 2012/04/27(金)19:29
   ステムは、斜ウスではないのだろうか?・・・
ハンドルを左右にこじるとやや回るのですが、ウスが落下しない・・
いや・・ボルトはステム上部から浮いた状態のままなのになぜ動くのだろう??
しかもボルトの頭をハンマーで叩いてもびくともしない。

ピラーは全く動きませんねぇ・・
生意気にも溝入りなもので、長年の雨水がここから侵入したことは間違いない。
つーことはですよ
CRCも入り込む余地が「きっと」あるはず
・・いや・・たぶん・・

ちなみにフォークはかなり華奢です。ホイールを足で挟んでこじるとかなりしなります。
まあホイール自体がサビが進行したスポークで組まれているためホイールの方が悲鳴をあげている状況。

以下は心の声
『どっかにもうちょっとまともなランディオーネのフレームありませんかぁ?赤いやつ』

[807-27] きなが〜に オオツカ 2012/04/28(土)02:45
   引き上げボルトをゆるめると固いけれど左右に少し回る・・・、ステムの下げ過ぎでウスがフォークコラムの下の方、肉厚の有るところに押し込まれている可能性が、試しに引き上げボルトを抜き去って回る範囲で動かしながら引き上げて見たら如何でしょう。ピラーは数日スプレー等の浸透を待ってからプラハンマー等で下がらない程度に軽く叩いて見ては。
自転車いじりの初心者に自転車のあらゆる構造と修理の実際をを学んでもらうには最強の教材で、走れたときは喜んでもらえるかと・・・。

[807-28] それにしても… ひらの 2012/04/28(土)09:58
   なぜ、若い後輩さんは、急にその自転車を再生しようと思ったんでしょうね?
父の自転車?だから?だけなのでしょうか?

フロントシングル、フラットバー希望なのを聞くと、ピスト風にして街乗りにしたいんでしょうかね?

ピストの影響なんでしょうね、きっと。

それにしても、これ再生させたら凄いなあ…

よく海外からイーベイで購入した車体に凄いのが多いようで、みなさん苦労してるのを聞きますが…
僕も今、SONO姫さまのアルプスを磨いたり分解したり錆び取りしたりしてますが、これに比べたら、新品みたいなもんですね(笑)
でも面白そう。ハマりますよね。

ステムやピラーは浸透剤→叩く→浸透剤→叩く→待つ→浸透材→叩く、の根比べしかないですよね(汗)

[807-29] 途中経過 BB 2012/04/28(土)11:10
   昨日の夕方、クランクのキャップをあけてみたところ
「嘘っ!」
というくらい錆びてまして、つつくとフィキシングナットの縁が粉になって崩れるような状況でした。
『と・・とりあえずCRC』

一夜明けた本日、休み時間に軍手を装着し、大型モンキーレンチとコッタレス抜き、それとハンマーを準備して戦地に赴きました。

私は通常「軍手」はしないのですが、敵は固着して篭城中のツワモノ。
しかもボロボロに腐食しており、いつ自爆テロを敢行するやもしれない危険性があります。
過去に
「動かねぇぇっっっ・・・<バキッ>ぎゃぁ!」
という反撃で何度も手を負傷した経験からも、今回だけは防具を装備することにしました。
また、状況によっては愛用のモンキーレンチにも痛みを分かち合ってもらうためハンマーによる波状攻撃も追加しようという試みです。

コッタレス抜きが外れてボルトの頭をなめないように膝で押し込む方に固定し、モンキーとクランクの角度を両手で最も力の入る角度に設定して戦うこと約30分。この間、ハンマー攻撃1回。
ある瞬間「クルッ」の「ク」と「ルッ」の間くらいの手ごたえを感じました。
モンキーとクランクの角度をより狭角にして右手で握り締めると・・外れました〜

疲れたっす

[807-30] しかし、これって… ひらの 2012/04/28(土)11:42
   そこまで錆びが凄いと、肝心のフレームは大丈夫なんでしょうかね?

腐食で、いっちゃってる可能性充分ありますよね。
千枚通しで、フレームの錆びたとこ突っついたら、穴空いた、とか…汗。

[807-31] 感情をなくした話 BB 2012/04/28(土)22:51
   仕事に戻ったわけですが、しばらくして例の後輩が姿を現したので「クランク外しておいたから」と伝えておきました。

で、しばらくして駐輪場あたりに行ってみたところ「ぐぎ・・ぐぎぎ」と不審な音が。
見ると後輩が懸命にハンドルをこじっていたのです。
「かなり動くけどぜんぜん外れません」
『おまえ・・それフォークねじれてるぞ』

数十分後
「フォークの下のほうが折れました」
『・・・ヘッド外してフォークコラムを切るか・・その方が早いか・・』

フォークを探さなきゃだわ・・オークションのを落とすしかないかなぁ(棒読み)

[807-32] それは一大事 オオツカ 2012/04/29(日)03:34
   人力で壊れるほど劣化していた事が早めに判明して、彼も怪我することなく力加減を学習できたと納得して。
この際オシャレに色違いのフォークと、フォーク合う色合いの後タイヤ、カラープラペダル・・・心折れませんように。

[807-33] そこまで brm-codama 2012/04/29(日)07:42
   痛んでいたとは…
安いスペアホークもクラウン形状などが違いますからデザイン的にも合わないです。

[807-34] ひゃあー!! ひらの 2012/04/29(日)18:32
   それはしかし・…フォークが無事に見つかったとしてもフレーム本体がヤバいんじゃないでしょうか!?

今度はシートの下か、スティが「バキッ!」(笑)

絶対絶命か!?

次週をお楽しみに(笑)
でしょうか?

[807-35] さ〜て・・ 来週のサザエさんは? BB 2012/04/29(日)20:36
   夜勤明けから帰って寝て今起きました。

フレーム本体は、普通に乗るには問題はないと感じます。叩けば「カンカン」と硬くて高音部な金属音が返ってきてました。錆びてたら出ないと思います。
ピラーが抜けないこと以外は多分だいじょうぶだと思います。
むしろフォークも本当は普通に使えたレベルだったのではないか?と感じていました。あの「おりゃぁぁっ おりゃああっ」な撚り方では新品でもねじれてしまうし。
さて。実は半逆切れモードの後輩は、あの後に私が説明したとおりにヘッド小物をずらしてフォークコラムを金ノコで切断しておりますが、切断面は当然「生」と言っていい良好な状態。
また、フォークの断裂状態ですが、エンド接合部でロウ付けしている部分と、その上部がサビの腐食によって後輩の人力作用に負けたような感じでした。

これは普通に「高齢で雨ざらしなフレーム」に対する「強引なひねり」が致命傷。

フォーク下部には熱抜きのための「穴」がありますが、そこらへんは全く平気。でも溶接部分のあたりが特に腐食しており、違う金属が溶けつつ重なるここは電気腐食的にも水抜きの必要があるのではないか?

でも「いえいえ。普通に乗った自転車のフォークは、あんなにこじられることはありません」という意識もあります。

ここんとこは次の試験に出ますのでチェックね。

詳細を観察すると確かに微妙な状況でしたが、使用用途の目的が長距離ライドではないので、通常用途のストレスには十分耐えられたのではないか?と思うと残念です。

オオツカさん。
電話に出られなくてすみませんでした。数時間前の着信履歴を見て「寝てました」とは電話できませんでした。ここでお詫びいたします。
実はあの「ゆ〜っくり時間をかけてやりましょう」というアドバイス電話を仕事中に受け、その後に時間が出来た際、駐輪場へ行ったところ例の「ぐぎ・・ぐぎぎ」が聞こえてきて、あの状況につながるのです。
正直に言ってアレを見た時はタイミング的に心が折れました〜

(本編に戻ります)
すんごい落ち込みモードと、やや逆切れモードが感じられる後輩
”もう終わった・・もうやめよう感”
がすんごく漂ってました。

さすがに手力でフォークを曲げたことはないけれども、子供の頃から自転車をいじってきていろんな失敗をしてきた私は感情とか記憶とか?そこらへんをかき集めて

『フォークって先の方が曲がってるだろ?鉄パイプをこうするとね、走ってる時にここがしなってサスペンションみたいにショックを吸収するくらい柔らかいんよ。昔はフォークも消耗品みたいなもんでね。壁とか電柱にぶつかってもフォークが衝撃をほぼ吸収して本体のフレームを守ってたから、部品として替えフォークは普通に売ってたんだよ。俺もフォーク曲げて交換したことあるし。自転車の本体はここ(フレームを指さし)だから部品が壊れたら部品を換えればいい』

そう言うと不安気ながらもまあ笑顔を取り戻してくれました。

トータルバランスや細部の美しさや実用性を追求する3QQQの本義からはやや外れますが、新品のフォークを導入しようと決めました。

”やめる?そうはいくか。自転車はそう簡単に死なねぇんだよ。お若いの”
という気持ちになりまして。
逆ギレには逆ギレ返しっす(笑)

夜勤帰りに自宅直近で今でも頑張っている小さな「街の自転車屋さん」に立ち寄ってヘッド小物周りと持ち込みフォークのの相談をしてみたところ「○○くらいの予算でできますよ」ということでした。

某プロショップよりはやや安いな・・

[807-36] 負けないで! オオツカ 2012/04/30(月)01:57
   茨の道の入り口に落とし穴・・・這い上がった処で一息、座学のお時間も必要かと。新オーナー氏の世代では私たちの当たり前、常識としている事も未知との遭遇、異界に放り込まれた事にも判らないのでは。
閑話?休題。私は普段自転車いじりで手袋をしません、慣れの問題かも知れませんが工具が手につかない感じがするからです、手に傷を負う虞が有るときは以前は薄手の革手袋をしていましたが汗や濡れたときに不具合なので最近はサンプルがあるホームセンター等で色々と手を突っ込んで選んでいますが、薄手、高フィットを売りにした物の中には手袋が工具に張り付いて指先を巻き込む様なのもあって二度買う物には出会えてません、今も試行錯誤中です。
閑話?復活。錆や変形したネジを外すとき工具を破損したり負傷する事があります。作業の意味、手順説明や服装はもとより、工具が掛かる場所の作業前の錆取り、油脂鉄粉等の除去、使用工具の選定、外す対象を可能な限りふらつかせない事、安定した姿勢等々、煩わしいながらもお互いに一つ一つ確認しながら 作業するのも宜しいかと、老爺心から。

[807-37] 現在の状況 BB 2012/05/01(火)18:43
   【フレーム】
クロモリ530mm
トップチューブにアウタートンネル×3直付(でも錆びてる)
ダウンチューブにサンツアートップマウントWレバー台座直付
シートチューブには栄軽合26.4ピラー。抜けないまま
エンドはプレスではなく、ダボ×2あり
ボトムブラケット上部にはカンパタイプワイヤーリード直付
フォーク無し(魁!!男塾の王大人により死亡確認済み)丹下の27インチ用をオクで落札。

【ホイール(オクで中古を入手)】
ARAYA27×1 1/4ステンレスリム
鉄スポーク×36
鉄セミラージハブ 袋ナット式 6段用(126mm)
タイヤは検討中

【ハンドル周り】
栄60mmステム(彼は小柄なのです。530mmフレームではやや大きいので。これは自腹)
NITTOフラットバー(銀輪庵購入)
グリップは自分で選んで買えと指示

【ブレーキ系】
ダイアコンペサイドプル(O塚さん在庫入手予定)
テクトロレバー(オクで入手)

【クランク】
栄シングル165mm チェーンガード付き(オクで入手)

【変速系】
サンツアートライメックRメカ(元々装備していたもの。キャパが大きい縦型メカ)
シフターは検討中

【サドル周り】
藤田の古いシームレス 黒色(自腹)
ピラー なんとか抜かねば(笑)

【マッドガード】
どっかにないですかねぇ・・
今のところはガードレスで進行中

【ライト】
所有者は「ハンドルとシートパイプに取り外せるタイプのLEDを買います」と言ってます。

【今後の課題】
1 フォークが替わるのでフレームは自分で全塗装す るそうです。まあ頑張ってもらいましょう。
2 ピラーを抜くのが最大の課題です。最悪の場合に は、切断して電気ドリルでフレームギリギリまでえ ぐって破壊するしかないか。
3 トップマウントWレバー台座が直付されているフレ ームでWレバーをシングルにするにはどうしましょう か?
  サンツアーのあのタイプはR&Fレバーがリンクし てますよね・・右レバーを引いたらFメカがやや内側 に勝手に動いてチェーンが羽に当たらないとかいう 当時としては画期的なシステム。

  今となっては邪魔だ〜 フロントシングルだし

  比較的柔らかいアルミステムあたりを1本犠牲に して「トップマウント用アウターストッパー」を自 作しなきゃいけないかなぁ・・ハンドルシフトかス テムシフトレバーにして・・
  何か良いアイディアありませんか?

[807-38] トップマウントWレバーは brm-codama 2012/05/01(火)19:31
   セルフペイントするなら いっその事パイプの面よりも飛び出している部分だけを削り落としてしまえばいのではないでしょうか。
ピラーの錆付きには苦労させられますね。
手袋考…自転車整備に関しては、大きな力が掛かっていきなり動く場合などで ひどい怪我をしたので その後キッチリ自衛し厚い革手袋をする方です。工作機械などで引っ掛けて巻き込む危険がある場合は布製軍手は絶対ダメですが、機械加工で削り粉が危険な針や刃物状になる場合は工夫し 手の感覚を最優先に引っ掛からないようぴっちりさせて いろいろ組み合わせて保護手袋をしています。それだけ対策していてもつい先日指に刺さって困りました。
以前は手袋はあまりしない方だったのですが、怪我以外にも 汚れて手をあまりにも何回も洗うと手荒れし 終いにはアカギレし始めたので困り果て 出来るだけ洗わないで済むようにと薄い木綿手袋をするようになりました。…ただやはりオオツカさんの言われるよう 絶対に慣れは必要です。
そして こちらは年から年中油や鉄粉にまみれて作業している仕事なので そうじゃない方は差し引いて考え これまたケースバイケースですが何と言っても安全を最優先に自衛し作業して欲しいと思います。

[807-39] 怪我に注意、同感です KEROYON 2012/05/01(火)21:50
   手袋は、握力の感覚が狂うので、注意が必要ですね。
でも、金属の角で、スパッと切ったりと、酷い怪我になる事も多いし、爪がやられたり、手の皮が剥けたり、滑って青タンも有りますから、その時だけは、エーイ、面倒だ!!という気持を、振り払って、保護をお勧めします。

また、ドリルの切り子は、ブレーキ・ワイヤーの切った屑よりも小さく、(家の中で作業して、ある時、足の裏に刺さってイテテとなるのです)、とげ抜きでも取れない事が有り、その内、人間の自浄作用で出てくるだろうと、そのままにしておくと、中に入ったままになって、映画みたいに、麻酔無しで鉄砲の弾を取るみたいな事になるので、すぐに取り除く事をお勧めします。

シート・ピラーは、引いても駄目なら、押したら動くから、そーすれば引っ張ると動くはず・・・
これをやると、益々取れなくなりますので、絶対に止めましょう。

グリースとかの汚れでスリップする以外は、もう腹をくくって、指でグリースを塗り付ける位の気持で、風呂に数回入れば、綺麗になるさ!!という慣れも必要と思いました。

確かに、洗うとパサパサになり、数回が限界と思います。
これも、面倒がらず、お湯を使うと、多少は良いと思います。

[807-40] 外す時の危険性 BB 2012/05/03(木)16:18
   「スパーッ」と切れるならくっつき易いのですが、「グシャ」系はなかなか治らないのできっついです。

そういえば、我が左手にはかなり可哀想なことをやってきたなぁ

その手の痛い目って、ほぼ、私のハンドルネームである「BB」周辺で経験してます。

シマノのBB工具では栄とか杉野では微妙に合わないし、かといってそれらの専用工具ってあまり目にしないし。

[807-41] 専用工具 brm-codama 2012/05/04(金)10:57
   工具は各社対応の便利な物が出ていたりするので時々入手し試してみたりするんですが、構造がシンプルで無いがためにあちこちがかさばり残念ながら微調整が出来なかったりします。
純正工具は肝心な同社製パーツにぴったり合っていても寸法的に無理があり実際の整備では意外にも使いにくかったりする事も そのため自分で手を加えたり更に他社製を改造した物が意外にも一番よかったりします。
そして工具がいきなり動いて怪我する時はたいがい手が汚れた油にまみれていたりするので厄介だったりします。
工作機械類での作業は動作部分に巻き込まれやすい服や軍手などは基本的に禁止なのが常識なんですが、自転車工具なら そこまでの危険性ははらんでいないので自分の職種なども充分に考慮し 楽しむはずの趣味で怪我しても馬鹿々しいので各自に合った方法で保護して もしそれらの準備が出来ない状況なら無理して作業するべきではない…と思います。

[807-42] フォークきました BB 2012/05/05(土)00:10
   自転車をいじるにあたって怪我してはいけません。
だけど、なんというか、いいにせよ悪いにせよ「思い出」にはなりますよね(笑)

さて丹下のスペアフォークが到着したのですが、ランディオーネの純正フォークとどこが違うのかが分からないくらい「そのまんま」です。ダイナモ&キャリア台座もエンドダボもそのまんま。

違うのは色だけでして、きっとナショナルは丹下フォークをそのまま「パーツ」として採用したのではないかと思われるくらいです。

しかし出来がいい。曲げも先溜めとレーサー風の中間でいいですね。

唯一の欠点は新品フォークなのに丹下の鉄ヘッド玉押しが既に嵌入されているところ。

レビンに使えるならいいけど・・

[807-43] 大阪の brm-codama 2012/05/05(土)09:49
   メーカー通しですし 当時でもマスプロメーカーとはいっても全部を自社生産している訳ではなく ホーク屋、バック屋という言葉があるぐらい フレーム本体でも業界内では分業化していました。

[807-44] 置きロウ付けとかの世界? BB 2012/05/06(日)14:33
   そういった分業が成立していた頃は、フレーム各部も言わば「部品」であって、極論すると後ろ半分だけ交換することも可能だったのでしょうか。
バック屋から後ろ三角を仕入れてロウ付けとか

どこかノスタルジックな感じ

[807-45] いいえ今も brm-codama 2012/05/06(日)15:17
   カーボンの時代になっても変わっていませんねえ。ロー付けが接着に変わっただけで…
でもモノコックになると全体をカバーする金型が必要なのでFホークだけです。
ロー付け部分に関しては、量産モノでなくても交換は一応可能です。
ただバック屋さんを利用するのは量産メーカーでしたから一品だけを仕入れるのは難しかったし 現在は絶滅。ラグメーカーもヘッド屋を兼業していたりして いわゆるヘッド部分を担当していましたね。ラグとヘッドチューブが一体(に見えない)のヘッドがあったり マスプロの中級から以下の製品はコストダウンの必要もあり下請けメーカーとの合体品だったり それこそ全部という場合もありました。

[807-46] 昔々 BB 2012/05/07(月)07:58
   codamaさんの説明を読んで「フレームは部品なのか?絵画で言うキャンバスなのか?」なんて話を飲みながら先輩方としたことを思い出しました(笑)

例えばランディオーネという自転車に乗りつつ、パーツを全て交換してもまだそれはランディオーネ。
仮にフレームが壊れてしまい別のフレームにそのパーツ全てを移植したならば、一見して別の自転車なのですが・・感覚的には「部品であるフレームが代わっただけ」であって「私の自転車」は継続しているのではないか?という変な論理。

誰!?こんな変なことを主張したのはっ?

はい 私です(-_-;)

[807-47] フレームは部品なのか? ひらの 2012/05/07(月)10:11
   面白いテーマですよね。
これはみなさんの意見をいろいろ聞きたくなり、知りたくなるような話ですよね。

どこまでをオリジナルというのか?

論争になるほど話をしてみたくなる気も…

フレームが別物でも、部品が大半同じならば感覚的には同じ自転車っていうのも、すごくわかる気がします。

うーん…これは難しい!!

[807-48] フレーム ひらの 2012/05/07(月)12:05
   しかし…仮に、フレームが壊れて、同じ寸法、同じ素材からも、同じ仕様で作ったとしても、それは不思議な事に同じものにはならないって、ビルダーさんたちは口を揃えて語る事多いですよね?
きっとそこには、非常に微妙な火入れの問題やら温度の問題やらタイミングなどの細かい条件が重なって、違うものになるんでしょうけど…

そう考えると、フレームって、部品と言うより、生き物の方に近い気がします

[807-49] 破断したフレームから BB 2012/05/07(月)13:40
   普通はありえないけども、ロウを溶かしてラグを外してもらい、そのラグで同じ設計のフレームを作ってもらった場合、そのフレームは「引き継いでいる」というのが私の意見でした。
これはお酒飲みながら討論すると朝まで面白かった。
もうみんなむちゃくちゃで(笑)

「自分の自転車に自分のコダワリで軽合インナーを付けたりスライドFメカを装着したりして、そういったこだわりの場所が残っているのならフレームを替えても同じでしょ?」
「いや〜。フレームはある意味『絵でいうキャンバス』だから〜。同じ部品を組んでもフレームが代わったら別の自転車(絵画)になるだろう」

とか。特にここらあたりの記憶が未だに強く残ってます。

私の論点は「オーナーの思い入れ」
先輩の論点は「それを客観的に見てみようよ」

なぜこの話題がここに出るのか?というと、お父さんから譲り受けた自転車のフォークを破壊して、交換して、再塗装して、乗れるように再生しても「それはお父さんから譲り受けた自転車」と言えるのかどうか。

ここのところが実は微妙に気になっているのです。
思い入れ論からいけば「OK」
でもなぁ・・

[807-50] 現実には brm-codama 2012/05/08(火)17:40
   金属疲労でヒビや破断など破損したフレームは、ラグやチューブもぼろぼろになっていて組織が粗鬆状態で実際に炎で加熱して行くと更に劣化が進む事もあるし そこをさらにロー付けすると新品状態から3回目の加熱という事になります。加熱=酸化なので加熱する回数が増えるほど二乗倍のような感覚で劣化が進んで行きます。
何もしていない新品チューブですら加熱した部分は当初の弾力性や強靭さは回数毎にどんどん消えて行きます。
使い古したフレームなら さらに劣化が進んでいます。
例えば高齢者に若い臓器を移植手術するようなもので 果たして現実として耐えられるでしょうか?
とりあえず形としてはいいと思いますが、実際には周辺が熱劣化であっさり割れる可能があり安心して使えるものではありません。
一部の自転車誌で 入れ替えがいかにも簡単に出来るような事を掲載していますが、自分らは危ないなあと思って見ています。
まして事故で壊れた(曲がった)ものは、目に見えない力が残っているので 最初はごく普通の形になっていたのに赤く加熱した瞬間ばらばらになるモノも実際に少なくありません。
また一見きれいに塗装された、それらの耐久性を無視した加工が加えられたモノがオークションに流れているようですし部品も同様です。
それと不思議かもしれませんが、ロー材は再加熱の場合は、初回より高い温度でないと溶けません。つまり更に熱劣化が進む事を意味します。

[807-51] 熱劣化恐ろしや BB 2012/05/08(火)19:22
   ネットの質問欄で「サドルが抜けません」系の質問を閲覧していたところ「トーチでシートチューブを熱する」というのがありました。熱膨張で抜くという話でして、成功例もある模様。
さすがに危ないと思ったので後輩には「地道に時間をかけて」と言っておりました。
ついでに「フレームは壊すなよ」とも(笑)

で、ついに・・シートピラーが抜けたそうです。
BBシェル側からもCRCを流し込んで日々コジコジしていたら破砕したらしくピラーは再起不能だそうです(あたりまえぢゃっ)

彼は塗装剥離にも着手していたそうでして、粗い目の耐水ペーパーで剥がしていたそうです。
まあいいけど。剥離剤というものも売っているのだよと伝えておきました。

ヘッドのワンも抜けば塗装に入れます。

あ、その前にシートチューブにリーマーを通しておいた方がいいかもですね。その場合はやはり26.4?
そんなリーマーあるんかいな・・・

[807-52] シートチューブのリーマー掛けは brm-codama 2012/05/08(火)19:57
   サイズ固定タイプ以外にバリアブル(アジャスタブル)リーマー(Φ24〜27.0mm)というのを使用します。
剥離材は強烈な薬品なので肌に付いたり周りに飛ぶと困った事になるので 使わずに済むならその方がいいですね。
トーチ加熱はシートステーの取り付け部分があり やりすぎると剥離する可能性もあるので最小限の加熱で済まさないといけません。

[807-53] 剥離材 KEROYON 2012/05/08(火)22:54
   皮膚に付くと、ヒリヒリじゃ済みませんから、すぐすっ飛んで行って水でジャージャーですね。
目に入ると大変ですから、眼鏡は、絶対に必要ですし、その手で目を擦ったら大変です。
でも、3回位塗り塗りすれば、大概取れます。

加熱すると金属の結合が変わり硬化しますよね。
ですから、融点も変わってくる訳で。
皆様がご指摘の通り、塗替えとか再メッキとか、軽い化粧直し程度と考えている方が多いですが、火入れと一緒で整形若返り手術は、中々上手くいきません。
やるなら、焼き鈍し(アニール)知識も学んでからの方が良いと思いました。

[807-54] とりあえず BB 2012/05/09(水)19:51
   フレームは私の手元にはないので本人に観察させているのですが、ピラーが抜けたあとのシートチューブは「意外と中は綺麗で入口のところだけがなんか歪んだ感じでした」とのこと。

やはり内径26.8だったか・・・?
でも奥の方の内径を測定するのは私の技術・工具的にできかねます・・

シートピン周辺を広げさせるのは現在の仕様からあまりしたくないと思っていましたが、「弾力はまだある」ということなので、テストケースとして26.8を入れさせようと思いますが、いかがでしょうか?

仮にあれが内径26.8パイプとして、そこに26.4ピラーを入れた理由は今となってはわかりませぬが、少なくともシートピンだけで固定していた訳で、ここに本来のサイズであるピラーを入れれば、御老体シートピン(ラグ)の締め付け負担を減らしつつ固定できるのではなかろーか? という考え方です。

[807-55] ピラー径 オオツカ 2012/05/11(金)22:05
   完成車メーカーの場合、クロモリと称しても車種やグレードによってパイプ肉厚は様々です、私の手元に26,4や26,6が有ると思いますので、お急ぎでなければ今月末にbrm-codamaさんの処にお届けします、ワイヤーブラシや棒に巻いたサンドペーパー等でシートチューブの中の汚れを取り除いた後試してみては如何でしょうか。

[807-56] 了解しました BB 2012/05/11(金)22:40
   それまでの間になんとか仕事の都合をつけてブレーキ前後をcodamaさんとこに持っていかなきゃ・・

さて、レストア経過ですが、現在は自分なりに塗装をはがしつつ、パーツに合わせたフレーム色の選択とかを検討しているそうです。
オリジナルロゴに近づけたロゴをPCで試作などもしているようで、完成像を思い描きながらの今の作業はきっと一番楽しい時間であることでしょう。

[807-57] オオツカさん、BBさん、了解。 brm-codama 2012/05/12(土)09:44
   シートチューブの内側にこびり付いた物は大きめに半丸ヤスリで気長に削れば元の状態には近くなると思います。また狭くなった割り込み部分を広げるのは大型マイナスドライバーを差し込んで左右にこじってみるしかないでしょう。
ロゴはPC+インクジェットプリンターでステッカー製作出来るシートも市販されているので活用してみるのもいいでしょう。

[807-58] 現在の状況 BB 2012/05/18(金)18:48
   試しに剥離剤を導入したそうです。
「はじめからコレでやればよかった」とのこと。
あたりまえぢゃっ

ただ、BB周辺の入り組んだところの剥離で苦労しているようで、ワイヤーブラシを使って「とにかく、時間をかけてやってみて」と伝えております。
併せて「ほんの僅かでも塗料が残ってたら、塗装の時に目立つから丁寧に」とも。

また、ダウンチューブのトップマウントWレバー台座もヤスリで削り落としたそうですが、その仕上げがどうなっているのか?すごく気になるところです。

そこまで工程が進んでいるのであれば、シフターをどうするのかという問題が浮かび上がります。

彼にはハンドルシフト・ステムシフト・ダウンチューブシフトの3種類があると教えておりますが、どれにするのかとの回答はまだ聞いておりません。

でも先ほど小物箱からサンツアーのシングル用バンド式アウターストッパー(ピカピカ)を発見したので、いかなる要望にも答えてみせようっ!(-。-)y-゜゜゜

[807-59] 進んでますね。 brm-codama 2012/05/18(金)18:59
   それはお疲れ様です。
そういえばフリクションWレバーは生産され始めたんですが、直付け用のみでバンドは付属していないです。
しかしヤスリで台座を削り落とすとはなかなかの根性ですよ。出来上がりはどうでしょうね。

[807-60] フレームの状態 BB 2012/05/27(日)12:33
   今日、仕事だったのですが後輩がフレームとフォークを持ってきてまして
フレームの状態は概ね良好でした。
エンド内部の塗料は剥がしきれていませんでしたが綺麗な生地のフレームに仕上げており「なかなかやるのう(笑)」

近いうちにサーフェイサーを吹くんじゃないかな。

あー 部品組みたい

[807-61] サーフェイサー BB 2012/05/29(火)14:51
   最近は灰色ではなくて白色のがある

『へ〜それは知らなかった』
「1本買って塗ったんですが、足りませんでした」
『足りる訳ないやろ・・・』

・・ある意味、無理な重ね塗りができないので塗装手段としてはいいのではないかと思います。

ただ、「遠くからプシーッ」だけはやるなよ。
フレームに届いた時は既に乾燥した「粉」だから剥げるぞ。
かといって近くから塗るとすぐ垂れる。その寸前を見切った時が最高の塗装だからな

[807-62] ヘッドのところがタレました BB 2012/06/04(月)14:28
   「・・でもステッカーでカバーできそうな感じです」

今朝、スマホの画像で見せてもらいましたが、鮮やかな赤に塗られてツヤもある感じでした。

自宅の軒下でBBハンガーにロープを通しつつ、ぶら下げての塗装でした。

昔私が試した缶スプレー塗装と「画像」では結果の比較ができないのですが、少なくとも他のパイプも「やや垂れるかギリギリか位」は塗ったのだろうと思ってますので、ヘッド以外の部位はかなり艷やかな仕上げではないかと思われます。

しばし乾燥させて、ここにクリアーを吹けば「初めてのフレーム塗装」はOKです。

「サーフェイサーを塗るより赤色を塗るほうが楽でした」

そーなんよ。精魂込めた下地塗りに慣れてくれば本塗りも意外といけるのですよ。でも増長して「あとひと吹き」をすると君のヘッドチューブみたいに垂れるのだよ・・(笑)

でもまあ、我々はプロの塗装職人ではないし、隠せるところは隠せばいいのです。

さて。
その塗装が過乾燥したら、さっさとクリアー吹いて乾燥させてそのフレームを持ってこい!

その際には、ブレーキアウターをどれにするのか?何色を選ぶのか?シフターはどうするのか?タイヤはどうするのか?など、まだまだ楽しいことが残ってます。

[807-63] 自家塗装 brm-codama 2012/06/05(火)09:44
   もう何本やったか覚えていませんが、最初はと言うより今も たまにしかやらないせいか上達せず つい何回もやり直してしまいます。
最初からうまく行くとは大したものですね。でも乾燥/硬化が甘いと部品を付ける時にベロリと剥がれたり パイプを挟む形式のスタンドで型が付いたりしてガックリします。

[807-64] 8日の金曜日に BB 2012/06/05(火)19:44
   久留米に行けそうなんですが、codamaさんのご都合はいかがでしょうか?

[807-65] 8日は brm-codama 2012/06/05(火)21:12
   午前中いっぱいは用事で出ているため 午後の2時以降ならOKです。
先週土曜日にオオツカさんから部品を預かっています。

[807-66] あらららら・・ BB 2012/06/07(木)18:51
   すみません
行けなくなってしまいました。
近日中に連絡いたします。

[807-67] 困った BB 2012/06/07(木)20:38
   携帯をスマホにしたのですが、先日、過去に登録した電話番号が全て消失するという謎の現象が発生してしまいました。
ハードウェアのエラーでしてウイルスによるものではないので問題はないのですが、こちらから電話を架けるということができませんので、どうか皆様ご了承下さいませ。

[807-68] フロントフォーク BB 2012/06/13(水)05:42
   昨日、自家塗装したフォークを持ってきました。
「どうでしょう?」

見るとサーフェイサーの塗りむらを処理しないまま本塗装したみたいででこぼこが更に強調された感じ

「だめ。一回サンドペーパーで削ってやりなおし」
「・・あの」
「なに?」
「やり直すなら・・ついでにこれ(キャリアのダボ)を切っちゃっていいですか?」

いいよ〜 がんばってみて

[807-69] Fホークだけなら brm-codama 2012/06/13(水)11:31
   下地の仕上げは大切ですね。
本体もという訳じゃないので やり直すのまだ楽でしょう。

[807-70] BBシャフト BB 2012/06/13(水)13:57
   フレーム塗装も近々終わりそうな感じとなりました。

こちらはパーツ組み込みの準備をしなきゃ

前シングル、後6段の自転車はよく見かけますが、BBシャフトの適正な長さというか規格はどれなんでしょう?
103では短すぎ?だろうなぁ・・
現物合わせができないだけにきっつい

[807-71] 基本的には brm-codama 2012/06/13(水)16:01
   後ろの6Sフリーの中心位置(チェンライン)を割り出し Fチェンホイールが同じになるように算定します。従来装着されていた物で割り出したり ゲージを当てて判断します。曲がらない500mmほどのモノサシでも代用出来ると思います。
BBシャフトはクランクによっても左右の出方やオフセットが違うので要注意です。
ただRの段数が多くなるとFのチェンが左右へ脱落しやすくなるのでFチェンガードが必要かもしれません。

[807-72] こんな方法も有りました keroyon 2012/06/13(水)17:37
   諸先輩方を差し置いて僭越ですが、こんな感じで如何でしょうか?
昔、サンツアー・スキッターの軽快車等や引退車のポタリング改造時にて行っていた方法です。

どんな部品構成か?判りませんが、シャフトが短い気がします。
クランクだけで見ると、一般的には、左シャフトの出が17o程度ですから、右も17o程度が望ましい。
とすると、ハンガーは、68o有るので、17+68+17=102oですから、ワンの厚み分足りませんね。
普通ですと、約110o以上となる気がします。
そういう仕様のギヤクランクなのかもしれませんね。

でも、このB.B.でダブルのチェンリングにして、インナーを殺してしまえばピッタリかもしれません。
引退車ですと、アウターリングの歯を削り落としてチェンガードにし、インナーを利用するので、この逆応用でやります。

フリーだけに着目すると、サンツアー8.8.8パーフェクトとかウイナー?だと、ロー側(歯のスプラインを押さえる板)が、他社よりも厚い気がします。
ですから、トップ側にチェンラインが移動します。

それと、6速という事で、例えば、14-15-17-19-21-24と言う場合、チェン・テンションの関係で、ロー(1速)側の方が、トップ(6速)側よりも、逆転した時のチェン外れがしやすい訳です。

理論とかメーカーの取付図を見ると、5速の場合43.5oを基準として、3速の時にチェンが真直ぐになる位置を最良としている事が多いですよね。
6速の場合は、3.5段に合わせるのが模範解答なのですが、実際は、3速に合わせてロー側の負担を軽減させる方が、経験上、賢いセッティングかと思います。
スキッターも、その方がスムースだったと思います。

その為、サンツアーのフリーは、合致している訳でして、シマノとかなら、スペーサーを入れてエンド側に寄せてあげる。

これを参考に、リア・エンド・ブラケットとインデックス式変速機の可動調整範囲を勘案して、最適となるフリーの位置を決定し、其処から逆算してチェンラインを想定し、それに最適なB.B.シャフトを選択すると、実践的な組付けになると考えます。

いずれにしても、最終的には、組付け時での最適な芯位置を探っていく事になると思いますが、検討段階として、御参考になればと思います。
間違っていましたら、ご迷惑をお掛けする事になるので、何方かご指摘下さいませ。
また、上記の方法で上手く行かなければ、ノウハウをフィードバックして頂けますと、幸いです。

[807-73] 追記です keroyon 2012/06/13(水)17:54
   ハブのフランジの厚みとか、車輪組みのおちょこの出し方、ハブのスペーサーとかを見て、フリーの移動可能量とかも有りますので、 brm-codama さんが先におっしゃっている所の基準寸法を測定して、この基本ラインが出ている事を前提にしています。

ですから、まずは、 brm-codama さんの方法にて確認するのが先決で、其処からの続きとして考えて頂ければ宜しいかと思いました。

[807-74] なるほど BB 2012/06/13(水)20:52
   さすが3QQQ
わかり易い説明ありがとうございます。
一旦はウチにあるBBを組んでみてチェーンラインを計測してみます。
(たしかサカエのがあったはず)

[807-75] ようやく BB 2012/07/06(金)14:42
   本日、久留米に行くことができました。
オオツカさん codamaさん。ご迷惑をおかけしました。

後輩のランディですが、フレームは下手くそなりに塗装が完了。遠目に見ればまあまあですが、近くば寄って目にも見よっ!!な状況。

でも初めて自分自身で塗ったフレームなのでケチは付けませぬ。

でも事前に準備していたパーツを仮組みしてみると、意外となんかいい感じなんですね。
手作り感というか今風というか。「これはアリかなぁ」

今後の課題はヘッドを組むにあたってフォークコラムを切断せねば・・(ここだけ新品だから)なのと、こいつに合う現行BBをチョイスせねば・・ワイヤーの色はどうしよう?なところまできています。

オオツカさんから提供していただいたピラーはフルに活用させていただくことになるでしょう。本当にありがとうございました。
ただ・・ブレーキが・・・

これ。私が個人的に欲しかったブレーキなんですけど。なぜここに?

そうだ。
仮組みの時に使った時に「これいいですね〜」と言われたものの、うちの色違いで使えないヤツを後輩の自転車に使うことにしよう。

うん。そうしよう\(^o^)/ミンナ シアワセ

[807-76] ピラーは BB 2012/07/16(月)19:35
   オオツカさんのカロイにシムを入れてジャストだったようで。
ピラー径26.6mmが正解かな?

塗装はもう妥協しましょう。
ポリッシュ剤で仕上げるか・・

[807-77] 最近は brm-codama 2012/07/17(火)10:01
   ほとんど見かけなくなったサイズですね。
シートピラーを作るメーカーは、31.8mmや35.0mmも多くなったため 細い方は27.2mmのみになってしまった所も多いです。

[807-78] 現在 BB 2012/07/27(金)16:44
   700Cホイールにするか27インチホイールにするかで悩んでいるようです。
700Cを選べば、ブレーキを変えねばならぬ
27インチを選べば今後のタイヤ選びで苦労しそう


さて、彼の脳内完成像はいかに!?

[807-79] いい傾向 BB 2012/08/04(土)08:01
   「ホイールどうする?」
『700Cの方が今風なんですよね』
「そだね。タイヤの選択肢が広くなるね」
『でも、この自転車の個性を活かして27インチで行きます。でもタイヤが高くて・・』
「そか。次の給料日にがんばれよ」


じゃあ700Cホイールはウチで使わせていただこう。

[807-80] 受け取りました オオツカ 2012/08/05(日)02:33
   私の手元のモデルより進化していますね、貴重な品々ありがとうございます。
カラーもタイヤサイズも豊富な700C、クリアランスはばっちりだけど選択の幅が狭い27×、ブレーキとの兼ね合いがポイントですか。今なら色〜んなカラーパーツもあるし、そちらで遊ぶのも一興かと。

[807-81] それはなにより BB 2012/08/08(水)18:00
   あのブレーキ綺麗でしょ?(笑)
クロムメッキフレームや、つや消し黒フレームにつけたら、今までにない素敵な和風自転車が作成可能ではないかと思われます。
あのブレーキを買った時はやりたかったんですけど、最早うちでは無理かな。と

ピラーは、綺麗ですけどコレクション系でしょうか。
会長から譲っていただいたブレーキシューと同じ時代のパーツですが、どうにもあまり見かけないですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在、「フォークコラムをどこで切ってもらおうか」「BBをどこで締め込んでもらおうか」なところまで進行しております。
福岡市で快くやってくれるショップありますか?

[807-82] 現在の状況 BB 2012/08/16(木)20:40
   ホイールは「ダイアコンペ黒色センタープル」を使うこと前提に27インチでいくということになりました。

フレームをレッドに塗って乾燥したところに、ブラックセンタープルブレーキと本人が希望するテクトロの赤×黒のフラットレバー(決定済み)、それに栄の一部ブラックが入ったシングルチェーンホイールを仮組みしたのですが、なんということでしょう。
なんか今風な感じ?私の感覚的にはチープだったり時代的に崩れてるけども〜・・どこかが馴染んでいる。

こう感じる根拠は、当時の「吉貝」と「栄」のデザインの賜物ではないかと思います。

汎用品でも手抜きがない。

[807-83] これは・・・ brm-codama 2012/08/17(金)16:37
   レッド+ブラックですか?これは、最近カンパニヨーロスーパーレコード/プロ仕様で採用した逆カラーパターンですね。
栄は普及品メーカーながら さすがに時間の経過で見かけなくなったのですがクランク側がブラックでしたっけ?
1973年?頃にもスポーツ用自転車部品を黒にしたブラックセットと呼ぶブームがありましたが、確かカンパニヨーロスーパーレコードの発売直前の予告みたいなものから始まった気がします。
”ダイアコンペ黒色センタープル”から思い出しました。

[807-84] Rメカ BB 2012/08/18(土)00:14
   ウチの在庫になかなか使い道がない黒色ダイアコンペがありまして、オオツカさんから提供していただいたノーマルカラーのダイアコンペと合わせて選ばせたところ、「黒いの」ということでした。
せっかく提供していただいたオオツカさんには申し訳ありませんが、ブレーキは我が家で使わせていただくことになった次第です。

ぱっと見レーサー
でもすんごく重い

私なら迷わず軽合の1/4リムとクイックハブ、ステンレススポークを採用するところなんですが、あえて鉄・鉄・鉄なホイールで行こうというところになんというか「手伝ってあげよう感」がありまして(笑)

せめてその他のパーツで軽くしなきゃ・・

ハンドルは日東のフラットバー(本人購入)
ステムはオオツカさんからいただいたピカピカなカロイピラーに合わせ、昔使っていたグランコンペのホールイン80mmを提供しよう。これは重いけど見た目で。

シフターはサンツアーのエアロトップマウントだったのを自家塗装に伴い台座を削り落としたのでサンツアーステムシフターへ。
ダウンチューブのシングル用アウターストッパーはウチの部品箱から奇跡的に発掘。

さーて、Rメカをどうするか・・
チェーンホイールのデザインに合わせてブラックパーツを使いたいところです。
オリジナルのサンツアークリマティックは黒×シルバーなので理想的なのですが、なにぶん腐食がきっつい。メカ本体やプーリー内部にグリスまみれな泥が詰まっております。


そこでウチの部品箱をあさってみると、黒いのがありました

カンパスーパーレコード
サンツアーサイクロン

バラモン号のユーレーサクセスが壊れた時の交換用予備パーツとして準備してたんだった これはダメ!

Vxを探してみよう・・

[807-85] レストアについて ひらの 2012/10/22(月)10:52
   昨日、keroyonさんとお会いする用事があったので、世田谷御大のお店に行ったのですが、そこで、僕に用事があるという、まだ若い21才の大学生、I君と言う人にお会いしました。
彼は比較的最近、T社でランドナーを作って、キャンピングしながら、随分走っているようです。
雑談するうちに、なんと彼は、丸都のスポーツタイプフレームのデッドストックを最近入手したようで、乗ってみたいと、レストア計画中らしいです。
聞くとT社では、かなり良いフレームらしく、あまりに稀少な車体なので、乗らない方がいいと意見されたらしいです。

彼は乗ってみたいらしく、「サンエクシードあたりの部品を付けて…」なんてトンデモない事を言ったので、思わず「絶対やめろ」と(笑)…。

さすがに50年代前半の国産パーツで固めるのは、不可能だと思うので、せめて雰囲気を壊さないように、60年代あたりの国産を中心に、スターメィあたりの内装で組む方がいいのでは?とkeroyonさんと、口泡飛ばして意見しました。

うーん…

そういう車体が何も知らない若者に行って、むちゃくちゃになるのが、なんだかとても心配です。
まずは中ポリーさんあたりに知識入手も含めて、相談すべきでしょうね。
と、言う事も伝えました。
レストアというのは、面白い反面、大変だし、悩む部分もすごく多いですよね。

どのぐらい大変か、思いしればいいかと(笑)

思う部分もありますよね?
悩ましいところです。

[807-86] 正確には ひらの 2012/10/22(月)12:02
   レストア、と書きましたが、デッドストックフレームの場合、正確には「レストア」とは言わないかも…ですね。

まだ、一度も組まれたことのない古いフレームを完成させる場合、
なんて言えばいいのでしょうかね?

[807-87] 再現 brm-codama 2012/10/22(月)12:21
   白雪姫”スノーホワイトプリンセス”のように永い間眠っていて時代を経て目覚め 当時の新品フレームを当時の仕様や部品で完成車を再現という事なので”再現車”とでも言うべきなのでしょうね。

[807-88] 生まれ変わりは、英語でなんて言ったでしょうか。 2012/10/22(月)12:38
    ひらのさん、レストアは英語?、フランス語?でしょうか。作り直すことを、私はリビルドと言ってますが、再び売れる状態にするのがレストアでしょうから、そうですね、

 「レレビルド」なんてどうでしょう。

 レレレのレーのオジサンからあやかって。普通は、

 フレームが作られた年が完成した日として扱いますよね。私のロードレーサーは84年ですが、組みつけて乗ったのは85年です。その丸都が50年ならば、それから62年後の組み付けになる訳でして、1年か62年の違いだけですね。部品は、そのときなかった製品ですと、ほんと、どう呼びましょうかね。

 レレレのビルドしかないような・・。駄目かな・・。^^

[807-89] ちょっと手を出せないお宝 TOM上田 2012/10/22(月)13:15
   1950年なら私は漸く1歳。その当時の事を、現役として体験した大先輩の皆さんは、とうに鬼籍に入られているわけですから、解を見出すのは…ですね。
我が国のスポーツ自転車の古い資料は殆ど残ってないのが実情ですから、ひらのさんの言うように、当時の英国の自転車を参考にするのが一番無難でしょう。
ラレーやBSA等が一番元気だった時代ですから、資料は好事家が沢山お持ちのはず。東京在住の強みと広いネットワークをお持ちのひらのさんに、自転車の神様が与えて下さった出逢いだと考えています。
ここは是非、その若者のために一肌脱いで、正しい道に導いてあげましょう。
歴史的・文化的に高い価値を持つ貴重な財産を、ゴミ屑にしてはバチが当たります。
書き込みの続編への期待は極めて大なりですよ。

[807-90] ひぇえぇー!!(涙) ひらの 2012/10/22(月)16:07
   僕がやるのぉ?(笑)

うわっ(涙)
それは大変だ。

実は僕んとこにも、丸都時代と思われる、アルプスのデッドストックフレームがあって(僕のはI君のフレームとは違って、実用車タイプのフォークが付いた、そんなにいいフレームではない)、今、着々とパーツを集めて、来年あたりに組みあげる予定です。
僕のも50年代前半との推測ですが、時代を合わせたレレビルド(鶴さん、やっぱわかりづらいかも。笑)というより、60年代の国産パーツを主体にしながら、なるべく雰囲気を壊さないように、でも、一応、街乗りとして機能させようと、考えて進めてます。
だから、本当は32、40の穴数でなくてはいけないのですが、36だったり(三光のハブとアラヤのタコ穴リムにします)、クランクはコッタードではなくマキシーの軽合で、フロントはシングルの42にして(3アームのインナーをアウターにしちゃう)リア変速機はスキッターにしようとか。
でもフリーはちゃんと三光の5速だけど、ボスフリーの前の規格だったり(これ、何タイプって言いましたっけ?忘れた)
まあ、こんな感じで、マニア的にはいろいろあるでしょうけど、完全再生とは言えませんが、このぐらいだったらなんとかギリギリ許容範囲かしら?って線で進めてます。
だから、あんまり強い事は言えませんが、とにかく、最近よくあるような、エンド幅を広げて無理矢理今のパーツを入れちゃったり、とか、そういうのはなんとしても阻止するつもりです。

なるべくフレームには手を入れない方がいいですよね、こういうフレームは。
聞いた限り、かなり良いフレームらしいですから。

[807-91] 押しつけではなく、願望です。 TOM上田 2012/10/22(月)16:48
   ひらのさん、フレームには絶対に追加の加工をさせてはいけません。あるがままに、美しく――ですよね。
フリーの古い規格は、フラッシュ・タイプと呼んでました。1960年代半ばまでは、普及版のツーリング車に多く使われていたものです。
ひらのさんの現在進行中の作業結果にも注目していますよ。

[807-92] TOM上田さん、そうなんですよ ひらの 2012/10/22(月)17:43
   そうです、そうです、フラッシュタイプでした。フラッシュタイプ。

中ポリー師匠に僕も教わりました。

しかし、その頃のものを再生するのは、かなりの覚悟と情熱と忍耐と経済力(国産だから、フランスやイタリアやオーダーものほどではないかもしれませんが)、特に忍耐力と執念はいるかもしれませんよね。

今度、また会うから改めて話をしてみます。

T社の言うように、乗ってはならぬ、とは思いませんが、フレームに手を入れるのはマズイですよね。
フレームいじったら、殺すぐらいに言っておかないと。

どうやら塗装の下地に漆を使ってるらしいです。

[807-93] 漆は brm-codama 2012/10/22(月)18:23
   古参の塗装屋さんに聞いた事があるんですが、肌に付くと当然かぶれるので大変だったのですが、金属とはあまり相性が良くないようでフレームがあまりタワむと剥がれる事があるそうです。
その辺の時代はオオツカさんが詳しそうです。
実はその頃の軽快車のフレームのデッドストック新品の山を問屋で見た事がありますが、当為のパーツで完成させるのは大変ですよね。

[807-94] ボーン イン ザ ニッポン。 2012/10/22(月)18:57
    「生まれ変わり」とタイプしますと、Reborn、Born againと出てきました。よって、リボン、レボンか、ボナゲンと呼びましょうか、ひらのさん。(?)

 私ですと、現生産部品で組み上げると思います。ジュラエース、サンエクシード、アイズタイヤ、B17Sサドルなどを使って。エンド幅、後変速機用ブラケット、ピラー径など、どうなっているのでしょうね。フレーム自体は触ってはなりませんよね、普通に考えて。そんな古いフレームでも今の部品を使うと、

 「こうなるの!」

 を主張したいほうです。フレームカラーは何色でしょう?。今と言っても、それなりの今様です。別に、現行オールカンパでも良いけれど。

 出来上がった自転車の写真は、明治時代の女と、茶髪にした私が一緒に写る合成写真のようなものでしょうか。

 仰せの通り、60年代の部品が、歳の差から言ってもお似合いですね。現行カンパは兎も角、20何歳違うと、犯罪になります。私が女子高生を

 「一緒に遊びに行こう!」

 と、誘っているのと同じですね。

 捕まります、警察に。^^

[807-95] 反対です(笑) ひらの 2012/10/22(月)19:14
   鶴さん、僕は反対だなあ。
まあ、フレームをいじらなければ、いいとも思いますけど…(元に戻せますからね)

でも、BBの幅が確か72だったような…

うーん…今のパーツだといくらなんでも合わないと思うなあ。

それ、よほど上手くやらないと、チグハグになるんじゃないかなあ?

まあ、個人個人で美意識は違うから、それで違和感ないものできたら、それはそれでいいかもしれないけど、でも、カンパじゃないでしょ?いくらなんでも

[807-96] 丸都 KEROYON 2012/10/22(月)22:49
    資料的には、サイクルとかから引っ張ってくるとか、長谷川さんに聞くとか、東叡に聞くとか、他にも、探せばあると思います。
 ですが、かなり大変でしょうね。
 適当に年代だけ合わせて、部品を探すなら、まだ簡単でしょうね。
 そうなると、フレームだけ飾っておくのが、彼としては、楽でしょね。
 それでも、何ら価値は下がらないと思います。

 ちょっと、ずれているかなと思うのは、完成系にするという事が、スタートラインじゃなくて、そういうフレームが有るんだけれど・・・から、始まっています。
 それで、乗ってみて、どんな自転車だったか味わってみたいよネェ!!と、なった。
 やるなら、ちゃんとやろうよ!!フレームいじったら駄目だよ!!32−40なんだろうな!!と、なった訳です。
 彼には、無理して、サンコーのハブ・10万円とか、内装変速とか、そういう馬鹿な事は、お止めなさい!!と、言いました。

 だから、乗るだけなら、適当に、ダイアコンペ組んで、昔の実用車のホイール拾ってきて乗っても良い訳です。

 別に、それを街乗りで使う必要も無いし、年に一度、持ち主の命日に乗ろうという事でも無いので、部品も、当時物なら、何でも良いと思うけれど、当時は、バーテープじゃなくスリーブになるだろうし、バーテープで良いという時点で、もうアウトでしょうね。(と、思っているのですが・・・いや、バーテープも有ったよ!!という事を言われたいのじゃなくって。)
 
 銘柄合わせが出来れば凄いけれど、まずは、当時物まででしょう。
 フランスのフェデラルじゃないけれど、確か、自転車協会推薦一号S型とか(そういう雰囲気という事で、中身嘘です)、そういう資料は、あったと思います。
 いずれにしても、難しい事ですね。

 手に負えないのなら、自転車文化センターに寄贈したら良いと思いました。

[807-97] keroyonさん、先日はどうも ひらの 2012/10/23(火)09:22
   いろいろな意見が飛びだして、いいですね。

やっぱり熱くならないと。
でも、みんなの一致した意見は「フレームをいじらない」ですね。

やはり原則はこれでしょう。
でも、その事は彼もわかってるとは、思います。
完成車にする、みたいな事言ってましたよ。
最初に。

それで聞いたら「サンエクシード〜」とか言われたから、僕の中の何かが、ブチッとキレて(笑)

まあ、確かに乗り味だけ味わう目的なら、それでもいいのかもしれませんよね。
そのあと、10年ぐらいかけて完全バージョン作るとか。

でも、こういうのは、その時、熱い時、に完成させないと、なかなか着手できない、ってのはあるかもしれませんね。

[807-98] ひらの さん 一気にですね。 KEROYON 2012/10/23(火)13:32
    おっしゃる通り、こー言うのは、勢いですね。
 もう、徹夜してでも組むとか。

 若い頃は、就職していても、その店の閉店5分前にしか着かないのが判っていても、電車を乗り継いで、店に行きましたよ。
 そうしたら、10分前なのに締まっていたり。
 何度も、フーって言うのが。

 土日も、吉祥寺の店に行って、神田を経由して、帰りに、川崎・横浜の店に行って。
 まあ、熱に浮かされていた時期ですね。

 サイクリングも、一緒です。
 深夜に、思い立って、無計画で走り出してしまうとか。
 もう、枯れ果てていますが。

 さて、丸都ですが、家に資料が有りました。
 1954年かな。1949年のもありました。
 ですから、資料は、これでOKとまで行きませんが、何も無いよりは、マシですね。

[807-99] 以前 BB 2012/10/24(水)20:04
   ド・ノーマルと思われる赤いフレームの光風KENKOを不燃物置き場で拾ったことがあります。

もう完全に廃車状態でして明らかにゴミだったのですが、ダウンチューブの「KENKO」ロゴが生きていたのでつい回収してしまいました。

たぶん高齢の方ワンオーナーであったと思われ、マッドガードやフレームにいろんな色の反射材ステッカーがべた貼りになっていましたので、それを除去した後に米嶋狂授に委ねたところ、狂授手持ちパーツとおそらく地元ショップの在庫パーツを駆使してピカピカなランドナーに生まれ変わりました。

現物は見ておらず写真をいただいたのですが、本来Rメカは鉄の初代ヒーローなんですけど、あえて採用したスキッターの赤色がフレーム色と合っており感銘をうけたものです。だってグレードアップですよ(笑)
この自転車はたぶん今でも九州のどこかで走っているはずです。

実は「時代性の合致」に関して、私はあまり気にしていません。
私がこの世界で生きてきた全ての時代の好きなパーツを好きなフレームで使ってるんだよ。だって今あるし今手に入るし。と言い張れますし。
(わぁ 会長から除名処分喰らうかも)

しかしながら、過去に扱ってきた自転車(またはフレーム単体)、及び、他の人が作成した完成車を見た時の感動などを今思い返すと、古いフレームが単体で手に入ったならば、できるだけその時代のパーツで再生してあげたいなと思えるようにはなってきました。

オリジナルよりも後期なパーツや現行パーツやを試すのはその後でも大丈夫。

乗りやすくするために手を入れるのはオーナーの自由なんですから。

[807-100] まあ brm-codama 2012/10/24(水)21:56
   当時と全く同じ時代の部品は簡単に手に入るものじゃないので当時の部品を探しながら 多少時代は新しくても代用品で走れるようにして乗ってみるのもいいと思います。
資料で見る丸都の特徴とほぼ同じの古い*−エイ(刻印)の*ァーオブジャパンを友人が持っていて まだ同じ形状で作っていた頃なのでしょうね。

[807-101] 得られるもの 2694 2012/10/25(木)00:57
   丸都のフレーム、T社がいろんな意味を込めて、そのままで所有しておいたらと言うのですから、触らず所有しておくべきなのではないでしょうか。
自分なら、Iさんに来年TOMに行ってみることを勧めます。
そのなかに多分同年代の完成車を所有する方がいるでしょう。
乗り味を知りたいなら自分のに乗ってみればという人がいるかもしれないです。
少なくとも、そのフレームをきっかけに先輩たちと交流が産まれて、昔のことを教わり、かわいがってもらえるかもしれません。
だいたい部品ひとつ、調整、チェーンオイルでも自転車の乗った感じが変わるじゃないですか。フレームを味わうのは、難しいことだと思います。
最終的に一本のフレームがどうかよりも貴重なものが交流から得られると思います。

[807-102] マルキマニアの後継者。 2012/10/25(木)08:42
    ほんと、そうですね、2694さん。製造者、エージェントだけでなくて、需要家作りは大切ですよね。TOMと、あ、ポリー何とかにも参加して欲しいです。私は、どうでもいい方でして、それに伺ったら、ご飯を食べて直ぐに寝るような気もしますけど。そうそう、TOMは一回だけ参加させて貰いました。サイクリングがメインの。自転車よりも良いオンナがいないかどうか、探していました。いなかったです。あの人以外は。京都の

 あそこへ行ったときですが、30歳前後の方でしょうか、奈良から来たと仰せで、引き出しを開けては閉め、部品を漁っておられました。

 何となく、嬉しかったですね。^^

[807-103] サドルベース brm-codama 2012/10/26(金)19:23
   古い国産の一般車用革サドルの皮(ベース金具付き、このままではピラーには付かない)のみを以前から持っていましたが、国内サドルメーカーに古いスプリング付き(前後3個/後方2個のみの2種)ピラー取り付けワイヤー部が残っているようです。
ボルト位置の寸法を調べたら合いそうなのでバッジとサイド型押しネームに”SPECIAL”刻印の付いた革サドルが生き返って復活しそうです。
でも幅広でスプリング付きなので一般走行用自転車にしか使えませんね。

鶴さん 昔は自転車好き/趣味というと今で言うところのオタク的なもので全くモテる要素はなく 当然ながら女性がはまっているなんていう事もまるでなく 時代は変わって行くんですね。他の趣味・・・例えば鉄道女子などのように自転車の事で意見交換し合えるなんて夢のようです。・・・馬鹿な事を言うとカンパの’70年代レコード左クランクで殴るよ!なんて怒るのでしょうか?はたまたユーレージュビリーRメカは私ぐらいスリムで綺麗だから頂戴とか、あなたの小太り体型ならサンツァーXあたりがお似合いよ、少しは鍛えて鉄レコードのように逞しくなったらとか・・・。

[807-104] 自転車オタク女子は、いない?。 2012/10/27(土)05:59
    東叡女子は、男性のそれとは違いました。スッキリしていたと申しますか、活発な、理知的な、情緒安定型なご風貌でした。要は、オタクには見えなかったです。ただ・・、言うのやめときますが。

 ご年齢は、むかしからあまり変わらないように見える、その人が一番に高齢な筈、25〜45歳ぐらいの方がすべてでした。人数は5〜10人ぐらいだったと思います。サイクリングを組み合わせての催しに変わってますから、「それなら行ってもいいわ」になっているかと、たぶん・・。

 自転車の構造、ルックスだけに関心がある人は、前の通り、無に近いかと想像です。「良いものに乗りたい」という、上品な欲の持ち主かも知れませんね。

 お顔の崩れよう、いえ、お顔立ちからも。^^

[807-105] さ〜て BB 2013/02/15(金)21:38
   来月の土日で一泊サイクリング

上司がサイクリングやりたいって(笑)
若手は参加ということで、レストアは加速モードへ

パーツは全て整いました。
パナレーサーの27×1 1/8タイヤにフレンチバルブチューブ&フレンチバルブ対応ナットを採用。
理由は、パンクなどのアクシデントに対応するのは私しかいないので、リペアキットの他に700Cスペアチューブを持っていけば全車に何とか対応できるかなぁという理由。

問題は「フォークコラムのカット」と「栄製BBのフレームセット」と・・その他いろいろ

さ〜て やるか!

[807-106] それなら brm-codama 2013/02/15(金)22:18
   「フォークコラムのカット」と「栄製BBのフレームセット」ならば 金ノコ(32T)と旧BB用レンチセットがあれば何とかなりそうですね。「フレンチバルブ対応ナット」は仏→英式バルブアダプターって奴ですね。
後はコースを走る体力さえあれば…という所でしょうか。

[807-107] ただ brm-codama 2013/02/16(土)10:50
   ちょっと気になるのはコラムを切った後は、ネジ部分にバリが出るので丁寧にヤスリ掛けして うまく行けばそのままヘッドパーツが付くのですが、最初がスムーズに入って行かない場合は、ネジ山をあまり崩さない段階でJIS専用ダイスでネジを整える必要がありますね。

[807-108] 何とかなりました BB 2013/03/02(土)07:41
   丹下軽合レビンも栄BBセットも付きました。
ただ、サンツアーRメカがどうにも動かず、カンパヌーブSレコを採用
また、ブレーキアーチがぎりぎり短かったため、ブレーキシューを取り付けナットの細い現行品に変更し、かろうじてセットできました。

遠目には今風の自転車っぽくなりまして、本人も喜んでいます。

今朝は曇り空ですが、サイクリングにはちょうどいいかな

行ってきます

[807-109] それはよかったです。 brm-codama 2013/03/02(土)18:34
   それはよかったです。でも*ンパSレコードは、あまりに良過ぎて浮いてしまっているような…。
記憶ではオオツカさん情報にサンツァーGT/新品があったように思います。黒だったかはわかりませんけど丁度最近1974年頃の*石スポルティーフをレストアしている時に装着されていて「Rメカを交換するなら・・に新品がありますよ。」と話していたので記憶に残っています。多少ガタは出ていましたが使えるレベルだったので入手しませんでした。

[807-110] 帰ってきました BB 2013/03/04(月)16:13
   宗像の名所旧跡をメインに走ってきました。
ノントラブルでよかったです。
レストア後の画像を画像掲示板のほうに貼り付けましたが、スマホでの撮影なのであまり良く撮れていませんが、まあだいたいこんな感じくらいは分かるかな?と思います。
オオツカさん、brm-codamaさんをはじめ、多数の方の援助やアドバイスによってなんとか完成させることができました。
この場で失礼ではありますが、ありがとうございました。

[807-111] 続・3QQQ掲示板、誕生!。 2013/03/05(火)07:24
    完成、おめでとうございます。1年近くかかりましたね。

 この後の「レストアに関する愚痴」は、「続・3QQQ掲示板」に移転しています。BBさん、みなさま、お間違いなきよう。^^

[858] 窓口スレッド VOL.19 - 最新投稿 brm-codama 2013/02/28(木)11:26
[858-1] 窓口スレッド VOL.19 2013/01/27(日)20:29
    です。寒さが募りますね、最近。耐寒活動が重要でしょうか。キャンプは兎も角も。^^

[858-2] ステンレスボトル。 2013/01/28(月)19:09
    忘れていましたが、brm-codamaさん。昨日に寄ったお店でノー○ン扱い、ステンレスボトルが売られていたんですが、文字入りのそれは、もう間もなくでしょうか?。前の通り、入荷次第、買わせて頂きたく思います。で、お店の人が言うので試してみると、
 使っている日○製ボトルゲージには入りませんでした。T社のものも。他のワイヤー式のゲージも。アルミ製の膨らむタイプ用みたいですね。レーサーはTA、フライデーはプラとアルミですから、それにはスッポリの筈です。ランドナーとパスハンターは、バッグの中へと仕舞って、湯たんぽ専用にしたいと思います。専用の湯タンポカバーをバー女に作って貰おうかな。

 バラ○ン(さん)凧柄の・・。^^

[858-3] 雪見サイクリング kuro 2013/01/29(火)02:54
   すごく雪の話題が出ていますね。
極寒サイクリングではありませんでしたが、この前の日曜日に山の上で雪に降られてしまいました。

近くの山ですが、標高があがると天気は急に変わるものですね。

写真をアップしましたのでのぞいて見てください。

[858-4] 世の親は今。 2013/01/29(火)08:31
    お〜〜〜、KUROさん。拝見しました、マスターとご一緒なんですね。同趣味の方が、伺えるお店をされているのが羨ましいです。近所の音楽バー兼喫茶店のマスターは、そのむかし、ゼブラケンコーに乗って生駒へ行っていたそうですが、それからは単車がお好きになったようです。

 「サイクリングクラブを、ここを拠点に発足してええ?」と聞くと、「俺は、嫌や、自転車なんて」で終わっています。

 ここ数年、いえ、10年以上になりましょうか、年中無休の営業をされていて、お仕事の様子にも余裕がなく、オマケに娘からは何かの理由で反目されて、その忍びない顔を見るのも嫌で、寄るのが遠ざかってしまいました。

 口癖は「遊べない、遊べない、遊べない、俺はもう」です。その娘さん、息子の為に一生懸命なんですが。

 可哀想ですね、この方。^^

[858-5] 鶴さん brm-codama 2013/01/29(火)10:48
   そのご近所の音楽バー兼喫茶店のマスターですが、家族や子供を支えるのは大変で 何人かいれば当然ながらかなり稼いでは見返りなど無いながら必要な時に惜しみなくつぎ込まなくてはなくてはいけません。そして子供は親離れという習性のため無意識に反目や何かの形で親を嫌う時が来るものですし でもまあ そこから逃げ出さず立ち向かうという人生の旅を続けているのは大したものだと思いますよ。
そのご近所の音楽バー兼喫茶店へは、たまには行ってあげて何げない話でOKなんで 鶴さんのエネルギーを少しでも分けてあげればいいんじゃないでしょうか。
旅やスポーツは原点に近いものほど機材や豊富な資金での補助が出来ず 誤魔化しが効きません。モータースポーツ(単車)を愛好するお客さんもいますが、ある意味それを体で知っているので自転車の大切さも理解しています。かく言う自分もその逆でしたから。

[858-6] 拝見しました ひらの 2013/01/29(火)15:51
   KUROさん、画像拝見しました。
よかったです。
黄色系と青系のランドナー2台。
すごく合ってますよね。青と黄色の組み合わせってすごく合うんですよね。
単純にいいなあと。

ああ、いいですよね。この感じ。

いいなあ(笑)
やっぱ自転車遊びはいいなあ

[858-7] アライクマは清潔ですが。 2013/01/29(火)18:01
    只今、実家事務所に戻ると、届いています!、アライクマさんが、ひらのさん!。ありがとうございました。買えば高額なものを戴いて恐縮です。その実家の納戸に3枚ほどあるとかで、見てみましたが、半身用は1つだけ。でも、こんなに小さくはならないです。B5サイズくらいですから、パニアの中でも薄い雑誌一冊分、大事にいたします。テントマットは返品しました。返品だけでは悪いので、5型ムーンのグラウンドシートを注文です。大きいそのテントの今の使い道は、あの21歳の君との

 プラスティック・ラブ・キャンプ!

 のつもりです。あれ、プラトニックだったかな、プラスティックではなくて。しかし、山下達郎さんの唄にあったけれど、そのプラスティック・ラブというお唄。彼女だけにラスカル君を敷いてあげて、「俺はいいよ」と、嘘めいた優しさを売ろうかな。で、

 brm-codamaさん、そのマスターなんですが、そんな一般的な人ではなくて、その娘さんとは、

 「あいつとは口、利いてへんねん」
 「気に食わんかったら、出て行って欲しい」
 「この前、彼氏を連れて来てたけど、腹ふくらませて、どこかへ行ってくれへんかな」

 ですので、

 「あんた、終いにヤクザとでも、駆け落ちするで、そんなこと言っていたら」

 と、そのとき一応は戒めましたが、どうでも良いみたいです、本当に。お金だけは工面しようとしている模様。ご自分の親から工面されなかった腹癒せなのか、反面教師なのかどうか、その理由は分かりませんが。生まれたときから知っているその子ですが、「マスター似やな」で、中学までは普通でしたが、「金がない」と、それからの進路を反対し、好きな方面に行かせなかったときからそうなったそうです。奥さんも偶に手伝いにお店へ来ますので、「あの子、陰険やねん」と、母親からもこの発言、始末です。どうしましょう、この後は。兎に角、

 部屋に蛆が湧いているような汚屋さんとかで、両親ともに呆れているのが実情です。どちらとも「そんなことはないのに」と仰せで。

 「俺、援助○際してやってもええけど」
 「やめとき、あの子だけは」

 と、両親からも嫌われる、こんな子供(今は22歳前後の筈です)です。どうしましょう、本当に。お店では、彼女のことは禁句です。要は、

 どこの何も根に持つと、たとえ親子でも怖いということですね。地獄の沙汰も金次第は、私も実感です。詳しくは避けますが、自身のことは。まぁ、マスター夫妻は誰かとは違って、30過ぎてからの計画倒産、いえ、計画子作りだったのですが、北海道のゴルフ場の会員権を、お客さんから勧められて買ったあと、拓銀が倒産、会員権はパー、毎月10万ほど、整理回収なんとかに支払っています。

 考えてみれば、可哀想ですね、これも。'_'

[858-8] 雪雲 brm-codama 2013/01/29(火)18:28
   昨日は平野部も少し積雪があり 日中は晴れましたが気温は上がらず日陰に雪が残っていました。ここ最近は山にだけ雪雲が掛かって雪が降っているのが遠景でもわかりました。
KUROさん達が経験したように山に入るとコロッと天気が変わるものなんですね。こっちだと当然雪山の装備は準備していないでしょうから 怪我が無いよう気を付けなければいけませんね。クルマの時はスノーチェンをトランクに装備してましたが、自転車だとそうもいきませんし。
鶴さん いろいろありますよね。何かのきっかけで生き方が変わる事もままあり、彼女にもそんないい出会いがあるといいですし そうあって欲しいです。
そして何かを選択しなければならない時には、周囲の意見を参考にするか自分の勘で決めるか悩みますが、今までの事を考えると自分の五感が発する警告に従っておけばよかったかなと思ったりします。

[858-9] 雪遊び kuro 2013/01/31(木)00:16
   ほんとに山の天気は判りませんね。
最初から雪があるのが判っていたら、ランドナーではなくパスハンで足にはスパッツを着けて雪遊びを楽しんだのですが、残念でした。

[858-10] アルプ○タイヤよりも太い?。 2013/02/02(土)07:14
    一昨日から、えらい暖かい日が続いていますが、次の連休も耐寒キャンプ2番の予定です。自動車用スパイクタイヤ規制のことは、調べてみましら、違反になるのは雪のない道路を走るときに限りみたいです。チェーンは、雪がなければ外す訳ですから、問題ないですね。

 行き先は、どこにしよう。関西近辺で豪雪地方というと、但馬あたりしかないのが実情です。紀伊山地や鈴鹿、比良などは、山の頂あたりのみで、やっぱり日本海方面が良さそうです。

 ノー○ン外注?のツーリングカスタムを例のお店で購入しましたが、オープンサイドを選びました。400グラムらしいです。あとは、あの21歳の君を連れ出す作戦を思案するのみ!。

 「俺たちに愛がなったなら、進む道に雪が積もることはないだろう」
 
 と、言ってみようかな。たとえ

 「頭、オカシイわ、この、おっちゃん」

 が、その結果としても。^^

[858-11] この時期、瀬戸内キャンプはパラダイス。 2013/02/12(火)08:36
    若狭から但馬の日本海は積雪なしらしく、京都北山へと思ったけれど、そこでは真冬のキャンプは初めてでも、サイクリングでは行き慣れたところ、新鮮味に欠けると考えながら、

 カーリーサイモンさんの「うつろな愛」を聞いていると、何故だか、播州赤穂へ行こうとなりました。

 耐寒キャンプが温感キャンプです。朝方は洞川よりも冷えましたが。あとで画像掲示板に貼っておきます。良かったら、ご覧下さいませ。

 キャンプ場は、元、塩田だったところみたいです。^^

[858-12] 今度は、ワカメさんとでも 2694 2013/02/13(水)08:29
   鶴さん、とてもいい天気でしたねぇ。
鶴さんの写真は、カラッと晴れていようが、どんより暗く寒かろうが、光、空気感が写っていて好きですよ。奇を衒うこともなく。ひらのさんに負けてないなあ。

牡蠣は、安かったと思います。
あまり、商売気がないほうがいいですよね。今度、お知り合いのワカメさんと行かれるといいですね。
結論の結論は、ひらのさん、鶴さん、どちらも嗚呼サイクリングしてる^o^)/

[858-13] お疲れ様 brm-codama 2013/02/13(水)09:52
   鶴さん お疲れ様でした。
牡蠣は価格だけなら佐賀・長崎でもっと安いのがありますが、行く旅費と所要時間が要りますからね。捕りたての新鮮な物をその場で食べられるのはやっぱり贅沢だと思います。
しかし思いがけず今の時期でもキャンプする人も結構いるんですね。…なんだか幻想的な絵です、でもまさか元塩田とは…。

[858-14] デジタルはリバーサルフィルムの色?。 2013/02/13(水)18:26
    お〜〜〜2694さん。あのバカ、いえ、ワカメさんをご存知でしたか。私は「知っているだけで、情けない」と、彼には申しております。文体を見れば、アホでも分かるけれど、「知らん、あんな男」と、最高裁判所まで頑張るつもりです。何回か、名前を変えている筈です。証拠隠滅の為の。意味ないけれど。傍近くの女史に指図されたそうです。私物でないPCからの発信なそうで。で、

 写真、褒めて戴いて嬉しいです。シャッターを押しているだけだったけど、PCで画像を見ると、「自動調整」という項目を発見し、最近は、そこをクリックです。どういう訳か、サイズを縮小すれば、ラインがデコボコになりますね、私の目の前にあるPCのソフト。カメラ屋さんの人が、
 「デジタルは、あとで何とでも出来るから、面白くなくて・・」
 「そうなん、ピントもなん?」
 「ピントもですよ」
 「フィルムカメラは、その点・・」
 と、こうだったんですが、今頃、分かってきた次第です。
 キャンプ場は、20以上のテントがありました。1枚目の写真は、手ぶれ幻想かと思われます、brm-codamaさん。1秒くらい、手で持っていましたから。手ぶれ対策レンズ、カメラではないニ○ンを持参でした。というか、手ぶれのそれは持ってなくて。三脚などは、無用の長物ですし。それと、
 牡蠣ですが、安くもあり、そこそこ都会ということなのか、佐賀、長崎と比較したら、高いという面もありなんですね。味は、大阪のスーパーで売られているものよりも貝の味がしたといったところでしょうか。その後、相生の道の駅で「牡蠣フライバーガー」、「牛蒡の代わりのカキ天」も食べました。考えてみると、つまみカキ尽くしだったです。呑み屋では、
 酢牡蠣を好んでですが、塩だけ、柚子だけ、醤油だけで食べてみた焼き牡蠣、お好み焼きのカキ玉が一番に旨いような。いや、カキフライがベストかなあ、私の場合。まぁ、関西中心部から田舎の海になるのは、西ならば赤穂、東なら伊勢、鳥羽。南ならば湯浅、御坊、北なら若狭なんですが、赤穂が一番に近い筈です、自動車でも列車でも。

 東京、名古屋、大阪、博多とくれば、西へ行くほど近いと言えましょうか、大都会からの綺麗な海へは。いわき平は、関西で申しますと、2694さん、白浜、日置、串本の趣きかも知れませんね。高萩から北の太平洋岸へは、

 行ったことがありませんが。^^

[858-15] 牡蠣は brm-codama 2013/02/13(水)18:53
   すでに剥かれた生食用は事前に栄養のあまりない清浄海水に漬け込んで殺菌しているのもあり身が痩せていて味はイマイチです。
殻付きでも時間が経つほど殻の中の海水中のプランクトンを食べてしまうと徐々に痩せて行きますから やはり捕りたてが一番です。
夜景は、以前しばらく凝って撮っていましたが、カメラの電子機能任せにせず 長時間露光など自分の勘と経験で撮る方が個性も出て面白い画が撮れると思います。三脚を蹴ったりしてぶれたりと失敗の中にヒントを見つける事もありました。

[858-16] 震災以降 色気はナニの方で 2694 2013/02/13(水)21:19
   関東では、殻付きの牡蠣は、岩手あたりのが多く、震災以降、ずいぶん高くなりました。

今も、西の方、広島、兵庫県あたりの産地表示のものしか見掛けないです。

鶴さん、色気出してカッコいい写真撮らないで下さいね、色気はナニの方で使って下さい。
以前の、どんよりとした寒空のもと、せっかく到着したのにお休みだったキャンプ場の人気のない、無慈悲な風景は、堪らんです。
心の芯まで寒くなりそうでした。

[858-17] TVを見ていたら brm-codama 2013/02/15(金)18:52
   確か「YOUは何しに日本へ」?だったろうと思いますが、たまたま見ていたらドイツから来た青年が手持ち金が尽きたら帰国という予定で世界中を旅していたんですが、日本では青森でごく一般的な自転車店で40年前当時の人気車/Wライト、26インチ鉄リム、5S?の通学車(新品未使用!)の売れ残りをなんと¥5000円で購入しテントとバッグを積んでスタート、走って鹿児島まで南下、宮崎からフェリーで大阪へ上陸し東京まで走り 無事走り終えた自転車は取材スタッフへ贈呈して 今度は親戚に会いにアメリカへ向かいました。
自転車のサイズはおそらく500mmぐらいでしょうか、身長は180cmで脚は長いので超ロングピラー(他はほぼ純正に見えました)に交換してサドルを高く上げ低いセミドロップハンドルを掴んで走り、確か途中で4回パンクし タイヤをホームセンターで購入したと話していました。自転車が持たないかと心配でしたが、さすが純日本製の時代の製品/頑丈でしたね。

[858-18] 心の芯から優越感。 2013/02/15(金)19:40
    そうですか、TVで、brm-codamaさん。TVタックル、いえ、TVサイクルですね。

 その自転車、昨春の防府サイクリング・ターミナル・ロビーに飾ってあり、懐かしさのあまり見とれていました。私のは24寸でしたが、従兄弟のは26寸。あのフラッシャーつきリアキャリアにパニアバッグをつけた従兄弟の自転車から、サイクリングに魅了された記憶です。

 そのドイツ人さん、どのくらいの距離を走ったのでしょうね。3,000キロくらいですと、潰れては困る距離とも言えますが・・。

 体重、荷物の量、走り方など、色々と条件は違うのでしょうが、カーボンフレームのツーリング車で世界へというサイクリストは、居ない?。日本のみならず、どこかの国で。アルミにしても、そのカーボンにしても、

 「長距離、長期間の実績がないですから」

 とは、京都のあそこのご主人の言でした。「アカンわ、これ」という、報告が欲しいですね。スチール主義の私としましては。

 アカンで成り立っている、何とか主義者さんでもございませんが。^^

[858-19] ライナー入りアウターのライナーは、抜ける?。 2013/02/27(水)08:06
    先の日曜、フラットハンドルのブレーキレバーを使っているパスハンターのそれが、またもや、

 制動不良になっていました。前にも一、二度です。

 他の愛車は、どうもないのですが・・。サイドプル・ブレーキへアウターワイヤーを延ばしているのはフライデー、レーサーも同じなんです。それで昨日、行きつけのお店に寄った際、シマ○・シリコン・グリースを購入しました。

 動きが悪くなったとき、注油しては駄目だったんですね、ハッキリと知りませんでした。それを塗らないなら、「そのまま使うのが正解」のようです。鉱物グリースや、その潤滑油は、ご法度らしくて。原因は、

 フラット・バー用・シマ○700の構造かと思われます。レバー部分入口から水が入り易く、ナイロン状のライナーがフニャフニャとなり、インナーの動きがとれないという・・。お店で売っていたアウターワイヤーですが、ライナー入りでないものは、今は無いみたいですね。どこ製だか忘れましたが、メッキ風のアウターワイヤーがあったので、それを買ってきました。ここ何年かは、黒しか使ってこなかったけれど。

 あ、お店の兄さんは、カーボンフレームの所有はなかったです。でも、乗車経験は豊富なのか、

 「アルミと同じです、今のものは」
 「膝へのダメージが柔らかいと聞くけど」
 「同じですよ、縦方向に繊維が入ってますから」
 「スチールと較べたら、どう?」
 「アルミフレームに酷似です」

 と、こうでした。良さは重量だけと仰せ。やっぱり、鉄子の後入りは無理と判断です。今のところは。

 食物繊維、いえ、カーボン繊維入り、ペラペラ・スチール管なんて作られると、どうだか分かりませんが。見た目は丸っきりのスチール管!。

 イシワ○007・何とかバテット管、誕生!。

 無理かな。何も知らないけれど、重量700グラムは魅力ですよね。022と同じ安定性の。^^

[858-20] 鶴さん brm-codama 2013/02/27(水)13:12
   ワイヤー及びスリーブとオイルの相性は自分自身でテストして答えを見た上で使用しないと溶けたり粘ったりして逆効果となってしまい、そしてライナー無しのアウターで水が入るとこれまた更に困った事になります。
Bレバーからの水の浸入防止にはいろいろな方法が考えられますが、しっかり対策しておかないとまずいと思います。
それと金属へのカーボンを巻くなどの補強の形式は自転車でも前からあり、建築構造物や航空機用にもあります。でも様々な問題が出て自転車では進化も普及もしませんでした。
超軽量化は比重の軽い材料でやらないと無理ですね。比重が極端に軽いモノは何か欠点がある事は避けられいため何種か組み合わせて行くと可能と思われますが、その製造コストは相当なものになりますよ。

[858-21] 抜けない水。 2013/02/28(木)04:39
    そういえば、生地はアルミ、広島焼きなスギ○カーボンシートピラーを使ったことがありましたが、その海苔巻きカーボンが鬘のようにカパっと取れて、「なんやこれは」となったことが・・。そうですか、brm-codamaさん、大阪風お好み焼きみたいな

 イシワ○・007など、見込みなしなんですね。ラグつき特殊溶接でお好み焼きフレーム、いえ、スチール復権を期待したいけれど、やっぱり、駄目でしたか。

 山芋をあまり入れては、美味しいけど、上手くひっくり返りませんね。そのときはハンバーグサイズで作っています。お好み焼きの話ですが。ライナースリーブは、

 いつから入っていたのでしょうね。穴の外か内か気にしてなかったです。ブレーキ用と変速機用とは違うのも、径の大きさくらいしか、知りませんでした。アウターワイヤーの作りが別とは、言われてみればです。そのお店のご主人さんから。

 鉱物グリースを塗って挿入が、私は普通でしたが、いつだったか、インナーワイヤーが腐ったようになって、それからは薄いオイルを塗っていました。

 インナー入口部分に、そのシリコングリースを盛ってみます。勿論、中にも。サイクリングのあとは

 必ず洗車をし、逆さまに吊るしたら数日後、納屋に保管しているパスハンターなので、たぶん、水道ホースからの水が原因かと思われます。

 雨降り走行は、記憶にないです。^^

[858-22] 水洗い brm-codama 2013/02/28(木)11:26
   圧力を掛けて水洗いする時は、入ったらいけない部分には当てないように注意するか 専門のメカニックは袋などを装着して作業します。最近は電動メカがあり水が入ると全く作動しなくなるので余計に気遣わないといけないようです。
そうでなくても回転部分やワイヤーの入り口は要注意ポイントだし 水洗い後はエア飛ばしして注油をしないと問題が起きます。
炭素繊維樹脂の部品のトラブルは言われるすっぽ抜けの他…様々あります。
クロモリチューブはチューブ単体なら薄く軽くできるのですがBBやエンド、クラウンなどの塊りになる部分の比重を軽くしないとダメで 複合材はチューブの周囲にぐるりと巻く形式だったのでほとんど効果が無くガス溶接時の高温に耐えられなかった訳です。
そしてチェンジ用アウタワイヤーは内部の鋼線スプリングが位置決め機構が入った頃から向きが変わり それに伴い固くなり 曲げやすくするため細くなって来ています。
昔からライナー無し時代のアウターとインナーワイヤーに合うグリスやオイルもケースバイケースですね。
シリコンは樹脂の微小粒子で転がって抵抗を減らしたり傷を埋める効果を狙っていて グリスの耐水性とは関係がなく 場合によっては抵抗が増える場合もあります。

[881] ニューサイクリング3月号 brm-codama - 最新投稿 brm-codama 2013/02/25(月)09:49
[881-1] ニューサイクリング3月号 brm-codama 2013/02/21(木)10:42
   本日入荷しました。
内容に目を通しているとビンテージな自転車に乗る意味や 日本人の感性で進化した日本製自転車の大切さもあらためて考えさせられました。

[881-2] 23日夜は brm-codama 2013/02/22(金)09:49
   アモレッテへオオツカさんが来られます。時間がある方は美味しいコーヒー片手に自転車談義などいかがでしょうか?
自分(brm-codama)は、ちょうど用事が入っていて行けないか、もし行けてもかなり遅くなりそうです。
「カンパデータブック」等はマスターへ預けておきます。

[881-3] 23日は、 brm-codama 2013/02/25(月)09:49
   自分は用事で、No田さんもアモレッテへ行けなかったのですが、オオツカさんの話では「23日の夜はKUROさんとマスターの3人でした、カンパデータブックを見ながらその種類の多さと作った事への感嘆の声と、翌日に行く予定の走りにいくコースが主な話題でした。」という話でした。
マスターとKUROさんはちょくちょく日曜日にツーリングへ出ているので都合のいい方は事前に問い合わせてみるといいと思います。

[859] 厳冬自転車ツーリズム ひらの - 最新投稿 ひらの 2013/02/21(木)14:49
[859-1] 厳冬自転車ツーリズム ひらの 2013/01/27(日)22:30
   なんとなく冬ネタはまだ続きそうなので、こちらに新たに作りました。

画像の礼文島の写真は、クリスマスに礼文島ツーリングして、たまたま5、6年に一度あるかないかの礼文島大暴風にやられてテント潰されそうになって、夜中に民家の物置小屋に避難した日の翌日、26日の映像です。
最果てというのは強風地帯で殺伐としたとこ多いです。

本州最北の大間もそうでした。
やはり冬のツーリングで、翌日に函館に渡るフェリーに乗るためにテントたてようと思ったのですが、あまりに風が強かったので、ターミナルの裏手に風よけでテントたてました。
やれやれと思ってたら、夜に今度は氷(ひょう)が降ってきた(笑)

礼文の大暴風といい、結構ひどい目にあってる事多いですね、思いだしてみると。
でも、ネタが増えるから楽しくもあるかも(笑)

鶴さんも、なるべくひどい目にあって、ネタを増やして笑わせてください。

[859-2] 婆も値打ちあり!。 2013/01/28(月)06:58
    ひどい目ですか、ひらのさん。あまりないですね、自転車旅行では。何関係が殆どです。そう、箱部屋にいると
 多少の風は気にならないですが、野営となれば一大事ですよね。冬のサイクリングに関しては、N誌の影響が強かったです。毎号、愉しみにしていた頃は、西上州行きの記事が多くて、「雪のあるところへ行かんと、アカンのか」と、思っていたくらい。アホらしくなったのは、平成に入ってからだったかと思います。最近は
 温暖な地方を行く記事が殆どですね。結局、若い年齢層が少ない現状を示すものかと判断しています。CS誌は、そうです、表紙に雪ダルマサイクリストを掲げていた頃はあっても、実際は伊豆大島への誘いなど、焚き火をしながら何かを食べるようなサイクリングを勧めていたのかな。結論は、

 『良い目に遭うネタを増やして、外へと出して下さいませ、サイクリストを』、ひらのさん。

 女性同伴などは、良い目に当ろうかと・・。この際、現実的な婆でもいいですから。あ、姫は婆ではなかったですね。次のお相方は50過ぎでお願いします。そんな方でしたら、結構、見知っています。私に限らず、大勢のサイクリストが。「冷めた人妻弁当、冬物語」なんてタイトルで、どうでしょう。昨日、例の通天閣から帰りの路地で見た映画館のタイトルは、団地妻セックスライフだったような。その映画館建物の写真を、カップルがカメラに収めようとしていたので、「こんなん撮ってんの?」と聞いて上げると、「撮っています」とのお答えでしたが、関東の方のようでした。

 繁華街の光景も、サイクリスト魂も、変遷していると考えるべきでしょうか。昔では考えられないです。若いカップルが普通にしている、エロ映画館前・・。^^

[859-3] 尻革送りました ひらの 2013/01/28(月)12:33
   鶴さん、明日にはラスカル君尻革到着すると思います。

良いめに合う楽しいツーリングは他の人にまかせます(笑)
いっぱいありますから。僕がわざわざ同じようなものを発表する事はない。
まあ、実際には良いめとかひどいめにあうとかいう問題ではないんですけどね。

ツーリングに出てれば、いいこともいっぱいありますけど、ひどいめにあう事もあります(冬のツーリングなどは、わざわざひどいめに合いに行ってるという事になります)ウソくさいものは発表したくないし、僕は巷に溢れるいわゆる「楽しい楽しい記事」にはあまり興味を引かれないですね。

なんか、そういうのに対する反動がエネルギー源になってるかもしれませんね。

でも、矛盾してるけど、やっぱり楽しいのが一番かな(笑)

物書きやライターや、記事などを発表する立場だと、ひどいめにあった方が面白いに決まってますから。

そうじゃない人はいいんですけど、巷に溢れるライターさんやらは、ちょっと筋金(ヤキ)入れろや、って感じでしょうか

[859-4] 電気製品 KEROYON 2013/01/28(月)15:03
    ひらのさんの腰を折る様なクエスチョンなのですが、子供の頃、9Vの電池でニクロム線付きのソックスを使った事が有ります。
 凄く寒かったのと、革のツーリングシューズでしたので、靴そのものが冷たくて効果が有るのかなー?となり、いつのまにか何処かに行っちゃいました。
 今の製品だと、効果が有るのでしょうか?
 
 今は、脚力も無いので、まず無いですが、チェンホイールのピンが折れたり、砲弾のライトがもげたり・・・真っ暗で恐る恐る走ったり。
 川に張ったテントが大雨で浸水して、真夜中に慌てて逃げたり、蚊の大群に襲撃を喰らったり、滝の様な峠道をずぶ濡れで下ったりと、夏でも色々と有りますね。
 サイクリングの思い出としては良いですが、その場では、怖くてびびる事も多々有りました。

 ですが、山で、何度歩いても同じ所に戻って来てしまい、これが遭難というものか!!と。
 こういう事は、サイクリングだと無いのかも知れません。

 ロードで大転倒して、3時間位うずくまっていて、やっと漕ぎ出し、血を流しながら自走で帰路するなんていうのも、今となっては思い出ですが、死にそうな経験ですね。
 犬の様に3日位じっと寝たまま痛みに耐えて切り抜けました。

 ですから、そういう事に成らない様にする為の知恵・・・そういうのを伝えるのもライターの役目だと思います。

[859-5] 冒険王? 2013/01/28(月)18:26
    が、目指すところでしょうか、ひらのさん。より厳しいところへの。海外ツアーがその宝庫なんですが、ひらのさんは国内専門ですので、何と表現したら良いのかな。修験者?。その嘘臭いといえばですが、
 C誌の旅行記事は自動車で取材が大半だったそうで、先輩サイクリストが怒っていました。「記事にする人は自転車を走らせて何ぼなんだ」と。良い目と酷い目も裏合わせになるのかな、好きと嫌いと同様の。まぁ、
 自転車旅行そのものを「苦行」と判断する世間の人が多いですよね。どうなんでしょう。例のシ○ノ君は、自転車担いで日高山脈を真冬に越えたと言ってましたが、何がし本人の活力になるからだろうけど、単に山好きとも仰せでして、道が切れていても乗り越えたいというのは、我々と同じですよね。私はアル○スさんと同じく「終始、登りも下りも乗れないならば、自転車旅行の意味はない」になろうかと思います。でも、何回か行ってますね、若い頃は。先の西上州行きを重ねていた方も、峠の向こうへ行くのが目的だった訳で、自転車の醍醐味は、その峠ではなくとも、兎にも角にも進むことになるのでしょうね。どのような事情のある、サイクリストであっても然りの。結論は、

 私はロマンスのみを期待して自転車を走らせています。

 あと、酷い目にあった記事を面白く思ったことがありません、ひらのさん。なんでだろ。私の面白みは、どこにある?。オッパイ関係だけのような。膨らみという意味もあり!。

 舐めるだけでなくて。^^

[859-6] 語るには難しいですね ひらの 2013/01/28(月)21:07
   なかなかこういう掲示板などでは、伝わりきれず、難しいですね。

ごく簡単に言ってしまうと、冒険とかそういう事より、豊かな世界でありたいという願望です。

豊かな世界ってなんだろう?っていつも思ってます。

それは、物質的なものではもちろんなく、ハードな事やればいいという問題ではないと思います

[859-7] 見出だされるべき自転車感 2694 2013/01/29(火)04:08
   こちらの掲示板と併せて読むと雑誌のひらのさんのことがよく判る気がします。
じゃないと誤解が多いかもしれません。

自分がランドナーに興味がありながら接点を持てないでいる人なら、如何にランドナーが乗り手の生活に溶け込んでいるか、心の一部かを知りたいです。

日記みたいな感じで、一見自転車と関係ない分野(絵、音楽とか)、とりとめのない事を織り混ぜながら自転車を語っているものがいいです。たまにサイクリングの冒険もある。

今のブログとかは、道具としては良いですね。ただまだ書かれても良いはずの感受性や、見出だされてもいいはずの風景が現れていないのかもしれません。
ひらのさんには、そういう不満があるのかな?

[859-8] そうかも ひらの 2013/01/29(火)15:39
   2694さん、どうも。

こういう仕事をしていると誤解は宿命のようなものですね。
映画にしても、いろんな意味で誤解だらけです。
いやんなるぐらい。

いかに自分の思っていることと他者が受けとる事が違うかというのは常ですね。
でも、これは仕方ない事なので、誤解をマイナスに考えるのではなく、誤解を利用するぐらいの気持ちでないと持たないと思います。

僕はバリバリのドキュメンタリストみたいに思われてますが、生涯のベストワン映画が実はスピルバーグの「ジョーズ」だとは誰も思わないでしょ?(笑)
ドキュメンタリー映画もほとんど見た事ないですし。
僕の映画で「由美香」って映画があるんですけど、話の展開の構造は「ジョーズ」から着想を得てるってよく語るんですけど誰も信じてくれない(笑)つまり、伏線を張り巡らせて、いったん旅に(ジョーズの場合、海なんですが)出たら決してこちらがわには戻って来ない、という基本構造なんですが。
話は飛びましたけど、自転車の旅の世界観に関しては、今のものには自分が夢中になるようなものはないですね。
店も、雑誌も、鶴さんが昔、夢中になったような世界は今、ないんじゃないかしら?
よく聞きますもん。keroyonさんもそうだと思いますけど昔、小学生や中学生ぐらいの頃、夢中になって読んだり、見たりした世界観。
人それぞれ違うとは思いますけど、一度見たら絶対忘れないぐらいのものは残していきたいとは思ってます。
自分の尊敬する各分野の人たちがそうであったように。

[859-9] 冬装備 ひらの 2013/01/29(火)21:10
   鶴さんよかったです。

ラスカル君との旅、楽しめるといいですね。

前も書きましたが、毛の艶が少々落ちてきてるので、メンテした方がいいかもしれません。

暖かさでいったら、天然物にかなうものはないかもしれません。

植村直己などの極地探検の装備を見ると、体の末端など重要な部分は、毛皮を使用しています。

暖かさの質が違うんですよね。ヒーターと蒔ストーブの差といいますか。
最初の厳冬旅行の前にその手の極地探検の本を読みあさって、いろいろと参考にしました。テント内にロープを張って衣類などを吊るして乾かすのも、そういう本からの方法です。

そういえば、ロシアの厳冬地を自転車で走破した安藤氏のMTB装備で興味深いものがありました。
オールランダーバーに、ママチャリなんかに冬に付いてるハンドルカバーを付けてるんですよね(笑)
これはいいなあと。
一番暖かいかも。
僕なんかはカメラの操作に支障が出そうなので採用を見送ってますが、ちょっと気になります。

この前、ロードのドロップハンドルにドロップ用の防寒カバーが付いてるのを路上で目撃しましたが、こんなの出てるんだ!?ってビックリしましたが、誰か使ってたり、知ってる人いますかね?

[859-10] 三つ子の魂 KEROYON 2013/01/29(火)21:43
    じゃないけれど、最初に乗った車種とか行った店とか・・・そういうのから意外と抜け出せないのかもしれませんね。
 僕みたいに子供の頃にスタートした人と歳とってから始めた人の違いも有ると思うけれども、現代の情報過多と昔の何も無い頃の違いで大きく変わってしまう気もします。
 僕の様に、ロードとランドナー二刀流は、少ないですね。僕の回りには、いらっしゃいますが。
 でも、ロードとMTBは、多いです。
 ロードと言いますが、トライアスロンとも違いますね。
 ですからツーリングも色々有るのが当り前ですね。
 皆さんベテランは、個性的に自己を確立して楽しんでらっしゃると思います。

[859-11] ドロップ用防寒カバー 2694 2013/01/29(火)22:15
   ドロップ用カバーは、最速ビルダーのHソヤマさんが愛用されているのを記事で見ました。現行品かどうかは、不明です。

絞り込んだ身体で贅肉がないから寒がりなんでしょうね。

[859-12] BARMITTS KEROYON 2013/01/30(水)22:38
    このハンドルカバーですか?
 危険な気もしますが・・・
 誰か試してみて頂けないですかね。

 10人に一人位の割合で、鼻から下をバンダナみたいなクロロプレン製で覆っているライダーも見かけますが、ちょっと雪程度の寒さで必要かな?
 田舎だとデストロイヤーみたいの頭がよぎる事も有りますが・・・・

 手袋でも汗ばむ物は、沢山有るので十分な気もします。
 自分の経験では、購入時にメーカーが明記している温度範囲なら満足いく結果が出る。
 ちょっと冷たい位が、発汗を考えると自転車には良いと思って使っています。
 いずれにしても、軍手位しか無い時代からすると贅沢な事です。

[859-13] 野生に戻れ。 2013/01/31(木)07:20
    その昔の登山家は、いえ、冬なサイクリストも、身につけるものは毛が主体でしたよね。「汗を半分は外に出す、綿は、その汗を全て吸収です」と、当時、行きつけだった京都の登山店さんのご主人が仰せだったのですが、お店の中で手作りの登山靴を製造、その販売もされていました。今は廃業です。工業生産されたそれが主体のようですね、ここ何年かは。結論は、

 寒さそのものより、寒さ対策をする煩わしさが、出掛けることを億劫にしているのが現状です、私の場合。

 ただ、キャンプですと、旅館のように服を脱いで風呂に入り寝るなどという「手間」を省けますので、この前、このことをあるサイクリストから聞いて、暑さと虫に悩ませられる夏とは違い、着の身着のまま風呂要らずのサイクルキャンプは良いものだなと思いました。

 冬のサイクリングは日帰りか、キャンピング・ランがベターかな。寒さと服の装着に慣れるという、動物的勘(?)と申しますか。服を身につけるのも人間だけですよね、

 「火を使う」など以外ですと。^^

[859-14] 野生 ひらの 2013/01/31(木)11:45
   鶴さん、お菓子ありがとうございます。
ありがたくコーヒーと共にいただきます。

前に文章でも書きましたが、キャンピングは確かに人を動物に戻す要素はあると思います。

着の身着のままがいいとは思いませんが、単純に朝早く起きて昼間は動き回って夜は早めに寝てしまう、という行動が続くので長期の場合、僕のような都心で生活してるような人間は、キャンピングやってしばらくすると、都心でへばりついた不純物が全て抜けていきます。
これが気持ちいい。

去年も腰痛気味だったのが2週間ほどでウソみたいに治り、キャンピングやりすぎて虫アレルギーまでなってしまってたのですが、これまた2週間ほどで消えました。

ローバー乗りのKU保田君も、喘息とヘルニアに悩まされてたらしいですけど、日本一周の旅で完治したそうです。

医者ではないし、学術的な根拠のある話ではないので断言は避けますが、キャンピングなどは、そういった学術的な事では解明されない、強い力を引き出す何かを持ち合わせているように思います。

冬旅は夏ほど汗をかかないので、テント生活は夏より快適なのは確かですね。

あと、冬のキャンピングなどは準備が億劫かもしれませんが、それは夏でもキャンピングや自転車で出掛ける事事態、元々が通常よりは億劫なものです。
元が億劫なわけだから、億劫と感じてしまったら、やはりそれは能力低下です。
問題は手際良さでしょうね。
キャンピングはかなり頭も使うので、如何に手際よく素早く事を判断するか?という能力もアップします。

こういった事も力を野生に戻すいい効果ですね。
体が動くと頭も連動しますから、やはり動きながら考えるのは気持ちいいですよ。

[859-15] 行動の想像力 ひらの 2013/01/31(木)12:05
   あと、重要なのは想像力でしょうか。
この場合の想像は、実際にキャンピングなどで行った時の事を思いっきり想像する事です。

細かい事や、不慮の事態、予想外の出来事など。
この想像に従って準備するわけだけど、さらに重要なのは、いったん行動を開始したら全て忘れる事です。

これが意外と忘れる事が多い。
いったん忘れないと、ツーリングそのものが硬いものになり、自分の準備したものに振り回されて楽しめなくなります。
野生の勘も働かなくなります。
だから、準備は細かく行動は柔軟に、が鉄則でしょうね。

これは通常のツーリングでもフィードバックはもちろん可能です

[859-16] 同感です KEROYON 2013/01/31(木)17:42
    全く準備不足じゃいけませんが、無いなら工夫する。そうしないと、あれもこれもになっちゃうと思います。
 不慮のアクシデントに工具も必要ですが、緩むかも・・・じゃなく、点検して締め増ししていけば、気分的にも安心出来る。
 枯れ草でも木の棒でも石ころも使えばキャンプも出来る。それこそ人間風防ですよ。

 夏なら、洗って走って乾かしちゃうので、フロントバッグに入れてから足で踏んづけてコチコチにすれば数泊程度は楽勝でしょう。
 冬も鶴さんじゃないが、着たきり雀で行けるでしょう。
 
 だから、サイクリングに行ってるんだかサバイバルを乗り切ろうとしているのか本末転倒にならず、忘れてしまうって言う、ひらのさんに賛成です。
 でも、その領域になるまでに、ある程度の回数が必要にならざるえないと思います。
 登山だったら死ぬかもしれませんが・・・

  ロードだからサイクリングが出来ないとか、早くランドナーにしろ、オーダーじゃないとね!!とかは、現代病ですよ。
 持っている機材で何とかするしかない。
 信じられない事ですが、昔は丹前て言うんですか、布団型の服着て冬のサイクリングに集合して来た奴がいましたよ。
 本人はケロリとしていて回りが心配した位です。

[859-17] 野生、いえ、江戸時代にも戻れ!。 2013/02/01(金)05:56
    そういえば、「俺は動いていたほうが頭が回る」と仰せだった、会社の先輩がいらっしゃいましたが、

 「回っても、大した成果がないな」
 「落ち着いたらどうや、あんた」

 と、私よりも10歳上ですから、心では思っても言うことはなかったです。

 そうそう、サイクリングへ出かける準備が愉しいという方が殆どでしょうか。私もその端くれです。しかしながら、その方法は沢山ある訳で、ひらのさん仰せの「元々が億劫」では括れないものも存在するかと感じています。多くのサイクリストが、これも原因のような、偶に聞きますから。「キャンピング・ランしようぜ」と誘ったときに。普通のご家庭でも

 「キャンプはええけど、荷物の準備やら後片付けやら、大変!」

 よく聞く言葉ですよね。私は、外国旅行へ行ってからの自炊したあとは、直ぐに後片付けをするようになりました。それまでは食べたら一服、後片付けなどは人にやらせるか、朝までそのままでした。そこは、そういう習慣なのかどうか。結論ですが、

 「九州へお立ですか、テントにお泊りで」
 「わたしが準備しておきます」
 「あなたは、ごゆっくりなさって下さい」

 と、一度はいわれてみたいけど、一度も経験ないです。あ、会社へ行くときも。自分でするのが愉しいなどと、サイクリングの場合、最初に言ったのが拙かったのかな。会社の場合は・・、言うのやめときますが・・。

 サイクリストの、サイクリストの為の、サイクリングへの身支度は、どうなっているのでしょうね。やっぱり自家発電?、殆どの人が。

 会社でも家でも地位のない人が多い証拠のような。^^

[859-18] 自転車ツーリングは ひらの 2013/02/01(金)11:33
   自転車ツーリングは、自己判断、自己責任、が全ての基本です。

そもそもの煩わしさが楽しめない方は向いてないです。

イヤナラヤメトケ。
の世界です。

[859-19] 自転車に限らず brm-codama 2013/02/02(土)11:35
   遊びや活動事の用意は人任せにするもんじゃなく 必要な物を把握している自分自身で準備するのが基本ですね。
鶴さん 「…と、一度はいわれてみたいけど」とか その想像はとんでもありません。
もし連れ合いにそんな事を頼み現場で足りない物があり帰ってからうかつにも文句でも言ったりしたら その後の冷遇はゾッとします。

[859-20] 丹前でツーリング ひらの 2013/02/02(土)14:46
   keroyonさん、丹前でツーリングって凄いですね(笑)
その人は凄い。
天才かも(笑)

昔、北海道でハッピとランドナーで走ってた単独の女の子の学生と会った事ありますけど、それと同じぐらい痺れますね。

かっちょいいなあ。

そういうのは大好きです。
機能的かどうかは知りませんけど。
でも、機能一辺倒はつまらないですからね。

[859-21] 心得違いは、不幸?。 2013/02/02(土)16:59
    冷遇ですか、文句のあとは、brm-codamaさん・・。江戸時代の侍ですが、切り捨てご免は女房にも適用したのでしょうかね。
 「バカモン!、お前など切捨てて、おじゃる丸・・」
 と笑わせて、ご機嫌をとるのが関の山なのかな、今は。しかしながら
 「書いたものを入れておけ」
 「この前、ひらの殿から戴いたムーミン、いや、ムートンは、あそこの引く出しの中だ」
 「それから・・・」
 と、これくらいは言えそうですが。とんでもないのかな、こんなことも。私は、いつも何か2、3点を忘れるので、『携行品リスト』を作りました。いつだったか、平成15年頃。「必携品」、(自転車旅行特有の)「付属携行品」、「一般携行品」に分けてリストアップです。山と渓谷社の登山地図裏面に真似ました。必携品とは

□ 靴
□ 指切手袋 □防寒手袋
□ 帽子 □ヘルメット
□ 衣類
□ 水筒

 こんなもの。四角はチェックボックスです。バッグに思いつくまま入れるだけ入れて、あとでこのリストを確認しますが、やっぱり、2、3点、忘れていますね。携行する衣類などは「着替え」、「防寒着」としか書いてないですから、各々を書かないが為に、やっぱりと忘れています。文字を見たら、思い出すと考えまして。これも愉しいと申しますか。結論は、

 花嫁修業なんて言葉、死語なんでしょうね、今は。女性にとっては、どっちが幸福なんでしょう。私は江戸時代のそれのほうが幸福かと感じています。違うのかな、大半の現代女は。あ、これもいつだったか、会社の旅行で

 別会社の方と同室になったのですが、その方、着替えを毎回分に分けて、その分けたビニール袋へと日付が書かれていました。奥方に用意して貰ったのでしょうね。顔は可愛いのかどうか知らないけれど。このお人は現在、県会議員です。会社は奥方の名義で経営しているよう。結論の結論は、

 貴重な存在ですね、この県会議員さんの、お家・・。^^

[859-22] 丹前君 KEROYON 2013/02/03(日)03:11
    そいつ、普段は、小学生の頃からコインローファーとか、親父のローレックス、海だとローレックスのダイバーズにカリプソのカメラ、パーカー75の万年筆君の坊ちゃんなんですよ。
 それが丹前だからね!!目が点ですよ。

 そういうオモロイ事が、僕らのジェネレーションなんですよ。
 怪我したら赤チンとか、生水飲むから正露丸飲むとか。
 仁丹いるか?なんて、爺じゃあるまいし。

 バンカラの時代でした。
 僕なんかも、真冬でも、ここぞと言う時は、意地でも半袖のウールのマイヨーとレーパンに素足のレーサーシューズで走るとか。
 風邪引いて死にますよね。
 
 同輩で、合宿の余興だ!!なんて言って、後輩何人かに紐付けて、橋から海に飛び込ませて鵜飼だ!!なんてやるとか・・・溺れたら引っ張ってやるなんて言って。
 素っ裸で、早稲田から高田馬場まで走って戻って来るの、先輩にやらされたりとか。
 OBになって、パンツ履いてならやりました!!って聞いて、「あのなあ!!」なんて。
 俺はなぁ・・・って、感じですよ。
 僕も走ったし、合宿の学芸会でも舞台でフルチンですよ。これが本当の出し物だ!!なんて言って。
 100人の内、半分、女の子ですよ。
 一年の時に一緒にやった仲間、今でも親友ですがね。チン友ですね。

 知らないやくざと酔って肩組んで歩いている先輩いるんです。
 その方、酔っ払うと「幻の左」が有名で、突然、顔を殴るんですよ。
 それが有るから、誰が止めに行くか?なんて、大変な時代でした。
 先輩だから、後輩の言う事なんて聞きませんよ。
 こっちもフラフラですからね。飲まされて吐きまくっていますから・・・一瞬で酔いが覚めますが。

[859-23] 本当は brm-codama 2013/02/03(日)03:13
   鶴さん うちの連れ合いは自分なんかとは山との付き合いの深さが全く比べ物にならない訳で 夏場に藪の中を通って来た後など 鋭く体を見回して服に貼り付いた数匹のダニを見つけ「ほら!山を甘く見たらいかんよ。」と掴んで地面に投げたんですが小型の蟹かと思うぐらいに大きく靴で踏んでも全く潰れないほど硬い殻を持った奴で硬い石の上で大き目の石でゴツンとやらないと歯が立ちません。
若い頃は見た目がAKBの女の子みたいな感じだったんですが、こういう時は実に迫力が違いました。ニュースで野生の猪の話を聞くと何で追い込んで捕まえて食べないの?美味しいのに…という感じです。

[859-24] ウイーク・ポイント KEROYON 2013/02/03(日)03:26
   brm-codama さん
 そういう猛者に限って、スッゴイ美人だったりするんですよね。
 大食いのなんとかみたいじゃないけれど。
 あの女史の先輩に飲んで勝ったら、飯を一か月奢るとか・・・誰も敵わないんですよ。

 でも、何処か弱点が有りますよね。
 納豆嫌いとか。くすぐると弱いとか。
 北斗神拳?じゃないけれど、ある処を突くとフニャフニャとか。
 そのギャップが面白いです。

[859-25] そうですね。 brm-codama 2013/02/03(日)09:53
   誰しも何かしら弱点みたいなものはありますね。
しかし それを知っているのは、信頼関係が出来ているという事も意味しているのかもしれませんね。

[859-26] バンカラ ひらの 2013/02/03(日)12:03
   なんだか、brm-codamaさんの奥様も、丹前君も…すごいですね(汗)

丹前君は面白いですね。お坊ちゃんには天才肌も多い気がしますから、もしかしたら異常な才能が潜んでいるかもしれません。
brm-codamaさんの奥様も、逆に女性らしい気がしますよね。女性はそもそも逞しくてリアリズム溢れる生き物ですからね。
しかし、そんな凄いダニがいるとは驚きです。

因みに明日から、長野ランドナースパイク大作戦、決行します。

まずは向こうで準備してから走りますが、あんまり走れないかもしれません。
1週間ほど実験走行してきます。

旧型ランドナーにママチャリスパイク付けて、どこまで走行可能か?

おそのさんとのカップルツーリングは果たしてどこまでできるのか?
失敗の可能性もありますが、このレポートは実業之日本社「自転車と旅」誌にて発表予定です。

また、お待たせしておりますBE-PALでの去年の北海道キャンピング記録は、春頃から連載開始予定です。

[859-27] 津田梅子さんのパンツの中は、女くさかったけれど。 2013/02/03(日)14:31
    奥方は良妻賢母、体育会系、山奥部だったですね、brm-codamaさん。失礼いたしました。
 「健全な精神は、健全な体力に宿る」
 と、男性には言ってきましたが、女性には言う必要がないと判断し、「体力などは男性に引けをとらない」と高を括り、KEROYONさんの弱点に相当なのかどうか、誰とは言いませんが、その精神力の弱さゆえなのか、痛い目に何回も遭っています。で、その、
 何とかダニですが、昨今のニュースでは死人が出たそうですね。ウイルスを所有とかで。強いて言えば、その信頼関係も、このウイルスに起因するような気がしてなりません。それと、若い頃、
 見た目がAKBさんとは初耳です。「あ〜ん、来て来て、バストはもっこり」の略だったでしょうか。ちがいますね、秋葉原でした。あの何人かをプロデュースするやり方の出始めは、おにゃんこクラブ?。80年代中頃の。おにゃんこさんのおひとりを、何故だか知っています。当時、パンツの中を見ました。ちゃうの、スカートの中のパンツを。東京にいると、訳の分からない人間が沢山いますから、面白いといえば面白いですね。大阪は田舎だけれど。先のバーのマスターには、
 「俺は、正統な変さやろ?」
 と、一応、戒めておきました。
 「アンタが一番、変!」
 と、仰せになったとき・・。

 昭和34年生まれの、猪年です、マスターは。^^

[859-28] ランドナーは、プロレスだーーー 2694 2013/02/03(日)21:48
   冬は、ダニの心配はないですね。夏に犬の散歩すると小豆より大きいダニが犬の首筋についてます。
田舎者なのでダニよりゴキブリにゾッとします。

ひらのさん、遭難以外は何でもありです。レポート楽しみにしてます。

たまに
ランドナーの世界は、プロレス
だと思う時もあります。

[859-29] 長野厳冬スパイク大作戦 ひらの 2013/02/06(水)23:41
   6日の様子、画像アップしました。
実験走行、成功です。
実況中継、一部ですが雰囲気伝わるかしら?

こちら、1日中雪、アイスバーンの山岳です。
しかし距離はないので楽しめましたよ。

ひらのタンタン君は負けませんぜ

[859-30] ああん野麦峠は回避して。 2013/02/07(木)17:31
    お〜〜〜、拝見です!。おそのさん、可愛い!。色白なお顔が。ひらのさん・・、色黒!。15キロと申しますと、

 歩いたら、4時間くらいでしょうか。どこだったか、担いだら8時間の計算をした覚えがあります。雪雲と雪が、サイクリングには辛いけれど、頑張って下さいね。温泉ではワカメ酒、ちゃうの、雪見酒かな。一度はしてみたいですね、ワカメ、いえ、雪見酒を。雪景色の露天風呂はあった筈だけど、記憶にないです、雪見酒。

 『私も女性の同伴者、大募集!』。

 この際、歳は幾つでもいいです。いや、やっぱり、22までかな、どうせだし。松本以北は遠いので、木曽路の女、22歳など、姫はご存知ないですかね。そんな人をご紹介下さいませ。

 地蔵峠、長峰峠から、飛騨高山への日帰りランを計画したいと思います。ひだ高山には何がいて、あ、企業秘密でした。まぁ、

 絶対いないと思うけど、ここをご覧の方で上に相当の可愛い人の、ご連絡、お待ちしております。

 とうとう、頭にきたかな。^^

[859-31] 見ました。 brm-codama 2013/02/07(木)19:07
   こっちじゃあまり無い光景ですが、アイスバーンでもスパイクなら安定して走れるんですね。…経験したくなって来ました。
それと昨日だったか丁度見ていたTV番組で フィンランド人の若い男性二人が日本のスキー場に行き極力経費を絞って旅を楽しんでいるんだ…とホテルの裏の空きスペースを借りて慣れた手つきでテント泊しキャンプ食を食べていましたが、今までもー5〜25℃の中でキャンプして来たから別にどうという事も無いと話し、近くの川で泳ぎたいと言って飛び込んではしゃいでましたから 北の国で寒さは当たり前のように遊びながら鍛えられ育ったんだなと感じました。

[859-32] タイアトラブル ひらの 2013/02/08(金)19:29
   昨日、温泉から戻ってくる最中、ちょっとしたトラブルになりました。

僕の後輪のスパイクタイアのビートが1ヶ所リムから外れそうになりました。
アイスバーンではないコンクリート路面を下ってカーブを曲がった途端、後輪に違和感を感じたのですぐに止まり、タイアを見ると1ヶ所のビートが膨らんで外れそうになっていました。
タイアの入れ方が悪かったのか?と思い、すぐに慎重にタイアを入れ直し、走りはじめたのですが6キロ走ったコンクリート路面のカーブで再び、リムからビートが…今度はもっとひどく、完全にタイアが外れました。
もちろんその場で止まったので、大事にはなりませんでしたが、原因がわからず、再びタイアを入れ直しました。
おそのさんのタイアは何事もなく、僕の方も前輪はなんともありません。
後輪をはめてよくサイドを観察すると、ビート部がリムにしっかり入ってない箇所があり、どうやってもうまく収まりません。???と思いながら、その日はどのみち距離は走らないつもりだったので、そのままおそのさんのところに走りながら戻りました。

自転車屋に寄り、原因究明したところ結論はタイアの不良品のようです。
前輪のタイアはしっかり入るのに、このタイアだけビート部が元から太く柔らかいようです。

幸い明日からは、おそのさんの家をベースに僕の単独行動になるため、おそのさんAルプスのスパイクタイアをクライマーに移植しました。
ビートの不揃いもなく、今度は大丈夫でしょう。

しかし、タイアの不良品とは…

ちょっとビックリですね。
○アールシーの国産なのに。
危険です。
昨日、なんともなかったのはアイスバーンの走行が多かったせいだと思われます

[859-33] 不良。 2013/02/08(金)19:55
    シ○ワルベの406用で、同じとも言えないけれど、膨らんできたことがあります。新品から直ぐのこと。同じ銘柄で、その前はどうもなかったのに。原因はISO規格にあったようです。というか、片方はどうもないので、やっぱり不良品という判断も。

 井○さんとこへ提供し、調べてもらっても良いですね、ひらのさん。

 ハーフピンの純正?。それとも、例のカク○チさん打ちつけのもの?。後者ですと、打ちつけるときに何かした可能性もありなのかな。私の場合、

 ISO前の「リム径が少しばかり大きいこと」が根にあったので、ビードの柔らかいママ用サイクルのタイヤに交換しました。

 シ○ワルベの前の最初は、中国製タイヤだったみたいです。預かっていたミニなので、購入されたときの仕様を忘れていました。結論は、

 弁償して貰えると良いですね、新品ならば。^^

[859-34] 問題のタイアは ひらの 2013/02/08(金)20:21
   去年、鶴さんからいただいたものです(笑)

それをカ○イチさんに送ってフルピン(ハーフではありませんでした。間違いです)仕様にしたものです。ピンの打ち付けは新品でないとできません。
この旅に使用する以前は、前回の東京大雪の時だけで何キロも走ってません。

ピンの打ち付けの時にビート部分に何かやったとは思えませんし…
あと、僕のクライマーリムはマビックの20ミリの細いリムなので、後輪に負荷がかかって、コンクリートでカーブでよじれて外れた、という風にも考えられますが、このスパイクはそれほど太いタイアでなく、それ以前にリムにはめた時、明らかにビート部分が不揃いなので(前輪は同じリムなのにしっかりはまってる)、やはり不良品と考えるのが間違いなさそうです。
自転車屋も最初は頭をかしげてましたが(僕も)前輪をいじったら、その違いにビックリして、不良ではないか?というのが明らかになりました。

[859-35] それか… ひらの 2013/02/08(金)21:07
   このスパイクタイアはそもそもママチャリ用なので細いリムは想定外で、後輪だけ負荷がかかり(特にコンクリート路面でねじれて)ダメになってしまった…という可能性も捨てきれません。
あと少しだけ低圧で乗ってたのも原因かもしれません。
ねじれが大きくなって、ダメになった可能性もあります。
明日、実験してきます。
ビート部分とリムの隙間が正常なのは確認しているし、今度はやや高圧で空気を入れているので、これでもし、同様のトラブルが発生した場合、リムとタイアの相性が悪い、という事になります。
果たして結果はいかに?
体を張って実験してきます

[859-36] 経験では KEROYON 2013/02/08(金)21:24
    マビックは、リムが緩いですね。
 4.5気圧位で走行中に外れる傾向が有ります。

 スーパーチャンピォンは、硬いというか、スリム?で且つ径が大きいのか?タイヤを選びますし、接合部分が雑でタイヤの縦がぶれる傾向に有りました。

 ですから、ポリッシュに憧れるとか(こう書くと、だからツーリング人間は駄目なんだよ!!と、誰某から叩かれそうですが)フレンチの憧れから無意識に選択する傾向が有りましたが、店主からは「アラヤにしておきなさい。」と、言われました。

 これは、僕が子供の頃の定説でしたから、判っていて使う、当たり外れで、使ってみたら自分のだと何でも無かった・・・っていう雰囲気が有りました。

 もし、試せるのであれば、廃番でしょうが、アラヤのスリムタイプのリムに不良品を入れてみて下さい。
 ただ、外れてバーストするのも嫌ですね。

 時代の違いも有るので、その後のリムが同じ傾向を引き継いでいるかは、判りません。
 改善されているかもしれませんが、そういう傾向に有る事は、事実として有りました。
 参考になれば幸いです。

 それと、必ず同じ所で外れますか?
  タイヤを1/4回転ずらすと平気になるとか、・・・チューブも接合している訳ですから、その部分は圧が微妙に違う訳でして、チューブならば、タイヤをずらしても同じチューブの位置で外れが出る。
 そういう微小な検証をしてレポートして頂けると、凄く参考になると思いました。

[859-37] ありがとうございます ひらの 2013/02/08(金)21:39
   大変参考になります。

実はこのタイアを使用する場合、リムとハブ、フリーも新調し、太いブロックタイア専門にしようとは思ってました。
しかし、はめてみたら問題無さそうだったので、実験の意味合いもあり、そのままにしました。
これからの走行で何事もなかったとしても、今後スパイクタイアを付ける場合、それ専用のホイールを用意しようと思います。

因みに、二度目にやられたとき、タイアをずらしてみましたが、ダメでしたね。
しばらくは大丈夫なんですが、やはり1ヶ所、サイドが膨らんできたので、長距離は無理でしょうね

[859-38] ずらし駄目でしたか・・・ KEROYON 2013/02/09(土)01:02
    そうなると、おっしゃる様に危険ですね。
 バーストもですが、ロックしたら面倒ですね。
 出来れば、嵌め合いの相性でバラつきを吸収したい所ですね。
 親方は、なんかやっていた気もするのですが、昔なので忘れてしまいました。
 昔は、部品精度が酷かったですから。
 植原さんとか年配者なら知っているかもしれませんね。

[859-39] 白馬 嶺方峠 ひらの 2013/02/10(日)02:43
   昨日は、単独で日帰り輪行で白馬、嶺方峠に行きました。北海道並みの寒さでしたが、晴天で絶景でした。画像投稿しましたので、よろしかったらどうぞ。
そういえば記し忘れましたが、おそのさんときは、葛温泉に行きました。

[859-40] 行って帰るは、サイクリングの原点?。 2013/02/10(日)08:15
    雪見酒は葛温泉でしたか、ひらのさん。画像を拝見しました。私は秋に行っています。トンネルが未だ丸い頃。時間を過ぎるとガスって来るのが通常なそうで、午前中に着かないといけないと、後で聞きました。それを知らなかったけれど、その午前に到着、綺麗な北アルプスをトンネル越しにの写真が家にある筈です。

 さて、今日から明日は耐寒キャンプ2番です。どこへ行こうかな。雪が予想される冬場は、どんつき往復ランなどは格好のプランのような。冬以外、往復は避けたいのが普通ですが、行けなくて引き返すよりことも考えられる訳ですから、どんつきランは、冬こそになりましょうか。

 「全国・ピストンコース・ベスト10」

 を募ったら、どこになりましょうか。私は大台ケ原くらいしか、行ってないような、ピストンは。山形の大鳥池、長野の奥裾花渓谷などが思い浮かびます。

 そこ、当然、外していました、今までは。^^

[859-41] 見ました。 brm-codama 2013/02/10(日)11:51
   無茶苦茶寒そうですが、景色は最高!
また野生動物の毛皮の威力も人間の最新発明品でもかなわないものなんですね。
そして雪の付着対策はクロカンモデルのようにワイヤー経路を上側へ沿わせるしかないかな…という印象です。この環境でワイヤーをフル内蔵モデルなんかを使ったらアウトでしょうね。
サンプレメカ特にデルリン製は問題が多いけど個性的で魅力的なメカなので 何とか対策して普通に使いたいです。以前からの課題ですがいい方法がないものでしょうかね。

[859-42] 厳寒ツーリング ひらの 2013/02/10(日)18:07
   鶴さん、気をつけて。
いよいよラスカル君、試せますね。役にたつといいですね。

brm-codamaさん、そうなんです。サンプレ、好きなんでなんとかしたいですよね。誰かいい方法知らないかなあ(涙)

まあ、蹴っ飛ばしながら行くツーリングもゆとりがあれば楽しい気もしますが。デルリンとかが割れる前に厳寒地ではバネの動きがひどくなるのが判明しました。
ユーレージュビリーのフロントもあまり調子よくなかったですね。
全体にオイルやグリスが固まるのか、さすがに動きが鈍くなりますね。

ローバーはとにかく、厳寒地に旧式パーツの自転車で走るのは今回が初めてなのでいろいろと面白いです。

今日は再び整備、オイルたっぷり仕込んで、今回では最後となるツーリング、大豪雪地帯の小谷村に明日は行ってきます。
いったん天気が荒れたらエライ事になる地域なようです。果たしてどうなるか?

[859-43] 楽しそうですね KEROYON 2013/02/10(日)21:16
    出発前は、エスキモーみたいですね。
 狸公は、可愛いけれど、狸汁になっておられるのですね。合掌!!
 寒そうで、ピーです。
 見ている方が、頭が痛くなりそうです。

 サンプレックスも動かなくなるのですね。
 昔使っていたサイクロンも動きが鈍りました。
 こう考えると、シングルテンションが良いのか?
 件のどてら男、丹前君のジッポー・ライターで炙った記憶が有ります。
 そういう意味でもデルリンは駄目ですね。
 でも、凍ったら、厳しいですね。
 灯油掛けて燃やすのでしょうか?
 こういうお酒なんて言いましたっけ・・・
 済みません、アル中なので。

 シクロのプルプル式にロッドですかね。
 これを自作してもっと近代的にすれば。
 それならサンツアーの何とかツインでしたっけ。
 Vを、ぶっ壊して作るか・・・

 女性同伴なので、シッコ作戦は駄目ですね。
 慣れてくると、片足あげて犬と同じ位に、上手く出来る様になります。
 
 それでは、気を付けて。
 ガードレールとゴッチンしない様に。
 僕も擦った事が有り、ガードレールの真上に頭を直撃したら死んでいる所でした。

[859-44] 古さが足りない? 2694 2013/02/10(日)21:48
   デルリンは、マイナス何度以下だと割れやすくなったりしないのでしょうか?

確かに44―28くらいのフロントダブルでクロスしない設定ならロッド式は、現実的選択かもしれませんね。
Wワイヤーとかスプリングにできるだけ頼らない仕様は、面白いな。
サンプレは、古さが足りないのかも。

天気さえ良ければ、雪を走るのは何故か心がウキウキします、

ひらのさん、鶴さん、気をつけて、激しい報告待ってます。

[859-45] デルリン、プラスチック ひらの 2013/02/11(月)00:33
   ローバーでの厳寒北海道ツーリングでは、アウターケーブルが割れました。他は不思議と支障なかったですね。

サンプレのデルリンは、どの程度持ちこたえるかは、やはり未知数です。たぶん、厳密に何度以下という基準はないかと思うので、暖かくても割れる時は割れるんでしょうね。

あと、カメラはデジカメなどはどうなんだろ?って思いました。ライカやニコンなどの機械式ならば大丈夫ですが(寒冷地ではカメラの前にフィルムのパーフォレーションがヤラレます)大容量のバッテリーが使えるデジカメなら大丈夫かもしれませんが、たぶん小さい容量のデジカメでは、あっというまにバッテリーが上がってダメでしょうね。
ただ、リチウムは放電しないので、暖めてれば復活して大丈夫かもしれません。

画像のものは、携帯で撮影しましたが、2、3枚撮っただけでバッテリーアウト。緊急に持ってきた単3用充電器を繋いでなんとか撮影しました。

[859-46] デジカメって平気なのですか? KEROYON 2013/02/11(月)03:25
    コンタックスの電子制御のコパルのシャッターだと、ある程度平気でしたが、スキー場レベルだと、たまに止まりました。
 パーフォレーションは、ワインダーなので少し切れました。
 回路の結露とオートフォーカスの油の凍結って、どーなのでしょう。
 どの程度、油を使っているか判りません。
 当然、メーカーは、通常の温湿度条件で設定するでしょうね。責務は無いですね。
 当時ですから、露出計は、酸化銀電池です。

 デルリンは、ご存知かと思いますが、デュポンの名称で、黒デルリンは、ポリアセタール樹脂と言います。
 正確度を求めるなら、その物性を自分で勉強して下さい。専門家でも実用面までは判りません。
 数十種類のテストピースを3つ以上作って、加速度実験してコツコツ積み上げています。
 
 余り接着性は良くないですから、割れてしまうと厳しいですね。
 それと、耐光性は、他のエンプラよりも良いと言ってもプラですからねぇ。
 微細なクリープが出来て、其処からジワジワしちゃえば、一気に劣化が加速するでしょうね。
 それと、寒ければ硬く脆くなる方向でしょうね。
 大概、ささくれている(専門用語かな?)でしょう。
 あと、当時のテクノロジーですから、充填材(保護・耐性を補間する混ぜ物)とか良質とは言えないでしょうし、何を入れたら良いかも未熟でしょう。

 また、アセトンを使って接着してしましたが、当時は、劇薬扱いでしたし、かなり鼻にツーンと来ますから、防護マスクしていても2時間で交代勤務させていました。
 実際は、それ以前に軽く臭いを嗅いだだけでも嫌になりますね。光科学スモッグみたいな船酔いみたいな感じです。
 ですから、接着するとなると専門的になり、接着剤をメーカーに作って貰う事になると思います。
 勿論、実用強度に達する迄の方法論も確立した上での接着特性です。

 簡単に保護するなら、コーティングよりも塗装ですが、その溶剤が良いかどうか。
 水溶性と言っても絵の具じゃないですから。
 後は、カーボンの糸をクロスするかだと思いますが、馬鹿!!ですね。
 透明のエポキシで固めても透過するので駄目です。
 根拠無しですが、漆とかいけるのかな???

 普通に考えると変速機は、繰返し応力が働きますし割れない方が不思議ですね。
 ですから、サンプレックスは、頑張っていますね。
 オフメガとかは、少しは進んでいるのでしょうかね。

[859-47] ユーザー側  2694 2013/02/11(月)16:44
   ユーザー側としては、専門家でもわからないという実用面での不安のみが、唯一の心配です。

昔、サンプレでガンガン走った方たちは、経験に基づいた答えを持っているかもしれませんね。

前にも書いた通り、現在の部品まで見渡して、寒冷地の走行では、プルプル式変速機、5段フリーのノーマルのチェーンが信頼性の高いセレクトだったりしたら、それこそ愉快です。

[859-48] 専門家は、判らないけれど判る。 KEROYON 2013/02/11(月)20:55
    文書表現が適切じゃなかったですね。
 信頼性工学では、故障率等を算出する指標が幾つか有ります。学校じゃないから述べませんが。
 ですから、理論値で算出して耐用年数等を割り出し製品寿命等を決定します。単位は時間です。
 但し、当り前ですが、使用条件で変動します。
 使わなくても駄目ですし使い過ぎても駄目です。

 これは、人間も一緒ですね。
 運動せず肥満になっても困るし、酷使してもボロボロになる。寒い日や暑い日に運動すれば負荷が高まります。
 この加減が判らないから死ぬ訳ですね。
 製品もこれと一緒ですから、不安なのは一緒です。

 だから、専門云々じゃなく、そもそも高分子化合物の使用目的に自転車は合致していない。
 それで、一般的にカーボン自転車は怖い。
 僕に消費者としての知識が不足しているだけですが・・・
 乗っても乗らなくても劣化速度が金属より早い部分が有る。接着剤の接着力の持続性とか。
 但し、錆びないですね。だから、一般製品には有利ですね。
 そういう観点で考えて下さい。
 専門家でも判らないという事になると無責任になります。法定年数や製造義務等、全て法律で動いています。

 サンプレックスの製造年限は、1960年初頭ですから、腐っていると考えて間違いない。
 子供の時に新品を使って何年とか、家に適切な保存をしていた物と店に転がって風化していたのを今つかうのでは違う。
 そんなの判ってるよ!!ケロヨンの馬鹿でしょうが・・・
 それでも経験則を活用出来るか?
 これは、個人的な資質の問題です。
 結果オーライだったよ!!ざまーみろ!!と言われても困ります。

 それよりも、皆さんがやっている様に、変速機をバッグの中に予備品として入れておくのが、賢いと言うか、正常な感覚だと、僕なら思います。

[859-49] ひらのさん、予備持ちましたか? 2694 2013/02/11(月)22:26
   変速機の予備を持ってサイクリングするのは、あまり普通ではないですね(笑)

でも思い入れを否定しません。趣味だから。昔からの愛用者からすれば、使ったことのない人間にとやかく言われたくないはずです。
何人かでサイクリングして変速機を壊すトラブルなどで迷惑がなければいいと思います。

ひらのさんは、予備持って行ったのですかねぇ?

[859-50] 小谷村、大豪雪ツーリング ひらの 2013/02/11(月)22:42
   画像いっぱいアップしました。

ものすごい大雪にヤラレましたが無事です。

予備は持ってません(笑)
今のところ割れてません。
こんなツーリングですと、仮に予備持ったとしても代えてるゆとりはありません。
せいぜい、なんとかチェンだけつなぐかして、シングルギアで乗り切る可能性高いです。

ちなみに、変速機は僕の経験だけだとローバーに付いてるSマノのMTB用デオーレXTの前後が信頼抜群です。これだけマイナス20度だの、大雪だの吹雪だの、どしゃ降りだのにヤラレて、16年間酷使したにも関わらず、ビクともしません。

くやしいですね、2694さん(笑)しかし認めざるをえません。
サンプレはダメね(笑)
好きですけどね

[859-51] ある意味、喜劇的状況 2694 2013/02/11(月)23:50
   画像見ていると無事なのをわかっているのに、ヤバいなあ、ドキドキします。

ひらのさん的には、ある意味成功ですね(゜Д゜;;)

[859-52] これは、 brm-codama 2013/02/12(火)01:18
   凄いツーリングですね。この経験を生かし何かが生まれるのでしょう。

[859-53] 経験や体験 KEROYON 2013/02/12(火)06:28
    全てそうですね。
 変速機も、デルリンだから、小枝を巻き込んだり、転倒したり、輪行時に壊れるかもしれませんね。
 そういう体験とか、もう何年も使っていて、この前は3年で・・・そろそろかな?というタイミングから、その方は準備したのかもしれません。
 ですから、ご本人にとっては笑い話じゃないのでしょう。

 装備は、本人の意識も有りますが、痛い思い、体験のダメージ度合いにも多分に関係しますよね。
 それが嫌なら軽合ダルマとか、軽合プレートのペダルやトークリップを止めれば良い訳で。
 ツーリングにカンパの鉄レコルドを使うのも予防保全の感覚ですね。
 何事も無ければ、ワンピースのバレルじゃなく、安い三ヶ島フラッシュみたいなので良い訳です。

 ふと思ったのですが、ビンディングってプラですよね。
 壊れるのは、一緒ですよね。
 とすると、サイクリングには不適当なのですかね?
 予見出来る物なのでしょうか?
 
 筍がバラバラにすっ飛んだり・・・だから、古い人間は、トップ・ノーマルだ!!嫌、ロー・ノーマルだ!!って、話題にした事が有ると思うんです。

 その名残で、針金と割り箸を入れている方もベテランにはいますよね。
 フレームに亀裂が入った時とかの応急処置ですね。
 それは、10年目とかで、経験から、そろそろかな?も有る訳で。

 ちょっと、デルリンだから・・・に、捕らわれ過ぎた方向で、サラッと読み飛ばされる感じがしたので、補足しました。

[859-54] 下ってきました ひらの 2013/02/12(火)18:07
   今日は雪は降ってなくておだやかでした。

雪崩にびびりながらも、無事に下れました。

道は圧雪アイスバーンですが、除雪車が平らにしてくれているので、スパイクタイヤ絶好調です。
今日、下ってて発見したのは、意外にも車の轍を走るより、多少雪が積もってても道の脇を行く方が安定して走れる事でした。
これはたぶん車の轍だと氷が柔らかくなってて、少しズリッといきやすいのですが、道の脇だと車も通らないため、完全に凍結してくれてて、スパイクだと逆に安定してピンが食いついてくれるので走りやすくなるためだと思われます。

緊張感が抜けて、今日は少しボーっとしてます。
確かに喜劇ですね(笑)

[859-55] 喜劇的とは、褒め言葉 2694 2013/02/12(火)18:57
   まだまだ続く?

ひらのさん劇場

喜劇的というのは、褒め言葉ですから、バスター・キートンもチャップリンも身のこなし軽く、常に気高く映画の中では居たではないですか。

おそのさんの時に吹雪でなくて良かったですねえ。

大きい峠を3つほど越えた後、ミスコースで最後の峠越えるの嫌になってヒッチハイクをしたことがあります。
峠に差し掛かる所、道の脇で立ちしょんべんしている地元のおじさんに声を掛け、軽トラの荷台にランドナー載せて、峠のてっぺんまで行ってもらいました。
おかげで陽の暮れる前に宿に着きましたよ。
これは、喜劇ですね。

ランドナーってそういうものでもあると思います。

[859-56] まだまだ続くでしょう ひらの 2013/02/12(火)21:54
   行きたいとこいっぱいありますからね。
まだまだ続くひらの劇場であります。

それにしても、今回はスケジュールと天候が絵に描いたような展開になって充実?しましたね(笑)
今日は下ってきて、立ちよったガソリンスタンドを道路からチラリと覗いたら、心配してくれたお兄さんが抱きつかんばかりに手を降って飛び出して来て(笑)喜ばれました。乗せてくれたバスのおっさんに話を聞いたそうです(笑)なんだかみんなニコニコで旅の成功を喜んでくれて、とても嬉しい気持ちになりました。なんか旅だなあと。
今度は違う季節に来る事を約束してお別れしました。
小さい村なので、もう噂が村中に伝わってるような(笑)

やっぱり旅情と言うんでしょうか、2694さんの言うとおりだと思います。
それにしても2694さん、1日で峠3つは越えすぎでは?(笑)
ランドナー的な旅だとそれは嫌になりますよ。

せいぜい2つぐらいじゃないでしょうかねぇ?

大きい峠、3つはやだなあ。
やはり無理のないスケジュールの組み方が重要ですよね。

[859-57] 峠越えに似たもの。 2013/02/13(水)06:36
    行きつけだったお店のご主人は、
 「ツーリングに使う部品は、安心感に限る」
 「タケノコ?、あんなもん、アカン」
 と、仰せだったのがその理由なのか、私は重量、見てくれのみでアッセンブルすることはなかったです。

 どうなんでしょうね、でも、トラブルの件、聞くのは聞いても、実際になってみないと分からないのが普通でしょうか。私の対策は、ナローチェーンが山中で切れての、チェーン切りとアンプルピン持参くらい、変速機などは潰れても、外して走ることで済むくらいしか、考えていません、今のところは。まぁ、

 「過度の安心感は、裏切られたとき、憎しみになる」

 とも、いえるでしょうか。フレーム、キャリアなどをごつくしない理由は、このあたりにもありそうです、私の場合。で、

 お〜〜〜、ひらのさん。山田羊子(振られた何です、最近)、いえ、山田旅館泊だったんですか。むかしと変わっていませんね、今も。乙見山峠を越えて、そこで1泊し、塩の道を南下したことがありました。季節は夏、たしか、3軒ほど並んでいるんですよね、小谷温泉。真冬のそこ、行ってみたいです。バス道なら、何かあっても安心ですし。

 「助けてくれー、誰でもいいから、助けてくれー」

 と、叫び甲斐もあろうかと。結論は、

 雪道を進み、旅館の灯りが目に入ったときの嬉しさに似たものが、サイクリングの醍醐味かも知れません。

 冬の時節しか、味わえない、醍醐味。^^

[859-58] 昨日の小谷村 ひらの 2013/02/13(水)12:41
   昨日の小谷村、宿周辺とか、美しい霜の結晶の画像などをアップしました。
あ、2694さん、今回のツーリングはこれでおしまいです。

おそのさんとの実験ツーリング、嶺方峠、小谷村大豪雪、

3回とも非常に面白かったです。3回目の大豪雪はさすがにびびりましたが。
仕事のネタたっぷり撮れましたし。

鶴さんもぜひ、大豪雪ツーリングを(笑)
でも、あの吹雪と豪雪を最初に駅で直視すると、さすがに出る気は失せますよね(涙)
久しぶりに緊迫感のあるツーリングでした。
ぜひ鶴さんも路上で雪に埋もれながら絶叫してほしいです。

美しい通りすがりのおばさまが助けてくれるかもしれませんよ。
それか、除雪車が非情に引き殺して行くか、でしょう。

後者の可能性の方が高いですが(笑)

でも、なんとなく鶴さんの画像の方が寒く感じます。晴れてる方が寒かったりしますからね。

[859-59] こちらでは brm-codama 2013/02/13(水)14:06
   2重ガラス?ですか?霜が凍る時の結晶は見えないですね。
冬以外なら降って流れて行く雨なんですが、季節や場所によっては大雪、不思議な光景ですね。

[859-60] 霜の結晶 ひらの 2013/02/13(水)14:59
   2重ガラスではなく、単なる古い1枚の木枠のガラス戸ですね。

2重ガラスの古いガラス戸とかは、冬に北海道でも、そういう宿に泊まった事あって見てますけど、この現象は見た事ないですねぇ…。

この山田旅館さんの素晴らしい佇まいと相まって、なんかトンデモなく美しく感じました。

でも…謎なんですよねぇ。
普通のガラス戸でもこういう現象起こるのかな?
外と中の気温が微妙に関係しているのかな?

[859-61] おそらく brm-codama 2013/02/13(水)18:38
   一枚ガラスという事なので一瞬ガラスの外面で貼り付いた雪が暖めらめて融け それが気温が下がりガラスも温度が下がり氷結し始めたという感じではないでしょうか。
2枚ガラスだとワンクッションあるのでこういう現象は起きないと思います。
自転車用カーバイトランプのガラスが2重になっているのは雨などで急冷し割れないためでしたね。

[859-62] モノクロームな風景 2694 2013/02/13(水)21:03
   さすがにひらのさんでも、この大豪雪には、圧倒されたんですね。

ひらのさんの写真、
今回は、モノクロームな風景に感じました。
冬の空気の密度、寒さの粒子が頬に手に、視覚にピリピリ刺さり、その粒子はダイレクトに写真の粒子として定着する。
モノクロ変換したら良いかもです。

何かどこか遠ーーくに行きたい気分になりました。

因みに、2694ひとりでサイクリングする時は、無茶しますが
複数の時は、距離70キロくらいまでが適当だと思っています。

[859-63] 今どき珍しい女。 2013/02/14(木)07:01
    そういえば年末、美しい通りすがりのネエチャンに批難されました。大分行きフェリーの甲板の上で。ひらのさん・・。例のタバコのことでした。

 「拾って下さい」
 「ポケットにあるよ」
 「葉だけ捨てた」
 「・・・、ここで吸っても良いんですか?」
 「わたし、この船の人に聞いてきます」
 「たぶん、アカンかも」
 「ごめんね」
 「タバコ、大嫌いなんです、わたし」

 と、こんなやりとりだったんですが、年齢は25前後、えらい美人さんでした。言葉から、関東方面の女と推察です。旅行中の出来事でしたから、彼女に従ってやりました。でなければ、

 「吸っても良いかどうかは、自己判断やろ」
 「お前、人に聞かな、判断できんのか」
 「このタバコの税でも、学校へ行かせて貰ったのに」
 「関西は怖いところ、人によっては甲板から突き落とされて、あの世ゆきやよ」
 「なんでも主張すればええもんとちゃうで」

 と、こうだったかも知れませんね。結論は、こんなタイプの女は、その雪に埋もれていると、必ず助けてくれそうです。どうでも良い人が、一番に頼りない筈です。美しいおばさまが助けるなどは、時代劇だけの話のような気がしてなりません、ひらのさん。で、

 2694さん、どこか遠くへですか。私は、ずーと都会に住んでいますから、実感がないのですが、たとえば、いわきから信州へ行くのならば、そこそこ大変ですよね。線路は普通、上り下りで成り立っているし。よって、東京に出て、東京から下って遠くになりましょうか。となると、

 ひと足はやく春を感ぜられる西日本へどうぞ。陽が落ちるのも、東京より遅いですから。無茶な走りには、好都合かと思います。私は四国がお勧めです。いや、

 無慈悲志向?の2694さんには、合わないかも知れませんね。四国の人の良さは、表彰状ものです。特に南予。バカがつきます。^^

[859-64] 遠足 ひらの 2013/02/14(木)09:02
   2694さんの、遠くへ行きたい…というのを読んで、なぜか「遠足」という言葉を連想してしまいました。

「遠足」遠い足、よく考えると、なんだかすごく不思議な言葉ですよね。
ひどく懐かしい響きがあって想像力を掻き立てる言葉で好きなんですよね。
冬の旅というのは、ある意味、旅らしい旅になる気がしますよね。
こういった冒険的な旅でなくても旅情は普通より強く出るかもしれません。
もちろんどの季節の旅もそれぞれ味わいがあって全然違うので、楽しめますけど。

雪国の旅は確かに色がありませんね。
晴れていれば空の青が強烈に印象的になりますが、曇ったりしてると本当に広大な水墨画の世界です。
今回の風景に近いのは、やはり真冬に行った礼文島、利尻島でしょうか?
フェリーから見ると、物凄い風景が展開します。
利尻島は灰色の海に氷山が浮かんでいるように見えるし、礼文島はまさに水墨画の世界です。

凄いなあと思ったのは、礼文島の最北スコトン岬のあたりで、不思議な事に礼文島の最北の海の色は、島の南や利尻島と全然違うんですよね。

礼文の最北だけなぜか海の色が違うんですよ。

バスクリン色といいますか、透き通った緑色の海です。

真冬のどんよりとした曇りの日に行きますと、水墨画のようなモノクロームの世界に、海だけ異様なグリーン、そのグリーンの中に、やはり氷山のようになった真っ白な無人島、トド島が浮かんでいます。

モノクロームの世界に海だけ緑色、という不思議な光景が目の前に展開していました。
とても強烈な印象が残りました。

[859-65] 遠足は brm-codama 2013/02/15(金)10:18
   足/つまり徒歩で遠くまで行く…小学生時代を過ごした鹿児島時代に 小学校から数キロ離れた砂浜(東シナ海に面した吹き上げ浜)まで皆で歩いて行き弁当を食べ波打ち際で遊んで帰った遠足の原点そのものを思い出します。
その後、遠足はバス遠足とか 本来に意味とは違うものになっているようです。
江戸時代までは沢山の人を同時に運ぶ公共交通機関はなかった訳で海路を船か籠や馬に乗れる一部以外の人は何にしろ自分の足で歩いて行くしかなく 昔の人は体力あったんだなとつくづく思います。
自転車で遠くへ行く事は”遠乗り”と区別していましたから遠足は人間にとってyはり旅の原点なんでしょうね。
ひらのさん 光景って本当は五感で感じるものでもあり 表現を読むとそこに行った人にしかわからないんだと痛感しますね。そしてバスやクルマでは無く、自分の力で行くからこそ感じるものも違うとも思います。

[859-66] 表現者ひらのさん 2694 2013/02/15(金)14:22
   モノクロームな空、島に真緑の海ですかw(゜o゜)w
ローバー似合いそうな風景です。
モノクロフィルムに海を彩色したらのがありましたね。
戦艦ポチョムキンの赤い旗とか

ひらのさんは表現者ですから、五感に感じる所まで伝えたいのか?、俺も自転車で何かしたいなあと誰か思ってくれたらOKなのか?どうなんでしょう?

写真ていうのは、そこに実際行けない人の為の出来損ないの代用品 ではないですね。
固有の世界、写真が切り開くリアルさというものがあります。
写真として画面に定着してはじめて気付くことがある。
それを信じていることが大事ですね。

僕の自転車の合う風景は、パリの街角や青山通りより、郊外のドラッグストアや錆びたトタンの小屋や色褪せたラブホテルの看板ですかね。

[859-67] 表現 ひらの 2013/02/15(金)22:17
   うーん…どうなんでしょ?僕の発表するのを見たり読んだりしていただいて、自転車旅の世界に目覚めたりしてくれたりしてくれたら、それはそれはこの上ない喜びなのは確かです。

写真でも映画でも、自分の場合、目指すのは「誰もまだ見た事の無い世界」を描くなり、撮ってきて、見せびらかしたい(笑)みたいな感じかしら?

その世界は、決して「冒険的な事」という固定された世界観ではない気がします。どんなに凄い冒険的な事をやっても「誰も見た事のない世界」を描けるとは限らないと思います。むしろ逆にその辺の日常を描いても「誰も見た事のない世界」を描く事は可能だったりします。規模の大小関わらず、また、分野を超えて、そういう原始的な力を持ったものに興奮します。例えば、映画の黎明期に「列車の到着」という映画がありますが、単に画面に向かって列車が来るだけなのに、観客が逃げまとったり、とか。映像というのは、本来、そういう力を持ってるわけで。うまく言えませんが、そのぐらい力のあるものを「映像」から「映画」に転化できたらいいですよね。本能を呼び起こすというか…。
「ジョーズ」と共に、僕のバイブル「2001年宇宙の旅」も、あれは究極の旅映画だと思ってます。誤解を恐れずに言うならば、この映画こそ、ドキュメンタリーです。
いや、虚構には違いないんだけど、虚構も究極までいくと、ドキュメンタリーになってしまうんではないか?と思いました。
あと、写真というのは、説明ではありません。

撮られるものが撮るものの目を通して、第三の現実という次元にまでいかないと面白くないと思ってます。

2694さんの自転車と風景の世界観は新鮮ですね。
かなり良いと思いました。
寂れた風景とランドナーとのマッチングは見てみたいです。
ぜひ。

[859-68] とんねるを抜けたからって、日常 2694 2013/02/16(土)00:06
   丁寧なリコメントありがとうございます。

なにせ普段がローテクなので、解像度の低いこのような写真で良ければご覧下さい。
最近写真撮ってませんので、とりあえず一枚。
たまには、ノンジャンル非ランドナー的ふーけいをたまに投稿します。

第三の現実その通りですね。

[859-69] 画像掲示板 見ました。 brm-codama 2013/02/16(土)01:55
   いやーなかなか面白く 刺激的でした。
トンネルの写真を見ていると以前走った明治時代のトンネルの途中で灯も無く上下がわからなくなった事を思い出しました。
自分も仕事(申請用)のためシャッターを押す事が多くなり 自分自身のセンスを磨くための写真を撮りたくなりました。

[859-70] すごくいい! ひらの 2013/02/16(土)08:46
   brm-codamaさんに同感です。2694さんのような感性の人は貴重だと思います。できればニューサイとか寄稿してみたら如何でしょうか?

この感覚は今までの自転車の世界には無いと思います。

鶴さんの強力なオリジナリティ溢れる文体や正統派のTOM上田さんの写真などと共に自転車の世界観の幅が広がると思います。
ユーレー君いいですね(笑)
ユーレー君っていたんだ!?
世田谷御大の広告に時折登場するティーA君が好きで、うちにも巨大なティーA君シールが飾ってあったりして(笑)

[859-71] また見てください 2694 2013/02/16(土)13:14
   気楽にゆっくり撮ります。

brm―codamaさんのも見たいなあ。

ユーレー!の広告は、70年代「Cycling」誌のものです。

[859-72] トンネル KEROYON 2013/02/16(土)15:15
    この写真、素晴らしいですね。
 高解像度で見たいものです。
 有名なトンネルじゃなく、名も知れぬ?
 それが良いなぁ!!

 ユーレー君、知りませんでした。

[859-73] 自転車的感性を知りたいサイクリスト。 2013/02/16(土)16:06
    トンネルを抜けても、変わらない日常
 と、解釈させて頂いて、良かったでしょうか、2694さん。「トンネル、無慈悲、幽霊」で検索すると、2694さんの記事、写真が出てきそう。
 私のヘンテコな文体はあれとしまして、ひらのさんのお写真、2694さんのそれ、TOM上田さんの表紙と、サイクリストの目と申しますか、自転車に乗らない人の感想は、どうなんでしょうね。サイクリストの我々だけが知る、第3の世界?。
 N誌ですが、むかし「写走派」「点描」という、見開き1ページくらいのカテゴリがあって、私は好きでした。ほかの自転車雑誌にはない、ツーリングの本質みたいなものを感じて。

 「太腿、何とか貝、XTシャドーリア変速機」と検索すると、私の記事が出てくるよう、頑張ります。

 そのN誌は寄稿がないとき、アーカイブを載せてられるようなので、写真数点と、短い文章のセットで数多く載せて欲しいですね。たとえば、2694さんの、このお写真4枚ならば、

 今日、女子高生のスカートが風でめくれた
 嬉しかった
 このトンネルを抜けると、白亜の灯台だ
 日常の中に僕はある
 寒い一日だった

 など、つけ加えるのみとか。いかがでしょう、みなさま。手短で簡単かと思うのですが。先ずは、私がしてみようかな。感性もなにも、

 「こいつ、アホや」

 で、終わりそうですが。^^

[859-74] DJ鶴さん 2694 2013/02/16(土)17:33
   鶴さんは、音楽好きそうなので、

サイクリングを終え家で一杯やりながら、クランクを磨く、ラジオを点けると、ラジオDJ鶴さんがサイクリング中の心の風景、BGMとなる一曲を紹介する。
曲を掛けながら

ランドナーと女子高生

というテーマのリスナーからのハガキを読む

どうでしょう?DJ鶴さん

[859-75] DJ鶴さん 2694 2013/02/16(土)17:34
   鶴さんは、音楽好きそうなので、

サイクリングを終え家で一杯やりながら、クランクを磨く、ラジオを点けると、ラジオDJ鶴さんがサイクリング中の心の風景、BGMとなる一曲を紹介する。
曲を掛けながら

ランドナーと女子高生

というテーマのリスナーからのハガキを読む

どうでしょう?DJ鶴さん

[859-76] デジタル・ジョイント。 2013/02/17(日)09:20
    おっと、あれもご存知でしたか、2694さん。嬉しいやら、恥ずかしいやら・・。近所の人(可愛いオンナ主体)を集めて、
 ツーリング・クラブ(といっても、私の都合の良い日に声をかける対象に過ぎませんが)を作る為の、サイクリングの実際を記した案内版のつもりで開設しました。その方々に見ていただくのが目的です。女子高生という文字が検索を弾くとは知りませんでした。現在はネームを伝えています。
 音楽は自動車のラジオ、このPCのユーチューブも。流行り歌からサイクリングの何かを思い出だす切欠にしています。順序立て、サイクリングの実際といっても、面倒ですからね。

 「コメントしてね、分からないことがあれば」

 と、そのオンナどもに言ってますが、恥ずかしいみたいです、偽名でも。どうして教えたのか忘れましたが、ある中国地方の男性サイクリストからは、

 「○○さんの人間性が、分からなくなりました」

 と、この評価を戴いています。人に知られると、良い大人が自転車の話も格好悪いと思って偽装したけれど、何にもなっていないような。

 心の風景は、欲求不満しかありません。^^

[859-77] そして、とんねるを抜けたからって、日常は、続く 2694 2013/02/17(日)21:34
   日常なので、続きます。

よろしければ、画像掲示板をご覧下さい

寒々しさ足しときましたm(_ _)m

[859-78] 見ました ひらの 2013/02/17(日)23:55
   廃車、手形、冬の光、など。新鮮な感覚ですね。
こういう写真は、写真界では時折見かけるタッチで、一歩間違えると観念の世界に振り回される場合が多いのですが、そういった方法に、自転車ツーリングの感覚を掛け合わせると、俄然、生きた写真に変貌してしまうのが面白いと思いました。
いずれにしても、自転車ツーリングの固定化した写真ではない、柔軟で、今までにあまり例がない感覚だと思いますので、2694さんが楽しみながら発展できるのをこちらも楽しみにしたいです!

[859-79] こちらも見ました。 brm-codama 2013/02/18(月)00:30
   ズバッと思い切って被写体を切り取った画面と必要最小限の文章が絶妙なバランスで心地いいです。
しかし2389の画面の明るい部分とその中の影は不思議と孫悟空の顔みたいに見えてしまいます。

[859-80] 付録 資料 長靴下あれこれ 2694 2013/02/18(月)00:43
   以前、長靴下の話題が出ました。

皆さんお困りだと思います。
無地では、映像としてパッとしないので柄物を集めて写しました。

どうぞご覧くださいm(_ _)m

[859-81] ロングホーズ ひらの 2013/02/19(火)01:12
   本当に困りますよね。

僕はできれば膝上まである一番長いのが好みなのでますます困りますよね。
本当にHリソンが存在してくれてるので助かりますが、もう少しバリエーションが欲しいです。

以前、2694さんが紹介してくれたイタリアブランドのものは履き心地が最高です。
ただ、膝下までなので、僕のツィードのニッカーだと、ギリギリぐらいかな?

まだまだランドナー系などが充実する状況までは道は長そうです。

ツィードラン東京の時も某デパートで自転車ファッション特集とやらが開催されたので行ってみましたが、ニッカーホーズひとつない。

店員捕まえて、ケチョンケチョンに言ってやったのは言うまでもありません。
ファッションリーダーの大手ブランドは何とかしてほしいですよね。

いつもの日本の格好だけの世界はもうウンザリですよね。

[859-82] パラノワールドから愛をこめて 2694 2013/02/19(火)03:55
   ここ2回ほどの映像掲示板のは、2694がいつも訳分からんというのがあると思うので、映像を使った挨拶のつもりで掲示しました。

Bブアーもロングホーズありましたね、実物見てませんが。
自分のは、現在ツイードスタイルとは、違うのでひらのさんテイストとは異なると思います。あくまで参考に出しました。

たまに自転車向くような古着でも掲示板に載っけてみようかと思います。もう少し自由なのを。

今日は、以前KEROYONさんから借りた資料のコピーですが、NCの

パラノワールドから愛をこめて

を読み直しました。
新田さんは、極めて真っ当な考えの持ち主だと思いました。
ただ一個人としてべらぼうなオーダーをしたことでマニアの親方衆の仲間入りしているように見えますが、僕のような初心者こそ読むべき記事でした。
いつもあの拘りを突き抜けた言葉に惹かれるんだな。

[859-83] ランドナーと同じ運命な、ニッカーホース。 2013/02/19(火)07:23
    ホースですか、2694さん、ひらのさん。ハイソックスでは、脛が「こんにちわ」ですよね。むかしは大阪、新宿駅近くの登山店で購入でしたが、最近はMの通信で一足でした。

 //webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1108769

 このMさんも、そんなに前ではなかったです、製造販売したのは。その登山店も含めて、柄は2種類くらいが普通だったような。この際、白地の膝上ホースを外注し、おそのさんに柄、絵などつけて貰い、販売して戴けると、売れに売れまくるような気もしますが、どうなんでしょうね。ハイソックスとニッカの間を繋ぐ、膝下隠しでも良いけれど。

 登山も含めて、ニッカの需用が少ないのが理由なんでしょうね。困るということは。^^

[859-84] N田さん、僕も好きです ひらの 2013/02/19(火)10:10
   思えば、16年前、Aルプスに行ってローバーを注文しNCとN田さんの名著「美しき自転車、魔物たち」を購入したのがマニア道まっしぐらのキッカケでした。

当時はネットも情報もなく、仲間がいるわけでもなく、雑誌もそういったものを扱ってるのはNCしかなく、ないないづくしの中、大変貴重な資料でした。

当時、T-エイも知らず、フランスパーツも何一つ知らない有り様で、必死で「魔物〜」を読んだり眺めました。さすがに初心者には難しい内容でしたが、美しい自転車たちの姿は知らない者にも充分惹き付けました。
「こんなものが世の中にはあるんだ」とショックでした。
当時、すでに古い腕時計の世界には埋没していたので、ヨーロッパの機械ものには入りやすかったのかもしれません。

その後、世田谷御大の店に行くようになっても、とにかくわからない事があると、メモしては部屋で「魔物〜」を開いては調べる、という繰り返しでしたね。N田氏がメカニカルアドバイスで参加していたNC連載の「魔物〜」の最後の1ページの文章が好きで、あの文が読みたくて、単行本未収録のものを探して、御大の店でNCのバックナンバーを漁りました。

僕の本もN田氏の「魔物〜」の影響をもろに受けて作ったものです。

自転車、パーツの撮り方、構成など。
魔物〜は名作です。
全部カラーにして、フルボリュームで完全版を復刻してほしいぐらいです。

近年、御大のところでリハビリ中のN田氏と時々、お会いしてますが、印象に残ってるのが、僕が珍しいダイアのダウンヒルブレーキレバーを発見して買ったら、N田さんは嬉しそうにニコニコしながらグーサインを(その頃はまだ喋れない状態でした)出していました。
こういうパーツを喜んでくれてるところが、なんともN田さんらしくて、僕も嬉しくなりました。

[859-85] 鶴さん 2694 2013/02/19(火)21:42
   鶴さん、Mンベルのニッカーホーズは、見ました。本当に寒い所にいくには、適してますが、ちょっと街乗り、あるいはクラシック気取るには、寂しいですよね。
あそこも自転車ウェアに関しては、模索中だと思います。
ロードバイク乗る人達より、のんびり停滞時間の長いサイクリング向けを上手く作ってくれたらいいです。

自転車のバッグのアクセサリー類でOーストリッチ、ワンワン印は縦横に対して、前後に奥行きがあり過ぎます、ハンドリングにマイナスです。
また京都の別注?Gルベルソーは、まるで壁のような幅広さです。空気抵抗の塊、またはハンドルの邪魔です。クイックサポーターを買わせるためでしょうか?貧乏性で大きいのでしょうか?疑問です。

[859-86] ひらのさん 魔物 その後 2694 2013/02/19(火)22:07
   たまに非常に口の悪い2694ですがお許しください。

ひらのさんが、ブレーキレバー購入の時期は、よく世田谷の店に通いました。あの当時、お客さんたちの乗る自転車を観察、持ち主に質問したりして学んだことは、自分のベースになっています。
正直、お客さんの面々が充実していた最後の頃かもしれません。

どうですか?N田さんには、沢山質問しましたか?
もししていなかったら一生の後悔ですよ。憧れに終わって、自分の自転車作りに繋げられなかった人を何人も見ています。

「魔物〜」に載った自転車は、模範とすべき自転車というより、考察の対象としての自転車ですね。
また世田谷の店に通うと、魔物に登場された方たちの、その後の姿を見ることがあります。
あまり人間は、変わらないなあと思います。多分自分もそうです。

[859-87] Mンベルがありましたね ひらの 2013/02/19(火)22:43
   鶴さん、Mンベルがありましたね。

僕、カタログを見ていて、あるじゃーん、って思ったのを忘れてました。ちょっと今度、見てみます。ありがとうございます。

ただ、Mンベルは、服系はあんまり好みのものないんですよね(涙)安いし優秀なんで、無視はできないんですけど。

2694さん、僕がN田さんとお会いしたのは、あんまり数多くはないし、お会いした時はすでにリハビリ状態で、喋る事が困難な感じでしたので、質問など突っ込んだ話は、ちょっと遠慮してしまう状態でした。

でも、僕がいろいろ吸収してた時代は、90年代後半から2000年代前半ぐらいで、世田谷御大の店も土曜日の夜は常連さんと、こんにゃくと豚肉の煮込みをつつきながら、毎週、飲み会をやっていた頃です。その頃はAルプスにもよく顔を出しては、いろいろ聞いて、世田谷御大にもいろいろ聞いて、Tーエイ社も、ひまでひまで、何でもやってもらって数ヵ月で仕上げる事ができた時代でした。
僕も飲み会にはよく参加して、その頃の常連さんにはいろいろ教わりましたが、やはり先生はAルプスだったかな?
Aルプスと御大様では、言ってる事が正反対なので最初は混乱しましたね(笑)
今、思うと幸せな時代ですね。

AかBか?だって、御大はメートル法が有利だって言い張って譲らないし、Aルプスでは、Bなんかどこ行ったってないじゃないか、オレの目の黒いうちはAは残すんだって、はりきっていたし。(そう言ってたんだから、ちゃんと残せよな、と思うよね、あー、ムカつく。笑)

まあ、その頃にいろいろ吸収してました。

[859-88] 大豪雪ツーリングのポジ ひらの 2013/02/21(木)14:49
   昨日、ポジが上がってきました。
やっぱりフィルムと冬の光は相性が良いです。

状況が厳しければ厳しいほど美しくなります。

デジタルとは比べものにならないほど美しいのを改めて実感しました。

いずれ実業之日本社「自転車と旅」誌にて発表予定です。

でも、いつも思うのですが、僕の場合、アナログコンパクトカメラでノーファインダーでめちゃくちゃに撮る場合も多く、あがってきたのを見るとピントや露出が滅茶苦茶でもいいものがあったりするんですよね。

ミュージシャンがノイズや、ずれた音程などをパッチワークして、巧みに世界観を作りあげるのと同じように、自転車の写真でも、定形に惑わされず、自在に世界観を作っていけたらいいなあと思ってます

[857] ニューサイクリング2月号 brm-codama - 最新投稿 KEROYON 2013/02/09(土)23:27
[857-1] ニューサイクリング2月号 brm-codama 2013/01/22(火)10:33
   ニューサイクリング2月号が入荷しました。
宿場街の柵に立て掛けられたランドナーの落ち着いた表紙で始まり各地のツーリングレポートやクランクアダプターの昔と今の話で興味深いです。
南風が吹いているようで 冬らしくないここ数日ですね。

[857-2] アダプター 振り子時計 2013/01/22(火)19:52
    実に興味深いモノが出ました。この角度からのパーツは自転車遊びには不可欠だと強く感じますが、皆様はどうでしょう・・・。

[857-3] Re,アダプター brm-codama 2013/01/22(火)22:19
   *イクロシフトのPCD110/74とPCD130mm用クランク/チェンリングアダプター(スパイダー)は早速入手してどう使えるか考えていますが、しかし表から見ると昔のと大差ないようでも裏側を見ていても立体的に強化されていて昔のマイティーアダプターよりも結構よく出来ています。
ただ昔だとRスプロケットは5sを基本で考えればよかったのですが今は8/9/10/11sシステムとの相性も考えねばならずチェンリングやクランク、BBの組み合わせやどこまで対応出来るのかは細かく測定したり最後はとっかえひっかえテストしてみないと答えは出ないようです。

[857-4] 行ったら今度、聞いときますが。 2013/01/23(水)18:26
    クランク/チェンリングアダプター(スパイダー)が載っているんですね、N誌に、振り子時計さん、brm-codamaさん。遊びの角度は
 モッパラあっち方向な私ですが、チェーンホイールだけは気になります、どの愛車も。自転車の顔と申しますか、目立ちますから。
 C○Sさんは、止めたのでしょうか、チェンリングの製造は。いや、継続されているみたいですね。今HPを拝見すると。いつもやめるやめると言いながら、なんなんでしょう・・。結論は

 brm-codamaさん、そのチェンリング同士のスペーサを、行きつけのお店の方が町工場へ発注し、各種、揃えてられるみたいです。

 何れにいたしましても、面倒くさそうですね。何速ならどれとか、調べるの・・。^^

[857-5] オオツカさんは brm-codama 2013/01/24(木)15:25
   2月2日に来られるとの事ですので夜はアモレッテへ行きます。 当日都合のいい方は一緒に自転車談義しながら美味しいコーヒーを飲みましょう。

[857-6] スペーサー brm-codama 2013/01/24(木)19:01
   鶴さん スペーサーを各種用意してくれていると助かりますよね。
アダプターの製造元である程度目安になるデータ表でも付けてあればいいんですが、全くありませんでした。
あちこちで”閉店セール”というのをずっと掲げたままのお店を見かけますが、歴史を見るとそうする事で目を引き 客が増えて成功した定番話がありますね。

[857-7] スパイダー。 2013/01/27(日)20:25
    今日、お店に寄りました。あのスパイダーは9速、10速用らしいです。レギュラーサイズは、1ミリワッシャを挿入するそうです。

 11速は、何とかと仰せでしたが、よく分かりませんでした。言っていることが。^^

[857-8] 昨夜 集合したのは brm-codama 2013/02/03(日)10:19
   KUROさん、オオツカさん、集まりへは初めてのMさん、NoDさん、brm−codama、マスターでまずはNC誌の表紙の贅沢なランドナーの事や*イクロシフトのメカの現物を手に取り変速機談義から会話が始まり 冬のツーリングや手作りスパイクタイヤ…あれやこれやでした。
また初参加のMさんは元クロカンレーサーでもあり木工細工師(特に小物が得意)です。
それと個人で出版している「カンパデータブック」という膨大な数の変速機の年代やタイプ毎の解説付き写真集/定価¥3000円を一緒に取りましょうという話があったので販売元へ交渉してみます、現在購入希望者を募っていますので 当方へご一報ください。
鶴さん ありがとうございます。正確な製品毎の相性は自分自身で確認し工夫していかないとダメなんでしょうね。でもマニアにとって面白い課題かなと思います。

[857-9] データ・テーブル。 2013/02/03(日)13:49
    そのチェンリング、ギア間の距離ですが、5〜8速(同じ?)、9、10、11速と、純正のそれを測っておくのでは駄目でしょうかね。付属のワッシャは、波打ち防止と仰せでしたが、これも意味不明です。^^

[857-10] カンパデータブック入荷 brm-codama 2013/02/09(土)19:31
   正確には「ディレイラーズ オブ ワールド カンパニヨーロ」誌が本日入荷しました。
それから今回入荷分に少し余りがありますので必要な方は連絡をください。それと無くなっても取れますので見本で内容をご確認ください。
年式ごとの写真や変更点が記載されているので判別しやすくなっていて変速機の好きな方にはたまらない一冊ですし、これを個人の情熱で作り上げ自費出版までこぎ付けたのは大変な事だと感じています。

[857-11] 好評だったら KEROYON 2013/02/09(土)23:27
    カンパでペイ出来たら、サンプレックスとユーレーもやるそうです。
 ですから、じゃんじゃん買って完売御礼になると良いですね。

[853] 朝まで大激論 VOL・4 ひらの - 最新投稿 brm-codama 2013/02/08(金)17:49
[853-1] 朝まで大激論 VOL・4 ひらの 2012/12/16(日)00:56
   ついに第4ラウンドまで突入です。

うおお、デスマッチも、ついに文字通り、死のラウンドになってしまうのか?

第4ラウンドKOになるか?はたまたクロスカウンターとかの応酬になるのか?

見逃せない特設リング、死のラウンドであります。
引き続き、元気にいきましょう

[853-2] 最近言われました KEROYON 2012/12/16(日)01:50
    野菜とか魚の事は、小学生より知らないので、まあ、書いた様に、こじつけというか隠喩という事で。

 僕の昔作った自転車を見て、ある方に「これは、駄目ですね!!」と、言われました。
 実は、僕も駄目だナァ!!と言うか、ちょっと不満なんですね。
 若い頃だから習作だな!!って思っていましたから、「ばれたか、そうだろうな・・・」と、即座に思いました。
 そうやって、ズバッと言ってくれるのは、有り難い事ですね。
 
 何が言いたいかって言うと、そうやって若い頃に揃えてみたのですが、今なら、「あーすれば・・・」という所が沢山有るんですね。
 部品は、何とかなるにしても、スケルトンはねぇ。
 まあ、それじゃなければ進歩も無い訳ですが、中々人生設計の通りには、上手くいきません。
 ですから、明日になれば、また、何方かに教わったりして、考えが変わるかもしれません。
 そういう意味では、ほんの少ししか体験していないけれど、少しずつ勉強していっているプロセスとしては、マアマアの線だとも思っています。
 自転車を一瞥しただけで、パッと適切な批評をしてくれるメンバーに恵まれているって事も、宝だと思います。

[853-3] 自転車の批評 ひらの 2012/12/16(日)04:20
   他者の自転車の批評って、実はとても難しい気がする。

なんか、例えば他者の彼女とか連れの女性を批判するみたいに思えて(笑)
もちろん、その自転車が素晴らしいと思ったら、素晴らしいって言えますけど、うーん…って思ってしまったら、それはやっぱりなかなか言えるものではありません。

僕的には、他者の彼女がトンでもないブサイクで、どう見てもアバズレで、どう考えても自分のタイプじゃないとしても、その人にとっては、かけがえのない大切な人かもしれず、やっぱりおいそれとは批判はできない気がする(笑)

言われた方も傷つく気がして(笑)

ただ、親しい間柄だったり、批評を求められたら言うかもしれないけど、それも言い方によりますよね。

頭ごなしに言われたら、誰だっていい気分しないだろうし。

僕だったら、こうするが、こうしている意図は何か?とか、そういう感じで相手の話を聞きながらって感じがいいのではないでしょうか?

ただ、個人の自転車ではなく、メーカー車とか、僕みたいに表現というか(僕の場合映画とか)、そういう立場の人が発表するものは別ですよ。
それは発表した最初から、批評の立場にさらされるわけだから、僕もクソミソ言われる覚悟の前提でやってるし、自転車のメーカー車とか、パーツだったりとかは容赦なく クソミソに言ってやる、と思ってます。
ひどかったら、の話ですけど

[853-4] 列を成すブランド品バッグ購入の何を裸にしたい 2012/12/16(日)08:29
    私は・・、安物主義!です、バッグに関しましては。自転車もかな?。低予算で収めようと、新ランドナー製作のときも少しは考えていましたから。で、あの

 カ○マー・リア・バッグですか、2694さん。C誌に80年代だったか、「ナイロン製バッグもいかが?」という記事がありまして、「カ○マーはシックな色あい・・」とのコメントにて、輸入元の何とかさんに聞いたら在庫にあったので、通信で買いました。

 私はバッグには、いえ、バッグだけには縛られたくないほうかも知れません。犬やア○プルを使い続けて来たけれど、最近はナイロン製ばかりです。

 //rsasunbags.com/index.html

 ご存知かもですが、国産のここのお店、どれも高額ですよね。バッグまで固定的なものとすると、自転車そのものも息が詰まると申しますか、適当な既製品を適宜、購入としたく、というより、これこそ洋服のような考え方なのかも。上のバッグ類ですが、

 既製品の量産はなされないみたいで、どうなんでしょうね。個人的には上手く安く売って欲しいけれど。一つ1万円以下でないと欲しいと思わない私は、やっぱり、変なサイクリストでしょうか。何と同じく、

 バッグなしの裸の自転車しか、目に見えていないです。^^

[853-5] 彼女とは、上手いですね。 KEROYON 2012/12/16(日)08:58
    台数に関連するのかもしれないけれど、最初に作ったのは、床の間になるか、今ならオークションに出して、ドンドン新しく、改良型を作っていき、所有台数は、この一台です・・・というのが、理想なのかもしれない。
 それと逆に、何とか部品を換えたり(寸法とか)して、だましだまし使って・・・というパターンも有るだろうし。
 そういう事じゃなく、身体で合わせてしまい、別にマスプロでも問題ないしー!!というやり方で、マスプロ乗り潰して3台目ですよ・・・という方とか。

 適当に想像で書きましたが、「あー俺様だ!!」という人、必ずいると思います。
 何度も言いますが、メリットが有ればデメリットが有る。
 それと、ここに登場する方の自転車が、とんでもなく頓珍漢な事になっているとは思えない。
 だから、他から見たら、ケチの付け様が無い位完成されている訳ですね。
 むしろ、そぐわない感じになっておれば「何か有るな?」と、その裏を読まないといけない気がしますって書くけれど、実際は、そんな事考えて生きていませんよ。お題に沿って考えると・・・と言うだけで。
 
 そうなると、標準レンズ一本とか、僕は35o一本派ですが、そういうタイプと、ズームレンズとか28/50/85、35/50/100とか、24/28/35派とか、使い分けタイプに分かれる気がします。
 でも、僕も単レンズ持っていない訳じゃないです。
 
 ひらのさんや鶴さん流だと、一夫一婦制が偉くて、愛人や若いネーチャンがいないと寂しいのは、不謹慎だ!!と、なるのかもしれませんが、自転車やカメラは、道具だし、パースペクティブは、腕じゃ限界があるので、そーじゃない事にしてあげて下さい。

 僕は、神田もASもイタ車も好きですが、食べ物も蕎麦や饂飩もスパゲッティも好きですから、そう考えれば、台数も増えちゃいますね。

[853-6] 食欲と物欲と性欲は、相互関係がある?。 2012/12/16(日)10:17
    愛人28号、若いネーチャンをお持ちだったんですか、KEROYONさん。これまでの記事から、奥さま一筋かと思ってました。私はここだけの話・・、言うの、止めときます。どこから漏れるか分かりませんからね。人を経ると、とんでもない話に変わるのが世の常ですし。ということは、

 自転車は胃で消化し、腸で吸収の、あとは野菜の肥やしにする糞になる訳で、スパゲッティや饂飩、蕎麦と同じであり、鉄フレームはその点、土に帰り、鉄分の吸収という面でも生物には欠かせないもの。と、なるのでしょうね。

 この考え方、大賛成!!。因みに一夫一婦制は、何とはなしに賛成です。

 理由は、言うの止めときますが。^^

[853-7] 彼女と愛車 brm-codama 2012/12/16(日)11:16
   確かに似ているかも でも異性の好みが皆同じだったら一人以外あぶれるので困りますし どちらも見た目のみにこだわっていても仕方ない訳で目には見えない魅力もありますが、好みの違いもあるので人が何と言おうと自分が一番いいと思えばそれでいいんですよ。それに世界や地域、時代、食料事情…などで美人や美男の概念は違いますしね。
それに惚れるという事は短所も含めて愛する事だし 物事は表と裏、陰と陽は必ずセットになっているので やっぱり見た目だけでは本当の魅力はわからず自分の好みを一方的に押し付けられないです。これも自転車と一緒かも。
鶴さん 鉄分は体の中で血液中で酸素を運ぶ大事な元素なんです。少ないと登り坂ですぐへばったり極端な場合体全体の酸欠で気絶してしまいます。
ドーピングでよく登場するEPOは本来:貧血治療薬でこの効果を向上させるんです。でもスポーツの平等性とともに酸素が体内にやたらと多すぎるとDNAを傷付けて免疫機能を低下させ発ガン性が増すので禁止薬物に指定されています。

[853-8] バッグなど ひらの 2012/12/16(日)12:12
   自転車用のバッグ類など、安い高いという問題よりも(値段は確かに重要ですけど)耐久力と値段を割ってみたりとか、まあ、許せる許せないの問題もあるかと。(自転車そのものも同じでしょうけど)

○ルプスのバッグなど、元の値段を考えると、僕などとっくの昔にその対応年数や耐久力の範囲を越えた使いかたをしていて、それでも今なお、役にたっているわけだから、基本的に文句は何もないわけです。デザインもいいですし。

それに、○ルプスのバッグ類は不具合はありますが、元の値段を考えると「まあ、このぐらいだよね」って納得はできます。
何事もバランスで、やはりそれなりの自転車であれば、バッグや服なんかも、安い高い関係なく、ある程度それに合わせないと、何もかもぶち壊しになると思うんだけどなー。

ただ、その合わせる方向というか、そういうものが、自転車そのものも含めて、モロに〜風とかで、莫大なお金をかけてる人とか見ると、それは2694さんが語る「トラウマ」になるわけです。

安物でいい場合ももちろんありますけど、理由のない高額は嫌ですし、〜風にお金は払いたくはないですよね。

[853-9] 自転車批評 ひらの 2012/12/16(日)12:31
   自転車を、わかりやすく個人の彼女と例えましたが、個人の自転車は、やはり気持ちのどこかで「カタギの人たち」という言い方もできるかもしれません(笑)

この場合の素人、玄人、という概念は、自転車に詳しい、詳しくない、ではなく、あくまで販売するメーカーやショップなどは玄人、それを購入したり批評する側は素人、という意味です。

玄人が「極道」だとすると素人は「カタギ」になるわけで、個人の自転車を批評するのは、言ってみれば、カタギに向かって拳銃ぶっぱなすみたいな(笑)感覚に近いのかもしれない。

カタギの人たちに罪は何もなく「あんさん、カタギに銃向けちゃいかんわな」って感じなのかも。

そのかわり極道の方には 「わりゃあ、吐いた唾飲まんとけよぉ!!」ズドーン!!です。

[853-10] 一夫一婦制 ひらの 2012/12/16(日)13:24
   人間関係だと、経済力などもさることながら、やはり男性側に、よほどの度量がないと複数の女性との関係は維持できないし許される問題ではないと思いますが、keroyonさんが仰る通り自転車は道具ですので、女性と違って複数との関係は、自転車とその人との関係が濃密で必要ならば、許される特権があると思います。
鶴さん風に言うならば「おまえにしかできない事があるのさ」とかなんとか(笑)

だから、問題になるのは台数の根拠で、その台数と理由を知る事により、その人の人柄が浮かんできて、いろいろと参考になったり、人生観が見え隠れして、楽しいなあ、と思うわけですよね

[853-11] 宝石などは売れない、軽薄なものを好む時代?。 2012/12/16(日)15:03
    そういえば、あるベテランサイクリストさんから、「このポンプペグ、T社なら綺麗に溶接してくるのに」と、私の新ランドナーを見られてのご批評だったんですが、「直つけは、このポンプを紛失したとき、違うものを使うとなれば、ペグが用なしとなるので、こうしました」と、一応は説明しましたが、その方、ポンプはフレームと同体と考えていられるのか、納得していなかったお顔つきでした。で、
 「お前など、要らん」
 は、何回も言ってきてますが、「お前にしか出来ないことがあるのさ」とは、一度も言った事がないような・・、ひらのさん。
 「人に出来るなら、あんたも出来る」「自分に出来るなら、人も出来る」、「同時にこう考えられる人間になれば、いきり立つのも、ちょっとは解消するよ」と、同級生の彼を諌めたことはございますが。子供時分から、

 とかく良い格好をしたがる彼だったのが理由なのか、「俺は俺、凄いんや、今の俺」と、こう言いたかったのでしょうね。30を過ぎた頃だったかと思います。要は、

 自転車は兎も角、バッグもそういうものだと、私は思っているのかも知れませんね。数十万円の背広を腕に持ち、500円のヤッケを羽織って例のバーへと足を運ぶ私は、エ○スにナップサックの御仁と一緒なのでしょうか。

 仰せの通り、ア○プスバッグは、実用主義の顔があるバッグでしたね、ひらのさん。その自転車作りとバランスのとれているもの。私は、仕事に使う鞄もナイロン製の数百円のもので済ませています。先のカーボン上高地さんでもないけれど、使い出したら軽いので、離れられないです。どうせ、ものを入れて運ぶだけですし。まぁ、

 昭和30年代生まれ以前の男性は、良いものを見よう、持ちたい、使いたい人が多かったような気もするけれど、これ以降のお生まれの人は、どうなんでしょう。バランス主義なのかな、大体は。ご自分を冷静に見つめられた、

 詰まらない者ばかり?。^^

[853-12] 物の基準 ひらの 2012/12/16(日)15:16
   鶴さん、大変失礼しました(笑)

あくまで鶴さん風のつもりでした。

やはり、〜風は、何事に関してもダメですねぇ(笑)
すぐアシがつく。本物にはかなわないものデス。
僕なんかは、自分のメインになるようなものは、ちょっとぐらい高くても、それなりにきちんと作られててあきないものがいいなあ、と思いますけどねー。
その方が大切にするし。
それに、耐用年数で割れば、しっかりしたものの方が金額的にもお得なんじゃないですかね?

何もかも、ってのは無理ですけど。

だから、なるべく自分に必要ないものは、安物でも凄くケチる傾向があるかな?

だから、携帯とか、電子機器とか、いやんなっちゃうんですよね。
デジカメも。
冗談じゃねーよ、って。

[853-13] バッグ、大は小を兼ねません 2694 2012/12/16(日)15:20
   フロントバッグは、自転車にぴったり合ったサイズのものがいいですね。
大は小を兼ねる、という考えはないです。
その意味でオーダーは、必要です。

フロントキャリアも、とりあえず頑丈に造っておくというのは、無しです。

僕は、昔のBSのナイロンとか良いと思います。
あれを少し洗練させて、ぴったりサイズをオーダーしたいです。

後ろ向いたり、前向いたりして生きたいですね。

[853-14] キチリとした日本製。 2012/12/16(日)17:24
    「キチリとしたもの」は、やっぱり、欲しくなりますよね。何もそういう系統かな。いい加減な何は、怒り甲斐もないし。こればっかりは、自身の性格が大きく影響しているような。日本人の7割がこの系統でしょうか。サイクルマニアともなれば、99%くらい?。ということは、

 2694さん、フロントバッグ仕様の、そのキャリアつきをお考えなんですね。

 BSのそれは、当時の人気はどうだったのか知りませんが、中身を詰めた広告に見覚えありです。ナイロン製バッグそのものは、先のナップサックでもございませんが、ナ○ョナル・ユニパックというモデルに標準装備だったフロントバッグです。子供ながらにも、正しくナップサックみたいな、軽い脳ミソ?を感じました。Bは、それなりに考えていたのが後年の人気なのでしょうね。

 帆布とは違い、見た目も軽いですから、マニアの意識にマッチしたナイロン製サイクリングバッグの発展は、私的には望んでいます。

 「キスリングはもうやめよう」とは、サイクリングバッグの場合は少し違うけれど、汚れを洗濯するとき、乾くのも早いので、清潔好きな私?は、重宝しています。^^

[853-15] 自転車批評 2694 2012/12/16(日)17:49
   相手の批評を受け入れる
ということは、相手を認めているのだと思います。

受け入れないということは、認めてない。

ネット上でなら、あまり議論は、したくないです。
自分の言葉がきっかけになって会話が拡がればいいですね。
投げかけた言葉がスルーされたら、違う言葉を投げるだけです。
他人の話しを聞きたいです。
自分が言い尽くそうとは、思いません。

[853-16] 軽やかさ 重厚さ 2694 2012/12/16(日)17:54
   自分は、自転車の見た目は、軽やかであって欲しいです。
ランドナーであっても軽やかでありたい。
これは、少数派なのかな?

ランドナーは、重厚なほうが、格好いいのかな?

[853-17] 自分の自転車だから brm-codama 2012/12/16(日)19:29
   用途や経済状況などとも相談して決めればいいのかなと思います。
バッグやシューズは出来るならば革派なんですが、どうしてもという場合じゃなければナイロン製も使っています。
バッグには脇役的だったり長くは使えないような意識があるのか高額を出すのは、よほど長く使う事を前提としない限り自分もためらう方ですね。
初めて使う道具は取りあえず少額または少量のお試しで確認しないと怖くて買い物出来ない性格です。
2694さんの言われるように キャリアの太さや補強、形状なども使うバッグのサイズや内容重量、デザインを確定か想定しておく方がバランスよく仕上がると思います。
ランドナーは、これまたオーナーの体力や想定コースの難易度や路面状況で変わると思いますが、自分なんかだとすっかり体力が落ちているのでガンガンは行けないので多少扱い辛いとしても軽量なのを選択します。デザインは若干重厚さを加えたいですがあまり 現在はあまり選択肢がありませんね。

[853-18] 足し算、引き算 ひらの 2012/12/16(日)20:44
   自転車は、足し算より引き算の方が、その能力を発揮できるのではないか?って思ってます。

だから、ピストやロードに比べると部品点数も多く、タイアも太いから、重圧感があるようにも思いますけど、必ずしもそうではないような気がしますよね。

ランドナーでも、その必要に応じて引き算していった方が軽やかで、気持ちよい自転車が可能だし、専門車としての美しさも出ると思いますけど。
キャンピングにしても、その必要に応じて引き算してるから、荷物を積んで長距離を走るための自転車としては、かなり軽いんだと思います。

強度だけで考えたら、実用車みたいになっちゃいますもんね。

しかし、重圧感ってなんだろ?
ゴテゴテ感とは、あきらかに違う何かですよね。
言われてみると、カトピンさんの○ルスなどは、シンプルなはずなのに、重圧感ありますよね?

[853-19] バッグ KEROYON 2012/12/16(日)21:28
    バッグも、固定じゃないですよね。
 荷物が少なければ小さく、多ければ、大きくか何個も。
 出来れば、余り遊びが無い方が良いですが、さりとて、ぎしぎしだと、奥に入れたのは取れませんね。
 買い物も出来ませんね。

 ナップサックからディパック゜が珍重されたのも、上から紐で開けるだけだったのが、横にジッパーとか、ガバッと開くとか、2段でコンパートメントの仕切りが有るとかですね。

 サイクリングだと、マップケースとか防水性とか、特別な機能も要求されますね。ベルトとゴム紐、フランス式と前開き式・・・これも好みですね。

 ドロップハンドルとの横の幅、フロントキャリアの乗っかる感じ、フランスは、ハンドルに吊り下げる考え方ですから、持ち焼きキャリアに特大バッグなだけで、T社のマネルスのフォルムは、台無しですね。
 自転車の操作性、バッグ重量と奥行きによって悪くもなるよ・・・と言う事で、2694さんが、大は小を兼ねません!!と、していると思うのです。
 
 僕は、フレームサイズが小さいから、ヘッドチューブも短いし、ステムも高くしないので、ハンドルの高さが15センチ位しかないです。
 それに合わせると小・中型になりますから。
 普通は、18〜21センチでしょう。
 この差が大きいです。
 そうならない工夫をしなければいけません。

 フランスのデッドコピーで、布が薄くてビニールの補強のマチで、値段が1/4のが出ましたね。
 これなんか、悪いけれど、アメ横か韓国のなんとか街で売っているのか?と、思いました。
 昔なら夜店ですね。
 これが、意外とペナペナで良いのかもしれませんが、そういう実質的な事は別にして、真似たらプアマンズになる。
 真似なければ、チョイスした感じになる。
 真似すれば売れるだろう!!は、思い違いだと思ったんですが・・・

 子供の頃、ミニバッグが余りに高価でビニールのペナペナなので、これならLVじゃなくミッキーマウス柄のを、バッタ屋で買ってベルト通しの金具を付けて吊り下げたら、はした金で出来ると思っていました。
 あと、ハンティングバッグみたいのを改造して付かないものか?とか。
 批判すると、自転車鞄屋に悪いけれど、ちょっと魅力に欠けますね。
 そういう意味で、85年?頃にフランス製品の帆布が入って来た時は、「これだ!!」と、思ったものです。
 糸とかババッと切れたり革もポロポロするのは、最近のオーダー製品に負けてしまいますが、良い製品だと思います。

 僕がASに使っている物は、市販されている物と違っていて、型崩れの補強が最小限だったり、部位で帆布の厚みを変えていたりと、ビニール的な軽量感と重さの軽量、その上で帆布のしっかりした感じがあって、この感じが市販している物で、出て来ないかな?と、思っていますが、国産のガッチリを見慣れている人に「何だ、こんなペナペナの!!」って、言われました。
 判っちゃないね!!って、思ったけれどね。
 僕、ランドセルみたいの、子供の時から嫌いだったから、きっと、彼と感性が違うんでしょうね。
 
 確か、ASの店で買うと、日本に流通していない、微妙に形が違うのが、当時、手に入ったと思います。
 
 実質的な所を狙った自転車用品となると、サドルバッグならフロントバッグなら・・・となり、数十年で、何個も無いですね。
 色々と探せる様になると面白いですね。
 それまでは、オーダー品に頼るしか無いのかもしれませんが、未だシステムオーダーの域を超えていないですね。
 色が限定されるとか、高さのみ自由とか。
 京都の帆布鞄屋とかで、安く作ってくれないかナァ!!って、確か、ひらのさんと、話したんですよね。

[853-20] 足し引き KEROYON 2012/12/16(日)21:45
    ひらのさん 重圧感が、僕の言う所の凄み!!ですよ。
 自転車も、マリリン・モンローとオードリー・ヘップバーンで違ってきますね。
 アグネス・ラムでも良いですが。

 これって、草食か肉食か、農耕か狩猟かじゃないけれど、民族性とか本人によって違うでしょうから、どちらが好みとか、此方が良いとは言えないでしょうが、そぎ落としていく努力をしないと、ドンドン追加される事は間違いないですね。

 自転車の用品・装備も、鳴れて来ると使わない物は、捨てて減って来ますよね。
 自転車も、一緒だと思います。

 鶴さん

 僕は、浮気していませんよ。
 って、しています!!って言う訳無いですが・・・
 妻一筋です。
 そんな金が有るなら、まだエルスが欲しいですね。
 取り合えず、持っていませんから、トコトン乗って、理解する所迄、使ってみたいです。

[853-21] 一緒かな? 2694 2012/12/16(日)22:10
   Sローニュというか、Gルベルソーは、民芸品みたいですけど、自分が見たフランスのは、ペラッとしていて、ラフにタフに使って、どうにも汚れたら取り換える感じに見えます。

ワークウェアやアウトドアものは、50年代くらいの古いのは直して使っていくような、造りの良さがあるけれど、今に近づくにつれ、使い捨てになっていきます。

自転車のバッグも一緒かな?

[853-22] 大きな間違い 2694 2012/12/16(日)22:26
   でもTAのポーチみたいなのは、裏を見ると丈夫そうな凝った素材に見えるし、Lフマの昔のは、パイピングがビニールレザーなんだけど劣化していないのを見ると、単なるレザーからのコストダウンじゃないかもしれません。

むしろLフマあたりをコピーして、本革でパイピングするのは、大きな間違いなのかもしれません。

[853-23] ビニール素材 KEROYON 2012/12/16(日)22:46
    僕の家に有るフランスのビニールのフロントバッグも、中学の時に買ったんですよ。
 今でも使ってますからね。
 なんでこんなのが二千円もするの?って、当時、思ったけれど、安い買い物だったですね。
 不思議ですね。

 あと、彼らは、合皮なのに、チープじゃない色使いとか、片押しみたいの上手いですね。
 安っぽくなくって、高級でもない。
 軽いし・・・
 デュポンのコーデュラ・ナイロンが出た時は、これが広がるかな?と、思ったのですが、一過性でしたね。同じ素材じゃなくても良いので、今の最新テクノロジーで、登山のザックより厚めでバッグ風の生地って無いですかね。
 それと、ゴアテックスに似たフロントバッグって、何で無いのだろう。不思議です。
 ご飯が腐らないと思うんだけれど。

[853-24] Gベルソー、Cャラダイス ひらの 2012/12/16(日)23:04
   GベルソーのSローニュは、個人的には凄く好きです。強度はともかく(直してくれるみたいだけど、日数かかるんじゃないかな?)あの頒布の素材と革がすごくいいですよね。僕ね、あの匂いが好きなの(笑)革なのか、頒布なのか、匂いがたまらない。ああいう感じは日本には絶対に無い。金具なんかも独特だし。
僕は一番小さい小型のものをいくつか持ってて、黒は時々クライマーに、グレイの方はたまにスポルティーフに使ってます。大きいのは、前面の角ばった感じがあまり好きじゃないし、○ルプスバッグの方が好みなので、使ってません。このベルソーを真似したのが、多いこと、多いこと。形だけ真似しても、あの素材と革、金具は絶対真似できないから、真似すればするほどカッコ悪くなる。
ほんとにベルソーの真似している某カバン屋のいくつかは嫌いですね。
恥をしれ!!

因みに丈夫さでいったら、英国Cャラダイスでしょうね。ここのサドルバッグは本当に優れてると思う。
中型をひとつ持ってます。革も、あれだったらそう簡単には切れないですね。蓋部分の裏にも、わざわざご丁寧にバブアーみたいなワックスコットンを使ってて、何気に防水なのが素晴らしいです。
頒布もフランスものと違ってゴワゴワしてるけど日本のそれとはまた違って、丈夫にできてます。いいですよ、すごく。

ビニール系に関してはよくわからないなあ

[853-25] ビューフォート 2694 2012/12/17(月)00:08
   Cャラダイスは、使ったことないですが、普通に働いてくれそうで好感が持てます。

パニアとかどうなんだろう?
荷物よりバッグが重そうだ。欲しい人は、気にしないのだろうか?

こないだBブアーのビューフォートというモデルが古着屋で下がっていたので着てみました。
流石、肩が前にいきますね。
下ハンは、厳しいかもしれませんが。肩にプリーツが入っていても必ずしも肩が前にいくものばかりではありません。
前がダブルジップなのが好きです、綺麗なシルエットがでるから。
雨でなくとも、普段の外出に使っていいと思います。インナーに薄手のダウンベストとか使えば寒くないと思います。

[853-26] ツーリング車の場合、それぞれの理論が面白い。 2012/12/17(月)06:17
    タイトルが激論なので、2694さん、是非とも激を飛ばして下さいませ!。決議のない議論ほど愉しいものはありません。そういえば、と、こればっかりですか、

 むかしN誌で、ア○プスさんと渡○さんが対立した記事がありました。シート・アングルについてでした。「ツーリングでもシートを立てて漕げば、返って楽かと思う」と仰せになったWさんに対し、Aさんは「絶対そんなことはない」と、譲りませんでした。そのあとは「お前の母ちゃん、デベソ!」となったか、「お前の女房はアバズレや」となったかどうか知りませんが、おそらく、Wさんが引いた筈です。それまでの関係もありますからね。サイクリングの場合、

 お店の中では「話したがらない人」が多かったです。入門当初は、根暗な人ばかりと思ったくらい。お店のご主人となら話すのに。サイクリング・クラブやYHなどで一緒になったときは話したがるのに、どうしてでしょうね。当時はそんなところでしか、他の人と会わなかったので、色々と聞けて愉しかったです。フィアンセとアパートで朝から晩まで何していたとかも言い出し、やっぱり、根暗と判断したのは遠い昔のこと。私は

 ゴルフ研修会に在籍していたことがあるんですが、ある先輩は「エゴのぶつかり合いやな」と申しておりました。競技が目的でしたから、スイング理論などをぶつけ合うんです。そこから切磋琢磨したいご様子でしたね。「ゴルフなど幾ら上手になっても何も残らない」と、言ってあげようかと思いましたが、そんなことは分かって遊んでいる先輩たち、何となく安心でした。ゴロツキ・ゴルフ・クラブでは、賭けゴルフへと進むか、喧嘩になるかが妥当なところだったようです。ということで、

 自転車、サイクリング関係は、レーシングならイザ知らす、可愛いものです、エゴがぶつかっても。そう、私は悪趣味な自転車を未だ嘗て見たことがありません。趣味の悪い自転車を見て「何、これ?」、「自転車、止めたほうがええよ」とは、決してならないですよね。その自転車で競技でもするなら別ですが。結論は

 2694さん、とことん食らいつき、言い尽くして下さいませ。言い尽くした後は、どなたか面白いことを言ってくれるかも知れませんよ。忘れていることも多いです、言われないと。私は知らないことのほうが多いです。

 自転車以外は無趣味ですから。^^

[853-27] 勃つか?萎えるか? 2694 2012/12/17(月)08:33
   鶴さん、檄を飛ばして頂きありがとうございます。
皆様の記憶の隅っこを呼び覚ますようにいたします。

ところでシートアングル立ててやるのがいいのか?寝かしてやったほうがいいのか?

皆さんどうですか?

イギリスは、寝ているように見えて、サドルは前に出しているからむしろ立っているかもしれない。

ルブールさんの本見ると角度じゃなくBBの中心からの後退幅を書いてましたね。

ピラーの後退幅も本当は、ありますね。

立てて、ピラーの後退幅の大きいものにする時は、車輪を近づけたいということですかね?

SWさんとAルプスさんご本人たちが走っている姿を見た方いらっしゃいますか?

[853-28] アングルとか ひらの 2012/12/17(月)10:26
   鶴さん、その記事読んだ事あります。確かに意見が正反対で面白かったですよね。

シートアングルとか全然わかんないなあ。

僕はスケルトンに関しては、まだ不勉強で、よくわからないなあ

[853-29] 英国系の服など ひらの 2012/12/17(月)11:39
   サドルバッグのCャラダイスの例からもわかる通り、英国系の昔ながらのものは本当に丈夫でいいものが多い気がします。まあ、今の時代、他に資本とかが移って、Rレーみたいに最悪になってるものも多いですけど。そういえば今のRレーもムカつきますよね(笑)。何が伝統だ、ふざけんな寝言こくな、って思っちゃいます。

Bブアーはいいですよね。確かにインナーをなんとかすれば着れるんですけどね。

でも、昔からアウトドア系の服に馴染んじゃってて(涙)そちらのあまりに快適な着心地と軽さと気軽さに(見た目だって選べばいいしね)慣れ親しんだ身としては、Bブアーとか「うおお、めんどくせー」(それを言っちゃあ、おしまいよ、笑、なんですけど)と、つい億劫になっちゃいます。

でもでもでも、僕の場合もう15年以上、ほとんどアウトドア系の服しか着てなくて、いいかげん飽きました(笑)
なので、そちら系の服は服で維持して着ていくと思うけど、昨年、ツィードを作ったのを引き金に、少しずつ、主に英国系を主体にワードローブ変身計画を実行中です。今は自転車そのものより、むしろいかに自転車に合わせた使えるトラディショナルを、お洒落な形で成立させるか?ってのが、僕の今のテーマかしら?
うん、めんどくさくても、Bブアーいっぱい着よっと。

だから、2694さんには、ぜひいろいろ教えてほしいですねー
TOM上田さんも詳しいから教えてもらえるのは楽しいです。
僕、服装方面、そんなに詳しくないですし。

あ、でも今年はツィードとかの上に羽織れるラベンハムのキルティングジャケット?(コート?)買いました!

通常のアウトドア用ダウンだと丈の短いの多いし、見た目もなんだかなあ、って感じで買う気がしなかったんだけど、これなら丈が少し長くてジャケットの上から着る用だから、見栄えもバッチリでした。値段も高くなかったし。保温能力は本格的なアウトドア系には負けるけど、普段用には重宝しそうです。

英国系の乗馬用は自転車に何かと使えそうなのが多そうですよね。
あと、スコットランド製のセーターやベストや小物なんかも良さそうですね

[853-30] パニアバッグ ひらの 2012/12/17(月)13:19
   パニアバッグ、好きですね。
一発あるとフロントバッグなんかと共に使いやすいんでは?と思います。
僕自身はパニアを日常的に使った事ないのですが、あればいいのに…と思った事は何度もあります。
主にフロントバッグに収納できない書類やら大きめの雑誌やらノートやらの収納に威力を発揮しそうです。
サドルバッグだと、大きめのサドルバッグなら収納は可能だけど、収納が少し面倒だったり、収めるのにちょっと考えなくちゃならなかったり。
だから少し大きめのパニアがあると、使い勝手を考えると、とても楽になると思います。

僕の次の日常用○ルプスフレームは、リアにパニアキャリアを作ってパニアバッグも作って、パニア仕様にしようか?それともサドルバッグ仕様にしようか?まだ結論出てないけど、悩んでいる最中ですね。

自分の日常用は、基本がフロントキャリアに小型で、フロントキャリアに差し込むだけで、一発着脱の○ルソーフロントバッグ(この中に頻繁に取り出す財布とかタバコとか携帯とか入れる)にサドル下には同○ルソーのポーチみたいな小型サドルバッグにパンク修理セット、替えチューブ、サドル用雨カバーなどを常時収納してます。
これに服や荷物の量に合わせたリュックを複数持ってるので、その時々で変えたりしてます。

あと、パニアバッグはランドナーらしくなりますよね。

僕の周りには、元々パニアバッグに憧れて、そのパニア付き自転車の姿に憧れて旅行車が好きになっていった人が少なくとも2名はいます。

[853-31] パニア台の件 逆ですね。 KEROYON 2012/12/17(月)14:29
    僕は、ひらのさんの二十曲峠のスタイルが良いと思っていましたよ!!
 子供の時にパニアから入ったので、早くサイドバッグみたいに本格的にならないかナァ!!って、思っていました。
 キャリアの無いのが格好良い感じがします。
 まあ、本格キャンピング・サイクルになると、別でしょうね。積めないので・・・

 脚の踵にも当るし、当らなく作るとチェンステーを長くしたり、縦長のパニアにするので、本も思ったより入らない。
 蓋しなければ別ですが・・・
 だから、本は、背中にサコッシュ型のリュックでやりますね。
 雨が降ったら、 服の下に背負っています。

 色んな生い立ちがあって、面白いですね。
 ミニサイクルには、自分でキャリアを何とかして、帆布地のパニアを使っています。

[853-32] 理屈抜き 2694 2012/12/17(月)15:25
   パニアが好きな人は、理屈抜きにあのスタイルが好きなんですね。

実際に使用している人は、ひとりしか知りませんが。
フロントバッグに水、食べ物、タバコ、出し入れの頻繁なもの
パニアには、工具、衣服などの軽いが嵩張るものを入れていました。
重量物は、
登りでは、パニアに
下りでは、フロントに
移動していました

ということは、荷物満載ではなかったということですね。

SWさんとAルプスさんは、座談会なんかしないで一緒に走れば良かった。
どちらが正しいかじゃなく、サイクリングスタイルで選べば良いのだから。
Aルプスは、クライマーのブレーキレバーの位置が乗車姿勢を語っていると思います、違うなら誰か教えてくださいね。
自分自身は、シート角73.5サドルは、ほぼ中心です。
72度だと1.5センチくらい後退するはず。
自分は、今のままで良さそうです。

[853-33] なるほど。 ひらの 2012/12/17(月)15:28
   keroyonさんが仰るように、確かに軽快さで考えたら、サドルバッグかフロントバッグ、リュックでしょうね。

キャリアも重いですからね。

でも、好みなのかな?

パニアにすると、ランドナーというよりシクロツーリズムの雰囲気が濃厚になって、それはそれで大好きです。

2694さんの場合は、シクロツーリズム方向より、ランドナー、もしくはスポルティーフ、またはパスハンランドナーのような方向でしょうから、パニアだとちょっと違うかもしれませんね

[853-34] せかせかさんとのんびりさん ひらの 2012/12/17(月)15:50
   競技者やロード、ピストなどから、ランドナー系に入ってくる人と、最初から競技とか知らず、ロードとか関係なくランドナー系に入ってくる人とは、考え方から、思想から、まったく違うような気がします。

せかせかさんとのんびりさんの埋まらない溝といいますか。

カトピンさんが○ルスで作る時、バッグをとんでもなく詰めようとして、○ルスのオヤジから「ミスターKさんよ、これ以上バッグを詰めたら、ブルメルのガードに穴開けなくちゃならないぜ、競技車は日本で散々乗ってるだろ?そのせかせかした考えは捨てなさい」という、爆笑もののエピソードが、いろいろな事を物語ってる気がします。

[853-35] 今現在のマニアが考える旅行用車の証明は?。 2012/12/17(月)17:53
    私の入門当時には、低位置パニアのキャンピング車が既に売られていましたが、先のワンゲルよりも、そのパニアに憧れてサイクリング車を見ていました。よって、ひらのさんの「少なくとも3人はいます」の3番目にあげて下さいませ。

 前にも書かせて貰ったけれど、市内のTサイクルに全く同じものがあり、懐かしさの余りに買ってしまいました。3千円の、黄土色の、両方で12Lくらい。フランスタイプのフロントバッグを先に買っていたんですが、

 「パニアを使うためにサイクリングを始めた」

 ようなものです。当時、子供だったからか、抱えきれないほどの大きなサイズの記憶でも、今みれば、カ○マー25Lの半分くらいでした。そののち、格好良いと感じ始めた低位置パニアを購入したので、「こんなもの、要らん」と、捨てたかと思います。結論は、

 『振り分け、引っつきパニアが旅行用車の証しでした』。

 現在の「旅行車の証し」を作らないといけませんね。それに憧れる何かを。フロントバッグ主義でしたか、何とかツーリスト誌の表紙をネットで見ましたが、どうなんでしょうね。手元シフトが主流だったり、フロントアライメントの問題からも、先のエルケープ丸のような一般的自転車には、フロントバッグは使い難い筈です。

 「パニアで行こう!、旅行をするならば」。

 と、エンドから伸びるワンタッチ安物リアキャリアと、安物帆布バッグをセットで勧めたいですね。あの21歳の君に自転車を買わせ、一緒にサイクリングへ行くならば。パンティーはここに入れて、口紅は、ここのポケットにとご指導です。間違っても、

 金玉バッグなどとは言ってはなりません。^^

[853-36] サドル KEROYON 2012/12/17(月)18:16
    前で挟む、後で引っ掛けるのは、一般的なテクニックですね。
 でも、それが良いか?どの程度使うか?何時使うか?これは、選手でも意見が分かれます。
 イノーも、他の選手は、間違った使い方をしているとも書いています。
 でも、別のコーチの文献を読むと、そうでもないですね。だから、テクニック次第です。

 シート角度は、本人の基準値(後退幅)から、立て様が寝かそうが、0.5度位じゃないでしょうか。
 僕は、一定ですね。あとは、サドル位置で調整します。
 別の要因で、立てたり寝かしたりもあるでしょうから、脚関節だけじゃないですね。
 そういう意味では、革サドルの方が滑るのでスライドし易いと、皆言いますね。
 でも、シームレスでグリップして引っ掛ける方が良い場合も有るでしょうね。
 その時は、いちいち尻を浮かしてスライドさせますし、本人の尻の大きさにより、後ろが広がっているのが良い人と、内股が擦れて使い切れない場合も有りますね。僕は、擦れて駄目ですね。
 ですから、例の対談を読んでも、僕は、両方共、マッチしないです。
 つまり、基準値よりも立てたり寝かしたりすると、どちらかに片寄りますね。
 どちらかとは、漕ぎ方です。登りと平地と下りという事じゃないです。
 登りの漕ぎ方を平地でする時も有ります。その逆も有ります。
 それは、テクニックですね。回転数によっても変えますね。
 踏み込んでいく時、回す時、ダッシュする時・・・色んな漕ぎ方をしています。全部違います。
 ダンシングだって、何種類も有りますね。
 素人の僕でも、この位するので、本格的な競技選手は、皆、教えないテクニックが有るのでしょうね。

 どれかが良いサドル位置だと、僕は、使い難い。
 昔、選手をしていた人が、サドルを上げ下げするのは、概して現代よりサドル位置が低かったからですね。
 今は、適正位置だから、サドルは上げません。
 上げられません。下げる事は有るでしょうね。
 でも、そういう事も含めて、走る峠とかルートを想定して、家でポジションをハンドルも含めて変えてしまう事が有りますが、これは、レース経験から来るやり方かもしれません。歯数を換えるとか・・・
 それが面倒になって来るから、潤沢に考えるなら、ランドナーも、複数台になる訳ですね。
 荷物の移動とか、空気圧の変更と一緒で、たまにポジションもアーレンキーで変える事が有りますが、歳と共に、面倒になって来て、どっちでも良い辺りに照準を、合わせちゃう様になりました。
 乗り難かったら、スピードを押さえれば良いです。
 安全面が有りますから。
 レースじゃないから、命がけで走る事も無いし、思いギヤでフゥフゥやっても楽しくないじゃないですか。

 一台で済ませる事が出来れば理想なのかは、知りませんが、どんな角度の自転車でも、僕は、シート〜サドルの長さ、サドル〜ブレーキ・フーデットの位置は、僕は、一定です。
 これは、メジャーで測るんじゃなく、上げ下げしていくと、勝手にその長さに落ち着きます。
 だから、ある意味、フレームは関係ないです。
 ハンドルとサドルとペダルが同じ位置に有れば。
 ポジションと乗り味をごちゃまぜにしては便宜上、整理出来ないと思います。

[853-37] おお!!鶴さん!! ひらの 2012/12/17(月)18:53
   鶴さんもそうでしたか!?
僕の周り、1人は僕と同い年の男性で、もう1人は、おそのさんです。

だから、パニアバッグへの憧れはもしかしたら、世代を超越しているのかもしれません。

以前にも書き込みましたが、何も知らない人がランドナー菌に感染する初期症状は、部品でもシルエットでもなく、革サドルとバッグの存在なんですよ。

みんなほぼ同じような傾向にあります。

続いて多いのが、アルミなどのボトルとポンプ、あとはライト類です。
これらが綺麗に自転車に装着できて、遊びの可能性が広がりそうなところに、いろいろな人が反応を示します。


ランドナー系の魅力の根幹は、実はこのあたりにあるのでは?、と僕は睨んでいます。

パニアバッグは、その代表格のひとつかもしれません。

[853-38] Re、シートアングル brm-codama 2012/12/17(月)22:27
   バッグ談義はあまり経験の無い方として楽しく読ませてもらってます。昔はパニアバッグはサイドバッグへ辿変化する途中経過のようなイメージを持っていましたが、よく考えると考え方が全く違うしスタイリッシュですよね。元はおそらく映画の西部劇で見るポーンと馬の背中へ掛けるアレですよね。自分の時代はゲーリー・クーパー、バート・ランカスター、ジョン・ウェインから始まりマカロニウェスタンのジュリアーノ・ジェンマやエンリオ・モリコーネの音楽をつい連想します。
それとシートアングルとは少しズレますが自転車と体の重心を近くする(ダンシングに近いフォーム)とトルクが上がり、体の重心を後方へ移動させるとトルクは落ちますがリラックスし楽なペダリングが出来る感じです。サドルのハンガー垂線からのセットバックやアングルは脛側と大腿骨側の比率、ハンドル側の高さも大きく関連して来ます。サドルの形状でも座る位置が結構違いますね。

[853-39] 女性とパニア サイクリング向きの人 2694 2012/12/18(火)00:00
   フレームサイズが小さいとヘッド長も短いので、あまり大きいフロントバッグは、変ですね。

そんな時、小ぶりなフロントバッグにパニアは、良いと思います。

日本は、くねくねした道が多いから後ろパニアなのかな?
前パニアなら、ゆったりした道にはいいか?

あとロードバイクに乗りなれたひとは、あまりサイクリング車の世界に来ないとでしょう。
多分、まっさらな人のほうが楽しみ方を含めサイクリング車に向いていると思います。

[853-40] 細かい事なのか?常識なのか、判りませんが・・・ KEROYON 2012/12/18(火)00:08
    ロードの場合だと、脚の長さ等の違いも有るので、シューズプレートとペダルの歯の高さも、微妙にいじりますね。
 プレートに薄く板を入れたり、ペダル側を削ったりしました。
 これは、癖も有るでしょうし、色々です。
 
 革サドルだと、片側が凹んでしまうので、それで帳消しなのかもしれませんね。
 プレートとかビンディングなら、単なるトークリップの位置決めじゃなく、どの程度ペダルに足を差し込むかの調整も出来ますね。
 
 そういう点に関連した事だと、右利きなら、左ばかりに降りず、均等に右に降りる事もして、偏りの無い感覚を養う事も言われましたので、ちょっとだけ練習しましたが、億劫になって来て、今は、駄目です。

 フレームのアングル等を細かく気にしていくと、こういう点も気になって来ますし、実際に高さ調整をすると、スムースに回る事も事実です。

 2694さんは、ストラップの材質とか、かなり追い込む雰囲気が見えるので、ビンディングで出来るのか判りませんが、インソールで調整する等して、高さ調整をやってみると、ちょっと良い感じになるかもしれませんよ。
 昔のレーサー・シューズだと、インソール対策は、滑りとかも有り、ちょっと上手く出来ませんでした。
 今のベルクロなら、出来るんじゃないかな?
 片一方の膝が痛くなるとか、一方だけに身体の捻れとかで疲れが溜まるというのと、少し因果関係が有ると、経験上思っています。

[853-41] もう少し、思い出しました・・・ KEROYON 2012/12/18(火)00:16
    ハンドルバーも、左右均等にステムを付けるんじゃなく、数oずらすとか、ブレーキレバーの位置も、フィーリングで決めるとか、色々とやってみました。
 そうじゃなくって、ちゃんと真直ぐ状態で乗れる様になれば良いんじゃないの?と、思われるかも知れませんが、僕で言うと、利き腕が15o長いんです。
 そういう奇形の問題も有ると思います。

[853-42] 其処までやるか? KEROYON 2012/12/18(火)00:27
    さらに、これは銘柄を出すと良くないかも知れないので伏せますが、サドルをチルト、つまり傾き出来るシートピラーが有りました。
 これなら、シームレスでも、骨盤の位置で脚とペダルの間隔を調整出来るので、靴とかペダルの下部の調整が軽減されるかもしれません。
 現行のシートピラーでそういう事が可能なのか判りませんが、削るとかして傾斜させれば、固定になりますが、出来る物が有るのかもしれませんね。
 試したのか、やっても効果が無かったのか、35年前なので忘れてしまいました。

[853-43] ロードからの移行 KEROYON 2012/12/18(火)01:14
   先日、こういう話が有りました。

その1
 「ロードでもサイクリング出来るよって言うなら、それは、自転車機材として、駄目という事。車だと無理でしょ。」
 良くご存知の方の意見です。

その2
 「僕のAS、とうとうビンディングにしましたよ。最近、ロードで使っていて、癖が残っていて引き足を使うと、靴がペダルから外れてしまうんで、仕方ないんですがね。」
 さて、彼のは、650Bだったかな?

その3
 「MTBでサイクリングするのは、ランドナータイプを、今の若者が知らないから・・・と、言うけれど、あれだけ雑誌が出ているのに、それは、可笑しい。そういう事を言って、若者を弁護する様な事を言うから、自転車文化が発展しないんですよ!!」
 この方、名前を出せば、ハハーっとなる重鎮です。

 僕の頃は、大概サイクリングから入って、ロードもやらないか?って、誘われるんですよ。
 アイツ、めっぽう速いとか、「それだけサイクリングで走れるんなら、勿体無いよ!!」とか、言われて。勧誘されているだけなんですが・・・それで、一緒に走ると、辛くて地獄ですね。
 「エー、興味無いですー」って感じなんですけれど、最初は、「オー、付いて来れるじゃない。イケルイケル。」何度か走ると、「来週も走るから、サボるなよ!!」なんて、脅かされて。断ると、ショップに行けなくなるから・・・今は、どーなんですかね。

 爺なんで、ちょっと判りませんが、サイクリング部が消滅していないのだから、そういう人達は、カーボン車を買ってロードをやったけれど、サイクリングに走るタイプかもしれませんね。
 この間、ランドナーで道を尋ねたら、方向が一緒だったので、途中まで道案内してくれたカーボンロードの方は、「釣りが趣味でMTBを買ったけれど、釣竿ならロードで運べるのと、ミニサイクルより重くて懲りた。それで買ったら、こっちが楽しくて、先週も半島を一周して来て、釣りはさっぱりですよ。」「僕もその日に同じ所走っていましたよ。」となって、2時間程、自転車談義しながら走ってしまい、到着が、遅くなってしまいました。

[853-44] 自転車とバッグの関係 ひらの 2012/12/18(火)01:57
   たぶん男性は、自転車に装着できるパニアやサイドバッグ類に、冒険や未知へ自分の力で行く事ができるかも、という幻想を駆り立てられ、女性の場合、もっと実用的な見地から、自転車のバッグを見ている傾向があるような気がします。

以前、自転車にはほとんど興味がないであろう女性に、ひらのランドナー読本を見せたところ、最も反応を示したのが、○○クラのキャンピング車でした。

これは、おそのさんも、僕のローバーに反応を示したのとほぼ同じです。
女性には○ルプスのバッグ類は、結構人気があります。
何も知らない人でも、自転車を見た時、バッグ類だけは何度かわいいと言われた事か?

この現実に、ランドナーは何か?という鍵が潜んでる気がします。

[853-45] ピンとくる 2694 2012/12/18(火)06:15
   今のビンディングは、インソールが何種類か用意してあって、測定して選んだり、型を取って作るのもありますね。
土踏まずが踏み込み時に沈み込まないのを使ってます。
靴は高いほうがホールド感がいいです。競技用になると、MTBタイプでも歩きに向かなくなります。
こういうことは、難しいことじゃなく、実感できるし、楽しいことです。

こないだ最新のメーカー社を売る店に行ったら、自転車を始めたばかりの女性がクロスバイクに乗ってきました。
フェンダーや、LEDの点滅を付けるというのです。ごついクロスバイクにいろんな物を付けて見た目から重そう。

その女性が僕の自転車を何度も見るのです。あれは、何だろう?という感じで。
ピンときたのだと思います。
店の商売邪魔することになるから何も言いませんでした。

多分それがランドナーとか言われるものだとは、わかるはずです。
でも地元のどこで買えるのか、わかるわけは、ないです。

ランドナー扱う店は、ないから。

東京ならある。だけど東京でも近所の自転車屋には、ない。強いモチベーションがないと難しい。でもそれでいいと思います。地方でもう少し頑張ってくれれば。

[853-46] 通信での購入は、添削する先生が必要?。 2012/12/18(火)07:03
    シート角はレーサーを除き、全て72度です。KEROYONさん仰せの通り、BBを中心に円を描くだけで、同じなんでしょうね、74.5度のレーサーも。でも、ハンドル上を握って走る場合など、そのレーサーではしんどいです。旅行車と比較すると。だから、WさんとAさんの対談は、考えられた意図が合致していなかったことになるのでしょうか。

 69度が71度になり、72度になり、フロントセンターなどの他の問題もあるのか、それから73、74度となり・・。東○フレームさんのモデルにシート角72度のレーサーもあった筈です。「腰を引いて回すことを見直した」などと書いていました。で、

 パニアバッグとキャリアで5千!。近所の自転車屋さんに天井からぶら下がっているもの!。

 フランス式バッグは、カ○ムラサイクルのもの
 パニアは、SS印

 でした。両方とも近所のお店で買いました。市内や京都にしかなかったら、子供だった私は買えなかったでしょうね。しかしながら、現在は通信で買えますから、取り付けだけが問題なのかな。パニアは兎も角、キャリアが。

 近所のお店に出向き、取り付けを教えて貰えれば良いけれど。2694さんの、彼女・・。何度も見たのだから、2694さんにも好意ありと、私は推測です。

 チャンスです!、その方が気に食わなかったら、その友達に転移しても良い訳ですし。^^

[853-47] 旅行か?スポーツか? ひらの 2012/12/18(火)07:46
   よく言う事なんですが、だいぶ昔から、自転車遊びは、旅行ではなくスポーツになってしまった。
だから東京でも地方でも、通常はスポーツするものとしての自転車しか置いていない。

それか生活用、労働用の自転車ですね。

ランドナー系が女性などから新鮮に見えるとしたら、それは旅行をするための自転車がちゃんと存在する、というのを発見 してしまうからではないか?というのも考えられます。

普通はどこかに旅行に行く時は必ずバッグを持っていくし、それなりに外行きのお洒落な格好をして出掛けるはずです。

これの自転車バージョンが、ランドナー系であり、例えばツィードなどのジャケットであるわけです。

旅行に行くんだから、カバン類はお洒落な方がいいだろうし、自転車だってガードやポンプやライトなど必要な機能が付いて、綺麗にできてる方が旅行気分は盛り上がります。

体を動かすわけだから、服でも自転車でも、若干スポーツよりの快適な機能にしてあげるだけで、スポーツで旅行するのではなく、旅行が中心の考え方で、スポーツ的なものを導入するという考え方ですね。

こういった絶滅してしまった思想から、自転車を考えていく、という流れがもう少し広がっていければ、豊かなものになっていくはずです。

それが、いわゆる日本のランドナー系の世界観だと思うし、スポーツだけの自転車界に疑問を抱く人は多いと思う。

[853-48] サイクリング KEROYON 2012/12/18(火)14:16
    サイクリングは、サイクル・ツーリングですね。
 雑誌のCSじゃないですね。

 だから、本来は、自転車操作技術や自転車そのものは、有る程度出来れば、自分の範囲内で出来れば良い訳ですね。
 だから、2694さんが、ロードから入るのは・・・となり、鶴さんが、一台で良いじゃない・・・となり、ひらのさんが、ファッショナブルに、服とかバッグとか、雰囲気も有るよね・・・となり。

 松本清張の「点と線」じゃないですが、鉄道時刻表を病床で寝ていても、旅は出来る。
 それを実行に移す時に、歩くと無理、車じゃ無理、自転車なら、小道も入っていける。

 じゃあ、オートバイにすれば・・・ということなんだけれど、エンジン音がウルサイですよね。
 そうなると、電動補助エンジンが進歩すればオシマイかもしれませんが、今の所、自転車が都合が良い訳ですね。
 電動が壊れたらなんて考えると、ややこしくなるので、それは、考え無い事にして貰って。

 最近、登山用品を買いにいったりして、女性店員を捕まえて、長話・・・それが楽しいのですが、女性客も多いですね。
 自転車は、メカが有るのか、転倒すると危険だからか、少ないですね。
 でも、凍傷とか、秘境での怪我を考えると、登山の方が、危険だと思うのですが、都会を走っていてコワイ!!と、刷り込まれれば、自転車は、難しい気がしています。
 ランドナー位のスピードでのんびり走る、勝手気ままに行くのは、初期投資の意味じゃなく、「贅沢な遊び」だと、仲間とも話しています。
 ロードは、遊びじゃないですね。
 トレーニングですね。
 違う!!と、言われても、あんなに速く走っているのを見ると、そう見えますね。
 サイクリングは、優雅ですよね。
 のんびり歩く位のスピードで登っても、歩くより早いし楽ですから。

 異論が有ると思いますが、道具としてなら、MTBのカーボンは、ランドナーより軽くショックも付いているので、これでタイヤが細くなって、ドロップで10キロなんて事になれば、便利かなとも思いました。
 そうして詰めて考えると、新機軸を考えても、泥除けにライトも欲しい、バッグも身体じゃって、ボトルケージも外せないと考えると、ランドナーになっちゃう・・・と、昔から思っています。
 固定観念かもしれませんので、皆さんのお考えも聞きたい所です。

[853-49] 意識はノンスポーツです。 2012/12/18(火)17:31
    自転車旅行を「一般的スポーツ」であると意識したことは、入門当初から全くないけれど、汗を掻く以上、紛れもなく運動なんでしょうね。じっとしていても、それを掻くのとは別にしまして。今は、どうなんでしょう。むかしは

 「競わないもの」は、スポーツとは言ってなかった筈です。ラジオ体操はスポーツ?。まぁ、サイクルスポーツとか、スポーツ車、スポーツサイクルと名を冠したのは、
 
 「移動、運搬とは違うのよ」

 と言いたかった訳で、ひらのさんが仰せのお気持ちも分かりますが、今さら「スポーツではなかった」と言っても、先の通り、「しんどくない?、自転車で旅行するの」となり、私はこう答えています。

 「歩く運動量の1/5ですから」

 坂はこれでは納得して貰えないので、

 「ギアで解決です」
 「誰かと競うわけでもありませんからね」
 
 と、一応は説明するのですが、現代の旅行が徒歩でない以上、軽音楽、いえ、軽微な運動として、誰もが「スポーツ、運動と言いたがる」のではないかと思います。要は、

 『登山もゴルフもスポーツになってしまいました』。

 日頃、動かない人が増えたのが原因なんでしょうね。だから、いつの間にかスポーツになってしまったかどうかは、自転車旅行に限らずかも知れませんよね。

 「ゴルフ?、あんなもの、スポーツやないわ」

 と、人にはこう言っています。タバコを吸いながら出来るスポーツ(?)は、あれぐらい?。幾らヘビースモーカーな私でも、自転車乗車でそれを吸わないのは、やっぱり、スポーツなのかな。

 江戸時代のお伊勢さん参りは、スポーツという言葉を知っていたら、スポーツになっていたでしょうか。個人的には、ひらのさんが思われる思想は

 「絶滅していない」

 と考えます。いつの世になっても肉体労働はなくなりませんからね、先の戦争と同じく。軽いか重いかの違いだけなような。

 北海道などで、徒歩旅行をされている方は、スポーツの意識あり?。人から「スポーツが好きなんですね」と問われる?。「スポーツとは違います」と、どのベテランサイクリストも、こう言うようにならないといけませんね。

 「歩くより楽なものがスポーツとは言えませんよ」

 と。よって、

 サイクル・スポーツ → オール・サイクリング
 スポーツ車 → 実用車
 スポーツ・サイクル → トリップ・サイクル

 など、名誉挽回の為(?)、名称を変えてみませんか、ひらのさん。スポーツサイクルと言ってしまったあの人たちを、
 
 「もうちょっと、先の先を見てから言えよな」
 「あんたらの考えそうなことや」
 「俺は、従ってやっただけや」
 
 と、怒りましょうか、みんなで。怒るだけなら、

 お任せ下さいませ。^^

[853-50] 旅行、スポーツ ひらの 2012/12/18(火)18:51
   鶴さんが仰るように「今まで一度もスポーツと思ってやった事はない」

これでいいんだと思う。

僕もまさにそうです。

そのはずなのに、自転車は相棒のはずなのに、単なる機材となり、旅行意識が高いもののはずなのに、単なるスポーツになっちゃった。

それが大半になっちゃったから、もうちょいなんとかしないと、マズイんでないの?って感じです。

逆説的だけど、自転車はスポーツです(笑)

実際には体使うし、峠だって越えたりするわけだから、スポーツのようなしんどさはありますね。

でも、 意識としてはスポーツではないんですよ。

だから最近の自転車はショップも含めて、あまりにも「スポーツしなくちゃならない」雰囲気なところが大半なので、それはちょっと違うんじゃない?
他にもランドナー系みたいのがあるし、そんな意識持たなくても楽しめるよ、
と言いたいわけで。

だから、わかりやすくするためにお洒落な格好がいいわけです。

え?これでサイクリング?できるんですか♪

できるよ。

そういう感じ。

[853-51] 自転車を漕ぐのは、楽しいですか? 2694 2012/12/18(火)22:04
   緩やかに登るダートを軽いギヤでゆっくり走る。
渓流沿いなら、湿り気を帯びひんやりとした風が、火照った頬を優しく静めてくれる。
こまごまとした起伏を少し腰を浮かしながらいなし、タイヤに和らげながら足裏に道の表情に触れる感じがする。

辛い、脚が痛いと思うときありますけど、自転車漕ぐの自体楽しくないですか?
僕は、楽しいです。

自分には、そういうことが一番大事です。

[853-52] 鳥さんや虫さんの気分 ひらの 2012/12/18(火)22:58
   2694さんは、自転車との一体感と、それによって得られる空気感が好きなんでしょうね?

なんだかとても素敵で、知的で、素晴らしいと思いますし、僕と違って、大人の楽しみ方だなあ、って気がする。

そう思うと僕なんか、子供っぽい気がする(気がするって感じですが)

きゃっきゃ言いながら、自由なマイペースを楽しむというか。

漕いでいる事そのものを楽しむってのはどうだろ?
それほど意識してない気もするし、確かにそうだと思う気もするし。

なんか、鳥さんや虫さんになった気分にはなってます。

あちこちの山やら谷やらに、ぶーんって、実に自分勝手に飛んでって、そのへんにピトって止まって、休んで、風や匂いなんかを体感してニコニコしてる、みたいなのが楽しいかな?

[853-53] 僕は、楽しいですね。 KEROYON 2012/12/18(火)23:36
    兎も角、自転車に乗る事が楽しいですね。
 登りも楽しいですね。辛くないですね。
 歳なんで、きついだけで。
 でなきゃ、40年も乗っていないですね。

 雨が続くと、玄関の前のひさし10メートルを何度も往復するだけでも楽しいです。
 それじゃムードもへったくれも無く、ハムスターみたいですね。
 判っている筈なのに、乗り比べしたりして・・・
 いよいよとなると、雨でも走りに出掛けますから、家人は、呆れています。

 だから、取り立ててサイクリングで峠じゃないと嫌だと言う事も無いです。
 電車が嫌いと言うより、駅に着いてから、あちらこちら歩くのが嫌なので、到着すれば、こっちの勝ちです。
 しょっちゅう色んなルートを走ったり、寄り道したりしています。

 ひらのさんじゃないですが、ティーンの頃と、やっている事が変わらないですね。
 進歩が無いです。

[853-54] 兎も角も、自転車愛好家を作るのが目的だった。 2012/12/19(水)06:15
    よく、自転車に乗れたときの感動をおっしゃる方がいますが、やり出すと、いえ、乗り出すと、その感動は続かないのが普通ですよね。他所の何に手を出すのと一緒です。

 しかしながら、漕いで愉しいと思うときが来るんですね、サイクリストになられた誰しもが。自転車的邂逅と、私はこう言ってきました。だから、ア○プスさんを始め、真面目なお店、真面目なサイクリストは、スポーツ車と言いたかったんです。

 移動、運搬用の自転車の常用スピードは10キロです。その速度で自転車旅行など、有り得ないと申しますか、愉しくない訳です、想像するだけでも。ひらのさんのローバーの常用速度は、10キロですか?。おそらく、幾ら遅くとも、15〜20キロの筈ですよね。よって、

 N誌のあの方の著書でもないけれど、やっぱり、常用速度の違いだけからも、「スポーツサイクリング教書」でないとなりませんね、これからの自転車旅行について語る上でも。

 「自転車そのもの、自転車を走らせるのが愉しいものという心を持ってないと、サイクリングは成り立ちません」。

 と、そのア○プスさんもどこかで仰せだったかと思います。結論は、

 旅行好きだけでは、ツーリストを生みませんね。機材が先にありきが真実かと、私はこう考えます。Bさんなどは、新ユーラシアを発売するなど、需用を作る気はないのでしょうかね。そのユーラシアに至る需用を作ってきたのは、東京なんとかさんであったり、そのア○プスさんなんですが、今現在の後継者は、誰?。マニアや雑誌だけでは、2694さんの彼女も、そのままクロスバイクでツーリングかと推察です。

 2694さんが助けるならば、別だけど。^^

[853-55] スポーツサイクル ひらの 2012/12/19(水)09:36
   自転車ありき、または自転車を動かす事、操る事そのものが楽しい、これは確かでしょうね。

旅行好きだから自転車で旅に出るわけでは、確かにないと思います。

スポーツという言葉ですが、昔でいう「スポーツサイクル」の意味合いと、今、というか、ランドナー衰退以降のスポーツという意味合いは、同じ言葉でも大変な溝がある気がしますけど。

[853-56] 楽しさとスポーツ KEROYON 2012/12/19(水)13:51
    僕は、皆さんと違い、チャンピォン・スポーツの世界にいましたから、スポーツにどっぷり浸かっていました。

 例えば、階段を100階上がるのは、楽しいでしょうか。トレーニングなら、兎跳びで学校の校舎を何往復も駆け上がります。
 自転車も、真直ぐの坂道が100キロあったら楽しいでしょうか?それを、何分で走った、昨日よりも5秒早かった!!と、やったら楽しいでしょうか?
 それが出来たから勝てる訳じゃないですが。

 だから、幾ら自転車を漕ぐのが好きと言っても、そういう事じゃないので、旅の感覚もセットになると思うんですよね。
 だから、ソロでやらないと一人前じゃないと良く言いますけれど、皆で走ったエピソードとかも含めて、サイクリングの旅全体が楽しいとも言える。
 逆に、一人だけでやるのは、好き勝手にも出来るし、井の中の蛙になる場合も有ります。
 タイムが良くても、レースで揺さぶられたら付いていけないでしょ。
 サイクリングも競わないだけで、雨の日も有るし、仕事で疲れている時も有る。同じですよ。
 何人で行っても金魚の糞じゃないし、思い思いのルートを行って、宿に集合の時も有れば、好き勝手なペースで走って、峠の頂上で待っているのが普通なので、その時間は、大変ならば孤独な戦いでも有り、お気楽のギヤでマイペースの楽しみも可能です。

 スポーツは、トレーニングをしないと目標に到達し難く感じる。
 だから、試合に出ているとか競技しているというと、自転車の場合、特に一線を越えているみたいに言うけれど、学校の部活動、他の競技なら、子供もやっています。
 辛いトレーニングして、気絶するまでするか別にして、試合での精神的なプレッシャーを体験して・・・そういう所までやらなければ、スポーツじゃない、ママゴトだと思っています。
 競技部に所属しているからスポーツじゃないですよ。追い込むかどうかです。
 その結果、勝ち負けが有るけれど、勝てないから追い込みが足りないと言われるとギャフンだけれど、そうじゃないと思いたいですね。
 単純に、そのスポーツが好きなんですよ。
 それは、サイクリングでも一緒だと思います。

 ママゴトでいーじゃないか!!って言うのが、サイクリングの楽しみだと思います。
 真剣にされている方からすると、愚弄するとか侮辱だ!!となるかもしれませんが・・・

 ペダリング・テクニックを考えながら走る程度で、競技選手は、サイクリングに向かないとなると、拡大解釈も良い所です。
 リーン・アウトとかは、サイクリストでも普通に使いますしね。
 泳げなければ水泳出来ません。ちゃんとしたストロークが出来なければ、クロールをしていると思っていても、犬掻きですよ。
 ボーゲンだけでスキーは楽しくないですね。ウェーデルンまで出来ると、楽しいですね。
 どこまで覚えると楽しいかも、本人の自由な訳ですね。
 だから、ビンディングしないと駄目とか、フラットペダルだからだよ!!も、本来は、大きなお世話ですね。

 鶴さんが言われる通り、良い自転車で、思う存分走りたい、それを操る為のテクニックなんであって、テクニックの為のテクニックじゃないと思います。
 ムーンサルトが出来る世界には、前回りしか出来ない人と違った世界が開けています。
 だから、機材にも凝るんじゃないですか。

 競わない中に、何かが潜んでいる楽しみがサイクリングにあると思います。
 精神世界としては、毎日、家の近所を走り回るだけでも、ある意味サイクリングしていると思います。
 サイクリングを特別な事と考えず、じゃあ、自転車持っていなければ貸すから、明日、何処かへ行こう!!って言う感じで、子供の時に始めたんじゃないですかね。
 僕なんか、小学校から始めたので、お兄さん連中がランドナーやロードの中で、一人セミドロップのジュニアスポーツで参加しましたよ。
 それで、中学の入学祝いに、ロードにするかスポルティーフにするか悩んだ末、ランドナー兼キャンピング車を買って貰うんです。

[853-57] 泥除けの問題では?。 2012/12/19(水)18:19
    溝ですか、ひらのさん。その観点では、その昔も溝はあった筈です。サイクリング車とは聞いても、普通は、社会的に、スポーツ車とは言いませんでしたから。先ずは

 サイクル・スポーツ。初めは「何?それ」でした。
 ニューサイクリングは「何がニューなんよ」です。
 自転車競技については「関係あらへんわ」

 だったかと思います。私の頃は殆どの方が。サイクルとスポーツが逆さになったスポーツ・サイクルにつきましては、「広告は旅行用なのに、何でスポーツが先なん」と、不思議に思ったくらいです。結論は

 「スポーツとして捉えたい」

 だけが、その理由なんでしょうね。で、ニュアンスの溝ということですが、

 「それ、カーボン製のスポーツ・サイクルやね」
 「俺のは、スチール製のスポーツ・サイクルや」
 「それもスポーツ・サイクルって呼ぶのですか?」
 「なんて呼ぶの?」
 「いえ、分かりませんが」

 こうかも知れませんよね、ロードバイクに乗る誰かさんに聞いてみれば。スポーツがつく何かを思い出すと、

 山○・スポーツ
 スポーツ・サイクル・何とか
 サイクル・スポーツ
 スポーツ・ロード
 スポーツ車
 カ○パニョロ・グラン・スポーツ 

 私はこれくらいですが、他に何かありますか?。何とかサイクルというお店は多いけれど。高速で走るファストランモデルが、スポーツ・サイクルと呼びたくなるのだとしたら、それは昔からのものかと思います。なにはともあれ一般的には、

 「ドロップハンドルがスポーツ車の証し」

 であったと言えましょうか。現在は、泥除けがあれば非スポーツ車なのかな。旅先で会った人に聞いてみても良さそうですね。

 可笑しな顔をされるかどうか、興味が出てきました。^^

[853-58] 気分 2694 2012/12/19(水)21:56
   1日走っていれば、サイクリング気分の時間帯、スポーツ気分の時間帯ありませんか?

道中、車の通り激しく、つまんないなと思ったら、スポーツ気分で飛ばそう、ケイデンスは?スピードは?なんて見ながら、脚が温まって回るようになってきたとか感じながら走る。

地図見ると、近くに寺がある。観ていこう、石仏がある、いい顔してるなあ。もう満足しちゃった、早めに引き上げてのんびり帰ろう。どこかで美味しい御飯たべたいなあ。サイクリング気分です。

そんなものじゃないですか?みんな。

[853-59] リアル 2694 2012/12/19(水)22:34
   たまに山を大きく切り開いた工業団地の草ぼうぼう空地を、どこからともなく漂う科学物質の臭いを肺におもいっきり吸い込みながら走ることがあります。

地元のチェーン飲食店やショッピングセンター、ホームセンター、コンビニが並ぶ、何とか街道を走ることがあります。

殺伐として、無味乾燥な風景です。
でも元々そんな世界に産まれてきたので、醜いと思いながらも、心掴まれるというか懐かしくもあります。
おかしくてもしょうがないです、それが自分だから。

この風景に対峙できるのは、えるすでもなく、さんじぇでもなく自分の自転車だけだという、これまたおかしな確信を抱くのです

[853-60] なるほど ひらの 2012/12/19(水)23:06
   鶴さん、実はそんなに深く、というか、理屈で考えてはいませんでした。
まあ、なんとなくですね。
だから激論できないかも。
僕的なイメージとして、スポーツサイクルって、なんとなく懐かしいイメージがあって、今の感じと違うような気がしただけです。
「ちゃうねん、同じやねん」って言われたら「そうですか、すみません」みたいな。
ただ、たぶん昔はランドナーによる旅行もスポーツのうちに含まれていて自転車スポーツの代表格だったのに、MTB登場と共に「旅のスポーツな感じ」が超マイナーなものになってしまったので、なんとなくそう思っただけでした。

2694さん、うーむ、殺伐感に対峙できるって、ちょっとすごいな。

僕はこの前、地元の浜松に帰ったのですが、もう帰りたくないと思ってしまいました。
僕の記憶の中の浜松は、もうほとんど消えつつあります。
しっかりカメラに収めてきたので、ちょっと先ですが、しっかり記事にして発表するつもりです。

まさに殺伐とした気分になりました

[853-61] ふと思ったんですが・・・ KEROYON 2012/12/20(木)00:07
    確かに泥除けが無ければ、輪行は楽ですね。
 MTBだと、ハンドルが長いので、覗いてしまうのかもしれませんが、何人か見ます。

 この間も、ロードの人と同じ駅前で輪行合戦になりましたが、その人が言うには、「ヘッドも外すんですか?大変ですね。僕なんか、両方の車輪外すのでも、何となく遠慮がちです。何処を走ったんですか?」と言う感じで、ランドナータイプはボツになるのでしょうね。
 そんなに大変かな?と、思いつつ、ほぼ同時に仕舞い込みました。

 まして、女性は、機械が苦手なのも有るでしょうが、それよりも、油汚れになるのが嫌みたいですね。
 あと、何処を走れば良いか判らない!!と、聞きますね。方向音痴と言うか地図を見ても判らないとか。
 だから、登山なら登山道を、みんなと一緒に行けば良いみたいですね。
 昔なら、前にも書きましたが、嫁入り前なのに顔でも怪我したら・・・・ですね。
 今は、如何なのでしょうか?

 そういう中でのブームとなると、夫婦で河川敷をカーボンのクロスバイクで走る方々は、皆さんからすると物足りなく見えるかも知れませんが、それでも、住宅街の集落の感覚からすると、凄いわネェ!!と、言う気がします。
 ですから、輪行でサイクリングと聞くと、物好きというか、坂道を延々と登って、100キロも走るなんて信じられない!!で、終わってしまいます。
 人間、未知の事になると、僕も含めて、どうにもこうにも踏み込めないみたいです。

 若い人でも、今の景観は、殺伐としているんですね。可哀想な時代ですね。
 でも、文明は、はるかに進歩しましたから、何が良くて悪いかは、難しいですね。
 携帯電話がトランシーバーにもなり、24時間ストアが出来て、GPSも使えてケイデンスも測れる。PCに繋ぐと、グラフまで出せる。天気も雲の動きまで判る。サイクリングには、便利な時代です。
 そういうのから逃避するつもりが、フロントバッグの中に有るのですから、皮肉なものです。

[853-62] スポーツ? brm-codama 2012/12/20(木)01:03
   初めて使った*ンパニヨーロRメカは、確かスポーツマン(鉄の丸プーリー)でした。その前に使っていた*マノラークの原形なのかなという形で性能はその後使ったヌーボからすると当然ながらかなり低く本来4段で一杯なのかなという印象でしたが、普及品ながら質感は結構いい感じで同クラスの中では美しい方だったと記憶しています。
それを装着した自転車はスクラップ屋で見つけて来た26インチ鉄リムの通学車からマッドガードを外し鉄ドロップバーが付いた重い軽快車?でした。
この道はどこへ続いているんだろうかという動機で遠乗りをし始めた感じでスポーツという意識は全く無かったと思います。ただ低いながら山に囲まれた地形だったので結構きつかった印象は今でも残っています。中学生だったその頃TVで「すばらしき自転車野郎」という番組がある事を友人に教えられて見始めてヨーロッパでロードレースという物がありスポーツとしての自転車や漠然としていたサイクリングという言葉の意味も初めて理解出来たような気がします。
また自分の中で大切にしている思い出の街が変貌して行くのを見るのは辛いですね。自分の記憶が壊されて無くなってしまうようです。その点ヨーロッパの街などで景観を守っているのは羨ましいですね。
それから*ャレンジ社(旧クレメンの工場を引き継いだ)からエロイカというネーミングの太さ30mmのチューブラータイヤ(オープンチューブラーもあり)が発売されていて本家コースのダート混じりの路面を想定しているそうです。ただクリアランスの狭いロードには無理かもしれません。

[853-63] Cャレンジ、エロイカ 競輪観戦デビュー 2694 2012/12/21(金)23:01
   Cャレンジ社のタイヤ、パリ・ルーべを今の自転車に使ってます。PナのRairチューブ入れて乗ってます。
体重64キロで前6.2、後6.5くらいが自分には、いいようです。
細かいガラス片には弱いですが、Pセラに比べしなやかで疲れず、転がる気がします。

エロイカは、指定気圧7―9気圧なのでクロカンのタイヤより高い気圧で使うのかなと想像します。アルマンドだったか、トレッドが悪路よりのものも出たようです。同じ太さなので路面によって履き替えも可能なのが面白いところです。

brm―codamaさんは、今年のフレーム造りは、終わったのでしょうか?それとも追い込み中か?

自分は、冬場はあまり走る気が起きませんので、地元いわきで競輪観戦デビューをしようかと思います。
Bラモンの自転車見れるといいなあ。

[853-64] 女性はなぜ? ひらの 2013/01/30(水)01:08
   再び大激論コーナーを復活させましょう。

最近、バイクから自転車に転向した女性のライターさんと知りあったのですが、旅好きなようで、旅をしたいと。
新たに自転車が欲しくて一年前から買おうと調べているらしく、自転車はクラシカルなものが好きだけど、予算の都合もあるので、クロスバイクかロードがいいと。
どうも話を聞いてると、ロード寄りなようで、ぼちぼちそういう自転車が欲しいらしい。

なんか、はっきりしないというか、よくわからないというか…

でも、思いだしてみると、おそのさんは全然違うけど、僕の周りの自転車好きの女性はみんなことごとくロードが好きみたいですね。

なんでだろうな?

みんなウップンをはらすために突っ走りたいのかな?(笑)

のんびり走る方がいいじゃーんって思うんだけど、そんなことないのかな?

[853-65] さーーーっと 駆 け 抜けてく  2694 2013/01/30(水)01:40
   ひらのさんに出会ってランドナーの存在を知った上でクロスか?ロードか?悩んでいるのでしょうか?
道路を、一般車に比べ信じられないスピードで軽やかに駆け抜けて行くロードの姿は、単純に魅力的だと思います。

[853-66] なるほど ひらの 2013/01/30(水)02:58
   いや、僕の存在は関係ないですね。ランドナーの存在は知っているようでしたが。

やはり、単純にカッコいいからなんでしょうかね?
そう思うと男女限らずなんでしょうけど。

うーん…でも、アレですよね、オーダーなんかの指南に、よく目的をハッキリさせよう、なんてあるけど、実際には目的がハッキリしてる人なんてほとんどいないんじゃないか?って思いますよね。
みんな、なんとなくカッコいい自転車が欲しいし、普段でも使いたいし、時々は旅なんかもしたいし…みたいな感じなんでしょうね。

わかりません。
っていうのが正直なところなんでしょうね…。

[853-67] 買っちゃえランドナー 2694 2013/01/30(水)03:49
   生活に密着した付き合い方ができる自転車としてランドナーは、圧倒的に優れていると思います。
650のタイヤで時速20キロくらいでゆっくり街を散策する、荒れた舗装をあまり気にせず越えていく。
フロントバッグにちょっとした買い物を入れる。メッセンジャーバッグならジャケットを着た時、襟を潰してしまうがランドナーなら心配ない。
乗りこなせるようになればクロスより疲れず距離が走れる。

旅を強調すると、旅以外には必要ない自転車に思われるかもしれませんよね。

とりあえずランドナー買っちゃってももて余さないと思います。
乗りながら考えていけばいいです。
ランドナーは、包容力がある乗り物です。

[853-68] 人から聞かれたら、ハッキリする。 2013/01/30(水)07:14
    サイクルマニアのようにハッキリはしてなくとも、大体の方向はありますよね、ひらのさん。初心者さんでも。私が始めた頃は、サイクリング車=旅行用車=ランドナータイプでしたから、レーサーと快走モデルは存在しても、旅行には不向き、というか、「使えない」と、普通の人はこう言ってましたね。結論は、

 ○×形式で行くと、普及品が多く製造されている「ロードバイク」になり、それでツーリングも考えることになるのでしょうね。ランドナーを購入し、それを快走モデルに仕立て直す昔の、単なる逆と申しますか。

 タイヤは28C
 フラットハンドル
 泥除けなし

 ドロップバーなら、あの手元シフトの価格のせいで値が張りますから、どうなんでしょう、予算うんぬんとなれば、フラットバーロードへ行き着くのが、自然な流れでしょうか。

 ご予算は10万円以下?。5万円以下?。^^

[853-69] ランドナーの包容力 ひらの 2013/01/30(水)12:54
   そうでした2694さん。

ランドナーのいいところは包容力でした。

昔はそういう役割でしたよねランドナーなる車種は。ある程度オールマイティで。今はクロスバイクがその役割なんでしょうけど。

自転車にとっては細分化する方が、先鋭化されてその能力を思う存分発揮できるのは間違いないでしょうけど、初心者や、まだやりたい事が見えない人たちにとっては、ハードルが高すぎますよね。
ロードやMTBなんていうのは、僕から見たらかなり特殊な乗り物だと思うんだけど、ある程度の市民権得てるのがなんだか不思議です。

予算はたぶん10〜15万ぐらいではないか?と思われますけどね

[853-70] 車種 KEROYON 2013/01/30(水)22:24
    ある人にとっては、ロードタイプは、あんなにタイヤが細くてフラフラするので怖いんじゃとなり、逆に太ければ重くて長距離が大変だと思うでしょう。
 だから、本人の感覚に従うしか無いと思います。
 一度や二度、無理やりランドナーに乗っけてサイクリングに連れて行っても、本人が怖い思いや大変な思いをしないと変わりませんよ。
 懲りて、其処からがスタートだと思います。
 言えば言う程、煙たがられると思います。
 ほうっておいて下さい!!と、心の中で思われていますよ!!
 それでも懲りずに、僕は、情報だけは伝えていきたいと思います。

[853-71] 間違った認識 ひらの 2013/02/03(日)13:18
   先日の女性ライターでしすが、なにやら「これから自転車雑誌などで仕事をしていくならロードは持ってた方がいいよ」、または自転車屋などで「クロスは中途半端な車種だし、どうせ物足りなくなるから最初から良いロードを買った方がいいよ」などと言われてるらしいです。

本人もロードを購入したいみたいな願望があるようで…
話を聞いてると、何か認識が間違っている?ような気がします。

突っ走ったり、スピードを求めてるならともかく、普段乗りで、時々、のんびり旅、という女性ライターさんの願望とは、ちょっと違うんじゃないの?って思わざるをえません。

快適でお洒落でしっかりした乗用車が欲しいのに、街にはポルシェやフェラーリを売ってる店しかなく、乗用車じゃ物足りなくなるから最初からポルシェ買った方がいいよ、って言われてるようなものです。

違うでしょ?

なんだか無性に腹たちますね。一斉にそちらばかりになって、一方向しか向いてない、だいぶ前からのそういう傾向が。

初心者など、そういう店やアドバイスしかないし、ランドナー系はオタクばかりで厄介そうだし。
行き場がないでしょうね。
それでそういうものかと、ポルシェみたいなの買わされて、そういう車種にキャリア付けて、ポルシェで引っ越し、みたいな人を何度北海道で見かけた事か(怒)

ギアも高いものしか装着してなくて、あれじゃあ膝も壊してしまうでしょう。

自転車雑誌で仕事してくのならロードは持ってた方が…という意見も腹たちますね。

そういう傾向に関しては僕だけは徹底的に反逆します。

怒り爆発しました

[853-72] ロードモデルを買ったら、ランドナーと書こう、マジックで。 2013/02/03(日)14:56
    「世の中、おかしいことは沢山ある」
 と、例の警官さんも仰せでしたが、そうでしたか、ひらのさん。「旅行をしたいの、わたし」から、「スピードモデルが欲しくなるよ」と、助言されたんですね、どなたかさんから。
 「次は、旅行用車を」
 と、私ならば憤らずに、優しくして上げますが。彼女にも、どなたかさんにも。
 「ランドナーとロードがあれば、サイクリングは全て賄える」
 と仰せだった、行きつけのお店のご主人さんですが、どうなんでしょうね。順番はこの逆と考えて、怒り爆発を、次なる正統派へのステップと判断し、ネクストを勧められても良いですよね。

 こういったことは、昔からよくありました。ランドナーでも、ハンドメイドと量産車とではとか、タイヤ幅の相違とか、乗車姿勢の問題とか、常用速度の履き違いとか・・。結論は、

 「傾向には対策を!」

 でしょうか。

 時速25キロで安定するのはランドナー
 35キロ以上出さないと安定しないのがロードモデル

 と、言うだけ言っておきましょうか、彼女には、ひらのさん。因みに私の乗用車、バーではポルシェと言ってます。地下室に隠してあると、偽りを申して。イザというときは、マジックでポルシェと書くつもりです。

 ボンネットか、どこかに・・。^^

[853-73] 鶴さん、そうですね ひらの 2013/02/03(日)15:08
   そうですね。

でも、こういう事に怒りを感じてエネルギーに転換しないと、いつまでだっても悪い方向にしかいかない気がする。

僕が思うのは、自転車に限らないですけど、当たり前な事が当たり前に通用せず、ひん曲げられてるのが嫌なんですよね。
それでいつも被害を被るのが何も知らない人たちなわけで。

何度も何度も何度も旅先でそういう被害者?に会ってます。

旅先で機材に感して、口をすっぱくして話すのは野暮なので、そういう事はあまり語らないし、語りたくないから、黙ってますけど、なんだか、かわいそうでね。

[853-74] ロードモデル KEROYON 2013/02/03(日)15:52
   ひらのさん
 逆ですよね。
 たまに遊ぶなら、ロードもMTBも面白いよ!!じゃないかな?

 靴に喩えれば簡単だと思うけれど。
 ジョギングシューズじゃあ飽きるから、スパイク買ってトラック走れば・・・マラソンならQチャンモデルが良いよ!!って、可笑しいですよね。
 
 皆さん、普段、どんなお洒落して、銀座街、パリを散策するのか?
 まさかトレッキングシューズじゃないですよね。
 ランドナーも余り堅苦しくなると、そうなりますからね。
 下駄ですよ。総桐を買っても使わないと。
 減ったら、歯だけ継げば良いでしょう。
 嫌ならスーパーで安いのでも。
 履き慣れた方が良いですよね。
 だから自転車も乗るんじゃないかなー。
 靴を床の間にするのは、コレクターですね。
 趣味だから、みんな似てきます。

[853-75] keroyonさん ひらの 2013/02/03(日)16:04
   まったくそうですよね。
逆だと思うんですよ。
鶴さんもおっしゃるように、昔からこういう事は多々あって、一方向だけ。
みんなと同じでないと不安。っていうのは、もう日本の国民性なのかしら?
普通に考えればわかりそうなものなのにね。

オタクの世界でさえ、そういう傾向ありますよね。T社、Rルス一辺倒、他は認めない、みたいな。
そうじゃないと思うんだけどなー。

豊かさっていうのは、そういう事も含んでの事なんですけどね。

うー、

イライラするぅ(笑)

[853-76] ちょっと質問(ややスレッド違い) BB 2013/02/03(日)20:18
   私はT社やRルス等を持ってなくて、もしも仮にそういったマシンを手に入れたら「どんな格好で乗ったらいいのだろう?」と空想します。
うちにある自転車は普段着で普通に乗っていますが、そういったマニアックな自転車を所有されてる方々はそれに乗る時、気張って専用のファッションを選んでいるのでしょうか?ここらへん微妙に気になっています。
基本的に「自転車は道具」と思っていますので、道具ごときに自分の服装を左右される謂れはないと思っていますが、こと「とうA」とか「ルネLせ」とかに乗るならば事前に何か神妙な気持ちで禊ぎや水垢離をすべきなんだろうか?とか(笑)

靴は履かないと靴じゃないし、自転車は乗らなければ自転車じゃない。

でも仲間から見てもらって評価して欲しい。

その自転車の評価にオーナーの見た目が加味されると思うと服装にもこだわらないといけないだろうし、朝、早起きして水垢離もしなきゃいけないのかなぁ

[853-77] いや…(笑) ひらの 2013/02/03(日)21:33
   BBさん、投稿ありがとうございます。

僕の意見ですけど、RルセやT社の自転車に限らず、「自転車、人、服装」のトライアングルがひとつの完成形だと認識しています。
たしかに前記の自転車などは、自転車そのものの格が違うと思いますので 、どうしても気張った方向にいきがちですが、必ずしもそうではなく、それぞれ付き合いかたがあると思いますのでラフな格好でも、決まる時は決まると思ってます。

問題は、自転車とどのように付き合って、また、その場合、どのような服装にするのか、気張るというより少しだけ「意識する」っていう事だと思います。
それが自転車工房の名前に負けない、オリジナリティのある楽しみ方につながるのではないでしょうか?
そこにルールは存在しないので、今のものを組み合わせても、見た人にいいなあ、とか、素敵だなあとか、自分も真似してみたい、とか思ってもらえれば、楽しいですよね。
とにかく、普段から自分のものにしていく楽しい努力をする、というのが重要じゃないかしら?

あくまでも服装などは楽しくやるっていうのが基本でしょうけど。

うまく言えないですけど、もっと具体的な方がいいのかな?

[853-78] 例えば ひらの 2013/02/03(日)22:52
   やはり、昔のそれなりに手がかかってる自転車ならば、ツィードジャケット、またはブレザー、革靴などに代表されるような自転車乗りのフォーマルウェアが圧倒的に似合うと思います。夏ならシンプルな白シャツに半ズボンで。

でも、必ずしもそうでなくてもいいと思う。

今の機能的なアウトドアウェアを上手く組み合わせれば、かなりイケてる感じにする事は可能かと思います。

あとどこかに遊びを入れると楽しいですよね。

厳冬期ツーリングの場合などは鶴さんに差し上げたラスカル君なんてーのも、機能的+お洒落な要素も出てくるので、いいですよ。
これにプラスして僕は毛皮の帽子などをチョイスしてます。
都心などではオーバースペックですけど、最近は都心用にタヌキの大きな毛皮のポンポンが付いたベレー帽を入手しました。これお気に入りなの(笑)
ポンポンはブローチみたいになってて取り外し可能なので、他の帽子に冬限定で付けようかなとか、いろいろ考えてます。こういう事考えるのが楽しいんですよ

[853-79] サンジェの服 KEROYON 2013/02/03(日)23:05
    僕は、若い頃は、フレンチ・ジーンズでした。
 パープル・ブルーのスリム。代官山で買った奴。
 ペダリングには不向きなんでしょうが、普通に走れます。

 夏は、レーパンの上にイタリアのスカイ・ブルーのショートパンツとか。
 自転車がブルーだから。
 それだと、都会の街並みに似合う。表参道とか。
 バタバタしますが、アロハシャツに金縁のサングラスとか。
 一見すると、若大将シリーズに出て来るやくざですが・・・

 サイクリングなら、ニッカース。
 快走するなら、サンジェのマイヨーにプレート付きのレーサーシューズ。
 
 一台でも、色々ですね。
 流石に、天才バカボンみたいな服では乗りません。

 持ってる方からすると、単なるラインナップの中の一台に過ぎないので、ブランド意識しないですね。
 買ってしまえば高いも安いも無く、ひとくくりですから、そういう服で乗っていて、うるさいのは、取り巻き連中の方です。
 こっちは、自分の物ですから、別に・・・って感じ。

 DCブランドでも、ストレッチ生地のパンツとか、見た目カジュアルでも、探せば良さそうなの有ります。
 先程のレーパンの上にショーツとかも含めて、羊の皮を被った狼ファッションって、言っているんですが、そういうので乗れば、自分が乗って窮屈じゃなければ良いだけかと。
 それを、回りが「そんな普段着で・・・」って、見るだけで。

 トーエイのフルオーダーのランドナーが、一番格下なので、こいつは、ユニクロのジャージとビーチサンダルで愛用しています。
 これで輪行もします。

[853-80] 出で立ち。 2013/02/04(月)06:45
    お〜〜〜BBさん、高級車に乗る場合の服装ですか。高級車もなにも、所詮、自転車です。自転車を漕いでいる姿が格好悪いという方もいらっしゃいますので、どうなんでしょうね。私は、BBさんグループに入るような。でも、思い起こせば、T社ツーリング車を購入と同時にニッカを愛用するようになった訳で、BBさんと同じ意識があったのかも知れませんね。それまではトレパンでしたから。

 人の目と申しますか、愛車と伴に写真を撮って、ご覧になることをお勧めします。普通、サイクリング途中、自身を撮影しないですよね。よって、どんな光景か、知らない筈です。好バランスなのか、アンバランスなのか。

 「人の批評以前に、自身が批評です」。

 私は、自転車の差別はしておりません。ママ用サイクルでもトー○イツーリングでも同じです。どうでも良いのが共通でしょうか。機能的な服装のみの。あ、でも、しきたりは守るほうです。

 会社の会議にスエットシャツでは行きませんから。^^

[853-81] ロードと言っても brm-codama 2013/02/04(月)18:18
   一般に流行している炭素繊維樹脂製メインでカラフルペイントのロードとスリムなスチールで丈夫な金属製パーツを使ったシンプルで渋いロードとは全く別物だと感じています。
エンジンである動力源は同じなんですが、趣味趣向がはっきり現れるものですね。
個人的な感覚なんですが、自分の中には実はジャンル分けが無くて タイヤが太くしたり丈夫さを変える、車輪径を変える、マッドガードが付く、使用状況に合わせリムを重く頑丈にする、荷物を体から離し積みたいから前へキャリアを付ける、荷物が増えるから後ろへもキャリアを付ける、荷物が重くなるからキャリアを丈夫にする、タイヤが太いから大型のブレーキを付ける、体格や体力及び使用状況に合わせフレームチューブや設計を考える…という感じで変化して行きます。
一応会話の中でジャンル名は出ますが、使用状況を聞き仕様を考えて行くと意外にも最初に言って来た希望のジャンルとは違って行く事もよくあります。
服装は実際に現場で実用性が無ければ困るんですが、センス良く 格好良くモテるものでありたいです。例え上質な良い物であっても 肝心な本人に似合わない取って付けたようなアンバランスな物では嫌ですね。修正して行き使いこなし着こなして自分の体の一部にして行く物かなとも感じています。

[853-82] 普遍の美 自転車の格 2694 2013/02/04(月)20:45
   ランドナーは、普通の乗り物です。
色々考えるのは、せっかく自転車を作るなら、深く味わいたいからだけです。

服は、プロのロードレースの人達と違い、お仕着せがないので自由です。
普段通う店の運営するクラブのジャージを着たりするのは、アリだと思います。

自転車に格とか普遍の美とか言うのは、自分の心に仕舞うべきことであまり他人に自慢すべきこと、吹聴すべきことではないです。
自転車は、531のパイプくらいで格が上がらないと思います。
乗り手に合うことが最上だと思います。

Tーエイやエるス、サんジェのそれぞれの個体には、それぞれの事情があり世間に言うべきことではないことが沢山あります。
つまり一般化できません。
着るものもBBさんのリアリティーから表現されると良いと思います。ユーモアのある方なら遊び心を付け加えると尚素晴らしいと思います。

美というのは、自分にとってはスリリングなものでもあります。

格好いいは、格好悪い
格好いいは、格好いい

[853-83] 格なんて無い KEROYON 2013/02/04(月)22:14
    この間、「今日は、トーエイで来ましたが、今度は、一緒にアルプスで走りましょう!!」と言ったら、「トーエイとは、なんて高級な!!僕らの頃は、クラブマンエースも高くてグリーンキャップをやっと買いました。」と、おっしゃっていました。
 年配だと、そういう感覚が残っているのかと思いました。前も言ったけれど、「神田で作る方がドキドキしたものですから、僕の中では、逆ですね。」と言ったら、なる程、人それぞれですね!!となりました。

 RHを自分でオーダーした人って、何人いるのかしら?少ないと思うんです。
 そうすると中古でしょう。そういうスタートラインだと、思い入れが半減するんじゃないですか?
 それに、そういう類だとオリジナル性を意識して、自然と博物館モデルに仕上げてしまうと思うのです。
 そうなると、中々オリジナリティというか、自分の物に仕上げるのが大変な条件になると思います。
 ですから、それをサイクリングでも使って、上手に風合いも残しつつ乗り込んで道具にしていっている方も存じていますが、相当のベテランサイクリストでエンスージャストも兼ね備えているからだと思います。

 RHもインターネットを活用した中古ですと、レストアラーとしての作業は大変でしょうが、本人からすれば、それ程、価値が高くないと思います。
 むしろ、悩んで初めてドキドキしてオーダーしたランドナーとかロードの方が、本人にとっては、宝物なんじゃないですかね。
 持っていないので、推測ですが・・・

 ですから、乗ってくる側と眺めている側では、ギャップが有ると思うのです。
 そういう自転車でもブランドで良い!!と思うかもしれませんが、ブランド固有の乗り味も有り、それが合わなければ、一生懸命に組付けても、どーやっても乗り易くならない場合も多々有ります。
 その場合、「アー僕は、RHの星に生まれなかったな・・・」となり、ちっとも良く無い訳です。
 
 こう考えると、格なんてのは無い。
 本人が乗ってどうか?という事です。
 
 ただ、自転車なんて、テクニックがあれば自転車に乗り方を合わせる事も出来るし、長年やっていれば、自然とそういう乗り方を無自覚でします。
 その時に、その走りが好みか?という事で、乗り易いか乗り難いかじゃないです。
 この自転車乗り難い・・・と、思う程度じゃ、自転車とのつき合いが足りないとも言えましょう。
 ですから、理想も有りますが現実もあって、何度も言っていますが、此処に挙げたブランドならば全部一流品ですから、乗り難い筈が無いのです。
 もっと言えば、最近も数万円の自転車に乗りましたが、スイスイ走ります。
 自分の愛車と比較さえしなければ、これで十分です。
 
 外車にしろ国産にしろ、ちょっとした違いを見つけて、皆でワイワイ酒の肴にするのも戯言です。
 面白半分にやっている訳ですから、それで良いと思います。
 自分の心に仕舞いこむ必要は無いし、俺のは××だぞ!!と、ドンドンやれば良いのです。
 てやんでぃ!!俺のは、ケンコーだぞ!!ヒドリだぞ!!となり、マー凄い!!ってな感じで、別にフランスの高級車が一等賞になる訳でもないですからね。
 そーして、心の中では、「僕の自転車が一番だ」と、皆、思っていて遊んでいる訳ですよ。

 531のパイプに格が有るとは思わないけれど、良いフレームや良い時代のパイプは有るでしょうね。
 531でもコロンバスでも石渡でも丹下でも。
 だから、良いパイプを上手なブレンドをしているフレームならば、格が有るでしょう。
 それは、大いに賞賛する事だと思います。
 黙って、一人でほくそ笑む方が陰湿かもしれません。
 ひけらかしていると感じれば嫌味かも知れませんが、それは、レシーバー側のひがみ根性・貧乏症ですよ。ただの普通の会話に過ぎません。
 エリート社会の社交界に行くと、何処卒とか爺さんが政財界の誰だとか別荘だ自家用なんとか・・・糞真面目人間だと、それこそ嫌に成りますが、それが戯言なんですよ。
 それに、パイプセット程度でフレームの優劣が決まる程、単純じゃないですよ。
 ですから、ここはこーなっている、こーしてある!!という説明は、僕には、凄く参考になる事柄で有り、仮に自慢だとしても有り難く拝聴したいです。
 格好の良し悪しは、好みですが、材料や製造技術の良し悪しは真理・原理原則です。そこを探求したり好奇心があるに過ぎません。
 それは、大いに発信して貰いたいですね。
 むしろノウハウだからと出したがらない処を聞き出したい位です。
 ビッグマウス、積極的批判、大いに結構な事です。
 何処までが戯言で何処からが真実かを見究める目が求められます。
 それは、この3QQQの場でも一緒じゃないかなー。遊び場ですからね。

[853-84] 自転車の格 ひらの 2013/02/05(火)19:08
   どんな物でも、やはり格というのは存在すると思いますけど…

ただ、2694さんの言う通り、あまりその格の事に関して自分から語るのは僕も好きではありません。

格という問題でもないですけど他者のそういう自転車を誉めたり語るのは好きです。

心の中で深い憧れはあった方がいいですからね。
因みに長野入りして今日は準備、明日、本番走行です。

[853-85] 格の違い KEROYON 2013/02/06(水)01:14
    「格」と言っても、頭の中で描いているモノが、各人違うと思うのです。
 取っ掛かりから言わせて貰えば、BBさんのフランスの神格化?されている銘柄を意識した服選びの疑問譜から始まっています。
 それを受けての格に対して受け答えしている訳です。
 僕が一貫して言いたいのは、そういう事を意識しないという事なんです。

 同じ本でも、文庫本/単行本/初版本/サイン本だから・・・そういうのは、コレクターとしての格。
 その世界の価値としての格、これは、存在するでしょう。
 ですが、書かれている内容は一緒です。

 細かく見れば、同じ銘柄でもスーパーなんとかとスタンダードなんとかに格(差)は有るのかも知れません。
 それが品(格)の違いになるかは、別だと思っています。
 ひらのさんのおっしゃる格は、グレードだと思います。思うが強過ぎなら含まれていると言い換えます。

 例えば、レース用のトップ機材の場合、最高性能を求める為に寿命が短い。でも、練習用は、性能もそこそこですが安定している。
 これは、タイヤでも部品でも良く有る事です。
 
 この製品良いよ!!悪いよ!!と素直に言うのは、別に高級も低級もなく、そう思ったからに過ぎません。
 マスプロ車だから、こそこそする事も無いし、銘車だから威張っていると思われると嫌だからと、目立たない様に隠す事も無いでしょう。
 また、自分が良いと思って作った自転車が国産ビルダーだからと、引け目に感じる事も変ですよ。
 自分の物だから、意識せず普通に分け隔てなく使うし、ちゃんと聞いてくれば此方も素直に真面目に答えるだけです。
 ですから、どんな方でも、取り立てて格の事に付いて述べる事は、無いと思います。
 経験とか知識という裏付けを前提に、エルスは良いとかサンジェが良いと言っていると思います。
 それは、格をひけらかしている事に成りません。
 身に纏うだけで、一張羅を、ひけらかすな!!人民服こそ慎ましやかだ!!立派な識者だ!!みたいに聞こえます。
 そんな思想、どーだって良い事です。
 やるなら一人でやってくれー。

 僕は、2694さんの、前の文書に脈絡の無い、「格」の扱いについて述べているのでは無く、BBさんの「気張って専用のファッションを選んでいるのでしょうか?」という所と格をつなげて、変な誤解に成らない様に軌道修正の意味で述べているつもりです。 「格」そのものが、僕の今迄の趣味人生に無かった単語です。

[853-86] タンタンくん、雪の長野を行く 2694 2013/02/06(水)03:17
   ひらのさん、今回は極寒仕様タンタンくんなんですかねえ(笑)

普通のサイクリングなら、何もないのが一番ですけど、やっぱり立ちはだかる困難の二つや三つはないと冒険にならんです、吹けよ吹雪、目覚めよ熊(゜Д゜;;)

おそのさんも、出会ったひとがひらのさんだけに最初から濃いサイクリングしてますよね。

楽しく無事で帰ってきて下さい。レポート待ってます(*^o^*)

[853-87] 同体があっての格。 2013/02/06(水)06:50
    「格好いい」と祭り上げるのは「格好悪い」
 「格好いい」と自覚するのは「格好いい」

 で、良かったでしょうか、2694さん。ちょっと違うような気もするけど。で、格ですか、KEROYONさん、ひらのさん。
 格調、格式、格下げ、別格、人格、社格、格別、車格と、♪格子戸を 潜り抜け 見上げる何とかの 何とかを♪

 でもないですが、どうなんでしょうね。あってないようなもの?。

 「お前とは格が違う」
 「あんたとことは格が合わない」
 「無礼講はあってないようなもの」
 「役者に人格など、あるかいな」
 「あるやろ、役者でも、人として」

 こんなことを思い出しますが、私は、入門当初はあったかと思います。その、かくかくしかじかが。だから、あるのでしょうね、現在も。殆ど減っていますが。T社がもしも、ト○タのような車作りになれば、格を失うかと思います。よって、離れるお客さんも多い筈。先のポルシェも最近は、スポーツカー紛いの実用車を製造されているみたいですが、その格は未だ守ってますよね。あまり、知らないけれど。人には地下室にポルシェと、言っておきながら。結論は、

 整然としている魅力は重要ですよね。だから、服装なども気になってくる訳で。気にならない私は、人格者ゆえでしょうか。と、

 お〜〜〜、ひらのさん。今日から実装、いえ、実走ですか。天気予報ですと、大阪平野部でも3センチの積雪といってました。長野ならば、新雪が数10センチになりましょうか。あまり積もると困りますが、少しの新雪ですと、返って走りやすい状態になろうかと推測です。

 21歳の君は、駄目でした・・。冬のテントはちょっとみたいです、本心は。まぁ、本心を聞けた私は、道が開けたともいえて、何だかワクワクです。崖から落ちるのは姫ではなくて、私かも知れません。

 どうしよう・・。^^

[853-88] 格? brm-codama 2013/02/06(水)10:17
   ”質”は製品を考え作る上で常に気にしてますが、”格”はある意味人々が勝手に付けるイメージ的なモノですよね。
頑なに質の高さを守っているブランドもあり 中には人気はあっても中身が全く伴っていないブランドもあって広告や広告塔の力など幻影の部分も大きい印象です。
他業界の専門誌には製品をバラバラに分解して自前の測定器で精度検査や強度検査をしてデータを公表したり カタログの通りかそうか検証したりして辛口の意見などで質の向上へ貢献していますが、自転車業界の専門誌は広告主への配慮もあり そうは行かないようです。

[853-89] 早川義夫 かっこいいことは なんてかっこ悪いんだろう 2694 2013/02/06(水)12:16
   かっこいいことは なんてかっこ悪いんだろう

早川義夫のアルバムタイトルにありました。なんとなくそれが頭にあって書きつけたのだと思います。
いわきの自転車屋で置いてあるNサイをパラパラして、ランドナーのパラレルの美、人間の普遍に通ずる美とか書いてあるのを見ていたら、そうかな?という気持ちが頭に湧いてしまいました。

2694の自転車、アンパラレルだから失格だね(-ω-)と笑いました。
自転車っていうのは、単純な幾何学、静的世界じゃなくて、人間という生き物がペダルを漕ぎ、道の勾配や、風、トルクや回転に合わせ姿勢を変えていく複雑な動きを受け止めて、供に進んでいるはず、動的なものです。

壁に立てかけた自転車は、走っていないけれど、乗り手の走りの気配を色濃く残しているはずです。
そこに惹かれますね。

相変わらず脈絡がないですね。

[853-90] 単車は全然の私は、その動と関係ありのような。 2013/02/06(水)20:58
    惹かれたんですね、2694さん。「かっこいいことは なんてかっこ悪いんだろう」に。その方、どんな意図なんでしょう。この一行では分かり難いけれど。で、「格」を調べてみますと、

1 組成された物事の本質をなすもの。「骨格・人格・性格・体格」

2 そのもののかもし出すすぐれた個性。「格調/品格・風格」

3 がちっとはめこまれた一定の枠。規則・基準・地位・等級など。「格外・格式・格別/家格・規格・厳格・資格・失格・昇格・正格・適格・同格・破格・別格・本格」

4 本質までつきつめる。いたす。「格物致知」

5 止める。固定する。「格納」

6 (「挌(かく)」と通用)取っくみ合う。うつ。「格技・格闘」

7 文法で、自立語の関係を表す語。「主格・賓格・目的格」

 と、出て来ました。人格は、性格とほぼ同義であるらしいです。でも、

 「しいてその違いを述べるならば、性格が情動的な面、意志的な面の個人差を強調するのに対し、人格は知的な面をも含む広い概念で、全体的にとらえた統一体としての個人の特徴といった面を強調している」

 とか。自転車の格とはの「格」は、私の場合、1と2と3がごっちゃになっていたようですね。

 2694さんは、性格の格?。
 ひらのさんは、資格の格?。
 KEROYONさんは、あれ、どの格でしょう?。
 brm-codamaさんは、風格の格?

 因みに格好ですが、

 《「恰(あたか)も好(よ)し」の意で、ちょうど似つかわしいさまが原義。形がちょうどよいというところから、姿・形の意にも転じた》

[名]

1 外から見た事物の形。姿。また、身なり。「髪の―を直す」「殴る―をする」「はでな―で出かける」

2 人に対して恥ずかしくない姿・形。整った形。体裁。「びりでは―が悪い」「―をつけて歩く」

3 物事の状態。…のようなようす。「親に忘れられた―で育った」

4 (年齢を表す語に付いて)年齢がだいたいそのくらいであること。ちょうどその年くらいのようすであること。「四十―の男」

[名・形動]

2 ふさわしいこと。似つかわしいこと。また、そのさま。「―の夫婦」「手土産に―な(の)品」

3 値がちょうど手ごろなこと。また、そのさま。「―な値段」
 
 のようですね。^^

[853-91] 格じゃないです KEROYON 2013/02/06(水)22:03
   例えば、結婚する時に、「格」で決めるでしょうか?

 美人だったら、審美眼を持っていると思われるか?
 フランス人だったら外国語ペラペラに見られるかな?
 ボン・キュッ・パなら羨ましがられるかな?
 柳腰なら和風美人でつつましやかな?

 自転車も、フランスの銘車なら・・・こんなマスプロ車だと・・・

 だから、「格」の意味が何であれ、そういう事に触れる事は、タブーですよ。
 自分の意見を述べず、「格」だけ出して相手にそれを言わせて、トラップを掛けるみたいな話題なので、もう止めませんか?
 どう言おうが、良い言葉は見つからないです。
 それに、格好がどうのと主観が絡めば、答えた方がドツボにはまります。
 
 前回も述べましたが、BBさんに抵触する様な銘車のを臭わせたので、それを回避する為に書き込みしたのであって、格を話題にしたくないのが、正直な処です。
 
 普段から人の目を過敏に意識して自信が無いから「格」なんて言うんじゃないですか?
 自分は自分だ!!と、自己と自負があれば、微塵もなないです。
 何度も言いますが、「格」なんて事、今回、言われるまで、我が辞書に無しです。

 2694さんは、そういう感覚は、無いかもしれないから可哀想な言い方になるけれど、相手の心を誘導尋問で探る様な話題と書き方、それを高見の見物して、その感想も述べずに、また、次のテーマを出す・・・そういうの止めましょうよ。

 ひらのさんが書いている様に、言葉足らずで何が言いたいか判らないし、変な人物の抽象的な言葉をポツンと引用されても、受け手側は、迷惑に感じます。

 文責じゃないですが、最初から逃げ場を作らずに、話題を提供してくれないか!!と、思います。

 ケロヨン君は、書き込まなきゃいーじゃないか!!と、言われると其れまでですが・・・

 猫に鈴を付ける発言になるのか、単なる嫌味なのか判らないが、僕は、気になりました。

[853-92] 鶴さん 調べましたね。 brm-codama 2013/02/06(水)22:48
   自転車の格と言う場合は2でしょうね。
*ルシェですが、フェルディナンド・*ルシェはヒトラーの国民車構想のために*ォルクスワーゲンを開発し 長く続いた空冷エンジンも本家*ルシェの特徴でもありました。あの音は個人的にはどうも受け付けませんでしたけど 今は水冷ばかりで そうなると独特の音が聞けないのは残念で 人間の感覚とは実に勝手なものですね。かつて914という大衆的なスポーツモデルも出していました。
2694さん 確かにパラレルフレームが美しく合理的とされた時代がありました。でもその後ヨーロッパから実戦的な設計法が伝わり 体格やフォームが違うのだから 迷信のようにパラレルに囚われる事はおかしいんだと理解され 合理的に自由に設計する方法が定着しました。
KEROYONさん 自分も格付けするなんていう事は大嫌いです。またここ3QQQへ集まったメンバーも同様で特定ブランドの信奉者は寄り付きませんし 間違って来てしまっても場違いな所だといずれ気付きますね。自由にあらゆる自転車や部品そして文化を研究し、その魅力を探り気兼ねなく発表し合える場でありたいと思います。

[853-93] KEROYONさん、返答です 2694 2013/02/06(水)23:09
   まず最初にKEROYONさんと自分2694は、もともと知り合いです。内輪もめになるのかな?

サんジェもトーえイも
それぞれの個体にオーダーに関する、それぞれの経緯がある。
どちらも代理店を通じたり、直接オーダーに行ったりする場合がある。

どの方法でオーダーしようが上手くコミュニケーションが取れた場合と取れなかった場合がある。
代理店を入れたことで意図が伝わらないこともあるだろうし、よき仲介者になることもある。
直接行っても此方の知識不足、伝える能力、ビルダーとの考え方の違いから上手くいくとは、限らない。

KEROYONさんは、トーえイのフルオーダー車を、代理店が入る形で 注文したがチェーンステーの長さで揉めた経緯がある。
2694の解釈では、KEROYONさんがどちらかといえばロード志向だから650Aカンチブレーキのランドナーだが、トーえイのスタンダードを熟知したうえで、チェーンステー短めに作るようにと言葉を添えるべきです。
2694は、トーえイのスタンダードを理解し、それを逸脱する場合はリスク負うこと、叩き台にしている自転車の例、実車をもとに話し合います。
KEROYONのトーえイが手持ちの自転車で格下にならざる得ないのは、KEROYONさん、代理店の責任もあります。

一方、サんジェも同じ代理店で行いましたね。ある程度の部品指定をし、大まかな寸法、タイヤの太さ銘柄無しで700Cと注文されたと思います。
ステムは、5ミリ短く来た。タイヤは、700×19Cで出来てきたがお任せにしたからなのか呑み込みましたね。タイヤだけは、700×19Cを履いているのは、見たことがないので不満なのだと思います。

日本のオーダーは、フルオーダーになるとある程度自己責任ですね。
トーえイは、トーえイなりに心配してチェーンステー短くないかと言って来たのだと思います。
親切だと思いますよ。先ほど言った通りスタンダードを逸脱し、ユーザーが見えない時には、一言添えるべきです。勝手にKEROYONさんがトーえイに心のわだかまりを持っているだけです。
オーダーは、自分だけではなく、作り手の基本的な考え方、逸脱した場合の判断まで考慮に入れるべきです。

悪い言い方ですがトーえイの格を言うより、オーダーが失敗なのです。貴方のトーえイが格下なのです。

こんなこと、不特定多数の前で言うべきことですか?
言うべきではないと思います。

もしサんジェの自転車に付いてきた送り状に、貴方のためだけに作ったスペシャル一台と書かれずにサんジェ・レプリカと書かれていたらどう思いますか?
せっかくコンプリートしてもらったのに、見る人が見たら調子良く変速しないチェーンを付けてこられたらどうでしょう?

いちいちこんな場で言う話しではないのです。
当人が分かればいいのです。

[853-94] うーむ… ひらの 2013/02/07(木)00:22
   keroyonさんは「格」と言うのをあまり話題にしたくないんですね?

うーん…どう言えばいいかしらん?

僕の思う「格」はやっぱり風格かなあ?
自分が所有するとかしないとかは別にして、やはり作りての鬼気迫るものを感じたりすると、やはり打ちのめされる時があるので、そういうのは「格」が違うなあ、って思うんですけどね…

よく例に出しますけど、カトピンさんとEルスのコンビネーションが生んだ総メッキのスポルティーフなどは、やはりどうしても「格」を感じてしまいます。

とても自分が所有しようだなんて思いませんが。
あとは20年代から30年代ぐらいのCルティェの腕時計群とか、もう、目をひんむくぐらい凄いな、って思ったり。
自分の所有物とかは別にして、そういう本当にいいものを、知識がなくてもいっぱい見るのは楽しいし、いわゆる「格」っていうのとは違うかもしれないけど、そういう凄いものを知っておくのは無駄にはならないですよね?

[853-95] なんかずれていますよ1 KEROYON 2013/02/07(木)01:32
   何度も言いますが、「格」については、君は女の子に暴力するか?じゃないけれど(なんか違うけれど、まっイイカ)触れたくないんです。
 もっと、明るい話題にしましょうよ!!

 こんな事コメントしたらエルスやサンジェ持っている方に・・・でもトーエイもアルプスもも・・・なんて気を使う、下手すると口が滑る(書き方表現で誤解を生む)って事なんですよ。
 僕は、個人対象にじゃなくT.P.O.を言っているだけ。

 ついでに、お答えすると・・・
 僕が、自分のオーダーに対して、如何考えているかは、2694さんに限らず誰も判らない事。
 格下とか失敗とかも勝手な推測になります。
 だから、真に受けちゃ駄目ですよ!!と、老婆心ながら、言っておきます。
 それと、僕が、ひらのさんのローバー、イー感じだな!!って勝手に思うのは、別問題で有りですよね。
 さらに説明して貰ってフムフムと。そんで帆布のバックとか服とかサイクリング全般の話しして・・・

 具体的に少し、ロード志向だから短めなチェンステー・・・何ですかそれ?
 そんな曖昧じゃないです。乗る場所を想定して作る。身長の違いによる寸法取りの違い、チビだから。
 短めにすれば変速効率とか、歯数差とかチェンライン、各部品も色んな関連性が。それも含めて指定していますなんて言わなくたって、至極当然の事じゃないですか。
 見る人が見れば、洞察出来る事ばかりです。
 サンジェのタイヤの件も違いますが・・・まあ、ノウハウになるので。ハハハっと誤魔化して。

 此処からが、本論です。
 例えば、その時は、上手く出来たと思っても、(どの位かは、別として)乗ってみたら、なんか違うかなとか、こうした方が良かったんじゃなかろうか?と、ヒントが見つかれば、次は・・・という感じですか。
 2694さんは、一台完結主義っぽく感じますが、僕は、通過点だから。

 最初は、乗り難い感じ(違いますね、今まで感じた事の無いフィーリング)でも、10年位して、やっとホホーっとか。
 逆に、持っているのと同じ感じに出来てきて、それで良いのだけれど面白味が無かったとか。

 逆に、若い乗り込んでいた時だから良いんで、年寄りになり自転車に付いて行けなくなって来たとか。
 逆に、のほほんとしていたのが、却って良く感じてきたりもする。
 
 だから、格なんて無いんですよ。
 それが経済の好不況の周期じゃないけれど、短期・中期・長期の色々な周波数によっても、それぞれ違って来る。

 たまたま、前日に誰かの自転車に乗ったら良かったから、その日に褒めてみたり、あるブランドが良い感じだったので部品を付け替えようか、良くなかったぞ(例えばダートで滑った)なんて聞いて取り替えたり・・・その程度の事を、パッと思いついて喋ったりしている。
 皆さんも、それが普通だと思うのです。
 だから戯言なんですよ。朝令暮改も良い所です。

 聞かれれば答えると言っても、その強弱や心理的影響まで正確に述べる事は出来ませんし、する必要も無いでしょう。
 だから、冒頭で述べた様に、誰にも判りませんよ。
 変な話ですが、自分にも判らない位です。

 また、大金持ちだからと、古今東西の自転車を、とっかえひっかえして何百台も乗ったとしても、馴染む時間も無いし、アドバイスにしてもも千差万別だから、鵜呑みだと何だか判らなくなって来る。
 良し悪しは、乗り手のテクニックや体調も有るし、最近乗っている回数(トータル時間も有れば、ランドナーばっかりでロードに乗っていないとか、もっと細かく言うと170oのクランクばかりで165oに乗っていないとか)そういうのでも違う。

 いずれにしても、他人に吹聴する程、とんでも無いものじゃないですよ。
 だって、自分が自信を持って仕上げてきた自転車ですから・・・
 と言う様に、中心軸が定まっていない訳ですから、格なんて無いのです。
 
 この間も、ある方に、「僕のトーエイは、ちょっと失敗した処があるね!!」と言われたけれど、そりゃそーだよね。就職してから直ぐに、やっと作ったのだから。習作としては、上々の出来ですよ。
 少なくとも、サイクリングに行って、自転車の調子が原因で、峠で千切れる事も無いし下りで恐怖を覚える事も無い。
 自慢とか比較するものじゃないがプロトン・パーティで他の人と同等に走れていますから、口で言う程、失敗じゃないですよ。
 でも、僕の中にも多少也とも、習作っぽいかなって気持ちが無くも無いです。

 だから、今回のきっかけで、これを書けば書くほど、益々、「格」なんて無い事が再確認出来ましたね。
 それと、判る人には判るのでしょうが、判るかな?判んねーだろうな!!ってコマーシャル有りましたが、それもレシーバー能力によるって事です。
 このコメント自身も含みます。
 
 2694さんに言いたいのは、ある特定の方や趣向のグループと判り、その方が読んだら当て擦りに感じる書き方は、少なくとも本人なら判ります。
 それは、お止めになった方が・・・誰かは、貴方が一番判っていると思います。
 暗黙のルールは、守りましょうね。

 僕は、俺は俺ですから何言われても平気ですが。
 まあ、出来の悪い子程、可愛いって言いますし。

 2694さんも、元気そうでなによりです。
 今は、離れているけれど、良く語り、お互い良く走りましょうや!!
 こっちは、年寄りなんで無理が有りますから苛めないでね!!と、いちおう予防線・・・

[853-96] ひらのさんの格 KEROYON 2013/02/07(木)01:52
    ひらのさんは、カメラお好きだから判るかと思うのだけれど、好き者なら、ライカも、それに付ける変なレンズも、趣味人の定番だから、仲間なんか腐るほど持っている訳ですよ。
 でも、一時、フジペットを各色揃えてみましたとか、本日の撮影会は、リコー・オート・ハーフの花柄模様で同じ花を写すか・・・。
 この2枚玉のチープ写りは、デシダルじゃ無理!!なんて。後期型だけ3枚玉だとか・・・どうせグズグズなんですが。
 だから、あんまり格なんて意識が、無い気がするんですね。おっさんが、可愛い!!って感じで。

 しいて挙げれば、アイリスの2眼レフだけれど、僕のはニコンのレンズだとか、スーパー820(これ自体も少なくなって来たけれど)のシャッター、イプシロンじゃなくコンパーだとか・・・、写真の仕上がりが違うでしょ!!なんて言って、盛り上がるとか、その程度ですよね。

 オーッと思うなら、自分のサンジェ、オーって思います。
 それと、譲って貰った例のキャリアのアルプスも。 キャリアだけでも、オーッとなるでしょ。
 なんか言い出すと、全部になって来るけれど。
 だから、それが、ひらの流の格なら、格ですね。

 僕、そういうの他の趣味でも家に持ってますから。
 ひらのさんもお持ちでしょうが・・・
 これだけ捕らえれば、嫌な奴なんでしょうが・・・

 道楽しているから貧乏ですよ。勉強代払っていますから。人よりちょっとだけ見たり知っている筈です。
 そういう人間に限って心に空洞が有りますから、妬まなくっても良いんですよ。寂しい人間です。
 どこかが出っ張れば、同じ位へっこんでいるものです。

[853-97] 許されざる者 2694 2013/02/07(木)03:27
   この世には、クリント・イーストウッドの映画の題名じゃないが、

「許されざる者」

というのがいるのです。当て擦りではないですね、嘘ではないし。
この人たちは、自転車で何したいの?
じゃあ2694は、どういう方向性で自転車と付き合うの?
ということだと思います。
妬みは、ないです。勘違いでしょう。羨ましくもないです。
背伸びは、ちょっとでいいのです。

[853-98] 許してくれている自転車。 2013/02/07(木)06:32
    むかし、「あなたを許さないわ」と、ことある毎に噛み付いていた女が、
 「許してあげなさい」
 と、仕事のことで、彼女は全然知らないある人間を罵ったとき、こう言うので、
 「お前が許せよ、俺を」
 と、言いたかったけれど、可哀想なので、言うの、やめました。まぁ、徳川家康でもないけれど、

 堪忍は重要ですね。座右の銘が、その堪忍では面白くないですが。自転車はと申しますと、

 「その方を好きな理由は?」
 と、聞かれたとき、
 「好きなものに理由など、ないわ」
 「あったとしても、うまく説明でけへん」

 が、普通ですよね。よく考えますと、格とは、単なる格別だったのでしょう、私の場合。

 「君は特別さ」を
 「君は格別さ」に

 セリフを変えてみようかな。「格別?、セッ○スのこと?、嫌らしいんだから、もう」と、誤解を受けそうですね。
 「お前が一番に嫌らしい」
 「人が見てないと思って」
 「そんな大胆な事を」 
 とは、思っても言わないようにしなくてはなりませんね。で、偶に思いますが、愛車が喋ったら、どうしましょうかね。

 私は、縁を切るかと思います、その自転車とは。^^

[853-99] 自転車が喋ったら brm-codama 2013/02/07(木)10:44
   設計寸法というものはカメラのズームレンズと違って一旦出来上がったら 固定焦点レンズみたいなもので その自転車独特の走行特性に合わせて乗る訳で そこを逸脱すると乗り難かったり 寿命を極端に縮めてしまう事になる訳です。
登りで特に快適な設計・仕様にしたら その分は下りは制限が多いんですが、ある時に想定よりオーバースピードで下りを走っていたら路面が想定外に荒れていて極端に悪くなり 当然ながらフレームに凄い共振が発生し 普通ならそのまま通り過ごすのですが、悪くなる一方のためそれも無理で 泣く泣くブレーキを当て減速し ぎりぎりで共振破壊(ヒビ)を免れました。それでも自分の目にはわかる僅かなシワが発生してしまいました。
もし喋ったら
「そんなスピードじゃ 何かあったらどうしようもなくなるでしょ…」
「もう少しで壊れるところだったじゃない。限界を越えないように余裕を持たないと こんなになるのよ。用心して!」
しかし不思議とまだ壊れていなくて乗り続けていますが、体力も落ちて来たせいか 昔は乗り難さを感じたしなやかさも関節への負担が少なく 今は丁度良くなって自転車へ乗車出来る寿命?を伸ばしているように感じます。

[853-100] 寿命とかへたり具合って? KEROYON 2013/02/07(木)19:25
    電子シャッターのカメラの場合、おおよそ10万回で駄目になるみたいです。
 本当かな?と、思っていましたが、3年半で、その回数になった時に動かなくなりました。
 3年ですから、電子回路の劣化等じゃないだろうし・・・という感じです。

 brm-codamaさんが振動のテーマだったので、ふと疑問に思ったのは、自転車も何キロとか目安が有るかと。
 ラケットの場合、ボールを何億回打つか判りませんが、選手の頃は、2年位で弾みやフィーリングが悪くなりますから交換します。
 選手ですから、毎日練習しますし、ボールが一センチ飛ばなくなって来たとか、日々の微妙な変化も認識出来ました。
 勿論、今は駄目でしょうね。

 この間も、馴染みのレースマンのいるショップで雑談したら、「カーボンで数年位かな。伸びなくなるでしょう。その時は交換します。」との事でした。
 スチールだと、如何なのでしょうか?
 
 僕は、亀裂が入る迄、乗った経験は有りません。
 若い頃ですが、その前に、なんとなく重くなって来たので、ちょっと勿体無く思い、其処から半年位は乗りましたが、金鋸で刻んで捨ててしまいました。

 もう女子供の脚力ですから、それこそ亀裂が入る迄乗ってしまって良いのか?も、知りたい所です。
 
 それと、皆さん、ランドナーで「古くなって来たから、伸びなくなって来たな!!」って、感じた事有りますか?
 酷使されるローバー君なんかだと、早いんじゃないかと思います。

[853-101] Re,寿命とへたり brm-codama 2013/02/07(木)21:40
   これまた一概に言えないものなんですが、腰や膝など関節が弱い人には最初から硬さが無くコシが抜け掛かったような当たりの優しいチューブを好んだり わざと使ったりしますが当然このタイプの肉薄なモノは寿命が短いですね。
同じ肉厚でも緻密なで強固な材質だったり熱処理強化で高弾力だったり表面硬化や全面超硬化処理されたモノは分子が破壊されにくいようで寿命も延びる感じです。
一定の間隔でトレーニング/レースとやって行くとはっきり弾力性が変わって行くのを感じるモノもあり 硬さや弾力性は各人の好みがありまして 人によっては乗り込む事で体に馴染ませ ある程度へたったのを好む方もいます。
かなりの距離やダンシングで長時間 振動やストレスを与え続けていると金属疲労(繊維樹脂も)は早いですね。体重や身長があれば尚更早く疲労するようです。強い人は練習もかなりやるのでその分寿命も短いです。
アルミ全盛の頃は一流のクライマーは軽量モデルを7ステージ使うとへたって使い物にならないので次へ交換していました。
ツーリングモデルだと乗り手の体格/体重や筋力、荷物重量や重量配分、路面状況など考慮しなければいけませんね。フルキャンピングは過酷な使い方をするなら大体の場合は肉厚で交差補強した構造にしないと持ちませんね。でないと前後が別々に揺れ動いて乗れたもんじゃないし すぐ割れてしまいますね。

[853-102] 加工硬化 KEROYON 2013/02/08(金)01:44
    素人なので、頓珍漢だと思いますが・・・
 切削等を行うと加工硬化が起きますよね。

 自転車でも、乗っていると引っ張られたり押されたりしている訳ですから、弾性力が、常に働いていますよね。
 素人ですから、縦/横/ねじれ剛性なんて、生意気な事は、無視させて頂きますが、その繰返し応力により、じわじわ硬くなるという事でしょうか?
 
 硬くなる事から、「重くなる」と感じるのでしょうか?
 それと、何故重くなると「伸びなくなる」と感じるのでしょう。
 素人雀の雑談レベルだと、1回変形させた力が、バネの様に跳ね返った時に推進力を補うから・・・なんて、生意気に言ったりもしますが。
 理屈は兎も角、走らなくなったなぁ!!と、感じるのは、事実として経験します。

 プロセスが判ったとして、その目的は?と、問われると困りますが、僕としては、最初の質問に有る様に、普通のクロモリ・フレームで、普通に乗っているとして、廃棄年限(走行距離等と言うと、少し正確ですかね)が有るのか?という事です。

 簡単に言うと、「もう乗らない方が良い。飾りなさい。」という目安が有るのか?という事です。
 そして、それの判断基準が有るのか無いのか。
 例えば、古自転車で事故したら、どんなに整備していてもフレーム体で判断されて不利になるとか無いのでしょうか?
 車検制度とか無いので、良く判りません。
 調べるとすれば、JIS規格の自転車の項でしょうかね。

[853-103] 加工硬化は、 brm-codama 2013/02/08(金)14:55
   加工硬化は、自転車用スチールチューブの場合 表面を意図的に激しく打撃・圧縮しない限り起きない材質になっています。
チタンは普通に手やすりや機会加工で削るだけでその僅かな温度変化で硬化し簡単に割れます。
長く使って重く感じるのは、精度の低下とヘタリ/弾力性や復元性の低下ではないでしょうか?いずれも検査は可能ですがバラバラにしないと出来ませんし、何せ面倒です。
レーサーなら寿命が来て壊れる前に乗り止めて非常時用のスペアとして保管するよう勧めるのですが、ツーリストの方などで自転車に名前まで付ける方もいたりして愛着があり 乗り換えにはかなり抵抗があるようです。
また事故が起きて保険会社が担当する場合 通常なら使用年数で減価償却され3〜5年で10%ほどの価値と換算されます。なので古い物でも希少価値があるケースなど説明が大変ですね。

[853-104] 寿命って、難しいですね。 KEROYON 2013/02/08(金)16:24
    車両運搬具の法定耐用年数表を見ると2年ですね。
 だから、事故等では、これで判断される訳ですね。

 自動車が、業務用だと3年になっています。
 親父がそちらのプロでしたから、運転も丁寧ですし自前の整備工場も有り、社員がメンテしてくれる訳ですが、クラウンとかの国産車だと8.5〜9.0万キロ位で駄目になるなぁ!!せめて5年位持って、フルモデルチェンジに届くと良いのだが・・・って、溢していました。
 それと同じ基準による設定なら、そういう物かもしれませんね。
 カーボン・ロードの彼の感覚だと、車の買換えみたいな口っぷりでした。
 でも、実際は、10万キロ位は、普通に乗りますよね。
 毎日100キロ走って3年ですね。
 練習嫌いな選手でも、平均すれば、そんな感じでしょうか。

[853-105] 小柄で brm-codama 2013/02/08(金)17:49
   体重も軽く短いクランクで主にシッティングフォームで回してペダリングする人はあまり消耗しない感じです。
逆に同じ体重でも身長が高く長いクランクで登板路を長時間のダンシングを平気で乗れる人はあまり持ちませんね。ホイールも同様です。


<前の10件]


新規投稿


[2018/05/22 15:07] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10