3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[844-4] パーシモン・サイクリング・クラブ。 2012/11/23(金)07:24 修正時間切れ
 レーシングとツーリングは異質!。スポーツウーマンとお茶お花ウーマンも異質!。しかしながら現在、混ぜこぜ自転車、混ぜこぜウーマンばかり、らしさは、受けない世の中になったのでしょうね。一昨日、
 最寄駅付近を歩いてますと、駅ホームから出てきた女、ハンバーガーを食べながら歩いてました。上品な?わが町、初めて見ました。30過ぎくらい、いい歳のそれでした。座って食べないと頭を叩かれた昔はどこへ行ったんでしょうね。まぁ、その方が珍しいのは間違いないけれど。

 泥除け装着のフレーム設計、センタープル・ブレーキ、シートアングル72度、フロントアライメントは傾斜角大の縦軸回転、そんな「鯛焼き工場製、カーボン・モノコック・ランドナーフレーム」が世に出たら、抱いて、いえ、乗って使ってみたい私ですが、

 それにより、スチールフレームの存在価値を深める結果となって欲しいのも又、事実です。人も自転車も雰囲気が重要ですから。でも、

 スチールパイプと同じ形のカーボンモノコックパイプ体フレームが作られ、色を塗ればスチールかカーボンか分からない事態となれば、所有の5台の愛車は蔵に入れるかと思います。部品を脱がせて・・。「自分で脱げ」と言ってきた私ですが。

 日本にその波は来ないで欲しいですね。丁度、ハンバーガーを食べながら歩く、年増の何を見るよう。中身はカーボン、丸パイプモノコックツーリングフレームが製造される世界になったとしたら、「ツーリング車ブーム」になったとも言えますから、お茶お花ちゃ碗のような存在であるべきと、口を酸っぱくして言っておかないといけないのかも知れませんね。そのハンバーガー女へ

 「お前、格好悪いことするな、日本人か」

 と、おおよそのところ、言ってしまいそうでした。自分の子でもないけれど。^^



[2018/11/15 03:22] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10