3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[851-90] それは2段肩フォークという奴ですね。 brm-codama 2012/12/07(金)19:06 修正時間切れ
自分の場合は初めて買ったロードが片倉シルクで丸フォークに2段肩でした。雰囲気がなかなかよかったんですが、先輩達に聞くとフォ−クブレーズの材質の問題でブレーキングで少しずつ曲がって行くトラブルが昔は結構あったらしく その後は徐々にパイプ径が太くなり補強版も普通に付ける事も多くなりました。
2段肩クラウンの歴史は古いようで 相当前のヨーロッパの記録にも残っていますね。
変速機って結局はチェンを確実にギヤ間を移動させてくれればいいんですが、贅沢にも異性に対するのと同じように見た目の魅力やフィーリングに合う物を欲しがる人がいるんですね。
ストロークはワイヤー固定の位置で変わるので大きくズラして固定出来るようにしてあればショートストロークにしたりロングストロークに変化させられます。
プーリーは11T時代のも使ってましたが、変速フィールではなくスイング半径が大きくなる分 キャパを少し増やす程度かもしれません。
AXシリーズはメンテもしていましたが、基本的に問題の多いシリーズでした。きちんとテストを重ねて後々の事も考慮して改良し 十分に熟成させてから発売すべきだったと感じています。後年の人気は短期間の販売で総量が少ないせいでしょう。
フレームのラグは機能面のみで考えると補強版効果が大で よりしなやかなフィーリングが欲しい人はラグレスの方が向いています。



[2018/11/21 13:40] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10