3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[859-21] 心得違いは、不幸?。 2013/02/02(土)16:59 修正済み
 冷遇ですか、文句のあとは、brm-codamaさん・・。江戸時代の侍ですが、切り捨てご免は女房にも適用したのでしょうかね。
 「バカモン!、お前など切捨てて、おじゃる丸・・」
 と笑わせて、ご機嫌をとるのが関の山なのかな、今は。しかしながら
 「書いたものを入れておけ」
 「この前、ひらの殿から戴いたムーミン、いや、ムートンは、あそこの引く出しの中だ」
 「それから・・・」
 と、これくらいは言えそうですが。とんでもないのかな、こんなことも。私は、いつも何か2、3点を忘れるので、『携行品リスト』を作りました。いつだったか、平成15年頃。「必携品」、(自転車旅行特有の)「付属携行品」、「一般携行品」に分けてリストアップです。山と渓谷社の登山地図裏面に真似ました。必携品とは

□ 靴
□ 指切手袋 □防寒手袋
□ 帽子 □ヘルメット
□ 衣類
□ 水筒

 こんなもの。四角はチェックボックスです。バッグに思いつくまま入れるだけ入れて、あとでこのリストを確認しますが、やっぱり、2、3点、忘れていますね。携行する衣類などは「着替え」、「防寒着」としか書いてないですから、各々を書かないが為に、やっぱりと忘れています。文字を見たら、思い出すと考えまして。これも愉しいと申しますか。結論は、

 花嫁修業なんて言葉、死語なんでしょうね、今は。女性にとっては、どっちが幸福なんでしょう。私は江戸時代のそれのほうが幸福かと感じています。違うのかな、大半の現代女は。あ、これもいつだったか、会社の旅行で

 別会社の方と同室になったのですが、その方、着替えを毎回分に分けて、その分けたビニール袋へと日付が書かれていました。奥方に用意して貰ったのでしょうね。顔は可愛いのかどうか知らないけれど。このお人は現在、県会議員です。会社は奥方の名義で経営しているよう。結論の結論は、

 貴重な存在ですね、この県会議員さんの、お家・・。^^



[2018/07/22 00:40] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10