3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[851] 朝まで大激論 VOL.2 ひらの - 最新投稿 brm-codama 2012/12/08(土)18:34
[851-1] 朝まで大激論 VOL.2 ひらの 2012/12/02(日)13:42
   特設リング、あっという間に100近くまで行ってしまったので、第2ラウンドであります。

再び、この勢いのまま、あらゆる話題でデスマッチといきましょう。三つ巴、四つどもえ、場外乱闘、朝、昼、夜中、通り魔書き込み?など大混乱も、 また楽し。

[851-2] 低圧の太目 ひらの 2012/12/02(日)14:29
   keroyonさん、どうも。
そんな…誉められるような事でもないかと…

低圧の太目ですと、管理をマメにやる必要がありそうですよね?

タイアはほっておくと、空気がわずかずつ抜けていくから、管理怠って低圧で乗ってると、それこそ外れて、最悪バーストの可能性もありますよね

[851-3] 国産タイヤも brm-codama 2012/12/02(日)16:53
   ずいぶん減りましたね。
たまに一般用も修理しますが、中国製の粗悪品も多くなり見るのも触るのも嫌なんですが近所への奉仕みたいなものですから仕方ありません。
2大大手自転車販売店チェーンが率先して中国製の粗悪品を作らせて販売してますから どうしようもないと言うか、おかげで一般用自転車のレベルが下がる一方です。
たまに1970年代の純日本製の自転車も修理に来ますが耐久性や強度が基本的に違うのを感じます。
一方でスポーツ車の欧米有名ブランドは中国生産にも関わらず超高価格だったりしてもありがたく買う人がいるのでこれまた不思議な国ですよね。

[851-4] アマ○ダ・ランドナーが懐かしいです。 2012/12/02(日)17:24
   >タイヤの違いの大きさに気付かされた・・何だろう、乗り手の得手不得手は、あるのか?

 人間ですから、多少は。でも、大きくはないかと、同じ人間ですから、2694さん。私は

 アル○スさんのクライマ−ではなくて、T社へマウンテンもどきツーリング車を87年にオーダーし、今は700×27C、ビット○ア・チューブラー・何とかを使うフレームにリビルド、パスハンターとして使っています。マウンテンもどきのときは26×1.9でした。

 どうなんでしょうね。空気量が多いほど、飛んだり跳ねたりする分、1.9に軍配が上がります。しかし、27Cのそれの良さは、車輪径による「踏破性の大きさ」と申しますか、ア○ンダさんのチューブラー・パスハンターという、たしかアル○スさんよりも早かったモデルがあったけれど、フラットバーによる、クロスカントリーモデルとして、平成も20年過ぎとなり、初めての愛用となった訳です。26×1.9の自転車は

 「もう要らない」ですね。車輪単体重量も、その踏破性に関わっているかと推測です。サスペンションつきの29erと競争したら、完全に負けでしょうが。

 サスつき自転車は、ご経験ありますか?。

 下りで出せる速度が違いますよね、ビックリするほど。山サイさんのメンバーさんも、殆どがマウンテンではなかったでしょうか。むしはランドナーでしたけど。私は人のを借りて一度だけ、それは、Fサスつきの700×35Cだった筈です。ツーリングでも

 限界を超えるダウンヒルを愉しみたい場合、サス、タイヤ幅は重要かと思います。650の42などは、どちらつかずかも知れませんね。^^

[851-5] 今なら 2694 2012/12/02(日)18:25
   「踏破性の大きさ」ですか。
サス付きは、未体験です。
自分は、トップ長550くらいまで取れます。
ゆったり走るなら700×32Cにするか650×38Bにするかなんて考えながら、650のタイヤの方と走っています。
クライマーは、世が今でも650×35Aでしたかあのサイズで造られるのかな?と考えることは、多いです。
馴れたタイヤ径の自転車に乗るのは、大切なのはわかるし、フレームが小さいなら650の意義は、感じます。
加減速が激しいなら径が小さいのがいいかもしれない。でもAルプス的にゆったり走るとき、今のチョイスは、なんでしょうね。
今、乗っているのならダートは、時速12、3キロで落ち着いて下ってます。

[851-6] タイヤも乗り味も色々ですね。 KEROYON 2012/12/02(日)20:15
    僕の感じだと、700Cの35Aは、量った重さが重たい、正確に言うと、遠心力を伴った重さですが、便宜的に、そういう重さとして、「重さ」を使います。
 だから、650とかMTBのHEの良さも有りますし、タイヤが太ければ、直径も大きくなるので、同じ700Cとは、言えなくなりますね。
 つまり、650の42Bと、700Cの22Cは、一緒という意味です。

 大きければ良いとなると、ダウンスローピングになり、なんか、昔のオーディナリーになってしまいますね。
 そうならないで、700Cと650A/Bが、主流で、我らが生きている時代は、それがデファクト・スタンダードになっていると言う事は、理論じゃなく、丁度良い大きさなんだと思います。
 
 僕は、ゆったり走るなら、650サイズだと思います。
 700Cの35Aだと、ちょっとだけ、ゆったりじゃない気がします。
  
 僕だと、目線が高くなって、不安要素になります。
 だから、ジャイアント馬場みたいな人だと、違うのかもしれません。
 それは、子供の時に、自分の18インチと26インチの感覚だと思うので、人により違うのが当然だと思います。
 スケールは、乗り手に有ると思いますから、僕は・・・僕なら・・・と、なる訳です。

 ロードのスケルトンだと、走らされてしまいますね。
 逆に、走らないスケルトンもありますから、これを見つけるのが、キャリアだと思うのですが。
 
 ロードは、速く走る為の物です。
 ランドナーは、楽に走る為の物だと思います。

 走らないロードは、最悪ですね。
 疲れるし、走らない。
 ランドナーの方が、マシです。
 でもないか???

[851-7] アマン○゛・ランドナーは、難しいです。 2694 2012/12/02(日)21:52
   アマン○゛でランドナーは、現在オーダー貯まって難しいですね。多分受け付けません。
チ葉さんの中では、やる、やらないとは、別に存在意義あるのかな?

たまにRHルスに乗ったら、いつもの多摩川をAルプスより、何分速く走れた、なんて話す人がいます。Aルプスが速く走ろうとしていないならおかしいですよね。
ひとは、自転車に走らされるところがあるから。
RHルスのスケルトンでオーダーしたとか。
そんなに魔法は、ないだろう。
世田谷的話しです。

邪を祓うには、走るしかないんだな。

古いフレームの再メッキにまつわるトラブルは、聞いたことあります。レストアの難しさを知りました。
やはり凡人道を進もうと思うのでした。

[851-8] 初雪 いわき 2694 2012/12/02(日)22:03
   昨日、昼頃、初雪が降りました。
降っている間は、結構降りが強かったのですが3時間程で止み、柔らかい夕暮れ前の西日に包まれて、赤い実をつけたウメモドキに積もる白い雪は融け、雫となってキラキラしていました。

[851-9] 初雪ですか。 brm-codama 2012/12/02(日)23:15
   九州でも北側なら以前は11月中旬には降っていた記憶があるんですが、今頃は全然です。3日ほど前に朝方氷点下だった程度です。
友人達が26インチパスハンとMTBでダートの峠へ行ったら登りではパスハンがすいすい先行し 下りではサス付きのMTBが圧倒的なスムーズさと気にしなくていいほどの頑丈なタイヤとで快適に早く下れたと言ってました。またギャップ越えを考えるなら車輪径は大きいほど有利になります。乗車する人の体格とのバランスやタイトコーナーの連続だと必ずしも大径車輪が有利とも言えません。
またブランド名で自転車の仕様や性能を決め付けるのはおかしいですよね。一例としては設計(長距離向け/短距離向け)、仕様(下り用の頑丈なチューブ/登り用の軽量チューブ)(設定体重の違い?)を始めとして目的別に様々なバリエーションも考えられます。
それに加えセンター誤差のせいで本来出るべき性能が出ない事もままあります。

[851-10] タイムは、難しいですね。 KEROYON 2012/12/02(日)23:47
    一台の自転車でも、ちょっと、ハンドルを上げ下げして、ギヤを一枚重くして、回転数が鈍っている感じで、掛かりも重くて・・・
 それで、次の日までに、これをこうして。
 走ったら、ドンピシャのギヤで、脚の感じも良く、上り下りもケイデンスが決まって、これは、ベストタイムだぞ!!と、思って時計を見たら、昨日の方が、数十秒良かった!!なんて事も有ります。
 だから、判らないものですね。
 高めの気圧にしたから、今日は早いぞ!!と、思っても、遅い時も有りますね。
 快適感と抵抗感とタイムが一致しないのですね。
 とすれば、快適感だけ残って早ければ、魔法かもしれません。
 ただ、どーすれば実現出来るか?それを理屈で追求し、色んな体型や脚力、脚質の人間にまで、パッとコーチ出来るか?となると、大変ですね。
 だから、自分のを追い込むのが精一杯です。
 しかも、一台、一台、全部違って来ますね。
 持っている台数分、やるわけですから、そうなると、余り台数を持っていても限りが有ると思います。
 ただ、ローテーションで乗る事で、一台が良くなれば、それに近づける。近づけたのが上に行けば、今度は、そいつが目標になるというスパイラル効果が有るので、何台か有ると便利な気がします。
 逆に、何時まで頑張っても、ある一台を越えられなければ、それは、乗らなくなるかもしれませんね。
 出来の悪い子程、可愛い!!というのも有ります が。

 良さを引き出す乗り方も有りますね。
 判り易くタイムを例に取りましたが、疲れないとか、扱い易いというテーマでも一緒だと思います。
 感じでは、下りも良くて登りも良いのは、難しいですね。どちらかになるか、どちらもそれなりか。
 逆に、平坦が駄目で、勾配が良いのも有りますね。
 でも、どこかは弱い気がします。
 ロードレーサーは、35キロ以上で走らないと真価が発揮出来ない気がします。
 さて、ランドナーは、何キロなんでしょうかね。
 そういうピークポイントが、15キロと20キロと25キロに有るみたいな自転車、ポジション、ギヤ比?何処がツボか別にして、良い設計だと言える気がします。

[851-11] 常用するお妾さんは誰?。 2012/12/03(月)06:21
    クラ○マー発売のとき、広告には確か、
 「数年の研究の末、自信を持ってお届けします」
 と書かれていたので、神田へ伺ったとき、少し突いたんです、私。
 「何で1センチ上がりなん?」
 「何で71度なん?」
 「リアセンターを何で開けるの?」
 「フロントバッグを使ったらアカンの?」
 「広告の写真、汚れたフレームになってるけど」
 ほか、聞くだけ聞いて、サイナラと吐き、帰ったんですが、どの程度の実験、研究をしたのかは不明ですよね。私がアル○ス自転車工業さんの社長であれば、
 「人から聞かれて明確に返答できない部分はどれや?」
 と、開発部長に問うのでしょうが、単なるお客さんでしたから、想像だけで終わりました。結局、今も昔もレーシング主導にて、そのときのレーサー、それまでの旅行用モデルと比較するしかないんでしょうね。
 「極端に考えれば良いんだよ」
 とも仰せでしたが。タンデムのリアセンターなどを挙げられて。まぁ、乗車ロボットでも作ってデータを取れば良いけれど、人間の感覚だけでは、一定なものでさえ不明瞭です。車輪径につきましても、
 子供と大人の適正は実在するからまだしも、キングコングの自転車となれば、キングコングさんに乗らせないといけませんよね。今は2メートルを超える人もいらっしゃり、果たして700や650が我々が実感するミニベロなのかどうか、これも分かりませんよね。2メートル君は2メートル君でしかありませんから。要は、
 700Cチューブラーサイズの感覚と同じにするには、馬場さんなら800Cとか、その馬場さんが身長170や180センチの人間へ同時期に変わって貰わないとなりません、正確であろう感覚を問うならばですが。
 幼少20インチの乗車感覚と、現在の700Cのそれとは同じなのかと尋問されれば、

 「同じや!、何となく」

 になるのでしょうが、1号から5号までの何を揃え、年間訪問回数を調べるなどと同様、たとえこんな実験でも、データになろうかと考えます、個人的には。汎用テスト車の製造は必要なのですが、聞きませんよね、そんなもの。

 私は、その27Cパスハンターに乗りたがりますね、特に目的がない自転車走行のときは。なんでだろう・・。ヘッドチューブのマークが微笑んでいるのかも知れません。いや、気持ち良い。ちゃうの、乗りやすいんでしょうね。これも、説明できない何となくですが。

>クライマーは、世が今でも650×35Aでしたかあのサイズで造られるのかな?と考えることは、多いです。

 「クライマーの性質は35Aでしか味わえないのか?」。

 ということに変換して宜しいでしょうか、2694さん。

 味わえないと思います。体格の違いから来るものとは異質かと。

 キングコングさんなら、味わえるのかな。^^

[851-12] ホイール ひらの 2012/12/03(月)11:36
   ちょっと前にも書きましたが、結局の基本はホイールとそれをつなぐフレームでしかないと思うんですよね。自転車は。
他の部品はこれを有効に操るためでしかないわけで。

クライマーは26HEをいっぱい作ってますよ。
700Cのクライマーもあるはずです。
ただ、700Cのローバーは存在しないはずです。(僕の知ってる限り)
700Cのローバーは作らない、と店主に聞いた事もあります。
やはり、700Cでハードなキャンピングに耐えられる42幅に相当するタイアがないから。だと思われますが耐久力の問題もあったのではないか?と思われます。

結局、フレームを作る場合、市販されているホイールサイズのものやタイアとの相互関係の兼ね合いでしかないわけだから。
クライマーだから650A,という発想ではないと思います(このサイズがAルプスの場合、基本中の基本で、このサイズのデータから個人の身長とかの適正を割り出していたのは確かですけど)だから、あくまで個人の体格や使用法に合わせたホイールのサイズやタイアの幅を市販の中から探していく、という事なんだと思いますよね。

ゆったり、ゆっくりな自転車、というのは、僕の経験だと、ホイールベースが長い事と重心が低い自転車ではないか?って気がします。

一番、のんびり屋、おっとり系の自転車は、僕の持ってる自転車の中では、ローバーが一番なので。
クライマーは、のんびりもありますが、どちらかというと、安定したクイック感を感じます。

[851-13] 勉強になります 2694 2012/12/03(月)12:07
   HEのクライマーは、見たことがあります。フレーム小さめ、女性でした。
700Cにもクライマーの名を冠した車体があるんですね。

安定したクイック感ですか。

クライマー乗り比べなんて面白いですね。
小さめフレームサイズで敢えて700Cを選択した車体は、あるんでしょうか?

[851-14] 安定したクイック感など ひらの 2012/12/03(月)14:59
   2694さん、どうも。
僕は自分の経験と見たりしてきた事などでしか意見言えないので、範囲が狭くなってしまって申し訳なく思っているぐらいです。
その他、膨大な知識と経験に関してはbrm-codamaさんやkeroyonさんなどが詳しいと思いますので…

クライマーの700Cに関しては、僕の「ランドナー読本」の中で紹介しているクライマーが700×32Cを使用しております。
背が高い人なので、700Cになったのでしょうね。
背丈が小さい人なのにあえて700Cを使用したクライマーが存在したかどうか?ですが、僕の知る限りは見た事ないです。
でも、それすごく面白いですよね。

なぜ700Cなのか?が鍵ですよね。
スモールサイズでのデメリットを捨ててまで、って事でしょうからね。

想像するに、店主Hさんも、もしそんなのを提案されて、その根拠に納得した場合なら、作ってたと思いますよ。

問題はその「根拠」なんですよね。

説得力なかったら、絶対反対するんじゃないかな?

また、安定したクイック感なんですけど、クライマーの場合、意外とフロントセンターはそんなに長くないんですよ。

だから、ハンドリングがクイック感あるんですよね。

でも、設定が低速安定設計だから、低速でチョロチョロ動くのが楽しい車種でもあります。クライマーの最大の特徴はそこにあるんですよね。
だから、ランドナーだと、もうちょいモサッとして小回りしずらいというか…

おまけに基本的になるべく車体とフロントを軽くするように作られているから、余計クイック感がダイレクトに伝わるというか。

この特徴は、もちろん山岳方面で威力を発揮するんでしょうけど、実は都心部で威力を発揮する特徴でもあるんですよ。

信号待ちが数百メートルごとにある、または人混み、あるいは開かずの踏切みたいな状況や、渡りづらい大通り、など、歩道橋を行かざるをえない時など、自転車を押していける歩道橋も多いですけど、それよりひょいっと、担いで歩道橋を渡る方が手っ取り早くて、クライマーだったら楽なんです。
また、僕のマンションはエレベーターがなく、外階段を4階まで上がらねばならず、そういった事から、普段、ついクライマーで出掛ける事が多くなっています。


こういった特徴のあるランドナー系の自転車は、ある条件が一致すると、凄い威力を発揮できると思います。

これからオーダーしようとか、何か考えて自転車を作ろうという人の参考に、自分の経験が役立ってくれるなら、本当に嬉しいです。

[851-15] 大地の子。 2012/12/03(月)18:12
   「時速35キロ以下では変速性能を語れない」byカンパニョロ
「時速20キロ以下しか不安定、それ以上出すと困るのよ」byアルプス

 と、真実は兎も角、その「クイックリー」なんですが、アメリカと日本では真逆です。どうなんでしょうね。あっちの方は、

 「トレイルが大きいほうが安定するのよ、自転車君」
 「小さいほうがクイックリーなの、おバカさん」

 と、申しております。クイックシャフトは共通のようですが。

 真理はどこにあるのでしょうね。^^

[851-16] フロントトレール brm-codama 2012/12/03(月)19:08
   車種・車輪径や目的・想定スピードによって変化させますが、”設定した標準値”より数値が大きいとクイックになって行き 小さいと安定型になって行くのが正解です。*設計者の考えでその標準値は変わります。
それに加えバーの幅・ステム長+バーリーチやホイール径(タイヤR)と幅・空気圧に左右される接地面積抵抗(タイヤによってグリップ性能差がある)などもハンドリングのクイックさに影響を与えるようです。
変速性能は駆動する時のチェンスピードとチェンに掛かるトルクが変化してもスムーズに動くかどうかではないかと思います。
時速20キロ以下で安定させるトレールは最初に書いたように数値を絞り込みます。結局はテストすべきですね。
4階といえば昔エレベーター無しの4階に住んでいて階段を上下していたのを思い出しました。しかし膝の関節炎になった時は困りました。
ホイール径ですが例え理想的なサイズがあっても肝心なタイヤやリムの設定と更に選択肢が無ければ机上の空論になります。結局はマスプロメーカーが需要があると判断し大量発注したサイズが市場にも流れ定番化し 売れないサイズは徐々に消える訳ですね。
それにしてもここ最近のクリスマス風の飾り付けやライトアップと大商戦、近場だと長崎県などはキリスト教信者も多くいますが日本人の大多数が信仰していません。古代から八百万の神を拝んで来た日本人なんですが、逞しいのか厚かましいのか、24日が過ぎると大晦日/正月に向けてぱっと切り替えるし、カレーライスや肉じゃが(原型はボルシチ)…等、欧米の自動車文化/自転車文化も取り込んでいつのまにか日本化したバイタリティーに感心しています。宗教の違いが紛争にならないし、数々の文化を吸収同化して来た海洋混血民族の血なんでしょうか?

[851-17] クライマー KEROYON 2012/12/03(月)22:07
    喩えが悪いかもしれませんが、コンクリート・ジャングルも、人口過密の車道も歩道も商店街も、実は、グチャグチャしているので、ひらのさんがおっしゃる特徴が、ピタッと合うのでしょうね。
 それは、意外な取り合わせだと思います。
 そして、取扱いの軽さは、ロードにも有るでしょう。
 それは、皆に好まれると思います。
 普通だと、ミニベロとかに流れちゃうのかもしれませんが・・・
 
 マニアの方と言えば、色んなホイールサイズが存在するのだろうが、鶴さんが提唱されている様に、本来の乗り味、狙い所は、650Aという気もします。
 僕の固定観念なんですが、あそこは、650Aだと思うんです。思うだけですよ。そうじゃないか?じゃないですよ。
 
 君の体格なら、こっちだよ!!とか、これでも作れるよ!!じゃなくって、一番良いのが欲しいのだが・・・と、言ったら、じゃあ、650Aにしなさい!!嫌なら、他の車種、例えば、ロードキングとかにした方が・・・なんて、会話が有ったのかどうか?
 そういう所に、興味が有りますね。

[851-18] 650A ひらの 2012/12/03(月)22:29
   ○ルプスは、確かに650Aに拘ってました。それは間違いないです。

長い間、日本のホイールサイズだった事もあるのかもしれませんね。

クライマーも基本は650Aですし。
身長やもろもろの条件に問題なければ、普通に650Aで作ってましたね。

そうは言っても、650Aに拘りすぎて、乗りづらいもの作っても、それは本末転倒ですからね。

まあ、伝統のホイールサイズであり、供給の問題もあったでしょうし。

[851-19] 通勤・通学用は brm-codama 2012/12/03(月)22:43
   650A/26×1.3/8なんですが、業界が650Bの復活と存続にエネルギーを注ぎ過ぎたせいかツーリング用650Aが逆に少数派になりかかっています。
以前なら旅先で交換タイヤに困らない650Aを勧めていたんですが、結果的に選択肢が減ってしまうと多い方のサイズを選ぶしかなくなるのですが、今現在ランドナーを組もうという人達や製作側の自分らも今後を考えるとどっちにしておくべきか迷って困っています。

[851-20] さりげないは、いやらしい 2694 2012/12/04(火)00:26
   今日は、サイクリングキャップを購入
古いGITANE、青、白、交互にはぎ合わせ、正面にマーク、つばにメーカー名
このくらいレトロだと可笑しくないと思う。

もうひとつ、表が紺、裏が白、紺、水色のボーダー、つばは紺
普通にいい、普段でも被れそう。犬の散歩の時も被ろう。

ロングソックス一足、毎年一型長いのを出すブランドがある。生地が登山用ほどモコモコしていないので好きです。
以前、ひらのさんに紹介したのは、街乗りツイードラン用として考えてください。微妙な抜き、本気すぎない感じを狙っていると思ってください。

こうやって書いてしまうと、さりげないは、いやらしいですね。

[851-21] 何とかの世界へようこそ 2694 2012/12/04(火)00:43
   すみませんランドナー読本復習します。
以前、H商会にいらしたN田さんがこの本を読んでみたらと薦められて買いましたね。
なんだか懐かしい。

クライマー、650Aについては、AルプスのテストライダーがHギワラさんなら、Hギワラさんの乗りかた、体格を調べるのが一番かもしれませんね。そこで共感できればAルプス世界の仲間入り。

自転車の重心は、乗り手の乗車姿勢も含むんですかね。
アップライトなら重心は、高い
深い前傾なら、低い
重心高いとふわふわ、ヒラヒラ
低いと硬く、ビシッと道をトレースする。

フレームの硬い、柔らかいは、実は、姿勢、ポジション、踏まされるスケルトンかとか、そんな問題なんだと思う。

[851-22] ランドナーのトレイルでも高速安定です。 2012/12/04(火)07:09
    地道で跳ねると怖いだけです、実感としましては。高速と言っても80キロ以上は知らないけれど。

 単車のアメリカンとロードですと、やっぱり、アメリカ人がいうような「クイックという単語」になるのですが・・、brm-codamaさん・・。やっぱり真逆の、

 トレイルが小さいとクイック。大きいと直進したがり、曲がるときは大きくハンドルが切れ込む。こんな表現だったかと思います。「切れ込むことをクイック」と、日本人はこう言うみたいですね。

 私の愛車ですが、例のマウンテンもどきはオフセットを変えています。最初は70度の40ミリ。それから50ミリ。フォ−クを換えて、現在は65ミリです。

 フィッシャーさんが地道のコーナーで実験した結果をカタログに載せていましたが、兎に角はやく抜けるという前提では、

 結果的にラインの取り方が違っていました。イン、アウト、インとか、イン、アウト、アウトなどと。内容は、正確には忘れましたが、私もコーナーを曲がるときと、それと、低速で坂道を登るときに明確な違いを感じています。40、50、65と経験しましたから。

 「オフセット1ミリの違いでも分かる」

 と、仰せだったどこかのビルダーさんですが、私は1ミリでは分からないかと思います。でも3ミリは分かりますね。BSとTでは3ミリでしたから。ハンドルからの荷重方向も変わるので、レーサーで申しますと、73度の45ミリがベストなんでしょうね。一般的なロードレーシングをされるのならば。ツーリングの場合は、72度の58ミリがベスト?。これを基準にしてきました。アルプスさんのものでしたから。実走から生まれたという広告を信じました。

 信じる者は救われる?。^^

[851-23] トレールとオフセット brm-codama 2012/12/04(火)11:07
   鶴さん トレイルが小さいとクイック。大きいと直進したがり、曲がるときは大きくハンドルが切れ込む。こんな表現だったかと思います。「切れ込むことをクイック」と、日本人はこう言うみたいですね
/この場合の”トレール”は”オフセット”と間違えたのではないでしょうか? そう考えると前者はハンドルを小さな角度動かすだけで自転車が進行方向を変え、後者はハンドルを大きな角度まで動かさないと自転車が進行方向が変わらないという事を意味で正しいですね。
逆に言うと ハンドルを一定角度動かす場合 前者は大きく進行方向を変え、後者は小さく進行方向を変えます。
ただベストな数値というのは様々な要素と状況で変化しますので一概には言えないのが現状です。

2694さん フレームの硬い:柔らかいは、重心位置の変化で 同じ振動でも違うように感じるだけで 残念ながらフレームの硬度問題はそれらとは違います。
例えば 同じ竹馬でも踏み位置を変えると地面からの感覚が違いますよね。
自転車の重心の設定は、変化が小さくても感覚的に大きな差が出るので とても重要な課題です。

[851-24] 重心 KEROYON 2012/12/04(火)13:13
    「重心」と考えると、何か、小学校のテコの絵みたいに、支点の位置に全部力が掛かるイメージになりますね。
 実際は、肉の塊が乗っかっている訳だし、遠心力有るし、跳ねていれば、抗力も発生する訳ですね。
 それと、静止していなくて、動体な訳です。
 これを書かないと、抜けているみたいなので、あえて書きますが、部品(フレームも含む)の変形とかも有る訳ですね。
 こんな風に、マクロとミクロの考えを、ワーッと考えないといけないので、結局、経験が生きてくる訳ですね。

 他にも、脚が動けば、固定していても、条件は変化しますね。
 車輪が回れば、ジャイロ効果の影響が有るかも知れません。
 静止状態とどの位、違うのかは、学術の世界ですね。
 
 それと、力学と言うのは、熱とかに変化しない限り、保存される訳です。
 ハブ軸に伝わったからと言っても、放出されてゼロになる事は無い。
 タイヤが変形しても、変形させたから少なくなる訳じゃない。
 そういう事も考えると、僕なんか、ウワーっとなってしまいます。

 ですから、難しく考えるのじゃなく、作って乗るのが、簡単だと思います。
 フレーム交換が無理でも、色々とやり方は、有ると思います。
 お金を考えると、駄目でもやるしか無いと思います。
 最初は、ビルダー任せかもしれませんが、やっていれば、興味が有るなら、段々、判ってきますよ。
 無ければ、気にしないですね。
 良くも悪くも、オーダーメイド位になると、走る自転車だと思います。

 重く感じても、ギヤ一枚換えれば、判らなくなると思います。
 ダイナモを回したら、その分、軽くすれば、判らなくなります。
 トレイルも、簡単に言うと、ステム長を換えれば、有る程度、判らなくなります。
 判らないとは、近づける工夫という意味ですよ。
 
 だから、色んな自転車を持っていても、皆、似てくると思うのです。
 それを冷静に見つめると、貴方の好みになるのだと思っています。

[851-25] 我ら素人の現状 2694 2012/12/04(火)16:17
   brm―codamaさん、自分の書いたことは、硬度問題ではないのは、わかっていますが言葉が足りませんでした。

WOのタイヤを腰が砕けるほどの低圧に、サドルは、イデアルのハズレなのかな?左右ペダル漕ぐたび変形しそうな。
あと街乗りピストやランドナーのアップライト過ぎてふらふらした実用車的乗りかた。

こういうのに乗ってどこそこのフレームは、後ろが柔らかいとか言うんですよ。それが自分みたいな初心者ではないですから、たくさん居るのです。

それがパーツの問題か、ポジションの問題かとか、それこそフレームの問題か正確に分けられるひとは、少ないかもしれませんね。

KEROYONさんみたいに使っていくうちに定まるばかりでもないです。変なほうに固まるというか。

[851-26] 2694さん そうでしたか brm-codama 2012/12/04(火)16:41
   バック側が柔らかいという場合ですが、フレームチューブ(クロモリ)の肉厚や材質によっては新品の状態から柔らかさが特徴の物から 新品ではそこそこ硬いのに使ううちにだんだんコシが抜けるというか柔らかくなって行く物など様々あります。
同じ金属でもアルミの熱処理済み軽量チューブは極端に変化しますね。*寿命も。
例えばオーダーモノでも最初の注文者が軽量でバックを特に柔らかく頼んでいた場合などは当然と言えば当然で中古ピストだと すでに寿命の終わったものが多いでしょうから普通に乗れるだけでOKでしょう。
どちらにしろタイヤの特性やへたり、空気圧、リムセンターの誤差やスポークの番手、スポークテンションの平均値…を始めとして一ヶ所々整備調整し塗りつぶして行かないと原因はわかりませんね。

[851-27] 部品知識は、有るべきでしょうね。 KEROYON 2012/12/04(火)17:55
    例えば、他人様の自転車に乗った時に、へたったサドルは、極端だとしても、此処のハンドルだからとか、このステムだからとか。
 人様のだから出来ないけれども、ハンドルを持って、こじったりすれば、有る程度、現状の部材は、判るじゃない。
 指で押せば、空気圧が判り、タイヤの太さを掛け合わせて、総合的に判断すれば。
 だから、買う買わないは、別にして、クリンチャーなら、店に売っている状態のを、乗る前でも後でも別の日にでもクニクニして見るとか・・・
 そうすると、フレームなのか部品なのかは、何となく。
 でも、だから、それでって、言うのは、自分の考えだから。

 サドルだって、自分のに、へたったので乗って、取り替えてカチンコチンのにして乗ってみたりすれば、フニャフニャだと、こうなるのか!!って、イメージは、沸くでしょ。
 例えば、ランドナーに、普段しないシームレス付けてみたり。
 わざと、ロードで、サドルより高くハンドル付けたりとか。
 そうすると、ロードとの違いも革サドルなのか、何なのか・・・判らなくても良いので、違いは、漠然と判る。
 判ったから、直ぐに、反映される訳でもないし、その時は、素通りして、5年10年経って、また、誰かのが乗り易かった時に、「あー。あの時に試したけれど、見過ごしたな!!」もしくは、「採用しなかったな!!」ってだけで。

 それと、同じフレーム会社の同じ銘柄のグレードのパイプでも、500oは、72度、520oは、73度だと、硬さが違う。
 サンプル数が少ないから、個体差かもしれないけれど、その2台については、判る。
 角度は、持ち主に聞けば、教えてくれるし、本人に色々聞けば、もっと判るでしょうから。

 だから、そういうクニャクニャ部品を付けても、その方は、判るのかもしれませんよ。
 本当に、判らないのかもしれないけれど。
 それは、ウンと、その人に食い込まないと、判らないと思うけれど。
 
 それと、別の理由が有るかもしれませんよ。
 腰痛が有るとか、膝の古傷が有るとか。
 だから、クニャクニャかもしれません。
 それとフレームがどうだ!!って言うのは、直結しないのかもしれませんが、まあ、色々と有るので、難しい部分ですね。
 リムだって、2年位乗ると、削れてくるから、測ったら、10グラム軽くなっていたとか・・・

 自転車も、たいがい、あのハンドルは、硬いから・・・という商品知識も有るし、「僕もそう思っていたけれど、これ10本の中の1本で柔らかいの!!」って、教わる時も有る。
 それで、「へたっているの買っただけじゃないの? そーだよね!!」って、目を合わせて笑って、「でも合ってるね!! そーだね!!」って、会話してね。
 「こじったら、垂れるよ!! 馬鹿だなあ、そんな乗り方する車種じゃないよ!! ご尤も!!」って、感じかな。

 自転車も、空気圧とか、ウエットなら、少し低めにするとか、気遣いは、有るのだと思います。
 そういう事もせず、滑るとかドライ向きと言うなら、ドライの時に、粘るタイヤだからウェットでも、そのままで済ませるのであって、空気を抜いても滑るから、オール・パーパス用としては、扱い難いんですね。
 そこで、トレッドでしょ、コンパウンドでしょ、サイドフォースでしょ、劣化でしょって言うのは、原因追求で有っても、インプレッションとは、区別しています。

 こういう事を書くと、また自慢!!している!!お前さんは、判るのね、凄い凄い!!、嫌な奴!!
 となるんでしょうが・・・

 いずれにしても、本人の興味が有れば追求するし、無ければ、別に・・・ですね。
 その人も、質問して来たから「柔らかい!!」とか、言ったんじゃないの。
 それ程、気にしていなくて、聞かれたから、素直な気持ちで親切心で答えてくれたのかもしれません。
 有り難い事ですね。
 
 と、言う事で、素人だから、意味が無い事なのでしょうが、色んな探求を、僕もしています。
 暇なんですね。

[851-28] 基準 ひらの 2012/12/04(火)18:36
   うおっ!なんだか、めちゃくちゃ難しそうな話になってますね。

うーん…
乗り味の差というのを考えますと、普通に考えたら、膨大で、ワケがわからない事になると思うので、あくまで個人の基準でしかないですよね。
それで、他の意見とか、公的な数字とかを、あくまで参考程度にとどめる、みたいな…

例えばワインの味とかは、その人の常用しているワインを基準にすると、いろいろとわかるようになる、というのを聞いた事あります。

前も書きこみましたが、○ルプスの常連名物じいちゃんのHOさんのじいちゃんなどは、フレームの違う車体を三台持って、全部に同じパーツ(微妙に違うのもありますけど)を付けて、ハンドルもホイールも統一しています。
こういった形だったら、差がわかるのかな?って感じかしら?

いずれにしても、難しいですよね

[851-29] でもまあ brm-codama 2012/12/04(火)18:44
   自分自身もそうですが年齢が行くと体が劣化していると 硬い自転車だと試乗で乗る程度にしておかないと体中の関節が持ちません。もし年配の方ならあちこちの部品も柔らかいままでもいいかもしれませんね。
自分はもともと関節が弱い方なのもあって普段は普通の人なら簡単にバイブレーションが発生するような柔らかい自転車で低トルクで軽く回すペダリングで乗っています。…鶴さんとは一緒に走ったので知っていると思いますが、常用ギヤも平地は39×17で冬場の今は39×21で乗っています。
かなり乗り込んで来た先輩方の中には膝関節が磨り減っていて医者から制限されている人もいますが、もっとも世界中に輸出しても問題が出ないよう想定体重を一番重く作ってある炭素繊維樹脂車体やディープリムなどは極端に硬いので体質的に弱くなくても関節を痛めているケースは多いようです。

[851-30] 冬場の走行 2694 2012/12/04(火)22:02
   冬場は、軽めのギヤですか

実は、一月前渓谷に沿って上流側へ、登るように走っていたのですが、距離50キロ過ぎたあたりで膝の周りの筋肉が痛くなってしまいました。
防寒対策が充分ではなく、雨が降りはじめる始末、知らない場所で地図確認をしながらの走行でした。
原因は、わかってます。身体が冷えて、多少走っても筋肉がほぐれない、温まらないんですね。アイドリング不足というか。
翌週、暖かくしたら大丈夫でした。いわきは、東京より気温が低いのは、当たり前ですが、風が強く体温が奪われるので、課題です。
それを克服するのにあれこれ考えるのも楽しみですね。

[851-31] 自転車的なもの ひらの 2012/12/04(火)22:03
   ちょっと今日は、久しぶりに日本の小さい映画を見に行ったんだけど、うーん…悪くはないんだけどいまいちでした。大した事はなかった。
なんだろ?
技法や規模の大小、上手い下手に関わらず、映画的なもの、映画的なワクワクがあるものを見たいんですよね。僕は。

なんか、よく考えるんだけど、映画的なものってなんなんだろうな?

そして、自転車的なものってなんだろ?

技法やパーツやスケルトンみたいなものではない気がする…

まあ、映画的なものにしろ、自転車的なものにしろ、技術がなければ到達はできないんだろうけど。

血なんだろうな、きっと。
観念的だけど。

加藤○さんの○ネルスには、はっきりとその血を感じるから、ビックリしたんだろうな

[851-32] 嫌われ者 2694 2012/12/04(火)22:39
   金がかかっていても、撮る時の時間の使い方の贅沢が、足りないとつまらないです。
役者の動きや表情が、あるロケーションの具体性と深く結ばれていると、ぐっときます。

観念的な言葉の乱射で嫌われるゴダールですが、彼の映画の役者の動き、表情、車などの映画的道具の使い方、光の感受性、誰でも知っているはずのクラシック音楽が、その映画の為に創られたとしか思えない、しかも大胆に、ぶっきらぼうに映像にぶつけられる様に新鮮な喜びがあります。
ただ難しいことを言っているだけじゃ、あれだけ愛されませんよね。
またいかにも綺麗ではない美しさというものがあるよと教えてもらったきがします。

[851-33] あと 2694 2012/12/04(火)22:42
   カネフスキーの映画も好きですよ

[851-34] ゴダール ひらの 2012/12/04(火)23:30
   ゴダールは好きですね。
昔のは、そこそこ見てます。
「勝手にしやがれ」よかったですし「気狂いピエロ」も好きだし「女と男のいる舗道」も大好きですね。
あと、本編見てないんですけど、「ワンプラスワン」の予告編見て、腰抜かした事あります。

まあ、この予告編のラストが本編でもラストのようですが。
あれ、痺れたなあ。

なぜかキャメラを乗せたクレーンにアンヌビィアゼムスキーがよこたわって、そのままクレーンが青空にパンするだけなんですけど、「何がなんだかわからないんだけど、なんという映画的なショットなんだろう」って、ビックリして興奮しました。
「気狂いピエロ」のラストもそうですよね。
ベルモントが自爆したあと、崖から海にパンする瞬間とか…

ああ、こりゃヤバいと思ったものです。

なんかでも、ゴダールってやっぱ、バリバリフランス人ですよね。

あれは日本人は真似できない。
無茶苦茶映画の血が濃いです。

あ、でも、市川昆監督は見事にフランス映画を研究して娯楽映画に消化しているなあ、と思いました。ゴダールを相当研究している気がします。
「映画女優」という映画のラストや「股旅」なんかの各ディテールに見え隠れしてますね。

カネフスキー、って見た事ないなあ…
不勉強ですみません。

タルコフスキーは好きですけど。
「サクリファイス」とかよかったですね。

寝ますけど(笑)
寝るけどいい映画だと思いました(笑)

[851-35] 今日 ひらの 2012/12/04(火)23:56
   Cバトラーに、アップハンドルと細目のサドルを装着している人を目撃しました。

うーん…これはどうなのよ?と思いました。

後で2694さんの書き込みを読みましたが、これはちょっとフレームに対してはたぶん意味ない仕様な気がしますよね。

[851-36] 英国車の本来のかたち 2694 2012/12/05(水)04:23
   ひらのさんの旧車本にもCバトラーが載っていますよね。
あそこに載っている英車のバランス、ハンドルの傾きとか、ピラーの出とか、本当の向こう英国人の乗っている雰囲気のものですか?
それとも旧いのを日本人が乗る時、英国人との手足の長さの違いから折り合いつけているかたちなのか?
英国車には、知識が暗いので判断つきません。

例えばUエハラの自転車は、シルエット上、英国の雰囲気を持っているか?とか。Uエハラさんの雰囲気プンプンかもしれませんが。

[851-37] それは、それ あれは、あれ 2694 2012/12/05(水)05:13
   カトピンさんの○ルスは、後ろとかタイトで詰まってますね。
走れる人のラグジュアリーだから最強です。ハンドルの傾きとか、ブレーキのブラケット位置が決まっているから。

日本人ランドナーの美学とは、異質な格好良さだと思っています。

○ルスや△ンジェは、ロードに乗るような深い前傾が出来る人じゃないと、彼らのスタイルにならないと思います。
走り屋じゃないと、△ンジェの雰囲気にならないのでしょう。

KEROYONさんの△ンジェは、△ンジェ側が小さいサイズに700Cで悩んで造っているから、勉強になると思います。700Cだから彼ららしさが露になった。
寸法上何を優先して造るか、いかに迫力のある見た目にするか。
持ち主が凄いと言っても自慢(笑)になるから、他人の僕が褒めときます。

Aルプスは、目指すところが違いますよね。
それは、それで好きです。

[851-38] 単車はキャスターアングルのみの表示みたいです。 2012/12/05(水)05:41
    こと細かい自転車とは違い、誠に大雑把と聞いたことがあります。人間の荷重など、微々たるものだからかも知れませんが。

>この場合のトレールはオフセットと間違えたのでは・・。

 なるほど、brm-codamaさん。たしかにNC誌に寄稿されていた方の中のお一人は、キャスターもトレイルも触れないままオフセットのみを取り上げて、

 「オフセットの大きな自転車は安定する」
 「なぜか、考えてみた」

 と話を進め、クイックという言葉をそのように使っていらしゃったかと思います。しかしながら、そのNC誌ならば別の人や、また他の自転車雑誌、アメリカのそれなどは、オフセットなどには全く触れず、トレイルのみを指していました。だから、オフセットなどはトレイルを調整する「仕様がないもの」くらいにしか感ぜず、私は自転車を設計する上では要になると判断したんです。そのトレイルさんが。

 日本の何かの便覧には、タイヤ接地点とキャスター線との交点を示し、「これ以上は危険」と説明していた記憶ですが、意味がよく分かりませんでした。

 スラローム運転をした場合、タイヤのラインを見ると、クイックリーなラインは「少ないトレイル車」になる筈なんですが、違うのでしょうか。おそらく、これを指してクイックと言っているのだと思います、アメリカ人さんのクイックリーは。

 細かく轍を残せるのは焼き飯小、ちゃうの、トレイル小かと私もこう思うで、マウンテンバイクの車種説明などにあった

 低速重視のマウンテンバイクです
 トレールを長く取り、アップライトな乗車姿勢
 ゆっくりと走れます

 などと、反対としか思えない謳い文句が存在していたけれど、どうなんでしょうね。結論は、

 ハンドリングのことでもランドナーは誤解されているような気がします。^^

[851-39] トレイルとか乗り味とか KEROYON 2012/12/05(水)09:49
    確かに、フレームで言えば、オフセットになりますね。
 それで、綺麗な曲げとか、もともと曲げて出荷しているパイプの仕上がりのアールに付いて言及するイメージがランドナーに有りますね。
 でも、タイヤの太さが変わっても、トレイルは変わりますね。接地でのグリップ力も変わりますから、切れるとか安定度も変わる。
 そうすると、22Cと23C、クレメンのクリテリウムとストラーダで変わってくるかは、別にして、最初からタイヤを選定してビルダーと会話する必要が有りますね。
 細かく言うと、タイヤ空気圧でも、体重により数oの誤差が出るので、微細な所は、吸収出来るとしても、理論値は有ると思います。
 ケロヨン号も、2oで、ビルダーと押し問答、討議して決定しました。

 わざと、2694さんと違った色んな視点でも捉え方を出して、小難しくなりましたが、難しいと言うよりも、自転車は、ややこしいんでしょうね。

 だから、ロードはカンパで決定!!と、言うけれど、スキッターなら駄目なのか、アルビーなら駄目なのか・・・サイクロンよりVの方が動くんじゃないか?とか、それに合うフリーは、チェンは・・・
 乗り潰したのに、フラットハンドル付けたら、ドロップに置いてけぼり食らうのか・・・と、子供の時は、「付けないでしょう!!この自転車、滅茶苦茶だね。」と言う物も付けてみました。
 ロードスターの乗車姿勢が有るけれど、ランドナーにコイルサドルとポーター付けて、何で乗り難くなるのか?
 「あーあーT社に何て事するの!!」って言われてもやる。

 とっかえひっかえしていけば良いだけなので、実際は、簡単だと思いますが、そうやって、追求する気持ち、難しい事に、若い2694さんがチャレンジし、疑問に持つ事は、大事な事だし、大賛同したい。
 地道に、コツコツ、変速機の取付角度を換えたり、チェンを一コマ足したり引いたり、一oサドルを寝かしたり、上げ下げしたり・・・部品交換するとか、人の自転車に乗ってみる。
 銘柄を、カタログ知識じゃなく、製品を知っている所迄、苦労して、1個ずつ覚えていく。
 それは、難しいのじゃなく、根気と時間が掛かります。
 そういう努力や好奇心に対して、「どーだって良いじゃないか。それより走っているの?」と、やってはいけないと思います。

 それに、換えたら継続して、ある距離を走らないと判って来ない。
 だから、走っていると思います。
 大いに、やって貰って、メカを楽しみ、ひいては、良い道具に仕上げていく、10年位掛かるかもしれませんが・・・応援します。

[851-40] 映画の事 KEROYON 2012/12/05(水)10:40
    最近は、映画館に行きません。
 テレビです。

 居間のも、とりあえず、音だけは、アンプとスピーカーでやっていますが、TVモニターは、ブラウン管の30年物です。
 僕は、モニター・スクリーン・システムが本職なので、自分で直して寿命を延ばしています。色も調整しています。
 ケーブルも、ワイアー・ワールドのゴールデン・スターライトのデジタルケーブルで、自転車の人だから、判り易く値段で言うと、7.5万円です。
 正直、LEDより綺麗ですから、捨てないんですが。
 
 映画ソフトは、素人ですが、映画は、映画館が、良いと思います。
 「さよなら さよなら さよなら」は、TVの魅力でしたが。
 そんなの、家で缶ビールを直に飲むのと、ビアホールで、プロが注いだのじゃ、何もかも違うじゃない!!と、言われると、そうなんですが、何か、今、忘れ去られている気がして。

 画面下に、ウエストレックスとか総天然色とか、ドキドキしますね。
 それと、若い方は、知らないかもしれませんが、映画が始まる前は、長編で休憩後の始まり間に、音楽が流れるんですよね。
 このオーディオの音が、良いんですね。
 芸能ニュースとかも、画面も音も、迫力が違うんですね。
 そういう経験から、音楽も好きになっていくんですね。
 それで、AVの世界に入ったのかは、別ですが。
 
 勿論、好きな映画ソフトは、沢山有りますが、映画の事が出てきたので、書いてみました。

[851-41] 英国車 ひらの 2012/12/05(水)11:41
   英国車のクラブマン系の自転車も、○ネルスや○ンジェと同様、レーサーの血、というか、完全に走り屋の自転車だと思います。

本に登場するバトラーは、僕がしばらく所有してたのですが、英国車設定ではなく基本的に前の持ち主だった方(日本人)の設定で部品なども彼が再生したものです。

僕がいじったのはピラーぐらいのもので、そのまま乗っても問題なかったので、そのままにしてました。ただ、あの自転車は本来、公道TTレーサーで固定なのですが、固定は乗りづらいので普段用に○ターメイのクロス3速の内装を入れました。それは僕仕様です。

あの自転車は元々、イギリス人のワンオーナーで持ち主の方が少年の頃、親に買ってもらった自転車だそうです。だから元は少年用なんです。
サイズが小さくてちょうどよい(笑)

英国車は(フランスやイタリアもかな?)トップが無茶苦茶長いのが多いみたいですね。
シートが小さくても、トップが異常に長いのが結構あると聞きました。

昔の国産自転車も、そういうのをそのまま参考にしているのか、トップが長くてステムが短いのが多いですよね?

英国車でステムがフランス車などより短いのが多いのは、フロントに大きなライトを装着するためのスペースを確保するためでもあるようです。


Uエハラさんのは、純Uエハラさんモデルで、英国車とはまるで違うものに見えます。
あれは和製クラブモデル、すなわちスピーディーで、テンポの早い旅をするための自転車なんでしょうね。

英国車はもっとレーサー寄りな気がします。

どこがどう、って、僕はうまくいえませんが、バトラー乗ってると、○ルプスとは全然違って、確かに走らされてる感は明解にありましたね。

気がつくとスピード出して走ってたので、お巡りさんに怒られた事まで(笑)あるぐらいです。

[851-42] 昨日見たバトラー ひらの 2012/12/05(水)12:02
   だから、昨日見たのはアップハンドル(極端に上に上がってるハンドルではありませんでしたが)に細いサドル(革ではなくシームレスみたいな)では単純に体制的にお尻がヤバいんじゃないかしら?とか。
チラリと見ただけで、もちろん詳しい意図を聞いたわけではないので、わからないんですけど、持ち主の雰囲気から察するに40代ぐらいで、趣味人っぽい雰囲気。ランドナーをプロムナードにして乗ってるな、って感じでしたね。

パッと見、乗りこんでる感じではなく、綺麗に再生させてる感じでした。
バトラーは、特にレーサーの血が濃い車体な気がするので、純レーサーのフレームだとしたら、乗り味的には、うーんどうなんだろ?と思いました。ただ、単にとっかえひっかえして、実験してる最中なのかもしれないので断言もできないですけども。

例えば極端な話、クライマーのフロントにキャンピングキャリア付けて、重いもの積んで走って喜んでるみたいな、そんな違和感を感じました。

そうなっちゃうと、なんか、もったいない気がして…

[851-43] メルクス ミーツ ポーターキャリア 2694 2012/12/05(水)12:16
   多分レトロが好きなだけかもしれませんね。
こないだメルクスの鉄フレームにポーターキャリア付けているのを見ました。
それに近いと思います。

骨董品付けても形にならないのが自転車の醍醐味だし、部品は、古くとも新しいフレームを造る意味があるのだと思います。

[851-44] そうですね KEROYON 2012/12/05(水)12:47
    2694さんが出した感じので乗って来て、「中々良いよ!!」なんて言ってて。
 それで、数ヵ月後に、「最近、乗って来ないじゃない。」って言ったら、「実は、ホーク逝かれちゃった。」
 快走を狙って、Φ5oパイプの軽量サイドキャリアにして貰った!!と言うのも、しばらくして、折れた!!と。
 だから、新しい事をやろうとするのは、色々と有りますね。
 でも、皆さん、色々とやるもんです。

 そんなんで、つい、口に出すか別にして、「それは、駄目なんじゃ・・・」と、浮かびます。
 勘なのですが。
 それでは、いけないのでしょうね。

[851-45] 自転車はわかりづらい ひらの 2012/12/05(水)13:17
   他分野と違って、自転車って、すごくわかりづらいと思う。

パッと見、ランドナーかレーサーかわかる人の方が圧倒的に少数派なので、一般的には、わかりやすい方へわかりやすい方へ、と流れてしまうんだと思う。

だからパッと見、押し出しの強い自転車の方がウケるんでしょうし、わかりづらいから、いろいろな混乱を招いてしまうんでしょうね。

[851-46] だから ひらの 2012/12/05(水)13:23
   そういった混乱を避けるために、なるべく使用状況などを明解に、また明確にしておかないと、おかしな事になってしまう。
その明確にしなくてはならない事さえ、わからない人が多いから、思考錯誤も生まれるんでしょうね。

[851-47] 北海道なんかでも ひらの 2012/12/05(水)14:02
   たまに、レーサータイプの自転車にキャンピングキャリア付けて旅してる人見かけたりします。

それはやはりフェラーリで引っ越ししてるみたいな(笑)(この言葉は○ルプス店主が言った言葉の引用です。わかりやすくていいね。笑)

おかしな事になってるわけで。
そういう人は当然、峠がきついとか言ってて。
そりゃ、そのギア比に荷物積んでりゃ、きついに決まってますよね。

最悪、膝痛めたりとか。

腕時計の世界でも、現行品とかやたらでかくて、押し出しの強い時計ばかりになってて、こんなのいらないんじゃ?とか、日本人の腕には合わないでしょ?とか。

でも、そういうのが売れる不思議な世界なんです。

[851-48] 結論 ひらの 2012/12/05(水)14:20
   レーサーでキャンピングしても、意図でないかぎりは、気づいてほしいですよね(まあ、そういう人は気づかざるをえないでしょうけど)
そういう事を考える人が、もうちょい増えるといいですよね。
無駄かもしれませんが。
自転車ちゃんがかわいそうですよ。

[851-49] あなたにとって”自転車ちゃん”の存在とは? brm-codama 2012/12/05(水)15:16
   ”自転車ちゃん”…どうもこの一言にひらのさんにとって自転車の存在は一体なんなのか 少しぐらいはわかる気がしました。
自分にとっては恋人じゃないけど大事な相棒ですね。ある時は荷物も積んでの足代わり、健康と精神安定のためのスポーツギア、趣味の集まりの走るタイムマシン…とまあ普段はこの3台の相棒にがんばってもらってます。中学高校の頃は恋人と同格だったような…。
知人に学校の一クラス分ぐらいマニアックな自転車を持っている人もいますが、

あなたにとって”自転車ちゃん”の存在とは?

[851-50] 分身ですね。 KEROYON 2012/12/05(水)16:43
    僕の分身ですね。
 歩くより、自転車に乗っている時の方が、時間が長いんです。
 家の外の話ですよ。

 だから、デザインも機能も全部併せて、僕の自転車なんですね。
 ASとかT社、A社じゃないんですよ。

 空飛ぶ絨毯かな。
 スイスイとヒラリヒラリと、乗る事に関しては、何一つ不自由は無いですね。
 羽が生えるんですよ。異物じゃないですね。

[851-51] ちょっと質問 シールドB.B.の事 KEROYON 2012/12/05(水)16:54
    折角の、興味深い「自転車ちゃん」は、継続して頂いて・・・

 ストロングライトのシールドB.B.とか、最新のT.A.の物。
 シールド・ベアリングが寿命になったらどうするのですか?
 ストロングライトしか持っていませんが、普通のワン機構になっているからバラ球にしちゃえば良いのでしょうか?
 それとも、予備の規格が合うシールドベアリングが有り、買っておけるのでしょうか?

[851-52] 山下達郎さんの唄です。 2012/12/05(水)17:31
   青い水平線を いま駆け抜けてく
とぎすまされた 時の流れ感じて
AH ときめきへと 動き出す世界は
忘れかけてた 遠い夢の訪れ

RIDE ON TIME さまよう想いなら
やさしく受け止めて そっと包んで
RIDE ON TIME 心に火を点けて
あふれる喜びに 拡がれ RIDE ON TIME

僕の輝く未来 さあ回り始めて
虚ろな日々も全て愛に溶け込む
AH 何という朝 今すぐ君のもと
届けに行こう 燃える心迷わず

RIDE ON TIME 時よ走り出せ
愛よ光り出せ 目もくらむ程
RIDE ON TIME 心に火を点けて
飛び立つ魂に送るよ RIDE ON TIME

届けに行こう 燃える心今こそ

 『RIDE ON TIME THAT IS BICYCLE』!!

 よって、恋人でも相棒でも、勿論、女子高生でもないです。どうしてか、恋人と思いたい、今日この頃ですが。

 そういえば、先の27Cパスハンター、マウンテンもどきとして誕生したとき、例の京都のオヤジさんから
 「鶴さん、うちの広告にだすから、コメントして貰えませんか?」といわれ、
 「この自転車は、現代の馬をイメージした」
 と、書かせて戴いたかと思います。
 このとき、本当にそう考えていたのならば、愛馬と同格になりますね。

 性別不詳!。男と思うと気持ち悪い?。凡人は、手とお股、足裏が密着するから、雌のほうがいいのかな。

 人参は不要ですね。ローション、いえ、潤滑油は要るけれど。^^

[851-53] 自転車ちゃん ひらの 2012/12/05(水)20:19
   思わず自転車ちゃんと書いてしまいましたが(笑)
まあ、確かに相棒の側面は強いんですけど。

どちらかというと、自分の肉体とかで足りない部分を伸ばしてくれる大切な道具、というか、自分の筋肉とかの延長線上にあるもの、というか、ハッキリ言ってこれがないと困る、という大切で愛情もこめられる機械でしょうか…

[851-54] 高村光太郎 2694 2012/12/05(水)21:53
    本を読んでいたら、こんな言葉が出ていました。
書についてですが、自転車に置き換えて下さい。

書はあたりまえに見えるのがよいと思う。力が内にこもっていて騒がないのがよいと思う。悪筆はたいていよけいな努力をしている。

自転車とは、と問われ答えることができませんが、自分の自転車がこうありたいというは、あります。

[851-55] ライドオンタイム brm-codama 2012/12/05(水)22:18
   「ライドオンタイム」は印象深いので高校生頃ぐらいかなと思ったらシュガーベイブを解散した頃で この曲は1980年だから自分は21歳でH立マクセルのカセットテープのCM曲でしたね。達郎のミュージックソングブックも毎週聴いているので娘が「OPUS」のCDをプレゼントしてくれたのでした。
うちは夕食時以外ほぼラジオ専門で 毎週聴く夜のラジオ地方番組に「ドリンクバー 凡人会議」というのがあり 中古レコードショップやカフェの店長達が脱力的にだらだらと話す番組ですがなかなか面白いのです。
馬ですか 自転車が馬なら骨や関節に当たる部分なのでエンジンと操縦係の鶴さんも一緒に写らないといけません、そうしたら馬鶴さんという事になり馬並みの逞しい下半身を持っているのかと つい連想してしまうのでした。

[851-56] ふふ ひらの 2012/12/06(木)01:01
   2694さん、いいですね。
ふふふ。

そう思います。

偉大な文豪ほど、小学生でもわかるような簡潔な文章で凄い事を語るものです。

自転車もそうかも。
実は一番難しいんですけどね。
ふふふ

[851-57] トゥルー・カラー。 2012/12/06(木)07:07
    下半身は貧弱です。「あなたの太腿、好きなの、わたし」はございましたが。あ、「あなたの、小さい・・」もありました。「わたし・・、小さいから締まるの・・、だから・・」と仰せだった方からです。それからは「コンパクトやろ、俺の」と、講釈するようになりました。

 余計な努力でない努力とは、自転車ですと、なにかと考えてしまいました、2694さん。

 私の場合、騒がず、何のお股に顔を埋めることかなぁ、我武者羅に。そこに顔を埋めても、意味のないことは知っているけれど。気持ち良さに尽きるのか知れません、私の自転車感は。そういえばむかし、

 近所のお店にN社製、「乗り難い自転車という名称の自転車」が飾っていました。乗るのに一苦労だとか。壁から降ろして乗っても良いと言われましたが、サイクリストだからなのか、遠慮しました。たしか、16インチくらいの車輪で、キャスターアングル40度くらい、ステムつき出し30センチくらいだったかと思います。

 抱きたいと思う、抱いたら気持ち良い、見てくれはそんなにでもという自転車が、普通の、凡人の、「梵天丸もかくありたい」自転車なのかも知れませんね。

 私は人の自転車を見るとき、フレームカラーしか見てないです。^^

[851-58] そう言われると brm-codama 2012/12/06(木)09:44
   コンパクトドライブが流行してますから時代の最先端かもしれませんよ。でも古来から日本人の大半がそうだったかもしれません。
異性のどこを一番先に見るかという研究もありますが、自転車を一瞬パッと見る時などはどうしてもカラーが強く印象に残ります。
多色の中から選ぶ場合本人の好みや精神状態も反映されるかもしれませんが量産品の場合は選択肢が少ないですね。
乗りにくい自転車といえば35年ほど前に流行った小径車*ラヤハリー?でしたか、面白そうなので乗ってみると設計の問題か普通に乗っていると いきなり後頭部を打ちそうになり これは乗り難い乗り易い以前の問題だなと痛感させられました。

[851-59] 確かに brm-codama 2012/12/06(木)10:54
   2694さん 確かにそうですね。「悪筆はたいていよけいな努力をしている」なんかは特にそうかもしれません。
清楚といいますか シンプルに美しくまとめる事ほど 誤魔化しようがなく難しいと感じます。
さっと何気なく作業しているようでも そこへ到達するまでに膨大な努力と絶え間ない研究が隠されている訳なんですよね。
KEROYONさん シールドBBでも昔のタイプのようにベアリングが交換出来るのはいい方で 最近のモノのほとんどがはめ殺しで交換不能なので困ります。従来のカップ&コーンような焼き入れの必要が無く その分コストダウン出来ますからね、どうも大阪の某大手パーツメーカーが始めたように思います。 交換さえ出来れば後々困らないんですが…。

[851-60] おもちゃ自転車 ひらの 2012/12/06(木)13:48
   ○ラヤのマイクロハリー持ってます。12インチ。
乗るとほとんど猿回しの猿みたいな気分になる自転車?ですよね。
乗り味は歩行以上、自転車未満。はたしてこれ自転車って言っていいのか?って感じですよね。

前につんのめりそうになるのでこわいですが、楽しいです。

ついこの前、おそのさんの至近距離用にいろいろ使えそうなので、彼女に渡しました。

僕は片方で○ルプスみたいなスタンダードが好きな反面、こういう変でチープなものも好きな傾向が多少あるようです。

もう一台、ジタンの60年代末ぐらいのダルマ自転車を持ってて、前輪にフリー機構とクランクが付いてる超変わり種です。
これも乗り味がたまらないんですよね。

宙に浮いてる感じといいますか。
かなり楽しいです。

街で乗ってると恥ずかしすぎるのがちょっと…(笑)なんですけど。

この自転車もたまに乗って楽しみたいんですけど、特殊な座布団みたいなサドルとピラーを引っ越しの時になくしてしまい(涙)車体だけが空しく保管されてます。
この自転車はあの巨大なサドルでないとお尻が持たないので、流用が難しく、現在眠ったままです。

[851-61] ストロングライト・シールドBBのベアリング こじま 2012/12/06(木)16:27
   >[851-51] ちょっと質問 シールドB.B.の事

いつも読ませていただいています。ストロングライト・シールドBBセットに使われているシールドベアリングは、国産で合うのが手に入ります。小売値で1個1000円一寸です。尚シャフトはシールドベアリング専用のBBワン・シャフトなので、バラ玉は使えません。
型番は6903zzだったと記憶しています。

[851-62] こんにちは、こじまさん 2694 2012/12/06(木)16:39
   こじまさん、自分が勝手に想像しているこじまさんならば、やっぱり部品の知識は、凄いですね。自転車歴を感じます。

ところで、自転車以外のこじまさんを知らないのですが、他の趣味は、お持ちですか?

[851-63] ホイール規格 ひらの 2012/12/06(木)16:40
   650、AかBかCか、はたまた26のHEか、700Cか?

現在ツーリング用として、どれを標準にしていいのか悩みますよね。

背の高い人やキャンピングとかでない限りは700Cが無難なんでしょうか?

650Bは以前よりも選択肢が増えて、嬉しい限りですが、今度はAが大丈夫かな?みたいな状況ですよね。
MTBのホイール関係も陰りがある気がするし。
日本国内の旅ならば、ミニサイクルがまだ根強くAを使用しているんでしょうか?

だとすると、Aがいいのでしょうかね?

田舎でもタイアが緊急入手しやすいですからね。
でも、タイアよりもバルブの問題の方が意外と重要かも。

携帯ポンプか変換アダプターを持っていれば、問題はないんでしょうけど。
国内でどこでもあるのはウッズバルブの普通のポンプでしょうから、それがどこかで借りる事ができれば、仏→英の変換アダプターを使ってやれば、それが一番効率がいいですよね。

[851-64] よかったですね。 brm-codama 2012/12/06(木)18:17
   こじまさん 貴重な情報ありがとうございます。
工作機械にガタが出たら現物の寸法を詳細に測って注文していますが、比較するとやはり日本製が耐久性があり しっかりしてますね。交換作業は何であれ面倒で時間も掛かるので交換サイクルは長い方がありがたいですよね。
数少ないシャフト長の場合など現行のユニットBBを改造しシールドベアリングを付けて活用する方法がないもんでしょうか?
 
ひらのさん MTBの29er(インチ)タイヤのリムはロードモデルの700Cリムと同じサイズなのですが、従来の26インチに加え650BサイズがMTB界に割って入っている状況で体格やコースレイアウトで選択しているケースもあるようです。そういう意味ではツーリングモデルの方にのみ650Aが増えますね。
チューブバルブ問題は英式アダプター使用が一番簡単でしょう。通勤・通学車は26×1.3/8と27×1.3/8、24×1.3/8が根強くしっかり生き残っていてタイヤ交換には困りません。でもリムの上級品が無くなって来て困ってます。
あとは変速機関係だけです。*ンパはトリプルシステムを3グレードで復活させたんですが、旧型の方が少し落ち着いたデザインのように感じます。制約は多いでしょうけど渋いデザインの縦型Rメカの登場が無いものでしょうか?

[851-65] 丁度良い働きの女とタイヤサイズは、プラトニック・ラブである。 2012/12/06(木)18:42
    2694さん、その、こじまさんです、たぶん。いえ、間違いなく。他のご趣味は私もお聞きしたいですね。因みに私は、タダ酒と、オ○ナ遊びです。ひらのさん、
 「650を世界標準にしたい」ですね。700Cも650Aも35ミリ幅でドナー、ちゃうの、ランドナーとして使っていますが、700Cは、
 リムがレーシングサイズだからそうしたまで。ハンドリングやギアの問題を考えると、マウンテンなども650リムで行きたいくらいです。29erは
 「どうして26インチにしたのか、根拠がなかった」
 と、ゲーリーさんも仰せでしたね。まぁ、700Cリムにあのタイヤとしたのも単なる思いつきと申しますか、根拠がないといえばそれまでのことですが。変えるのが好きなんでしょうね、あの男。というか、アメリカ人さんが。その昔のオフロード向け自転車は32インチであった、などとも言ってました。肝心な

 ひらのさんご自身がご心配なローバーですが、

 559を590付近に変更されれば如何ですか。ブレーキ本体の台座を。熱を入れるのがお嫌なら、ストロークの大きいサイドプルブレーキにされるとか。効かないのも愛嬌ということで。世界的に小径車も流行っている現在、650は、緻密な日本人らしく、

 明確な根拠さえ出せば、主流になろうかと思います。

 たとえば、29er(700×57)、27er(590×50)、26×2.00(559×50)の3台を、プロのレーサーにでも乗らせてタイムを計るとか。

 「何回やっても27erである690(シックスナイン?)がベストタイムでした」。

 とでもなれば、アホなアメリカ人は直ぐに飛びつく筈です。で、

 世界旅行へ行く方の心配にリムとタイヤの問題はつきものでしたが、日本でもどこからでも買えば良いだけです、現在は。現地で買う必要もないかと。タイヤならば、2組くらいはバッグに入りますよね。ビードが折れるものがありますから。パニアに括らなくて良いです、京都のタイヤですと。チューブなども日本国内なら、それこそ宅急便ですね。よって、

 『一般向けの自転車は無視』、650Bで行けば良いだけかと思います。「スポーツ車の証し」になるかも知れませんよ、これからは。

 誰が言うかだけの問題のような。無難なのは700Cですね。レーシング規定である「700ミリ以下」が変わらない限りは。

 ツール・ド・フランス、何でも可!

 となれば、面白そうですね。そこからツーリング車の車輪も見えてきそう!。疲労度を測る機械が誕生するなどして。結論は、

 ワールド・ローバーで行くしかないです、何としても。

 私は分かっていました、こうなるの。アメリカに振り回されてはアカンと。26HEのほうが、私の股下サイズからも作りやすいのは明白だったけれど、マウンテンのみに押しつけました。700CATと言い出して、レーシングサイズしか信用しなかったのが大きいですね。

 スポーツ車はレーシング主導です。次は、700Cローバーを!。フレームの形状は、考えて下さいませ。私は短足ですから、スタッカードにするかな、今度の700Cランドナーは。歳も行くし・・。

 豪快な走り!、トー○イ・スタッカード・ランドナー!。

 誰も買わないでしょうね。ハンドルまでの距離、フロントセンターの問題もあるし。

 大きな体格の方は、何とでもなるけれど。^^

[851-66] 実戦 ひらの 2012/12/06(木)19:37
   実際の旅だと、タイアが何かしらトラブった場合、街ですぐに緊急用のタイアが入手できるかどうかというのは重要な問題です。チューブもバルブ形状からすると国内ならウッズが間違いないと思います。僕のローバーは離島でひどい目にあって以来、ウッズにしました。(交換用チューブを持っていればいいんですけど、そういう時に限って持ってない。笑)

宅急便待てるゆとりがあればいいし、フォールディングタイアも持っていけるゆとりあればいいですけど、心理的なゆとりまで考えるとやっぱハチサン規格にウッズバルブ仕様が間違いないかもしれません。MTB規格のHE規格のタイアやチューブも田舎では入手しやすいです。

[851-67] 夢と実戦 2694 2012/12/06(木)20:46
   650は、国内でいえば、MシュランとPナが製造しているのくらいで寂しいですね。
契約の問題とかあるのか?自社ブランドのPナ名でケブラービードのは、出してない。京都のを越えるハンドメイド高級品とかあると夢があって楽しいです。
自分が650ABに手を出しにくいのは、軽量チューブや、高級タイヤ、メーカーの選択肢がないからですね。700Cならホイール替えてチューブラーもあるし。
実戦は、サイクルスタイルにあった実戦ですね。
ウェアも東京にいた時は、もう少し普段着の延長で機能的にするくらいですが、最近は、ロードバイク乗る格好に近づいてます。古着は、取り入れてますが。

たまには、チャラチャラした格好して走りたいです

[851-68] 縦型変速機 2694 2012/12/06(木)20:55
   縦型は、昨今見た目の美しさばかりが話しに出ますが、使用感、例えば変速がダイレクトで掴みやすいとか、何か走りに繋がる良さっていうのを聞いてみたいですね。

次ので使ってみるので是非伺いたいです。

[851-69] 皆々様 有難う御座います KEROYON 2012/12/06(木)21:20
    B.B.質問の件、忙しいので、取り急ぎ、お礼まで。

[851-70] Re,縦型変速機 brm-codama 2012/12/06(木)22:19
   ありとあらゆる変速機を使った人の感想を聞いてみたいですね。
自分の場合ロードモデルに憧れたくちなので、普段使いで記憶にあるのは、長く使ったのは*ンパヌーボ’70頃のモデルで一気にトップからローまでそしてまた逆もシャープに動くし何しろ頑丈なので気に入ってました。でも一代前の鉄レコードの方が滑らかに動くしチェンに負けない重厚さを感じました。
感覚的には横型サンツァーVが一番滑らかに動いたと感じています。*マノクレーン(2期)は一段一段確実に歯に入るけどシャープさに欠けるので使い止めました。
ゼウスクリテもしばらく使ったんですが精度が悪いのか確実さがなくリアは5段目に入らないので4段時代の血を受け継いでいたのかも*ンパで言えば設計的にグランスポルトとレコードの中間みたいに感じました。サンプレやユーレーは試乗はしましたが愛用した訳じゃないので その辺は愛用した人に経験談をお願いします。

[851-71] 後ろから見つめています 2694 2012/12/06(木)22:50
   阿武隈でなければ、ヌーボ・レコード使いますねえ(>_<)
サンツアーは、動けるデブなんですね。着けているの見たことないです。サイクロンは、変速掴みやすいです。
自分は、無難に横型77年デュラです。
クレーン初期型は、確かにおっとりしてました。でもちょっとチェーンを張り気味にするとかなり違います。そんなことが楽しいですね。

サンプレもちょっと乗らせてもらったり、後ろを走りながら変速を見ていても、なかなか調子良いのに出会えません。なんでしょう?
俺のは、違うよというのを聞きたいです。何かコツでもあるんでしょうか?

[851-72] サンプレ ひらの 2012/12/06(木)23:18
   サンプレは問題児かも(涙)さすがにデュラなどの横型などをお使いになってるのであれば、お勧めできないなあ。僕のクライマーに使ってますけど、ほとんど意地です(笑)
スプリングの戻りが悪いんですよ。
本体が要はプラスチックなので、剛性不足なんじゃないでしょうかね?

アルミのSLJやプレステージ、クリテリウムだったら、まだマシかもしれません。

でも、使ってますけどね。
最近は慣れたのか、馴染んできたのか、そんなに不具合を感じないんですけど。

でも、機械的な感触というか、マニュアルシフトの面白さなら、鉄のユーレーアルビーとか、調整次第(組み合わせによるかもしれませんけど)で楽しめるのでは?(って、僕、使った事ないんで無責任ですけど)

ユーレーは、ズベルトとかの方が調子いいみたいですね。

阿武隈ですと、何がいいんでしょうねぇ…

なんとも…ですね…
誰か詳しいかた、どうぞ

[851-73] 後ろから見てました。 brm-codama 2012/12/06(木)23:19
   確かに現在の*マノや*ンパはチェンを短めにしますね。軽量化もあるでしょうけど反応がよくなる感じです。
ヌーボレコードはチェンをぎりぎり長くするためプーリーゲージのストッパーを外して使っていました。
個人的にはユーレージュビリーのデザインが一番好きですが使用感はレバーストロークが大き過ぎてイマイチだったのでそこら辺の改変や弱点の一つの耐ネジレ剛性や稼動部の強化、チタン化なんかも面白そう…と勝手に想像してます。
プロキオンチタンとかサンプレクリテオールアルミ、縦ワイヤーで動かすチタンかアルミのレコード60、鉄レコードと全く同型のチタンレコード、…etc 既存のRメカのスプリングを流用して適価で出来ないもんですかね?
ズベルトもシンプルで大好きです。アルビーはきちんと整備し直すと信じられないほど調子良くスムーズに動くらしいのですが、残念ながら自分のでやった事がありません。
サンツアーXは、性能面はよかったのですが形が最悪だったので我慢出来ずクレーンに変えたのでした。またその前に*ンパスポーツマンを使ってましたが、師匠にお土産に貰い最初に使った憧れの*ンパでもあります。性能は一般用として中の下という印象です。

[851-74] 他の趣味ですか? こじま 2012/12/06(木)23:33
   2694さん、brm-codamaさん、こんばんは。
2694さんとは、どこかでお会いした事がありますか?多分皆さんが思っているこじまです。普段の自転車遊びはミクシィで友人知人の方に公開しています。
他の趣味ですか。自然破壊を自覚して化石&鉱物採集の趣味はサイクリングをやり始めて封印してますが、薀蓄はそのままです。家族でファミリー登山&ハイキングを年2〜3回しています。どっぷり、自転車道楽に全方位で遊んでいます。中野さんを見習って、そろそろ部品を処分しようかなと思うこのごろです。
他にも城跡めぐりとか史跡めぐりも好きですが、趣味と呼べるほどの物ではありません。

話は変わって、友人が町工場で作らせたストロングライト・チタンシールドBBセットは、本物の当時の定価より少し高いぐらいの価格で出来たのには、ビックリしました。

[851-75] 縦型は意地と好み ひらの 2012/12/06(木)23:49
   ・…に、なってしまうのでしょうかねぇ?(涙)

でも、チェンリングとフリーの歯の組み合わせ、チェンの種類などで、たぶん性能は変わってくる気がしますよね。

僕、新しいのはなるべく使わないように心掛けてます(笑)

だって、そんなのに慣れちゃったら、縦型の古い変速機、使えなくなっちゃう気が・…

と、言いつつ、ローバーだけは○マノの○オーレXT付けてますけど。

調子がいい、いい。
楽です。

厳冬の北海道でワイヤーが凍りついた以外、トラブった事一度もないですし。

[851-76] Mビックなんかは・・・? 2694 2012/12/07(金)00:43
   こじまさん、私が存じ上げているだけです。私は、名も無き野草です。ピスト世界から種が飛んでランドナーで勝手に伸びてます。

デュラといっても35年前のです。阿武隈は、ワイドなキャパが必要です。割り切ってクライマーのギヤ比もありだと思います。

ロード系の変速機ならMビック縦型が惹かれます。レースで戦った縦型の最後のものだから、しかもフランス。キャパが取れれば使いたい。

一台の自転車で何でもできるわけじゃないなら、自転車設計上のギヤ比を25Tくらいで考えるのがいいかもしれません。越える分は、おまけ、あるいは、エクストラギヤ。

[851-77] なんでも一緒ですが・・・ KEROYON 2012/12/07(金)01:31
    ぱっと考えると、僕が使った中では、サンツアーVですね。でも、本体が重いのか、動きは鈍い気がします。
 スキッターの方が変速は良い気もしますが、物を見れば、総合的に劣ると思います。
 何時しか、サイクロンやシュパーブ、デュラエース級しか買わなくなっちゃったので、中級クラスで良いのが有るのかもしれませんね。
 でも、仕上げが気になるので、買いません。

 そういう意味では、間の製品は、飛び越えて最終期のシュパーブPROが良いと思っています。
 シマノの7400も良いですね。
 少なくとも、クレーンやデュラの頃より。
 でも、速さだけなら、僕は、カンパの軽合の方が速いですね。慣れかもしれません。

 感覚的には、シングルテンションが好きなので、S.L.Jよりもジュビリーが良い気がします。
 剛性が無いので、変速がスルッと入る気がしますから、サクセスよりも良い感じがします。
 勿体無いので、トルクが掛かった時に無理やり使う事はしないから。
 なんか、何でも良いみたいになっちゃいました。
 リアメカの話しかしていないみたいなので、全部リアメカについてです。

[851-78] Mビック縦型 ひらの 2012/12/07(金)01:53
   82年のカタログだと、オール軽合、キャパ23、178グラム、とあります。

軽いですね。Cンパ、スーレコより軽いです。
キャパから考えると、純レース用ですよね。
オール軽合だと、強度に問題ありそうだなあ。

ツーリング用だと、ちょっと厳しいかもしれませんよね…

Aルプス式だとフロント44×26、リア13〜22か23ぐらい。トータルキャパ27か28ぐらい。

シュバーブプロだとギリギリぐらいかな?
でも、シュバーブプロは横型ですよね。

[851-79] 変速より変心が重要?。 2012/12/07(金)06:10
   たとえば、29er(700×57) ×
たとえば、29er(622×57) ○

 ランドナーは実用車である。と申しますか、実用車のリムとタイヤを使えない人は乗るべからず。なのかも知れませんね、ひらのさん。マウンテンもアメリカの実用車がベースとなった訳ですし。テスト段階では、フランスのそれをベースとした自転車も何かで見ましたが。車輪は650Bだったかと思います。よって、

 今の日本の実用車といえば、新聞配達用のあれならば、車輪はあれでも良いと思わないといけませんね。ランドナーがスポーツ車と思うこと自体、間違っているのかも知れません。

 「嫌や、そんなん」

 と思う人は、700Cチューブラーサイズを必ず選ぶべきかと、2694さん・・。622リムが実用車に使われる日本、世界となれば別ですが。ランドナーもスポーツ車としたい私ですと、心理的余裕は、

 離島 → そのときドリルでも借りて、リムの穴を大きくする。
 町中 → 翌日の宅急便到着まで、その辺の何とデートでもして遊ぶ。

 実際は、日取りがない国内旅行ですから、サイクリングなどはやめて家に帰る。ことになるのでしょうね。心理などは、何とでもなりそうです、私の場合。

 チェーンが切れたり、山の中での運転不能は何回かあります。「明日があるさ」で、終わっていました。

 みなさまは、これでは終わらない?。^^

[851-80] シ○ノ・ナイーブ。 2012/12/07(金)07:06
    顔の細い何は嫌だけど、縦型変速機は欲しい!です、私も。旧製品などではなくて・・。シ○ノさんへ

 「ネクサーブシリーズで良いから、縦型を作ってよ」
 「10,000個は買うよ」
 「サイクルマニア代表、BRCと、ここに署名もあるやん」

 とまぁ、部品メーカーさんを指導するのも愉しそうですが、どうなんでしょうね。誰もやって来なかったのかな。旧品を漁るくらいしか。

 「サンプレッスやユーレーの形をシ○ノさんが作り直したとなれば、ヨーロッパでのジュ○エースの売れ行きも違ってくるよ」

 などと、唆してはいかがでしょう。何がツーリング車の発展に寄与するか分かりませんしね。駄目かな。

 何とか製なら、こらから、あの人がやってくれそうですが。^^

[851-81] 鶴さん、正解です。 ひらの 2012/12/07(金)10:30
   明日があるさ、で終わり。

正解ですね。

スバラシイ

[851-82] 鶴さん 考えてみると brm-codama 2012/12/07(金)11:15
   某大手パーツメーカーの過去を考えてみると ライバル会社の高価なトップランクモデルを明らかに意識し流麗なデザインなどの特長をよく似せ取り入れたモデルをわざと中の下に設定して製造した事があります。そこそこの価格で流麗なデザインのロードモデルを作れましたが、肝心のメーカーにやる気もないのでマスプロの完成車メーカーにセールスもなく 完成車メーカーも空気を読んで採用せずなどで しかも表面処理はハードアルマイトでもなくお得意のコストカット塗装だったりで 当然ながらワンロットで終わりました。
もう一つ このメーカーには縦型変速機のAXシリーズがあり *ンパのクローチェダウネとともに縦型の可能性を新機構で模索したんですが、今振り返ると短期で消えた幻のようなモデルでした。
*ビックRメカはロボットのようなデザインで身近に使う人もいたので印象に残っています。あれがフランス人の合理性を象徴するサンプレクリテの進化形だったのかもしれませんね

[851-83] ひらのさん brm-codama 2012/12/07(金)11:40
   昔の小径車*ラヤマイクロハリーは、ピスト(トラック)レーサーを除きロードレーサーでもヘルメットを被る習慣が無かった時代なんですが、この自転車は唯一ヘルメットの必要性を感じた自転車です。
なにしろ35年経っているんで乗った自転車の名前は間違えている可能性もありますが、もし本格的に乗る前に十分テストし危険性を感じるなら十分な予防対策をするよう差し上げた方と話してください。

[851-84] Mのリアメカ KEROYON 2012/12/07(金)11:49
    僕は、NCの走りみたいで、好きでは無いですね。
 その無骨さが良い!!って言うの有るでしょうね。
 今のGCのセンタープルとかと合わせると似合う気がします。

 それと、Eリングでバラバラになる機構なので、ガタが最初から出るしリングも弱いですから。
 でも、現代の製品だから、駄目な物なんて無いですね。
 
 クローチェダウネも、ヌーボと、思ったより性能の差が出ないですね。
 でも、アテナとか沢山出したので、あの頃の機構はイタリア的で面白い。
 トップモデルなので、当然なのですが、フロントも含めてCレコルドの方が良い気がします。
 
 フロントは、デュラよりもシュパーブが良いと思っていたので、リアがデュラ、フロントがシュパーブ、レバーがS.L.J.のレトロ・フリクションかシュパーブのラチエットで、ロードレースに出ていましたが、今は、セットが格好良いと思っていて、揃えています。
 オール・カンパの時も有りましたが、磨耗してガタガタになると、金が続かない。

 ひらのさんにお答えすると、僕のT社は、日本のフレームなので、日本のが良いかな!!と思っていて、44−28 13−23で、シュパーブとシュパーブPROの混成です。
 実用ですから、ちょっと、変速が遅い気がしますがこれで十分です。

[851-85] brm-codamaさん、ありがとうございます ひらの 2012/12/07(金)11:59
   マイクロハリーに関しては大丈夫です。

あの自転車は元々、前傾で乗るタイプみたいですが、今はアップライトの仕様にしてますし、足もガンガン付きますし、前につんのめりやすいのは確かですが、つんのめっても危険な転倒になりようがない?体制です。

走るといっても、せいぜい2キロとか、歩くのに限りなく近い近所用ですからね。

もちろん、おそのさんには前につんのめりやすい事は伝えております。

[851-86] 明日があるさ ひらの 2012/12/07(金)12:06
   って、いいな(笑)

よく考えたら、自分の本で、そういう気持ちの事をさんざん書いてたのを忘れてましたね。

いろいろな事を詰めていくのも自転車の楽しみではありますが走りはじめたら全部忘れて「なんとかなるさ〜」ですね

[851-87] 走ったら、身をゆだねますね。 KEROYON 2012/12/07(金)13:28
    ひらのさんのおっしゃる通りですね。
 調整不足とか壊れ掛かっていて、其処が気になる方が、よっぽど嫌ですね。
 少し、泥除けの止めているネジが緩んでいるのに、車輪外して締めるだけなんだけれど、ほーっておくとか、バッグのベルトが千切れかかっているとか。
 だから、すぐやってしまう癖を付けています。
 安心感が有る自転車が欲しいんで、高級はそれからです。

 鶴さんがおっしゃる様に、実用車のタイヤなら、まず平気ですね。これも安心感ですね。
 高性能を維持するのは、機材に神経質にならざる得ませんから、それが出来れば最高です。
 良く、美人の愛人と古女房に喩えますが、どちらも捨てがたいですね。
 先日は、愛人で出動、明日は、古女房でサイクリングです。

[851-88] 以前 ひらの 2012/12/07(金)15:08
   お友達の某出版社、N氏と長距離輪行、北海道ツーリングに出た時の事。
峠を二人で登ってたんですけど、ピークに着いた時、N氏はこう言いました。

「ひらのさーん、今度、○ンジェ欲しいんですけど、どうっすかねー?どう思いますー?」

「はいぃ?」

(笑)

こんなところに来てまで普通言うか?(笑)

別に自然がどうの、とか歯の浮くような事聞きたいわけじゃないけど、こんな場所で○ンジェの話じゃないでしょ?(笑)

いや、別に面白いからいいんですけど、こちらはそういう事は完全に忘れていたので、かなり笑えたのでありました。

これだから、オタクってーのはしょーがねぇなあ、と思いました(笑)

[851-89] スチールフレームの継ぎ手は、息子ではなくてラグ?。 2012/12/07(金)17:42
    AXの発売は、ツーリストの心と申しますか、私の心を卑しめた記憶です、brm-codamaさん。丁度、国産部品からフランス部品へと惹かれたときでしたから。ア○プス・パスハンターと同時期だった筈です。その後、
 そのときから年増だった自転車雑誌の何とかさん、彼女の白いレーサーがそのAX仕様でして、実際に眺めると綺麗だったですね。ブレーキ本体のアームなどは恥骨みたいでした。AXの後年の評価が高いのは、なんなんでしょう。開発部長だったか、どこかへ飛ばされたとか、新ジュ○エースが発売された頃、仲間内の噂ではありましたけど。製造をやめて貰って、安心した記憶もあります。

 それですみません、ネクサーブもやめているようです。シ○ノさんのページを今、拝見しますと。私は変速機関係には疎く、何とかグラフやその動き方など、どうでも良いから関心がなかったんですが、サンツアーセブンから始まり、VTラックス、ジュビリ・ロング、クレーン、サイクロンGTと、捨てたランドナーも含め、旧のランドナーはこの変遷です。ヌーボ・レコードと今のラリーはロードレーサー。位置決めシフトを使ったXC9000は、ジュ○ラエースのプーリーの大きい奴へと変わっています。あとは、ア○テグラのノーマルをフライデーに手元レバーで。新ランドナーはシャドータイプのXTですが、9速レバーの位置決めで使っています。
 プーリー大のジュ○エース、XTやア○テグラは、後変速機の味も何も分からないのが正直な感想です。ジュビリのレバーなどは新製品で出して貰いたいところですね。ストロークの大きさがツーリングの心と合致しますから。結論は、

 大自然に包まれた峠越えで欲しくなる都会の女・・、

 かと、思いますよ、ひらのさん。思い出すんですよ、そこで、どうしてか。違うのかな、Sジェを欲しいと言った彼のお気持ちは。街角では田舎風ランドナーが欲しいと思うのと一緒かと考えます。無理矢理こじつけますと、

 ラグレスかラグドでイメージが変わりますよね。ラグの美しさはスチールフレームのみ、大抵の方はそこを見ています。「これ、これ」とおっしゃって。クラウン部分などは目立つみたいですね。今は軽快車のそれしか見ないですから。

 そう、ラグなどもどうでも良かった私ですが、ダイヤモンド・キャンピングにアッセンブルされていた2枚板のそれには憧れました。

 理由は、分からないです。^^

[851-90] それは2段肩フォークという奴ですね。 brm-codama 2012/12/07(金)19:06
   自分の場合は初めて買ったロードが片倉シルクで丸フォークに2段肩でした。雰囲気がなかなかよかったんですが、先輩達に聞くとフォ−クブレーズの材質の問題でブレーキングで少しずつ曲がって行くトラブルが昔は結構あったらしく その後は徐々にパイプ径が太くなり補強版も普通に付ける事も多くなりました。
2段肩クラウンの歴史は古いようで 相当前のヨーロッパの記録にも残っていますね。
変速機って結局はチェンを確実にギヤ間を移動させてくれればいいんですが、贅沢にも異性に対するのと同じように見た目の魅力やフィーリングに合う物を欲しがる人がいるんですね。
ストロークはワイヤー固定の位置で変わるので大きくズラして固定出来るようにしてあればショートストロークにしたりロングストロークに変化させられます。
プーリーは11T時代のも使ってましたが、変速フィールではなくスイング半径が大きくなる分 キャパを少し増やす程度かもしれません。
AXシリーズはメンテもしていましたが、基本的に問題の多いシリーズでした。きちんとテストを重ねて後々の事も考慮して改良し 十分に熟成させてから発売すべきだったと感じています。後年の人気は短期間の販売で総量が少ないせいでしょう。
フレームのラグは機能面のみで考えると補強版効果が大で よりしなやかなフィーリングが欲しい人はラグレスの方が向いています。

[851-91] ジョー・ルートン 2694 2012/12/07(金)21:04
   自分も二枚肩に惹かれました。
ラグレスのジョー・ルートン。
両国でタンデム二枚肩ラグレスが裏に吊るしているの見たことあります。こんなの今では、つくれませんね。
問題があったのは、シルクだけですか?
二枚肩は、丸フォークのイメージがありますがルートンは、楕円だったか?

競輪は、ラグ付きのイメージしかないですね。規定の問題か、強度の問題か、どちらでしょう?

[851-92] 昔は brm-codama 2012/12/07(金)22:34
   今よりもどこのメーカーもFフォークの規格は細かったし 肉厚を上げたり楕円にすれば多少は改善されましたが、ある時期まで熱処理技術が普及していなかったので基本的に弱く 特に丸ホークはブレーキ制動時に前後方向に発生する加重や振動に弱く向いていませんでした。
しかも基本的に材質が弱いのに補強版が付いていなかったりすればクラウン付近の金属疲労を招き 更に”くの字”曲げなら一点に疲労が集中し問題発生となってました。
タンデムは、二人分の体重やストレスに対応し特別な太い強化フォークブレードもあったと思います。
競輪は、ある時期までラグレス/ラグ付きは自由だったのですが、途中からラグ付きのみの認可になり その後ラグレスの追加テストを受けて通ればOKになりました。ラグ付きは補強版効果でその分硬く出来て応力分散効果で寿命を伸ばせますが、逆にしなやかさを狙うならラグレスが有利です。
2段肩クラウンは、その形式が権利で制限されている訳じゃないので自由に作れるんですが、強度的な弱点を消すために補強して行くと あの特徴が薄まるので 次第に採用されなくなりました。

[851-93] ランドナーは実用車か? ひらの 2012/12/08(土)00:46
   実用車と言われると、うーん…どうだろう?
誤解を生む可能性がある言葉ですね。

「明日があるさ」は実にランドナー的な考え方です。

「スポーツの実用車」と考える方がいいのかな?でも、ハチサンでもホイールは軽い方がいいに決まってます。

リム、タイア、チューブも、実用車のような耐久力と重さよりも、細身で軽く、高性能なタイアでないと、遊びとしては、なかなか難しくなりますよね。

だって遊びに行くんだから、軽くて荷物がある程度乗せれて、楽な方がいいですもんね。

重いタイアとリムを操る楽しみもあるのでしょうけど、ハチサンでも高性能なものがあった方が、遊びの幅は広がります。

[851-94] Mビック 横型 2694 2012/12/08(土)03:30
   自分がたまに伺う自転車屋さんの棚に、箱入りではないものの、新品とおぼしき90年代?Mビック横型セットがあります。
何で?こんなものがと思っていたのである日聞きました。

このMビックの横型、新品に見えますけど、昔仕入れたものですか?

そうだよ、Mビックが変速機止めるって聞いて、フランスメーカーのが無くなるから記念に買っておいた。

そのMビック横型は、ダブルテンション、スラストパンタ、フロントは、サンプレタイプの羽根、レバーは、ラチェットでインデックスでは、ありませんでした。

じっとその変速機を眺め、欲しいと言いたいところだが、いまいちだなあと心に呟きつつ、フランス変速機が無くなるのを寂しく思ってくれるそのご主人を自転車人として信用してしまうのでした。

[851-95] 業界さんの誰かを脅して、622の軽快車を売れば良い?。 2012/12/08(土)05:34
    コマーシャルは、♪リンリンリリン♪リンリンリリンリ♪リンリンリリン♪リリリリリン♪

 「♪恋のシックス・ツゥ・ツゥ♪」
 「♪・・・、ワオ!♪」

 と、謳わせまして。新フィンガーファイブさんでも抜擢し。サイクルの前にスポーツを持ってきて、スポーツサイクルと冠した理由は、

 「実用車とは違うのよ」
 「趣味と運動を目的とするの」
 「人と競うのは嫌だけどね」

 だった筈です、神田さんも京都君も。実用車を改造したのがランドナー。ランドナーを発展させたのがロードレーシング。私は人さんに説明するとき、こう言っています。人さんとは、

 「マウンテンバイクですか?」
 「いえ、旅行用の」
 「細い細いタイヤですね?」
 「その辺にある自転車と同じ幅です」
 「乗車するときの姿勢が違うだけです」
 「そうなんですか」

 と、このような会話をする方たちですね。よって、ランドナーはスポーツ車であり、運動を伴った旅行にて、一般的な旅行とは区別されるのが普通でしょうか。旅行とスポーツは違うといっても、世間の人は納得しないです。「しんどそう・・」と仰せになり。

 700Cは、ノーマルは28インチですから、アンダーサイズを使っている訳で、それがレーシングの代名詞になったのだから、ツーリングの代名詞は650であると、何としても丁稚あげないとなりません。軽くて気持ちの良い製品を望むのであれば。それなしでは、生き残る術はありません。実用車と競輪の恩恵だけで、ここまで来ているのみだから。

 「その仕事、僕、嫌なんです」
 「そんなら、代わりの案を出せ」
 「イヤイヤだけなら、その辺の実用車」いや
 「女でも言えるやろ」
 「アホかお前」

 と、これはどこの会社でもよくある話です。今のところ代わりの案がない私は、700Cランドナーをオーダーする結果となりました。本心から愛しているのは、26歳のハチサンさんだったんですが。ひらのさんもやっぱり、

 次のローバーは「ローバー700」で行きましょう。実用車とは縁を切れますよ。メソメソと追いかけることはないです。乗ったら、650Aのほうが良いけれど。所詮自転車、タイヤが回って走ることに変わりありません。

 うちの会社のモットーは、「人には従え」です。^^

[851-96] 少数派 ひらの 2012/12/08(土)12:41
   人に従うのが嫌な人が自転車で旅に出ます。

別に反骨精神とか言うわけではありません。

前も書きこみましたが、自転車で旅にでも行こうという人は少数派です。
基本的に一般が納得する必要はありません。

しかしながら、それでは良い規格が消えてしまう恐れがあります。

だからほんの少し知らせてあげれば良いと思います。

具体的には最近やっと小さいながらも、京都、浅草、吉祥寺、その他が頑張ってくれているので期待するしかありませんね。

ローバーを700Cにするつもりはありません。
リムはストックしましたしタイアは最悪、26×1,75が使えますし。

[851-97] ひらのさん、もしかして? 2694 2012/12/08(土)15:11
   もしかしたら、次期ローバーを考える時期にきているんですか?

[851-98] 次期キャンピング ひらの 2012/12/08(土)16:28
   2694さん、いえ、そういうわけではありません。
僕のローバーはまだまだいけるとは思いますが、使い方が使い方なので、本音を言えば、もう一台とか予備が欲しいなあとは思ってます。

コイツに何かあったら、僕のメイン旅ができなくなっちゃうし、困った事になりますからね。

[851-99] お釣り32ミリは嬉しい、理に適った少数派?。 2012/12/08(土)17:25
    やっぱり、ローバー559と伴に性、いえ、生を真っ当されますか、ひらのさん。機会がございましたら、一度、私のトー○イ622丸にも乗って下さいませ。あ、2694さん、ひらのさんはワールド・ローバーさんと心中なされます。私もそうするでしょうね。理由はともあれ、結婚しましたから。650の旅行車は

 「何としても必要」と書かせて頂きましたが、変わっている私は、捨てても惜しくないのが本音です。

 2694さんの乳輪のお話と通じるのかどうか分かりませんが。たぶん違うのでしょうね。乳首はそんなに好きじゃないし。あ、誤解はないと存じますが、「メソメソと追いかけることはないです」の主語は、

 勿論、私です。簡単に申しますと、旧と新は関係なかったとして、波止場で余所見をしており、その2台が海に落ちたなら、622丸を助けるかと思うんです。日本人らしい私(?)でも、ジョン・ウェイン伝説はナルホドなのかも知れません。で、軽快車の話に移らせて貰って、現在、

 26インチと27のどちらが売れているのでしょうね。24なのかな。最近、22は見ませんよね。結論は、

 一生飛ばされたまま、日本支店勤務のアメリカ人さんが日本のしきたりを覚え、旅行用車を作るとき、650Aにされるのかどうか、個人的には、これが問題です。自転車としてバランスが悪いなどの「デマ」は別にしまして。体格などはどうでも良いと考えたとき、私は650Aランドナーを使うかと思います。本国にはない、その乳首を舐めまくるのと同じ、その辺の日本人よりもきれいに箸を使う外国人を見て、ビックリしたのだから、必ずランドナーを選ぶ筈です。よって、

 ひらのさんを始め、そのお店の方々は、質の良い少数派といえますね。路地、山岳を走って分かるランドナーの有り難さ?。700を超えますと、かったるいのは確かです。ハンドルがバタバタしますからね。「廊下は走るな」の日本文化から、丁度、子供であった頃の我々が、26インチ実用車に乗ったときと似ていますね。結論の結論は、

 ほんの少しどころか、みんな、分かっているかと思います。従順が好きな人(?)も、そうでない人も、勿論、両方を併せ持つ一般の人も。幅はどちらも35ミリ、前輪590、後輪622が欲しいと思う私は、やっぱり変でしょうか。101歳になり、スポーツサイクル鶴を開店したら、売ろうかな。誰も来ない?、お店まで。・・・開店休業ですね。

 ひらのさんだけは、来てくれそうな。^^

[851-100] 実は brm-codama 2012/12/08(土)18:34
   選択の場合に大事で厄介な要素が一つあって ”慣れ”なんですね。
どの方向から考えても無理があって非効率なのに それに長い期間を乗り続けてきた事で体が慣れてしまっていて 今更違う設計のものに違うフォームで乗っても 体が違和感を感じて受け付けず乗れない場合が、たまにあるんですね。
もっと早いフォームを作る段階やフォーム変更可能な余裕がある頃だったら 今とは全然違う成績だったはずなのになあ…と思う事がありました。
そしてコシが抜けた古いフレームや特に転倒歴がある物は修正してあっても振動を与えるとダメージを受けた方向へ簡単に曲がって(戻って)行くので そういう曲がったフレームに体が慣れれてしまうと本当に正確なフレームに乗っても違和感を感じるようになるので 緊急時などで一時的に使用する予備にして普段は乗らないように言っています。
また中には新品は本番でいきなり使わず しばらく練習で使って少しヘタって乗りやすくなった所で試合で使うという人もいますが、しばらく乗り込む事で体がそのフレームの癖を覚えて体の一部のように場面場面で的確に反応出来るようにもなるんだと思います。


<前の1件]


スレッド[851]に返信


[2018/11/14 01:50] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10