3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[850-68] ひらのさんの爪の垢の、そのまた屑かな。 2013/01/17(木)18:39 修正済み
 東京も、積雪7センチの13〜14日、耐寒キャンプ&パスハンティングを目的に、奈良の洞川へと行ってきました。14日のサイクリングは中止にしましたが。その大雪の為に。初めての真冬のキャンプは

 愉しかったです。ただ、やっぱりと、自炊のときが凍えました。帰ってきてからの大阪の寒さが快適になったくらい、寒中への慣れはしておくべきですね。装備につきましては、自炊関係のものを除き、サイクリングに使うものを持参しました。これからの課題は、

 レトルト保冷剤 → 非常に効果ありでしたが、寝ている間、お尻で踏みつけたのか、中身が出てきまして、約2時間の使用に留まりました。

 //catalog.p-life.co.jp/goods_MK-2216.html
 //catalog.p-life.co.jp/goods_MK-2229.html

 上の湯たんぽセットを買おうかな。水筒にもなるみたいですから。

 寝袋 → 秋冬用と夏用化繊を持参です。重ねても、秋冬用単体でも、あまり変わりませんでした。吐く息でテント内は、そこそこな暖かさでした。

 地面 → 外はマイナス4度以下だったかと思いますが、草の上に設営したせいか、エアーマット単体でも冷たくなかったです。

 手袋 → 自炊のときに使う水の、冷たさ対策を考えてなかったです。家にいると、温水が当たり前の今日です。むかしを思い出しました。氷のような水で食器を洗うときの。結論は、

 ひらのさんのような極寒地帯DEキャンピングでないのならば、装備の具合で、愉しいキャンプになろうかと思いました。でも、食事どきは、焚き火をしたいですね。面倒だから止めましたけど。複数のキャンプですと、焚き火を囲んで炉端焼や鍋で暖まれたのですが。写真を数点、画像掲示板に貼っておきましたので、宜しければ、ご覧下さいませ。結論の結論は、

 快適に過ごす真冬のキャンプを、もう少し考えてみたくなりました。今年の年末は、苫小牧から函館にしようかな。勿論、キャンピング・ランです。^^



[2018/11/14 01:48] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10