3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[807-17] 情はいつか帰ってくる BB 2012/04/24(火)22:25 修正時間切れ
鶴さんのお言葉はかなり心にキますね(笑)

私に依頼した若いのは、自転車なんて全く興味ない今風の20代野郎です。
仕事上で、言葉で何かを教えてあげても「わかりました」という言葉だけで多分理解できていないのは間違いない。わかっていたらその後の行動が変わるはずなのですが、同じ失敗をやる。そんな人です。

そんな馬鹿野郎ではありますが、初めて自分から「この自転車を直して乗りたい」と、自転車マニアな私に頼ってきたわけです。

まあ、前向きな気持ちを初めて先輩に語った訳でして、1万円という若手にはでかい予算を提示したところは評価しつつ、実は本日「その1万円出せ」と言ってゲットし、工具は持参して「自分で分解してみろ」とサビサビパーツを外させたところです。

私が後輩に出資しなきゃいけないかなぁ・・と思う理由は
「いろんな趣味の世界を知って欲しい」
「自転車はほぼ全ての人が体感する乗り物だから知っておけ」
「掘り下げればもっと楽しいとこもあるんだよ」
「じゃあ自転車以外の世界にも手を出してみよう」
と、自分自身の幅を持ってもらいたいから。

これは仕事帰りにお酒でも飲ませながら説教するよりも実技で「考えさせ」「やり方を教えて」「実際に工具を使わせ」「結果を得る」という自転車乗りなら誰でもやってきたことが、実はいつかは仕事につながるような知識であって無駄ではない。自分自身を大きくするという体験をさせる意味でもあるし、私自身が先輩方から貴重な手持ち部品を提供されてきたからという経験があるからのです。

今回彼にとって広がる知識は「自転車の機能」だけかもしれませんが、ここから彼に期待するのは「もしかして他の世界はどれだけ面白いのだろうか?」と自分自身で新しい趣味の世界を広げていって欲しい。

「趣味はいつしか仕事に直結する」というのが実体験なのですが、彼の人間的な幅が広がればそれだけでもいいかなと思うのです。



[2018/05/23 14:21] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10