3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[852-71] チェンラインと摩擦抵抗 brm-codama 2012/12/14(金)11:15 修正済み
もう一つ知っておいて欲しいのは、チェンがFチェンリングに対しRスプロケットが一直線に並び走っているきれいなチェンラインなら チェンのローラーやブッシュ、プレートなどの直線方向へギヤにチェンが収まり離れる時の最小限の抵抗で済むのですが、多段ギヤになるとそれらに加え 本来のチェンラインに対し斜めに横切るケースが多々出来る訳です。そうなると角度が大きくなるほどチェンリングやRスプロケットとチェンの摩擦抵抗、チェンが外れないように制御しているガイドプーリーの抵抗が加わって来て さらにテンションを強くするほど抵抗は大きくなります。
なのでFトリプルでチェンラインを大きな角度で使用すると摩擦やプーリーの抵抗が大きくなりますが、大きなギヤ比の利点の方が最優先なんでしょうね。
そしてシングルギヤの場合 ギヤやチェンを薄くすれば計量化出来るのですが、それをしないのはチェンが外れやすくなり消耗も激しくなるのもあり 多段ギヤではその欠点を逆に活用したとも言えるでしょう。



[2018/11/21 09:35] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10