3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[807-9] エトロトとは、何の略?。 2012/04/22(日)14:57 修正済み
 26インチの1/4は、たしか、594ミリだったかと ×
 26インチの1/4は、たしか、596ミリだったかと ○

 596の数字も、自信ないですが、3/8の590ミリより大きかった筈。'70年代、サイクルスポーツ誌に書いてました。

 おや、597ですか、brm-codamaさん!。今、拝見しました、その記事を。いや、当時は偶数だったような・・。

>20インチ・・タイヤメーカーが・・同じリムに合わなくて

 いつだったか、この問題を、ここ3QQQ電脳談話室で書かせて頂いた記憶も、無きにしも非ずですが、先日、

 先のアラヤさんへ「何とか、ならへん?」と聞こうと思い、電話しました。というのも、預かっているミニベロ(20×1.75のアラヤリムにシュワルベ1.5)の後輪だけ、つけて間もなくサイドが膨らんで来たので直ぐに外しました。そのときお店で確認して貰うと一部分、どうやっても
陥没です。そこにあった国産のパナでも駄目でした。結局、ママースパゲッティ、ちゃう、ママ用ミニサイクルのタイヤをつけて走っています。が、持ち主に勝手に換えたので、「前と後が違う」と責められたとき困ると思い、その電話です。

 「弊社の今は、エトロトサイズのリムですが、平成11年頃ですと、違うビード径です」
 「当時は、統一されてなかったんです」
 「お店にある国産のパナもつかへんよ」
 「シュワルベは舶来で、尚且つ硬いからと思ってた・・」
 「国産リムと外国製リムは違うと、お店で聞いてたのは聞いてたんやけど・・」
 「そういう訳やったん・・」
 「で、削ったらあかん?、リムの内側をヤスリで」
 「出来ないことはないですが、かなりシンドイですね」
 「手で均一にするのも大変ですから」
 「そうなん・・」

 新鋭の台湾アレックスリムや、今のアラヤリムは大丈夫みたいです、brm-codamaさん。

 それで、ナショナルの自転車だったので、そこにも聞いて見ました。最初は何がついていたのかを、タイヤは。お答えは、台湾か中国の、何とかというタイヤでした。私が交換して上げたけど、全く忘れてました。これが2本目のシュワルベです。初めの1本は、そこそこの期間を走ってましたが、やっぱり、途中でサイドが膨らんで来ました。

 結論は、むかしは適当なタイヤを持ち込んで、そのサイズのリムを製造していたんでしょうね。又は、その逆でしょうか、持ち込まれたのはリム・・。

 どこの国も、こんなものかと推察です。(^^)



[2018/11/14 04:05] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10