3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[836-59] 日本の風景にランドナーがそぐわなくなったのは? brm-codama 2012/11/13(火)10:19 修正時間切れ
まずあらゆる道路の舗装化でしょうか。地方のこんな所までという感じで・・・こうなると細いタイヤでも行けたりします。
それと家が地域に根付く形式ではなく、周囲とのデザインスなども考慮せず またそれを制限する条例や法律もほとんど無いに等しいんですが、ハウスメーカーが提案する中から洋風デザインの家を選んでおとぎ話の中から飛び出して来たような家も時々見かけます。こっちもそうですが、不況化した頃 古くなった地域などは防火対策の名の元で古い家を壊しビルや新建材の家を無理やり建てさせる事を強行しました。行政による街全体の都市計画というモノも古い建築の保存を消去していますね。日本は地震国なのである程度は仕方ない所もあるんですが、古来からの木造建築は結構耐えられて壊れても修復しやすい構造だったりしますね。
また自転車自体でロードレーサーやそれ風のデザインのものが大流行で専用ウェアもそれと同時に普及し市民権を得た感がります。自分の中高生の頃までは本格的レーシングウェアは試合用もトレーニング用も高価で簡単に買えるものじゃなかったですが、今は並車なら一万円以下で中華自転車が買えるのと同様にウェアも人件費の安い地域で作るので手軽に買えるレーシングウェアがありますね。あまり廉価なものは腕が通らなかったり、何とか通っても鬱血して困り、首が苦しいのもありました。
結局は 混血海洋民族として刷り込まれて来た日本人の特徴なのでしょうけど 新しい物を抵抗無く取り込み同化させ さらに改良し発展させる特性が基本にあるのかなとは思います。
不思議とヨーロッパの国々のように市民や行政側にも芸術に対する誇りや伝統的街並みを重んじる意識が思考の中心にあり当たり前のように町並みや風景を変えない絶対に守るという信念が、一部の除き大半の日本人にほとんど無いのは、そういう理由なのかなと感じます。
古来から始まり江戸時代に権力側が打ち出す都市計画に合わせて生きて来た民族性が意識しないままに血の中にあるのかもしれません。だってヨーロッパの国で街ごと壊して新しく建てさせたり 大きな道路を通すなんて事になったら まず間違いなく大きく根強い抵抗運動に発展するでしょう。



[2018/11/21 13:36] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10