3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[849-72] 叩き brm-codama 2012/12/01(土)11:20 修正済み
マッドガードはローラーで伸ばしてサイズに合わせて丸くしているようでした。
他の物も専門の職人なら叩いて様々な形状に立体化可能なようです。
以前幕末か明治時代?らしき銅の大型ヤカンを持っていて自分で修理もしていましたが、形は昭和のアルミ製と同じですが叩いて繋いでというのがよく観察出来ました。
ハブはボスフリー用なら比較的単純なせいか旋盤で作る人がいましたし *ルスステムも個人のマニアがフライス盤でアルミブロックから本物以上に頑丈なものを作っていたりしますが、やはり時間も掛かりしすごく大変なようでした。
今は*ルスから権利を買ったアメリカの会社が台湾でクランクやステムも作らせているのでこれをホンモノと言うかは個人の判断ですけど それを購入する方が楽ですね。バーエンドは時々 木をロクロ式に削って自作していましたが、LEDライト内蔵のはいくつか発売されているようです。
昔はきれいなローレットを入れたパーツがあったのですが、型に圧着させたり斜めに交互に削ったりという作業ですけど ある時期からパタッと消え始めました。
パーツもですが自作を経験してみると本当にいい物を作る職人さん達の苦労や高い技術がわかって 部品を違う目で見れるようになりました。
鰹節(本枯れ節)を専用カンナでシコシコ削って銀イリコや昆布でダシを取ったりは普段からしてますが、うどんやそばを打ったりというのも経験しなきゃとやってみた方です。

鶴さん 答えはAですね。列車の中で居合わせた女の子から連絡先のメモを貰ったのを見せたら窓から捨てられたり…とまあそんな時代もあったんですねえ。



[2018/11/20 03:29] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10