3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[836-89] リスク ひらの 2012/11/20(火)21:38 修正時間切れ
brm-codamaさん、確かにそうかもしれません。

ブレーキのタイムラグの問題など、微妙なとこですよね。

しかし、逆の例もあります。
おそのさんのアルプスが組みあがった直後の事です。それはダイ○の古いカンティを使用していて、例のマファック用クー○ストップのブレーキゴムを付けましたが、新品のせいか、試走の時、効きすぎて前輪を思いっきりロック、前転してしまいおそのさん転倒、腕を少し打撲した事がありました。
なので、すぐに少し緩めた事があります。

おそのさんも、普段が古いラレーのブレーキに慣れてるせいか、効きすぎるのを怖がって、若干緩めを希望しました。トラブルはその最初だけで以降はありません。

なので、ブレーキなどは難しい問題なのかもしれません。
慣れの問題かもしれませんが、Vブレーキなどに慣れている人なら、カンティなどはブレーキが付いてないんではないか、と思うかもしれないし。

あと、輪行を頻繁にしていると、古い軽合軽量パーツなど、少し心配にはなりますよね。
古い日○の軽合引き上げ棒とか、軽合ロックナットとか。
ただ、その分、頻繁に車体をいじっているので、異常はチェックしやすいメリットはあるかもしれません。
この旅では、前輪のオープンサイドのタイアのサイド部がぼちぼち寿命で、穴があきかけていたので、家までは持ちましたが今日、新しいタイアにチェンジしました。その際、後輪から必ずやられるので、新しいタイアを後輪に回し、後輪は前輪に装着しました。

軽量化と輪行、旧型部品の関係は悩ましい部分でもあります(涙)



[2018/11/14 01:50] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10