3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[852-15] 嘘のような brm-codama 2012/12/09(日)23:06 修正時間切れ
’80年代にロード用のブレーキシューが進化し始め メーカーが効きだけを強力にしようと追求し過ぎた頃の話ですが、某有名ブランドのフレームで走っていた時に下りコーナーのブレーキングで転倒した訳でもないのにダウンチューブがグシャッと(まるで追突したかのように)潰れてしまうトラブルが起きました。
フレーム側の溶接の温度管理や肉厚の問題、オーナーのブレーキングテクニック/当てる順序、前後の引きトルクやなどの問題はあるでしょうけど もし軽量チューブを指定したなら それなりのテクニックが必要なんですが、リムにシューを軽く当てた瞬間に急減速する当時のブレーキの癖も要因の一つだったと思います。今は軽く当てれば少し減速し 強く引けば比例して強く効くようコントローラブルに進化しました。
*マノのその頃のカンティー用シューは確か選ぶほどの種類はまだなかった時代ですね。交換用シューを用意していたという事は経験上で予測していたんでしょうね。



[2018/11/13 14:32] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10