3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[841-77] 甦れ、自転車。 2012/12/26(水)06:32 修正時間切れ
 それが、そうではないのが困ったところ、ひらのさん。正確に申しますと、女子供は人間ではない → 
 女子供は面白くない。私はこうなんですが、向こうは面白いみたいです。なんでかな?。私を嫌いみたいは、仕事が嫌いなんです、普通の女の人は。私に振り替えているだけのもの。まぁ、最近の男性は、
 それらが面白いという方が増えたのもランドナーの衰退、自転車旅行の衰退に関わっているような気がしますね。肝臓の件は、
 「あなたが一文無しになれば、わたしは、わたしの肝臓を売るから、元手にして頂戴」
 という意味でしょうね、おそらく。聞かなかった振りをし続けていますが、意味明瞭になったでしょうか、ひらのさま。で、売りたい買いたい「ランドナー」の話の続きをば。

 『根強い人気のアル○ス・ローバー!』

 と、例の京都の広告にやっぱりとありまして、私もひらのさんと同じ?だったのか、ローバーなら買いたいと、当時もそれからも思っていました。使い道が限られる為、買わずじまいになったけれど。よって、
 使い道が拡がる何かが欲しいですよね。これからの「新・ローバー」は。キャンピング車の固定観念を変えるもの。サイクリスト、マニアは勿論のこと、みなが関心を持ってみてくれるもの。クロスドステーとあの取っ手が、別の魅力になるのが鍵かな。これも、真剣に考えてこなかった作り手の責任かと、私はこう思っています。ひらのさんのような人が雑誌に出てくるなんてことは、想像がつきそうなもの。作り手は、

 仕事なのにね。^^



[2018/11/15 07:35] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10