3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[841-26] スパイクタイアいろいろ ひらの 2012/12/21(金)11:36 修正時間切れ
鶴さん、ネット上で、スパイクタイアいろいろ見てみました。

確かに今、いろいろ出てるんですね。

ハチサンスパイクも、27、26、24とあるようですが、これは…?
今でも入手可能なのだろうか?北海道のカク○○の、ウ○ンターベロシリーズは何年か前に製造中止になってるはずですが。
北海道のカク○○のタイアがよかったのは、耐寒性ゴムが採用されているので、重いけど柔らかく、そう簡単にはひび割れたりしない事でした。

一番最初の真冬北海道ツアーの時には、当時はまだカク○○製の耐寒スパイクタイアが無く、○RCの輸出用スパイクを付けて、東北の三沢から、タイアをスパイクにチェンジして旅したのですが、旭川であまりの極寒に耐えられず、タイアのサイドにヒビが入り、バースト寸前になってゴムを貼り付けて補強し、持たせた事があります。距離は500キロ程度でそんな状態になりました。まあ、荷物満載のキャンピングで、長期に渡る旅の上に極寒だったので寿命も短くなってしまったのかもしれません。

だから耐寒性ゴムの登場はありがたかったですね。
ハチサンなどのミニサイクル用も、スポーツ車みたいに自転車を家に入れるわけではなく、外に放置するわけだから、耐寒性がないと役にたたないはずです。

スパイクいろいろ見ていたら、最近は軽量スパイクタイアが出てるんですね?
ビックリで、なんとなく夢広がりますね。

700Cのスパイクも豊富にありますね。

遊びの可能性が広がりそうで歓迎ですよね、これは。

今度はスポルティーフにスパイク付けて、極寒高速ツーリングやってみたくなったりして(笑)

最近は、700×40Cなんてタイアあるんですか?
スパイクタイアのラインナップにありましたが。



[2018/11/15 03:33] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10