3QQQ BBS

山口・九州旧車研究会電脳談話室

[Menu ページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[861] 朝まで大激論VOL.5 ひらの - 最新投稿 2013/03/05(火)08:00
[861-1] 朝まで大激論VOL.5 ひらの 2013/02/08(金)19:35
   第5ラウンドです。再び熱く語りましょう。どこまで続く?デスマッチ。

[861-2] 還暦仕様 2694 2013/02/08(金)21:19
   ランドナーに乗り続けてきた先輩サイクリストの多くが還暦を迎えています。

年上の人たちには、豊富な経験と知識で年齢に応じたサイクルスタイル、自転車作りをされるのか興味があるんですよと話すことがあります。

その時の愛車は、もちろんビルダーの作るオーダー車でしょう。
自分は、量産車で還暦仕様なんていうのは、知りません。
自転車に関わり続ける限り終わりは、ないんですね。
brm―codamaさんもフレーム作りをする上で年齢を重ねたからこそ見えた世界があるのかな?と思いました。

[861-3] そうでもないんですよ。 KEROYON 2013/02/08(金)21:41
    還暦より上の方で、昔はオーダーにこだわったけれど、プジョーやモトベカンのアルミetcに乗ってみたくなり、ポチッとしたらオークションで取れちゃったから・・・なんて方もおります。
 どーやってフロントキャリア付けるかな・・・とりあえずリクセンカウルだけれどとか。

 また、ずーっとこれだよ!!と、BSやパナソニック(ナショナル)という方もおります。

 なんだかんだ言って、カーボンに乗ってみたいとかチタンにしてみようとか、また買っちゃった!!なんてやっている方もいらっしゃいます。
 
 昔、学生の頃に買えなかったから退職金でケルビム。(これも、吊るしって奴で先代のフレームですが・・・)
 以前、3QQQで書いた、この間、組んであげたスーパー・ツーリングなんかがそうです。
 これが欲しかったんだよーって。

 もう何年も乗れないのに、そんなに衝動買いしてどーするの?って、皆から冷やかされています。

 逆に、ワンディサイクリングなら小径車ばっかり乗ってますなんて言う方も。
 
 見聞きした事が無いという事でしたので、参考にして下されば幸いです。

 結局、色んな自転車に乗ってみたいのが中毒患者の傾向として有る様です。

[861-4] 3QQQ的な 2694 2013/02/08(金)22:19
   まあ、何か理由を拵えて新しい自転車を手に入れるというのは、あると思うんです。

地元の知り合い、ちゃんと走られる方で、筋力が落ち、身体が硬くなり、アップライトな姿勢、その上でフォルムを含めた自転車作りを模索されています。

未だに、イベント車ではなく、サイクリング車として古い部品を着けた自転車に乗る方がどう一緒に年齢を重ねていけるか?若いのと程々一緒に走れるか?
レストアしてないで新しいの作って下さいよ、アルビーでと言っています。

ここは、3QQQだから、そういうのを応援、プッシュしたいんですよ。

[861-5] 確かに brm-codama 2013/02/08(金)23:37
   年齢的な体力やフォームの変化に合わせて走りを楽しめる自転車をという方も増えています。体の故障やガタも来ていたりしますから こちらとしては普通ならありえないバランスボールのように精度面でも高めて体のバランスや感覚を取り戻すような感じにしたり ずいぶん前から暖めていた部品を持ち込むケースもあり 現在の高性能で低抵抗の部品と組み合わせる事もあります。昔のはワイヤーの摩擦抵抗が大きくわからなかった潜在性能が引き出されたりしますね。…というふうに様々な楽しみ方が出来るのが自転車のいい所かもしれません。

[861-6] 僕でも KEROYON 2013/02/09(土)00:38
    若い頃は、チネリのステムですが、上に行くと曲がっていて入りきらない。
 それで削って、真下に突っ込んで使う位でした。
 パールにすると、真直ぐだけれど元々の突き出しが長くて入りきらない。
 だから、自分で切って、台形臼のテーパーを作り直して使うなんて事していました。
 今は、3p位出していますから、硬くなっています。
 腰よりも、首・肩甲骨ですね。

 この間、NHKの「ためしてガッテン!!」を、たまたま見たんです。
 そうしたら腰痛の事をやっていて、脊椎狭窄症というのが有るんです。
 それは、前傾姿勢になると圧迫が取れて痛くなくなる。
 僕が、現在それなんです。
 寝ていると真直ぐだから痛みが残る。
 それで、自転車に乗ると取れる。

 その番組を見て「なる程」っと。
 だから、ある程度の前傾姿勢が良い場合も有るみたいですね。
 老人だと、大概は、サドルとステムが水平なら平気みたいですね。

 でも、若いのに付いていくのは無理ですね。
 僕でも無理ですから。
 でも、それは求めていないと思います。
 だから、頑張るとしても、自己新記録を目指すという事ですが、それもしないですね。レースじゃないから。楽しく楽に走れれば良いと思います。
 それより、色々な所に自由に行きたい。体力が続く限り、寝たきりに成らない限りは・・・じゃないかと。

 最近も、知り合いが、古いのでやりたい!!と言うのだけれど、知識が断片的なんですね。
 日東のパールにフィリップのハンドルとか、サンプレのS.L.J.が好きなんて言うから、フレンチ規格だしサンプレエンドが・・・って言うと、キョトンとしている。
 まあ其処までは無理として、ヘッド小物と言うと、それ何処ですか?
 それなのに022より019が良いと思っていますとか。
 アレレ、詳しいのだか知らないんだかみたいな。
 でも、僕の自転車みたいのに憧れる。
 そういう事も含めてのオーダーだと思います。

 まあ、ひらのさんなら、「いきなりトーエイとか、ふざけるな!!10年早い!!」かも知れませんが、それだと、彼、死んでるかも。

 ビルダーさんは、お仕事ですから、ソフト面と言うか、大多数のそういう方に親身になって商売繁盛して頂ければと思います。
 まあ、選手に作る方が面白いでしょうけれど。

[861-7] 内蔵工作 火を使う仕事 2694 2013/02/09(土)03:13
   薄肉のパイプにフレームの内蔵工作っていうのは、あまり向かない?難しい?のであまり作り手が気がすすまないようです。

直付け、オール内蔵で手間をかけた末に何か失うものは、あるのかな?と最近考えています。

火を使う仕事は、手際、タイミングが大事。あまりビルダーがやり慣れない仕事を盛り込むとこねくりまわして美味しくない料理みたいになるのかしら?と思ったりします。
面倒でも作り手がやる気、集中力がある時は、不安がないです。
納得してない、遣らされている場合がこわいですね。

作り手の得意を活かすのが一番で、その上でだれにやって貰うかを考えるようにしたらいいのでしょうね。

[861-8] 物欲の程度は、60歳未満とは異質?。 2013/02/09(土)08:14
    この世からオサラバまで、あと少しのサイクリストですか。サイクリストとは関係なくて、

 この話が例のバーであがったんですが、残りの人生への「取り組み方は様々」と仰せの昭和23年生まれの人

 注)会長と呼んでいます、そこでは。希望退職をされて現在はアルバイト。年金とそのバイトで呑んでいるようです。10年前、何には逃げられたらしいです。寂しさを紛らわす毎日なんでしょうね、おそらく・・

 でした。私は、サイクリストで還暦あたりは普通の気概かと感じています。75くらいまでは持続するけれど、80の呼び声と同時に消滅するのが、普通なんでしょうか。いくら好きなことでも・・。話にならんといいますか、面白くなくなると仰せでした、ゴルフの場合。結論は、

1 旧来の自転車を何とかして使い続ける。
2 兎に角、軽い自転車を欲する(5キロを切る「ランドナー」に乗る先輩サイクリストが!)。

 1と2だけに分かれそうな。

 これまでの集大成みたいな自転車を新しく作ったという人は、私は知りません。これまでの延長でしたらば、いらっしゃるけれど。大先輩のKEROYONさんは、1ですね。いえ、やっぱりと、通過点でしょうか、新車への。

 拝見したいです、その新車を。^^

[861-9] 歳になると KEROYON 2013/02/09(土)10:26
    スポーツ全般に言えるのですが、若い頃は、肉体が身体に勝っている。
 だから、筋肉が悲鳴を上げる経験が皆有ったと思います。
 100メートル、試合で走ったら痙攣して倒れるとか、其処までいかなくても呼吸困難になるとか。
 僕らは、腹筋が肉離れになるとか血尿が出る経験をすると本物だ!!って、聞かされていましたし、其処までは、僕も含めて皆やった。

 今は、自転車も息があがる前に脚が動かなくなる。
 昔は、肺から血の息が上がりました。

 そういう事で、全然違いますから、自転車に求めるものも違ってきますね。

 ひらのさんのテーマに少し触れると、自転車って構成品が多いですよね。
 マファックからクールストップのシューにしても進化します。進化と言うと主観的だから変化ですかね。
 工夫して、シマノがやったブレーキレバーに補助スプリング付きにすれば、握力面だけでも現代になります。それと同じ工夫(結果として同じ方向性の工夫)をマファックのレバーに盛り込めば、外見で一緒でも違って来る。
 だから、完成時に完璧にせず共、幾らでも変化する。だから、流動的で、一台でも通過点という発想です。
 判り易く言えば、ビンディングに交換すれば、進化するか別にして、現代風にはなる。
 スキー靴もビンディングが良いと言えないし、半分ビンディングという靴も有ったので、あえて進化とは言いません。

 フレームが駄目なら新車になりますが、2694さんのビルダー論に絡めると、エルネストが多分、僕の今の歳の頃にオーダーした訳です。
 それなのか、こじつけになるかもしれませんが、今乗った方が、しっくりくる。
 それは、彼のその時の感覚が無意識にフレームパイプのブレンドに宿ったのかな?とも、勝手に思っています。

 前にも何処かで書いたと思うけれど、先代が油の乗りきった旬の頃、世間的に言えば40〜50の頃、体力と知力のバランス面で、それと、2代目が継いだ直後、普通は、先代の方が良い仕事でしょう。
 僕が経営者の2代目だから言う訳じゃないですが・・・
 だから、それを見越して、そのタイミングを逃さず作った訳です。
 それと、結婚する前にとか、定年までにという経済上の問題も有りますね。
 スチールのフレームの土俵なら劣っていると思いません。良いかも判りません。
 本人に能力が無いので、正直、判らない。
 ただ、間に合っているとは言える。
 けれど、寿命が来たら・・・だから、耐用年数が気になったんですよ。
 確かに、もう少し、今の知恵と部品群の中から選択して作ってみたいですね。
 良い物が出来るかは、作らないと判らない。持っているのを越えられるかも判らない。
 仲間が、それを最近やりました。羨ましいですよ。
 
 ブランドだけじゃなく、そういうのも有るんじゃないですか?
 鶴さんじゃないですが、何の格だか知りませんし、格という言葉の響きは嫌いですから、なんて日本語で言うのか別にして、読めば、今迄、面々とコメントしていたニュアンスは伝わるかと。

[861-10] 直付けの場合 brm-codama 2013/02/09(土)11:51
   2694さん 直付けの場合は数種類の溶接方法があり、それと共に温度も違いもあり、肝心のフレームチューブが、その溶接温度に対応していなければ劣化やなまされて弾力性や強靭さが失われ寿命が短くなります。
そして事前にチューブ単体の段階で直付けしておく場合とメインの溶接終了後に直付けする場合でも精度や弾力性や強靭さが全くと言っていいほど変わり、薄肉チューブの場合は特に差が激しく違って来ます。
オール内蔵は故障や部品交換が必要になった場合は、当然ながら簡単に行かずとても面倒な作業になるので 使用状況に照らし合わせて本当に必要などうか検討して決める必要があると思います。

[861-11] 済みません 訂正 KEROYON 2013/02/09(土)15:10
   誤:ひらのさんのテーマに少し触れると・・・
正:(大先輩のKEROYONさんは、1ですね。いえ、やっぱりと、通過点でしょうか、新車への。)鶴さんのテーマに少し触れると・・・

 内蔵工作ですが、ブレーキにしろ変速にしろ抵抗により引きが重くなる(人様の良く調整してある物を触らして頂いた経験だけです)事は無いと思います。
 変速の場合、上向きな事、アウターで保護されていない等から、「雨水で錆びる」と、良くお聞きしますが、ブレーキは、平気ですね。
 でも、僕の場合、ことごとくビルダーから変速内蔵は止めておきなさい!!、今回だけって言っても、シーン。
 ハハーン!!と、理屈も判るのですが内緒にしておきます。僕の××もそうですから。

 残留応力もベアより不利と言うなら、引っ張り側が出ない様に下駄を履かせて溶接すれば良いのでは・・・クロモリで薄肉パイプというフレームの性質上、かなりの影響が出る点は、言うまでも無いと思いますが、それで亀裂が生じたとか、フレーム精度に問題が出て真直ぐ走らない事は、聞いた事が無いから、実用どちらでも問題無し!!と、考えます。
 それを言うなら、パイプをバンドで締め付けても、変形力が常に加わるのだから問題が発生する気がします。

 僕は、ABS樹脂でやりましたが、接着剤も収縮度の違いから残留応力が働きます。
 接着剤は、UV硬化樹脂なので、簡単に言うと2液混合比やUV照射方法・温湿度管理でも違います。
 エージング、アニーリング・・・ノウハウの塊ですが、自転車も一緒かと。
 1000oで±1o未満の精度でしたが、線路じゃないですが、外気温でも勝手に変わります。
 カーボン・フレームの接着も、研究開発畑でしたから隣で見て来ましたし、飲みグループに自転車の梶原さんみたいな※※の神様と業界で言われた(専務さん)がいたので未だ懐疑的です。

 ですから、フレーム体も、素人の聞きかじりで判断しても意味が無い。
 そういう所は、職人にお任せで、まして日本の職人は、殊更丁寧で勉強熱心ですから信頼しています。

 一般的に電気は、0〜40℃ 0〜85RHですが、北海道も沖縄も有る。
 仕事なら、駄目ですとか出来ませんって、「馬鹿じゃないの!!」当時「貴様それでも設計課長か?」って叱られますよ。
 「お前なら出来るだろう!!一週間やるからそれまでに何とかせい!!」と。
 ゼロ戦とかも、そうやって作ったんじゃないかな。

 自転車業界もそんなに甘いとは思えませんから、内蔵工作程度は、造作無く出来て当り前と思いますよ。
 苦手とか不得意が残っている腕前なら、使い物にならないんじゃないですか?
 やる気が起きなければ「辞めれば・・・」でしょ。
 職人堅気や気質って、「誰にも負けない!!」方ばかりだと思っています。
 その反面、何処かで手抜き出来るのも熟練技だから、其処を見付けてチョッと・・・って言うとテヘヘって。人って面白いと思いますよ。

[861-12] brm―codamaさんありがとうございます 上がりの一台 2694 2013/02/09(土)15:13
   brm―codamaさん、ありがとうございます

自分は、今の自転車を10年くらいのスパンで考えています。
自分が年齢を取り、深い前傾が取れなかったら、アップライト姿勢、ステムは上がるし、短くなる。
実際に乗りにくくなる個体もありますね。フォークを作り直せば済む話しなのか?
状況により答えは、変わるでしょうが。

サイクリストとしては、上がりの一台というのはないですね。
憧れの部品、仕様の自転車も乗れば、その時の自分に向き合うことになる。

美しいサドルピラーの出、ステムの突きだしとかは、広く使う部品を選び直すとか、視覚のトリックでも利用するしかないですね。

[861-13] サドルの直付け KEROYON 2013/02/10(日)12:42
    というタイトルを聞けば、アレだな!!って、想い出す方も多いでしょう。保坂?穂坂?女史のレポートです。
 上手くやれば、まとまる訳ですね。
 機能美を追求した結果、其処に行き着けば・・・
 そう思います。

 でも、ギヤ比だけは無理ですね。
 意地でもロードレーサーは、52Tと言ってもネェ。
 と言っても、カンパで有る限り42Tか44Tになる訳ですが。
 その点、ランドナーは、まだ誤魔化しが利きますね。ロングゲージのデザインの好き嫌いは別にして。
 まあ、現役の頃から小ギヤードの方もいらっしゃるので、ノー・プロブレムなのかもしれません。

 年賀状のインクの色じゃないですが、あの色は、何々君のだ!!って言われる位になれば、どーでも良い事です。
 ですが、妥協せずにやってみたいとも思います。

[861-14] 問題が・・・ brm-codama 2013/02/10(日)14:48
   KEROYONさん 掲示された「サドルの直付け」に関する情報元が何なのか?わかりません、何を見ればいいのか教えてください。

[861-15] ニューサイクリング誌です。 KEROYON 2013/02/10(日)15:01
    エート 何月号でしたか・・・部品特集だったか、女性用車を取り上げた何ヶ月かの中の一文だったかと。リリーエルスの自転車を持ち出して書いています。1980年初頭でごんす。
 要するに、フランス・ルート・チャンプの彼女のもシートピラーが少ししか飛び出していないのでホッとした・・・でも格好良くって、なんだいーんだ!!と言う件だったかと。
 もしかすると式場キヨ?さんでしたか・・・
 そらんじているので、また間違ったかしら?
 アルチュー・ハイマーですからね。

 1975年のサイクルメイド総覧か、ダニエル本の1961年の線画でモノホンが確認出来ますね。
 最新のアイズさん等から出た英書に有りましたかね。無い筈もないとも思いますが。

[861-16] スミマセン KEROYON 2013/02/10(日)15:08
   インターネット環境、ソフトをインストールしたらの調子が悪くなり、整備中でした。
また、しばらく駄目かも・・・調査中です。

[861-17] サラヴア レーベル ひらの 2013/02/19(火)23:30
   全然関係ないですけど、音楽ネタです。

最近、再びフランスのキ○ガイ女、ブリジットフォンテーヌをよく聞いてます。
日本のPhew(フュー)なんかの直系の先輩といいますか…やはり「ラジオのように」は時代を越えた傑作でしょう。最近、ボーナストラックを5曲も付いた再発CDが出たので、持ってるのに、思わず買ってしまった(涙)新たに追加された「美しい動物たち」という曲は、戦慄ものでした。
18歳の頃、初めて聞いた「ラジオのように」のスーパークールで冷たい熱さが全身の毛を逆立てる感覚を思いだしました。
サラヴアレーベルはやっぱ凄いです。
もちろんピエールバルーやアレスキーも好きです。
ピエールバルーさんには実は90年代に個人的にお会いした事があって、僕は国内版オリジナルレコードを持っていたので、サインしてもらったのが良い思い出です。

サラヴアとは関係ありませんが、フランス系スーパークールミュージシャンでは、僕のアイドル、もう亡くなってしまった 女性ミュージシャン、リジーメルシェーデクルーも昔からよく聴いてます。
数年前にCDで再発されたので、全部買ったぐらいです。

ああ…くるわ…

[861-18] 鶴さん、2694的格好良いとは? 2694 2013/02/20(水)00:48
   Aート・Eンサンブル・オブ・Cカゴが演奏やっているものだろうか?
ブリジット・フォンテーヌは、深まらない自分のフランス音楽の中で聞いたもののひとつ。
モロッコのジャジューカとかを聞いたりした。
Lジー・Mルシエ・Dクルーは、再発で聞きました。ジャケットのデザインが良い、中のボブ・マーリィのカバーが好きでした。
自分でジャズの聴きかたに行き詰まってレゲエとかに流れた。
自分にとっての格好良さとは、前に話したLKJとかが端的に表しています。
鶴さん、格好良いとは、LKJです。
ヒップホップもこの気配をもっと持っていてくれたら聴けたのに。
80年代のJLGのサウンドトラック。

ECDのライブで東京生活終わりです。

[861-19] めちゃ渋 ひらの 2013/02/20(水)02:34
   そうです、2694さん、AートEンサンブルof Cカゴがバックのリズム隊を担当している69年発表のセカンドアルバムです。

凄いです。これは。

ボーナストラックに付いている、当時、シングルで発表された「やに」って曲も、そーぜつに好きですね。
鳥肌立ちます。
先ほど書き込みした「美しい動物たち」という曲も…なんだろ?この異常な緊張感は。
かつてのNO WAVEの緊張感と同じものがすでにこの頃のフランスに存在していたんだ、って感じでしょうか?

フリージャズとかとはまた全然違って、もっと断絶感というか、リズムではなく、ビートの物凄い緊張感だけで突っ走る感じというか、ああ、でもEリックドルフィーに近いかな?あの感覚をもっとドライにしてヴォーカルの音程を外してめちゃくちゃにした(笑)感じ。
それにしても、2694さん、LKJが端的にカッコいいと言えるって凄いなあ。僕と合いますね。
そういう事言う人、初めて聞きました。なんだか嬉しいですね。

やっぱDニスボベールだよなあ。この二人のコンビは死ぬほどカッコいいよなあ。

しかし、鶴さんには(笑)
たぶん…違うような…

いやあ…こういうのは鶴さんの世界と一番遠い気がするんですけど…(笑)
どうなんだろ?

LKJを聞いてる鶴さんって、まったく想像つかない…

それは、例えば、僕がカーボンロードに乗って、ヘルメットして、ピチピチの服着て、サングラスして、「やっぱ、これからは11速の電動っすよー、ピース」とか、やってるぐらい違う世界な気がする(笑)

いや、僕は冗談でそういう事やって、頭おかしくなったって思われるのも楽しいかなって思いますけど(笑)

[861-20] 続・格好いいは格好わるい。 2013/02/20(水)04:25
    例の、格好いいは格好いいですね、2694さん。ひらのさん仰せの通り、といいますか、その音を聞いたことはあるのかも知れませんが、ボブ・マリィー以外は、何それ?です。
 LKJ → LNG(液化天然ガス)なら知っています。
 ECD → ECCと、関係あり?。
 自慢ではないけれど、レコードを買ったのは、友達に買えと言われて買った「ビリー・ジョエルの何とか」だけです。あとは、全てラジオでした。「軽音楽をあなたに」という、NHKFMをよく聞いていました。当時、ロック以外にジャズ、フレンチ何とかも流していたかと思います。結論は、
 「音を楽しまない部族はいない」
 らしいですね、世界のどこでも。サイクリング途中に聞きたいとは思いませんが。というか、人が作った音は嫌なのが正直なところです、自転車を走らせるとき。で、

 ホースではなくて、ホーズなんですね、知りませんでした。モン○ルさんの長靴下ですが、膝下までなら数点、あるようですね。でも、素材を売りにしているだけで、オシャレ感覚は相変わらず、否定ですよね。サイクリング用バッグでも、色さえ揃えれば、それなりに売れると思うのですが。フロントバッグの奥行きは、

 私もそう思います。何せカメラバッグを改造したのが国産フロントバッグですから、あちらとは違うのでしょうね。京都のそれは、横に大き過ぎるんですか?。手に触れると安心するサイクリストと、ハンドルだけを握りたいそれとに分かれるのかな。私はハンドルだけ派になりました。むかしは、どうもなかったけれど。結論の結論は、

 ひらのさん、遠いことはないと思いますよ、私でも。ひらのさんのカーボンロードも、世界は違うのでしょうが、マイヨー姿がお似合いかも知れません。ひょっとして、思ったよりも好きになられる可能性も大いにありです。私も同年輩の人も、その格好が異なとき、そうでしたから。今では新幹線の通路も歩けます。あそこが膨らんでいても、べったら、いえ、へっちゃらです。市民権を獲得した?。

 ランドナー権獲得!。渋さの上に成り立ったスポーティさも獲得!。

 靴下もそうですが、ニッカも柄、絵が欲しいですね。一般の人がツーリストに憧れるもの。先のユーレーの絵を散りばめるとか。駄目かな・・。^^

[861-21] ぎゃあー ひらの 2013/02/20(水)05:25
   ピチピチで、ヘルメットでカーボンロード、11速でピースの世界、冗談が本気になるのが一番コワイ(笑)

二度と戻って来なかったりして。

「あーん?まーだユーレーとか言ってんのぉ?やっぱさあ、鉄なんかいい加減、卒業した方がいいっすよー、これからは電動っすよー、電動!」(鶴さん、コケシって突っ込まないでね、もう手口はわかってるんだから)

とか、なんとか言っちゃって。
最悪にイヤな奴になったりして(笑)

でも、ちょっと言ってみたかったりして。

[861-22] ぎゃうー。 2013/02/20(水)17:23
    「突っ込む」と申しますと、ひらのさん、電動ではなくて、ゴム製穴ボコ、コケシ状の筒を買いました。手動です。前の記事に書かせて戴いた、通天閣の近所の個室映画館の中で。それは、
 ピンク色をしています。生まれて初めて買ったものですから、ワクワクでした。その部屋に自動販売機があり、誰にも内緒で買えました。穴ボコに指を入れますと、丸で、ボトムブラケットの、ワンのグリースを拭っているみたい。他言してなかったもので、ちょっと、言ってみたかった。結論は、

 これだけでは、気持ち良くないですよね。千円だったから買ったけど。アホらし・・。レバー、前変速機、後変速機、ワイヤーのセットでないと機能しないように、顔、うなじ、オッパイ、ボコの4点セットでないと、いけませんね。何とかワイフは、実家には無理です。隠して収納するところがなくて。まぁ、これ以上は、

 変態3QQQ妄想談話室になると困りますので、やめて、締め切りの仕事を続けたいと思います。あ、そうそう、

 そのカーボンフレームは、重量1,500グラムくらいなんですね。正確には知りませんでした。コロンバスSLの私の愛車と、1キロ少ししか違わないです。フォークつきで、1,000グラムくらいのものもある?。1キロを切れば、既製のそれを買い、時には娼婦、いえ、時にはランドナーのように使いたいです。価格も問題ですが。

 他の問題は、泥除けと、ランドナーバーと、セットバックピラーと、あとは何が問題かな。主な部品は、スーパーレコード。あ、ペ○ス、ちゃう、35Cの車輪が嵌りませんね、幾ら何でも。シクロクロス向けの、カーボンモノコックフレームが、売られている?。

 買うのは嫌だけど、一度は乗ってみたいです、そのカーボンフレームに。上の大人のおもちゃに過ぎないであろうことを願いたいですね。ツーリングの実際には、鉄子とは違い、気持ち良くなくて。どんな感じなんでしょうね、カーボンは。アルミフレームは想像がつくけれど。

 ひらのさん、乗られたこと、ありますか?、五輪真弓さんに。いいえ、カーボンフレームに。重量だけでない利点は、あるのでしょうか。難点は別にしまして。

 錆びないなんてことは、なしです。^^

[861-23] あれこれ乗ってはいますが、 brm-codama 2013/02/20(水)18:35
   現在の炭素繊維樹脂フレームはアルミからの発展型な事や競技志向なので揺れない構造が基本です。ずいぶん前スチールの規格そのままのアルミフレームやカーボンフレームもありましたが壊れやすいし、ふにゃふにゃだったりと全然ダメでした。
釣竿でのカーボンは逆に独特のしなりが特徴ですが、元々植物が主流だったし自転車とは使用条件がかなり違うので同じには語れません。
まあそれらは3QQQ結成の主旨から外れて行くし この倶楽部を結成したメンバーの大半がアルミ製やカーボン製にはエレガントさを感じないという事もあります。また実際にアルミやカーボンでツーリングしている人も多くいる時代ですから それにふさわしい所で意見交換されるといいと思います。

[861-24] まさか ひらの 2013/02/20(水)18:49
   電動マ○コで逆襲されるとは。

さすが鶴さま。
こちらの完敗です(笑)

千円ってとこが鶴さんでスバラシイ!!

brm-codamaさん、冗談ですからね、冗談。

[861-25] 続・穴ボコ。 2013/02/21(木)08:30
    襲うなんて、どんでもないです、ひらのさん。どちらかと申しますと、襲わてきました。正確には、誘惑されたです。「突っ込む、電動、コケシ、言ってみたかった」から、思い出してしまい・・。で、brm-codamaさん、ありがとうございます。変態3QQQ妄想談話室ではなくて、

 優美体3QQQ電脳伝書鳩を継続しないといけませんね。今度、行きつけのお店の兄ちゃんにでも、詳しく聞いてみます。「コラムはアルミにしないとあきません」とは、何かのことで教えて下さったけれど、やらせて、いえ、乗らせて貰えるお店でも紹介してくれないか、尋ねてみます。

 この際、買ってもいいかな、150万のデ○ーザでも。ひらのさん、買ったら、貸して差し上げますよ。10年くらいの間。スチールの良さを再確認は、身を持って試さないといけません。

 抱いたらば 色気なしなの そのウナジ

 なのかな。知らんけど。たぶん、買うことはない筈です。15万円ならば、分かりませんが。^^

[861-26] アルミコラムでも brm-codama 2013/02/21(木)10:36
   取り扱いを慎重にやらないと危ないひ弱いカーボンコラムよりもアルミコラムは強いのですが、アルミコラムも折れる事はあります。それらの補強のためにコラム内部に従来の引き上げ棒式のステム本体だけのような物を差し込んで(突っ込んで)2重補強するパーツもあります。

[861-27] LジーMルシェDクルー ひらの 2013/02/21(木)14:31
   2694さん、Lジーが、Bブマーリーをやった曲は「sun Is shining」かしら?アルバム「マンボナッソー」のボーナストラックに入ってる…
渋いアレンジでLジーが淡々と歌ってるやつですよね?

Lジーに関しては、ソロが出る前に12インチのシングルで出ていた、ROSA YEMEN というグループ名義のものが凄いです。1分ぐらいのNOWAVEを彷彿とさせる曲群で、昔、オリジナルのレコードも買い求め、大切に取ってあります。CDでは大傑作「プレスカラー」のボーナストラックに入ってて感激ものでした。
「プレスカラー」はとにかく好きなアルバムで、もちろんオリジナルのレコードも持ってて、うちにだいぶ昔から飾ってある唯一のレコードがこの「プレスカラー」です。 ジャケットも素晴らしいんですよね。

昔からこのジャケットが好きだったのですが、僕の「監督失格」のチラシなどパブイメージのデザインがモノクロ写真一発に文字が入るだけの構成で、この「プレスカラー」のジャケットに近いティストにあがってきたので大喜びでした。

[861-28] 刺すか?刺されるか? 2694 2013/02/21(木)16:04
   そうです、「マンボ・ナッソー」です。
自分は、近年のCDによる再発、渋谷Tワレコでプッシュ、試聴して買いました。

裏ひらのさんを知っておれば、東京にいた時、映画館に駆けつけたでしょう。DVDで探してみようかと思います。いかんせん、コンビニも遠い田舎ですので、観るのに時間かかります。

美しい醜いとか言うと高尚な話しになるので、

心に刺さるか?刺さらないか?

というのが一番大事なのかもしれません。
自転車雑誌でなくとも構わないのでひらのさん!

心突き刺すランドナー世界!!

を展開して頂きたいと思います。

[861-29] 2694さん ひらの 2013/02/27(水)00:18
   刺すか刺されるか?っていい言葉ですね。

「監督失格」も、ぜひ2694さんには見ていただきたいです。

TSUTAYAにレンタルで置いてあるとは思いますが…
置いてないところもありますのでなんともですが…。
自転車は僕にとっては最も重要なもののひとつですが、僕の中のほんの一部、とも言えます。

[861-30] 続・3QQQ掲示板、誕生! 2013/03/05(火)08:00
    これより次は、「続・3QQQ掲示板」に移転しています。^^


<前の1件]


スレッド[861]に返信


[2018/09/21 12:00] 3QQQ BBS 管理人 postmaster
スレッド天国 ver.1.10