3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[851-41] 英国車 ひらの 2012/12/05(水)11:41 修正時間切れ
英国車のクラブマン系の自転車も、○ネルスや○ンジェと同様、レーサーの血、というか、完全に走り屋の自転車だと思います。

本に登場するバトラーは、僕がしばらく所有してたのですが、英国車設定ではなく基本的に前の持ち主だった方(日本人)の設定で部品なども彼が再生したものです。

僕がいじったのはピラーぐらいのもので、そのまま乗っても問題なかったので、そのままにしてました。ただ、あの自転車は本来、公道TTレーサーで固定なのですが、固定は乗りづらいので普段用に○ターメイのクロス3速の内装を入れました。それは僕仕様です。

あの自転車は元々、イギリス人のワンオーナーで持ち主の方が少年の頃、親に買ってもらった自転車だそうです。だから元は少年用なんです。
サイズが小さくてちょうどよい(笑)

英国車は(フランスやイタリアもかな?)トップが無茶苦茶長いのが多いみたいですね。
シートが小さくても、トップが異常に長いのが結構あると聞きました。

昔の国産自転車も、そういうのをそのまま参考にしているのか、トップが長くてステムが短いのが多いですよね?

英国車でステムがフランス車などより短いのが多いのは、フロントに大きなライトを装着するためのスペースを確保するためでもあるようです。


Uエハラさんのは、純Uエハラさんモデルで、英国車とはまるで違うものに見えます。
あれは和製クラブモデル、すなわちスピーディーで、テンポの早い旅をするための自転車なんでしょうね。

英国車はもっとレーサー寄りな気がします。

どこがどう、って、僕はうまくいえませんが、バトラー乗ってると、○ルプスとは全然違って、確かに走らされてる感は明解にありましたね。

気がつくとスピード出して走ってたので、お巡りさんに怒られた事まで(笑)あるぐらいです。



[2018/11/20 03:30] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10