3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[851-34] ゴダール ひらの 2012/12/04(火)23:30 修正時間切れ
ゴダールは好きですね。
昔のは、そこそこ見てます。
「勝手にしやがれ」よかったですし「気狂いピエロ」も好きだし「女と男のいる舗道」も大好きですね。
あと、本編見てないんですけど、「ワンプラスワン」の予告編見て、腰抜かした事あります。

まあ、この予告編のラストが本編でもラストのようですが。
あれ、痺れたなあ。

なぜかキャメラを乗せたクレーンにアンヌビィアゼムスキーがよこたわって、そのままクレーンが青空にパンするだけなんですけど、「何がなんだかわからないんだけど、なんという映画的なショットなんだろう」って、ビックリして興奮しました。
「気狂いピエロ」のラストもそうですよね。
ベルモントが自爆したあと、崖から海にパンする瞬間とか…

ああ、こりゃヤバいと思ったものです。

なんかでも、ゴダールってやっぱ、バリバリフランス人ですよね。

あれは日本人は真似できない。
無茶苦茶映画の血が濃いです。

あ、でも、市川昆監督は見事にフランス映画を研究して娯楽映画に消化しているなあ、と思いました。ゴダールを相当研究している気がします。
「映画女優」という映画のラストや「股旅」なんかの各ディテールに見え隠れしてますね。

カネフスキー、って見た事ないなあ…
不勉強ですみません。

タルコフスキーは好きですけど。
「サクリファイス」とかよかったですね。

寝ますけど(笑)
寝るけどいい映画だと思いました(笑)



[2018/11/21 09:34] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10