3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[844-38] 買った部品を布団の中、抱いて寝た人 2012/11/24(土)18:29 修正済み
 が、いました!、どこかのサイクリストの、ブログのコメントで。ハンドルだったかステムだったか忘れましたが、「そんなもん抱いて寝たら骨、いえ、角が当って痛いだけやろ!」とは思いました。しかし、「アホやろ、あんた」とは、コメントされた方は知らない人でしたので、遠慮しました。レーサーでもこんな人

 いるのでしょうか?、brm-codamaさん。舐めたとは流石に書いてなかったです。いや、頬ずりしたと言っていたような。あ、股に挟んで寝たと、間違いなく書いてました。それは兎も角、小旅行というのは、たしか、広告では、

 実際には月2回ぐらいの休みしか取れない日本の会社から、週一回、日曜は必ずお休みで、偶に土休があるそれが増えてきて、「連休という言葉」が浸透してきた頃、1泊旅行をする為に適正なモデルは、

 ランドナーである
 フロントバッグひとつ
 舗装路も地道も難なくこなすタイヤ
 電装装備、「あなたも週末はサイクリング!」

 という謳い文句で、日帰り、若しくは一泊の遠出と、その「遠足とをスリ替えた」のかも知れませんね。考えてみれば、あの京都のオヤジの言いそうなことです。東京なんとかセンターさんは別にしまして。ア○プスさんがランドナーという言葉を使っていないのを良いことに。私は子供でしたから、春夏秋冬と休みばかり、実感がなかったです。結局、ランドナーを確たるものにしたい場合、時勢に合致しないといけませんね。今日のニュースでは、購買意欲のある方は「老人だけ」とアナウンスしてました。老人格差なんて話も出してきて。その格差モデル、

 私の仮想「変てこランドナー」は、やっぱりアカンのですね、ひらのさん。この際、私は行けると思ったんですが。そうしますと、ランドナーと呼んでも良い自転車は、バイクと呼ばれる前から存在していたもの・・。つまり

 ●スチール製であり、それ以前の伝統を感じるもの
 ●フランス人のマニアが見て、「何これ?」とはならないもの

 これに尽きましょうか。カレーはインド人さんもご納得でしょうかね。やっぱり「何これ?」なのかな。

 昭和55年前後、○イクル○ポーツ誌が考える「新ランドナーはこれだ!」という特集があり、トップチューブ前上がりの、黄色の自転車を掲載されていましたが、ワークなんとかモンキーさん製造だった筈です。ロード用ステムの弱点をヘッドチューブの長さでカバーし、ラグつきの、フロントキャリアありの、電装なしだったかと思います。ミキスト、その前上がりフレーム、小径車モデルなどはどうしましょう。プロムナードモデルも大体、ハンドルだけが違うけれど。その条件ですと、私のトー○イロードもランドナー入りです。私が資格試験の担当者ならば、

 スチールフレームであること。
 ドロップバーであること。
 タイヤは1/4が絶対に使えること。たとえ、25ミリ幅のタイヤを使っていても。
 泥除けも絶対に使えること。たとえ、外して乗るのが普通でも。
 車輪外径20インチ以下は資格なし。
 フレーム形状は問わない。
 
 こんなところでしょうか、舐めてもいいかなと思う旅行車は。ひらのさん、次の読本の出版まで、明確に考えて戴ければ嬉しいです。「ランドナーとは?」と問われたら、「ひらのさんのランドナー読本を読め!」で済みますから。まぁ、あのハンバーガー女を叱るだけでないのと同様に、納得させるのが重要かも知れませんね。「布団に入って一緒に考えよう!」ならば、自信あります。下半身のそれではなくて。

 舐るのは得意ですから。^^



[2018/11/20 03:32] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10