続・3QQQ掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ (必須)
Eメール
タイトル
メッセージ (必須)  [絵文字入力]
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
秋のツーリングに 投稿者:S藤 投稿日:2014/09/12(Fri) 00:08 No.3344   [返信]
毎年11月に福岡県東峰村小石原で手仕事市という小さなイベントが催されています。筑豊、筑後の作家達が作品の展示販売をしております。
3qqqメンバーの皆さんの自転車も手仕事によって作られた物。ツーリングのついでに立ち寄って参加者達に見てもらうのも面白いのではないでしょうか。若い女性、家族が多いです。フランス料理教室の先生、若いカフェオーナーも出店しており飲食も充実しております。
協賛している窯元では焼物が2~3割引きで販売しております。また高取焼きの窯元には棟方志功が滞在した折に描いた絵が間近に展示されております。
秋のツーリング先にオススメしますのでお時間がありましたら是非!!

Re: 秋のツーリングに - S藤 2014/09/12(Fri) 00:11 No.3345
詳細はこちらのページから
http://toho.main.jp/teshigotoichi.html

Re: 秋のツーリングに - brm-codama 2014/09/12(Fri) 02:35 No.3349
自転車で走るのにはいい季節だし、だいぶ前に行ったきりですが、コースも山の中腹で踏みごたえがあり窯元巡りも味があって面白いと思います。

Re: 秋のツーリングに - BB 2014/10/24(Fri) 14:30 No.3448
あ・・これ行きたいなぁ
でも「踏みごたえあり」ですか(笑)
バラモンスポ組み替えかなぁ。

謹賀新年 投稿者:平野勝之 ひらの通信 2014 No.1 投稿日:2014/01/04(Sat) 18:10 No.2098   [返信]
本年も映画、自転車、写真など、情報告知します。よろしくお願いいたします。

1月 - ひらの 2014/01/04(Sat) 18:21 No.2099
今月から、グッズプレスにて「最低50年」という新連載、ビーパルにて遅れていた、おそのさんとの北海道ツーリングの記録「旅人失格」なる連載が始まります。

やっと一般誌進出です。
グッズプレスの「最低50年」という企画は、耐久力のあるしっかりとした造りのものを、自分の愛用品を中心に、あらゆる分野のものを毎月一点づつ写真と文章で紹介していきます。
もちろん、写真はフィルムで、自分で撮影しています。単行本前提の企画です。
記念すべき第一回は、編集部の要望で、ランドナーです。1月6日発売です。
お待たせしてしまった「旅人失格」は、男女のドロドロ?(笑)の話が中心の自転車ツーリズム。
おそのさんとの隠された?恋愛秘話を描きます。こちらも単行本前提で進めます。
両誌とも、一般的な雑誌なので、コンビニなどにも置いてあるところは置いてあるでしょう。

これから毎月、平野記事がコンビニで読めます。


また、1月は「自転車人」でいつもの連載、「バイシクルクラブ」で今回の厳冬北海道記事、と、記事ラッシュです。

よろしかったら読んでみてください。

月刊 平野勝之 雑誌版 - 2694 2014/01/05(Sun) 01:32 No.2100
バイシクルクラブは、早速来月号からのようですね。
活躍の場の広さが、ひらのさんらしいなあ。
月刊 平野勝之 雑誌版 といったところでしょうか。

アナーキズム IN 2014 - ひらの 2014/01/05(Sun) 10:31 No.2101
2694さんのブログ、好きです。写真が凄く良いです。

DUB&アナーキズム。

孤立。

でしょうか?

アンファン・テリブル - 2694 2014/01/05(Sun) 20:29 No.2103
自転車の世界でも、いろんな人に世話になりましたから、孤立しているということでは、ないんですよね。
ただ3qqqで活きる事、活きない事がありますから。3qqqには、3qqqの歴史を尊重しないと、と思います。

小諸でも話したことありますが、N堀さんが、新規のランドナーの乗り手に街乗りピストの人や、園さんのような感受性の人を挙げていました。N掘さん、それ2694のことですよと。
だから2694が、ランドナーに乗ることは、さほど不思議なことではなく、自分は時代のテストピースです。そういう意味でも孤立した独りではなく、潜在的な群れがあって、たまたまこうやってお話ししているようなつもりです。

なるほどです - ひらの 2014/01/05(Sun) 21:31 No.2104
新規のランドナーの乗り手って、楽しいですよね。
いろいろな考えや、表現など、新たな地平を切り開くような存在は、熱望します。

でないと、未来は無いですからね。

新連載 - ひらの 2014/01/11(Sat) 17:55 No.2126
雑誌「グッズプレス」「ビーパル」発売中です。
両誌とも、今回から新連載開始してます。

「グッズプレス」は「最低50年」記念すべき第1回はランドナーです。次号は、30年代、ロンジンのストップセコンドクロノグラフ腕時計です。
誰も見た事がない腕時計です。本邦初公開。古い腕時計好きは必見です。

「ビーパル」は「旅人失格」。おそのさんと自分の話です。自転車ツーリングものでは珍しい恋愛もの。
小説形式で描いてますが、書く方は、内容が内容なので、正直かなりしんどいです。
しかし、負けずに現在も執筆中。

グッとこらえ、息を止めて水中を泳ぎ、わずかな息継ぎを繰り返しながら長距離を泳ぐような…
そんな感じで書いてます。

15日には「自転車人」発売。

18日は、「月刊平野〜」の上映もあります。

「バイシクルクラブ」の厳冬北海道記事も上がりました。

バイシクルクラブは - ひらの 2014/01/11(Sat) 19:24 No.2127
「バイシクルクラブ」は1月20日発売号に厳冬北海道記事の前半、2月20日発売号に後半の記事が掲載されます。

取れたてホヤホヤの記事なので新鮮なままどうぞ。

ひらのシクロ通信 - ひらの 2014/01/11(Sat) 22:41 No.2128

僕の自転車関係の大好きな友人二人が、最近、新たにブログ始めました。

1人は、2694さん。
(この掲示板では、すでに本人から告知済みですが)


数年前に、ピストからランドナーに目覚め、一気にランドナーの深い世界へ。
大変な知性と、ひねくれまくった(笑)感覚の持ち主で、普通の自転車乗りが持ち合わせていない感性が素晴らしく、お世辞抜きで、大変な才能を感じさせてくれます。
音楽の話や、服飾の話も豊富で、こういう人がこれからの文化をひっくり返してくれるだろう、と僕は確信しています。
思わね方向から捉えた写真が素晴らしく、ちょっとした文章が確信をついていて凄いです。
なかなかこんな事をサラリと語れる人はいないです。

注目すべし。

2694さんブログ
RANDONNEUR in DUB

Randonneur in Dub
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=randonneur_indub

もう1人は、昔、旅の空で出会った、K保田翔さん。
今年、いよいよ世界一周、約10年間の自転車旅に出発します。
10年ほど前に、日本一周中に僕と出会ったわけですが、彼は他の旅人と違い、古い本やマンガへの憧れが強烈で、本人もマンガから飛び出たような、今どき珍しい正統派少年(彼ももう30才ですが)、
または、正統派男の子?一直線のイメージです。

こういう人は、極端に頑固です。
まず、自分の意見を曲げない。
彼の理想に合う自転車やバッグ類が無いので、1から作るという執念です(今時の世界一周野郎はそこまでやらない。)
僕も関わって、いよいよ自転車制作にも取りかかります。

K保田翔
世界一周準備ブログ

http://blog.m.livedoor.jp/kubota944/?guid=ON

2694&ひらのコンビは、社会不適応コンビ(笑)と評され、K保田&ひらのは、おそらくいい歳こいた無茶な幼稚園児みたいなものでしょう。




まあ、ひらの通信と共に、時々読んでみて下さい

本流と傍流 - 2694 2014/01/12(Sun) 04:20 No.2129
現在、新規でランドナーに乗ってみようと思い、始めてみた、そんな人間を自転車界では、訝しげに思っているわけです(笑)当然、共感出来ない、わからない、違うんじゃないか?と思われることもあるでしょう。それは、それでいいと思います、生きた時代が違うんですから。
80年代までは、メーカー車があって、そこから上が、アるプスやセんターやらがあってという時代に始めた方たちにとってランドナーとは、本流です。自分が始めたころには、傍流に過ぎなかったのです。
社会不適応との趣味をやる人間にとって貶されているのか、誉められているのか分からない言葉を頂きましたが、自分が始めた当時、自転車界に適応している人は、街乗りピストか、クロスバイク、ロードバイクが普通で、それに適応できなかった、馴染めなかったから、彷徨いランドナーに辿り着いたのです。現在は、少し違うかもしれません、活気が出て来ましたから。でも田舎でランドナーに出会いませんよ。都会だけの現象です、ランドナーブームは。
ランドナーで走れば楽しいフィールドが目の前にあるに関わらずランドナーに乗らない田舎の現状があります。それも含めて考えていきたいと思います。
また3qqqは、3qqqなりの良さを壊したくないので、場所を移した次第です、それでは。

Re: 寒中お見舞い申し上げます。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/12(Sun) 09:48 No.2130
 お園さんは、もう後戻りできないですね、監督。世間に晒してしまいましたから。可哀想に・・。いや、一般的にはこうでも、今どきは違うのかも知れません。彼の自転車は、これからの製作とのこと、出来上がりが楽しみですね。それと、四国行きの写真を見ていただき、ありがとうございました。相も変わらず、子供の絵ですみませんです。2694さんのそれは素晴らしいに尽きますね。むかしのN誌さんに出ていたような絵ばかり。いっそのこと、サイクリング写真誌に様がえされたなら、個人的には良いような気もしています。で、わたしは、
 格好いいですか?、2694さん。格好悪いと思い続けていますが。倫理、いえ、うちの会社の弁護士さんを怒らせるほどに論理的に書くのは得意なんですが、趣味の世界のものは全然に駄目です。感受性がないと申しますか。次の号にも載るようなので、宜しかったら又、お届けします。そうえいば、泥除けの件なんですが、
 レーシング車には乗らない理由に、わたしが始めた頃は、レーサーはその傍流であったですね。「どないすんねん、泥除けがない自転車なんて」というもの。マウンテン、レーサーの2局分化は、ここ日本に限らずのことですから、やっぱり、アメリカ人は賢かった証しになりましょうか。包みがないと落ち着かないむかしの日本人は、畳と伴に滅亡なのかも。

 ピストが綺麗に見えるのは、むかしからです。わたしはそのとき、美しいとは思わなかったけれど。ランドナーのほうが美しかったんです。このときも一般的ではなかった、そのランドナーが。^^

子供の絵 - ひらの 2014/01/12(Sun) 10:44 No.2131
鶴子さん。

子供の絵、というのは、世界最高のもののひとつですよ。

大人の写真や、いわゆる表現などは、子供の絵になれないから、逆に困るわけです。

何かに向かって「無心」になる。、それが自分にとっての「子供の絵」の定義です。

まあ、鶴子さんは、単純に写真の上手い、下手、という意味で「子供の絵みたい」と謙遜してるだけでしょうけど。

写真は、上手い下手ではありません。

その証拠に、鶴子さんのたこ焼きの孤独が写っているわけですから。

「無心」を考えると、時に世間の常識は逆転して「悪」となります。

媒体に乗り、仕事として成立させる以上、子供の絵になるのは不可能です。
だから、そこのラインのギリギリまで追い詰めないといけません。

おそのさんがかわいそう、という認識は、その世間の常識から見た意見ですね。

しかし、おそらく二人にとっての最高は、おそらく子供の絵、という事です。

無心の困難さ - ひらの 2014/01/12(Sun) 11:15 No.2132
「無心」になると言うのは、非常に難しいです。

この世で最も困難な事のひとつでしょう。

無心にやっているように見えても、実は余計な事を考えているのです。

無心というのは、メジャーマイナー、今時、昔、仕事、プライベート、ランドナー、ピスト、ロード、常識、非常識、一切は関係ありません。

ただ、存在するだけです。
人が生きている以上、ただ存在するだけの、普遍的なものに突入するのが、どれほど困難な事か、思いしらされます。

普遍的なものは、実はとんでもないところにあるものです。

社会や常識や自分の気持ちに惑わされるのが人ですからね。

普遍的なものをこじ開けるという事は、実は自分が被爆する事にもなりうるから、非常に恐ろしいとも言えるかもしれません。

邪心 - 2694 2014/01/13(Mon) 01:28 No.2133
ランドナー作りなんかは、パーツの選択、フレーム工作など、見栄っ張りな邪心の塊みたいな一台なんてのは、ゴロゴロしてます。
気狂いを見れば自分の邪心の浅はかさを思い知ります。
業を深めた人間の聡明さというのは、意外にも一般人の自分にも助けになる知恵を宿しているんじゃないでしょうか。

Re: 志のない文学。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/13(Mon) 06:05 No.2134
 無心と申しますか、「あなた、動物と同じ」とは、よく、言われてました。というか、言われています、監督。「餌を与えられるだけのわたしも、動物と同じ・・」らしいです。無人島へ行って、岩でもかじって生きたいと思うこともあったですが、行きたくないとも思うことも、たしかにあった訳で。で、2694さん、ということは、
 わたしは知恵者ということになりますね。恥かしい知恵者ですね。特殊工作の良さは、そうですね、絵心と同じなのかも知れません。よって、絵心のない、実用と、その実用に供した美観しかないわたしは、
 現代っ子なんです、本当は。良くいえば、現代を生きていることになりますね。^^

子供の無心 - ひらの 2014/01/13(Mon) 12:42 No.2135
子供の無心は、社会の常識から見ると、時に大変な「悪」であり、脅威になると思います。

しかし、子供の「悪」は「邪悪」とは違うものです。

邪がありません。

「邪悪」と「悪」をはき違えてはならないですね。

ある方向性 - ひらの 2014/01/13(Mon) 13:21 No.2136
業を深めた人間の聡明さは、たぶん、普通には見えない、ある種の方向性を指し示すんではないか?と思いますね。

普通はいろいろなものに惑わされて見えない。

音楽でも映画でも自転車でも。

たぶん目指すべき方向性を示すだけで、それ以上の事は何もない。

あとは自分自身が解決する問題ですからね。

雑念ロック - 2694 2014/01/14(Tue) 03:44 No.2137
鶴子さんは、鶴子さんは、エロやちょっとはにかんだ書き方でロマンチストな一面を隠してしまいますね。それが鶴子さん流ダンディズムなんじゃないかと思っています。
N誌次も期待してます。よろしくお願いします。

悪というのは、はみ出したもの、過剰なものと捉えれば、既存を超えていく、創造性ということかな?
趣味性の高いものほど、雑念に塗れてしまいやすいものは、ないんじゃないでしょうか。乗らない飾るための自転車をとやかく言いますが、結局雑念が醜いと見えるだけなのでしょう。
子供の無心というのは、自分には、邪な、雑音が心に子どもの頃からあったような気がするので、子どもの当時の自分にも無心は、稀にしか訪れなかったようです(笑)

ゴミゴミとして、激しい車の往来を、ひとりの自転車だけが、ラインが見えていて、するすると通り抜け消えていく、その軌跡の美しさみたいなのが美しいと呼ぶんじゃないかなあ。

新 平野勝之 入門 - 2694 2014/01/15(Wed) 20:59 No.2142
グッズプレス見ました。紙が好きです。ディテールは写らないが、雰囲気は写る。
ビーパルは、新平野勝之 入門 でしょうか。ひらのさんの公私混同どこまでが表現で、どこからがプライベートなの?自転車で何をしたい人なの?結局何者?ひらのさんと読みました。これからが楽しみです。

ありがとうございます - ひらの 2014/01/15(Wed) 21:40 No.2143
2694さん、ありがとうございます。
大変励みになります。

グッズプレスは紙の質が、ちょっと微妙でした。
こういう写真の場合、印刷との兼ね合いが難しいとこですね。

まだ1回目なので、いろいろ試していきます。

ビーパルは…

「謎」としておきましょう。

ひらの通信 古いレンズ - ひらの 2014/01/17(Fri) 00:01 No.2144
数日前に発売された「自転車人」No.34、のP111,奈良の古民家をバックにした自転車の写真は、50年代ぐらいのANGENIEUX TYPE Z3 75oF3,5のライカマウントのレンズで、ライカM4、絞りF4ぐらいで撮影しました。

ライカマウントのこのタイプは、なかなか入手困難なレンズです。

レンズは、TPOだと思っている。
服装などと同じで、レンズの特性に合わせて行く場所、状況などで変えるのが、理想です(レンズ、そんなにたくさん持ってないけど)


京都、奈良は、こういうレンズが威力を発揮します。
しかし、例えば先日の厳冬北海道などは、こういうレンズは合わない。

このタイプの古いレンズは、かなりのじゃじゃ馬で、使いこなすのが、本当に大変なんです(デジタルに装着するんだったら、それほど苦労はしないと思うけど、それじゃあ面白くない)
特にポジなどのシビアなフィルムだと、わずかな光の変化で、たちまちダサい絵になったり、失敗したりしてしまう。

モニターできるわけでもないので、一発勝負です。

だから、過酷な状況ならば、ニコンなどが向いているし、ライカでも新しめのレンズが間違いない。

古いレンズは線が細くて、押し出しは弱いけれど、そのかわり、よく見ると、非常に繊細なラインの美しさを醸し出してくれます。
特にこの時代のANGENIEUXレンズ群はグラデーションが美しく、背景への溶け込み具合が絶品です。

じゃじゃ馬だけど、光の状態と条件が一致すると、信じられないような描写をする時があります。

オールドレンズにハマるのは、こういう瞬間が撮影できてしまうからなんですね。
そういう状況を体で覚えながら、ここだ!!と自信満々トライするんだけど、やっぱ駄目だったり(涙)

そうかと思うと、何気なく撮ったものが、死ぬほど良かったり。

ようするに、クソめんどくさいレンズなんですよね。


今回は、他ページの写真は、MINOLTA TC-1での描写なので、明らかにその差がわかると思います。




ぜひ、「自転車人」を手に取ってご覧下さい。

たまには、古いワインを味わうように、写真を楽しんでもらえると嬉しいです。
因みに、ひらの通信では、以上のようなマニアックな事かきましたが、記事は百歳になるおばあちゃんと、古い自転車についてのお話です。

あ、 - ひらの 2014/01/17(Fri) 00:02 No.2145
画像掲示板にも、写真掲載しました

見ました。 - brm-codama 2014/01/17(Fri) 02:01 No.2146
ひらのさん 確かにまるで妖怪でも出て来そうな空気感です。何もかもはっきりくっきり写し出し過ぎるコンピュター高速設計のレンズとは違うな・・・と感じます。
ここの所 工房に缶詰なので余裕が出来たら書店を覗いてみます。

レンズ - ひらの 2014/01/17(Fri) 02:34 No.2147
brm-codamaさん、ありがとうございます。

ねぇ?(笑)

精度の良いレンズも良いし、2694さん的なデジタルニューウェイブ、トーキングヘッズ的な世界も大歓迎ですけど、古いレンズの味わいを知るのも楽しいです。

ヨーロッパの古いレンズは数字を追求してないようです。上がった写真が絵画的になるように、わざと収差を残してある、みたいな事、読んだ事あります。

ちょっと昔のEルスのおっさんの作り方なんかと似てる気がしますよね。
まあ、国民性の違いなのかなあ?

とりあえず、今回の画像に張った写真は、立ち読みでもいいから(笑)印刷物で確認していただきたいと、強く思いますです。

写真らしさ - 2694 2014/01/17(Fri) 11:40 No.2148
レンズは、写真以前から顕微鏡など、科学的装置の一部として、カメラオブスクラのように絵画に利用されて来ました。
西欧には、レンズに対する歴史があって、そこから写真技術も産まれたんでしょう。写真は、産まれた時から絵画的でした。マイブリッジの連続写真あたりが写真らしさの始まりなのかなあと思います。
スティーグリッツのヌードで水浴する女性の、水の冷たさに鳥肌が立っているあの描写は、写真らしさといえると思います。古い写真は、面白いですよ。

そうでしょうね - ひらの 2014/01/17(Fri) 13:06 No.2149
ライツは元々、顕微鏡の会社ですもんね。

写真といっても、いろいろなカメラやフィルムサイズがありますからね。
35oは元々映画用で、小型化、機動力が目的ですし。

パーフォレーションの形は、映画用35o映写機と同じです。

古いヨーロッパの写真は詳しくないし、あまり知りませんが面白そうです。

デジタル写真は100年ぐらいたったらどうなってるのでしょう?

古いカラー写真は退色してて、もう写真を越えてて芸術品みたい。

古い写真は線が細いから、昔のレンズは全般的に細くてシャープなんでしょう。

古いと思っても、現在の事 - 2694 2014/01/17(Fri) 14:43 No.2150
古いレンズに、古いフィルムを入れて撮ったら、当時の設計者の想いがわかるでしょう。でも当時の未使用フィルムは、残ってないわけだし、あるとしても劣化しているだろう。

自転車もタイヤのようなものは、劣化を免れえず、買い置きしたタイヤが腐っていたりするようですから。現状は、似ていますね。2694も新しいタイヤで走っています。多少古い部品を付けていても、そのまま古いわけではないんですよね。自分のなかでは、新旧が問題ではなく、楽しめる自転車であってくれれば良いのです。

こないだタイヤを嵌めようとしたら、嫌になるほど嵌め合いがきつくて入れるのに苦労しました。リムが現行品ではないので、キツかったんじゃないかと自転車店の御主人と話していました。

これから先どう自転車を愉しむかは、悩むところです。
フレームのロウ材にも時代で変化があるようですし、変速機が古いくらいでは、古い自転車とは呼べず、結局は、新しい自転車なんだと思う昨今です。趣味ですから、落としところを考えるのが醍醐味とも言えるでしょうか。

❌古いから良い - 2694 2014/01/17(Fri) 15:50 No.2151
結局、良いものは、良いという単純な答えにたどり着くんですよね。
古いから良いと勘違いされたくないだと、書いていてわかりました。

いやあそんな事は - ひらの 2014/01/17(Fri) 15:50 No.2152
新しいフィルムでも、明らかに今のレンズとは違いますよ。

これは断言します。

フィルムが向上してる分、昔よりますます明解に古い設計思想が出てくると思います。

なにせ、統一感を求めたら古いレンズと新しいレンズは混ぜて使えませんから。

タイアが向上して、古いフレームの乗り味がますます楽しくなるのと似てるかな?

レンズにまつわる面白い話 - ひらの 2014/01/17(Fri) 16:02 No.2153
昔、自転車と風景のカットの貸出を雑誌編集者に頼まれて、候補のポジをいくつか見せて選ばせた事あります。

その時に、わざと古いレンズで撮った似たような風景のポジを、何も言わずにいくつか混ぜて見せました。
見事にそれは選びませんでしたね(笑)

つまり、コントラストの強い、わかりやすい今のレンズで撮ったポジを選んでいきました。

そのぐらい弱い線が昔のレンズの特徴です。

それが逆に良いんですが、雑誌などだとストンとそこだけ抜けた印象になります

それって - 2694 2014/01/17(Fri) 21:04 No.2154
ひらのさん、それはなかなか理解してもらえなくて、辛いなあの話じゃないですか。
グッズプレスなんか、物に溢れた誌面で活きるのは、最後のページかなあ。ヽ(´o`;ページ移動だな。

まったくもって - ひらの 2014/01/18(Sat) 11:28 No.2155
まったくもって、その通りですね。
古いレンズの描写は、なかなか理解されません。
わかる人はまずいないです。

自分の場合、状況に応じて、レンズやらカメラやらを変えたりするので、必ずしも古いレンズのみ素晴らしいという感じではないですが。

前の雨の日に安いコンパクトカメラを使う場合もあるし、今はフォーマットを変えたくないので、フィルムに統一してますが、いずれデジタルも使用する時もあるでしょう。

今回の古いレンズは、雑誌の中で、ストーンと抜けるから、逆に良いんですよ。
なるべく最後ではなく、間にあった方がいい(笑)
2694さんブログの「あれがないとさみしい」は共感しました

Re: あれがないとむなしい - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/18(Sat) 13:18 No.2156
 といえば、ドロヨケと、女・・。2694さんのウェブログ記事は、70年代からサイクリングを続けているわたしに改めてフレッシュと申しますか、いい感じですね。監督ご紹介の世界一周準備ブログさんも拝見しています。カメラはペンタのあれにされたようですね。やっぱりランニングコストがその理由のよう。これさえなければフィルムとなるのが普通の人かと思うけれど。監督、彼の記事からは頑固、執念を感じられないですが、間違っていませんか?。古風というだけの、それでは?。世界旅行の際は、通信関係はどうするのでしょう?。

 ハガキか手紙にして欲しいな。それを画像掲示板で公開という形で。電信の絵や文ですと、身近に感ぜられて、面白くない今日この頃です。やっぱり、手書きでないと。^^

頑固 - ひらの 2014/01/18(Sat) 16:57 No.2157
K保田君は頑固ですよ。

今まで見てきた日本一周とかしている人間を見る限り、このテの事を成し遂げようという人は、例外なく頑固だと思いました。

でも、見ためや、話とかしている限り、みんなおだやかで、いい人だし、柔軟性は持ち合わせています。

だから、いわゆる「頑固」という言葉のイメージの固定概念に囚われてしまうと、そうは見えないかもしれませんね。

Re: 鶴子さん - 2694 2014/01/18(Sat) 22:04 No.2161
鶴子さんの、手書きのメッセージを画像で送るというのは、面白いアイデアですね。
見守る方も楽しめる仕掛けが欲しいですね。

レンズの良さというより、出来上がりの画の雰囲気をわからないんでしょう。画一な記号化された映像しか扱えないのかもしれません。絶望しないで、やり続けるのは、大変だといつも感心しています。

Re: 写真整理 - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/19(Sun) 17:01 No.2162
 ランニングコストだけはなくて、写真整理にも困るフィルムと仰せでした、彼は。
 一昨年の夏、残っていたフィルムを持ち出し、買ったキャビンのスキャナーでデジタル化したんですが、ネガとリバーサルのそれを只今、画像掲示板に貼らせて戴きました。
 リバーサルフィルムは、デジタルに近いように感じます。同じ丸点なのに。それと、
 もしも海外遠征のときは、わたしはフィルムを使うかと思いますが、整理はどうしよう。日付やその他情報も記録されていないですからね。コマ間写し込みなんて機能もあるカメラもありましたが、わたしのコンタはそんなもんないし、あってもたぶん、関係ないだろうし。彼と同じデジタルの乾電池仕様のそれがベストかも知れませんね。
 2694さん、外国行きのとき、絵葉書を送っていました。実家にも。どの辺にいるくらいは知らせる必要があると判断しまして。現在は、電信ですと、あまりにタイムリーで、待ち人も心配するとも考えました。
 どうなんでしょうね、この辺あたりは。^^

バーナー - ひらの 2014/01/19(Sun) 17:50 No.2163
機内持ち込みではなく、荷物の中に入れて預ければ大丈夫でした。もちろん燃料は空にして。

ただ、ガスカートリッジは預ける場合でも無理だと思います。

フィルムかデジタルか?は、用途によって使い分ければ良いと思います。

そうなんですか? - ひらの 2014/01/19(Sun) 20:09 No.2165
海外だと駄目なのでしょうか?

それは困る人が山のようにいそうですが…

少なくとも国内線はつい先日、2回とも何も言われませんでした。

ガス缶は駄目ですが、バーナー本体も、液体燃料タンク(中は空で2本)も預けた時に何も言われませんでした。

自転車関係だと、パンク修理用ゴムのりが、飛行機に積む事ができません。

だから、飛行機輪行する人は、とりあえずゴムのり不要のパッチだけ用意して、現地で買うか、先にどこかに送るしかないでしょう

今までは - ひらの 2014/01/20(Mon) 10:23 No.2167
昔からさんざん飛行機輪行しましたが、バーナーに関しては、ガスだろうが、液体燃料系だろうが、機内持ち込みではなく向こうに預ける限りは、一度も駄目と言われた事はありませんが…。

もちろん監視機械を通されてます。

でも、言われた事はありません。

5年ほど前から新たに言われたのは、ゴムのりだけですね。

ガス缶も空にしてれば、確か大丈夫でした。

一昨年、おそのさんと北海道に行った時、ガスバーナー&ガス缶でしたが、言われませんでした。

去年の12月、帰りはM○Rバーナーと空の燃料タンク2本、ガスバーナー、(ガス缶は念のため捨ててきましたが)、大丈夫でしたけどね。

やぶヘビ - ひらの 2014/01/20(Mon) 13:09 No.2170
ですね。

しかし、一応知っておいた方がいいですね。

ありがとうございました。
新品未使用など、ナンセンスな話です。

了解しました - ひらの 2014/01/20(Mon) 18:04 No.2172
ありがとうございます。
彼にはそのように伝えておきます。

これにて終了

続1・新・窓口スレッド 投稿者:諭鶴羽 鶴子 投稿日:2014/07/20(Sun) 04:58 No.3230   [返信]
 今日は締切日なんですが、これから支度をしまして、一泊二日のキャンピング・ランに参ろうかと思います。行き先は今のところ琵琶湖湖西から、どっちかへです。見知っている風景のところですが、湖岸の入り組んだ場所へと自転車を走らせるつもりです。あのN誌さんへの寄稿にも書かせて戴いたとおり、日帰りランで行くような場所をキャンピング・ランしようとなった訳です。帰ってきたら、美女の写真を画像掲示板に貼りたいですね。ビキニ姿の。好みの胸の形の。好みの穴・・、いうの、やめときます。^^

夢先案内人 - 諭鶴羽 鶴子 2014/07/25(Fri) 17:39 No.3244
 を、画像掲示板に貼らせて戴きました。ベルトのあれは2694さん、上向き派、下向き派があるみたいですね。いつだったか、どなたかのページで拝見したことがあります。穴ぼこからバッグの中へ入れ込む人もいらしたような。外すの、面倒くさそうですが。で、キャンプ場というのは
 美女不在が普通ですね。でも、若いカップルやグループがいても良いのに、あそこはオバさんばかりでした。小さな子供連れの。そうですね、キャンプが嫌な人は、
 素顔を晒すのを避けたいが為もとか。どう見られても良い方のみが寝泊りするみたいです。これはホテルと旅館にも言えるらしくて。よって、
 旅館やキャンプ場でお見かけする美女は、本当の美女となりましょうか。ランドナーの美しさも、このあたりにありそうな。違うかな?。^^

Re: 続1・新・窓口スレッド - brm-codama 2014/07/26(Sat) 13:21 No.3245
画像掲示板の「夢先案内人」を見させて貰いました。
今回はきつい山坂はなかったのでしょうか?そしてストーブで怖い思いはしなかったようですね、しかし残念ながら登場する二人の美女は15年後の姿に期待という所でしょうか。
こっちには大きな湖がないので実感が湧かず、川で泳ぐにしても夏でも冷たい渓流ばかりなんで 琵琶湖だとほどほどの水温なんでしょうね。
テールランプはサドルバッグで遮られるのではないですか?後方からは見えにくいと思うので 思い切ってバッグの後ろやキャリアの後方下部に付ける方が視認性はいいように思います。
キャンプ場は安心して寝泊り出来る印象です。以前五島で海岸の浜で寝たら潮の満ち引きが気になり 潮風とともに一晩中寄せては返す波が騒がしいし その波の音の中に女の人の話し声がいないのに聞こえたりして 更に涼しくなり気持ちよくなった朝方近くになると漁船が漁場へ向かう威勢のいいエンジン音であまり眠れませんでした。

セシールの君となら、大きな花柄のテントで。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/07/26(Sat) 16:19 No.3247
 ごらんいただき、ありがとうございます、brm-codamaさん。琵琶湖は海と渓流の中間くらいの冷たさでしょうか。萩の浜という高島の川が注ぎ込むところは、そこそこに冷たかった記憶ですが、青柳浜は海に近い水温だったのかもしれません。琵琶の海は、大きさ的には大村湾ほどですね。比良山地が迫っている湖西は、冬場は冠雪が眺望できて、麓のベッドタウン化した家並みが、その昔と比較したらば惜しいところです。仰せのリアランプですが、
 泥除けとリアキャリア座面の間、ここは指2本が入る隙間となってまして、あの娘の股間と申しますか、チカチカしている様子が眩い感じにて、間近以外はその点滅を確認できる次第です。泥除け本体に以前から装備している赤リフレクターを。あれを使うとなったとき、目玉二つも格好悪いと判断しました。寝間は
 キャンプ場の浜を少し登ったところにテントを張りました。浜でも湖の場合、大雨増水でもなければ浸水の恐れはないかと思います。そうですね、いないのに聞こえたといえば、
 他のテント内からの呻き声を聞いたことがあるような、ないようなです。テントDEエスイーエックスだったかも!。一度はやってみたいけれど、相手はどなたにしましょう。わたしは、あのえっちゃん以外なら、この際、だれでもいいです。アウトドアー派な方、大募集!(?)。アウトドアー・エックス、とう!。仮面ライダーも、びっ栗しますね。それよりも、あの楔形テントでは、寝返り他がシンドイです。ひとりでも、天井に頭が支えています。^^

お盆休み - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/09(Sat) 08:07 No.3276
 6月から何でか暇で、この8月もです。よって、夏期休暇は今日から17日までとってもどうもないみたいですが、売上高減少による気分の悪さをどうしたものかです。しかし、さて
 どこへ行こう。四国の西か、南アルプスどんつき懐ランか、近場の京都北山やま籠りランか、キャンピングランはキャンピングランにしようかと思います。気分の悪さを交通費なしのサイクリングとしても良いですね。自宅からスタートし、どこかを目指し、自宅まで帰ってくるというもの。小学生な気分に戻れるかもしれません。みなさまも、小学生気分で参りませんか?。下半身にあの力もなくの。^^

Re: お盆休み - brm-codama 2014/08/09(Sat) 15:56 No.3278
今日南九州は暴風雨圏に入っていますが、現在こちらは台風の強風圏で自転車は追い風以外ではきつい状況です。
宮崎の方も天候がよくなったので日照不足で野菜類がうまく育っていないという話ですので西日本の一部は同じような状況だと予想されます。
鶴子さん この夏は梅雨が終わっていないようなどうもおかしな感じで山の木陰・岩陰・水場付近などは道路が滑りやすくなっているし地盤も緩んでいるかもしれません。”気分の悪さ”解消のキャンピンブランはくれぐれも注意して走ってください。

Re: 続1・新・窓口スレッド - えとう 2014/08/14(Thu) 08:29 No.3284
大変ご無沙汰しております。えとうと申します。
新掲示板には初めての書き込みです。
東京本社での勤務を終え、九州に帰ってきました。いまは大分におります。
以前に比べ業務が多忙になっていて、書き込みや参加はあまり頻繁にできないとは思いますが、お近くになりましたので、またランなどでご一緒できたらと思っています。

最近はあまりいじる時間がありませんが、在京の間にプジョーのロードフレームと古いルックのカーボンフレームを入手したので、近いうちに組み上げようと計画しています。

よろしくお願いします。

京都のお店に冷やかしに行きました。 - S藤 2014/08/18(Mon) 21:49 No.3292
ご無沙汰しております。今、京都に滞在しております。
ヴィパッサナー瞑想という瞑想の合宿に参加するために来ました。怪しい宗教ではないらしいのでご安心下さい。
ついでといってはなんですが、京都のあの店に行ってまいりました。
感想は…行かなければよかったと後悔しております。あそこの製品は二度と買わないでしょう。鶴子さんも気まずい思いをしたのでしょうか?生粋の京都人ってああいうものなんでしょうね。
京都の街は走り易く、都会の割りにゴミゴミしてないので自転車での移動は快適です。瞑想が終わったら(明日から10日缶詰めです)1度福岡に帰ります。久しぶりにアモレッテにお邪魔しようと思うのでよろしくお願いします。

Re: ♪真夏の雨 - brm-codama 2014/08/19(Tue) 18:12 No.3295
鶴子さん 画像掲示板の”♪真夏の雨”を見させて貰いました。お盆に過ごした宮崎・椎葉も雨ばかりで急坂の山道では苔が路面中央部に生えていて 急な登りでお尻を上げてぺダリングしているとスリップするので出来るだけ苔を避けて走行していました。
そして阪和自動車道のインターから辿ってみましたが有田や広川などこちらにもある名称で不思議な感じで霧の発生から濃霧と急な雨は山間地特有ですね。数少ない癒しなのに温泉に入れないのは残念でした。雨が多かった椎葉も川は濁っていませんでした。川沿いの道だとそれほど傾斜はきつく無くて辛くなかったのでしょうか。
民宿の下の娘さんの写真がありませんが非公開?なんですか。
濡れた服ですが中学・高校生の頃は夏服で雨に濡れた女生徒は目の毒でしたね。サイクルウェアは水の透過性もいいし速乾性もいいので ああはならないんですがマッドガードのないロードだと泥だらけです。

Re: 京都のお店に冷やかしに行きました - brm-codama 2014/08/19(Tue) 18:14 No.3296
S藤さん お疲れ様です。昔は京都だからという訳でもなく格式(高級スポーツ車の取り扱い能力や知識があり老舗問屋に取り扱いを認められた:つまり問屋も同様でした。)の高いお店は初心者や中途半端な知識の人や新顔が行くとだいたいの場合ぞんざいな扱いをされました。かく言う自分も全然相手にされず会話自体成立しなかったものですが、こっちは写真でしか見た事がない自転車や珍しい部品、全然知らない部品を肉眼で見て しかも熟練者だけが可能な自転車の細かいセッティングを実際に見られるというだけで勉強になり夢のようで 店主に全く相手にされなくても全然腹も立たず嬉しかったのです。*当時の自分みたいなペーペーが相手にされなくて当然と思ってましたからね。・・・TOM上田さんもその辺りは、よくご存知です。
今はコンビニのような量販店や完組ホイールの浸透か組み立てる能力のないサイクルショップも多くなり寂しい限りです。
瞑想はI情報の渦/T時代の今だから 自分自身の内面を見つめる上で大切な事だと感じます。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/08/19(Tue) 23:00 No.3297
鶴さん、見ました。霧で視界の無い写真なんか、カラーなのにモノクロームな情感が漂ってます。
そういえば地元の御斉所街道は、深い山あいの川に沿った道なんですが、夕方になると霧が立ち込め、何度か酷い雨にやられました。現在は、土砂崩れで通行不能です。
泥除けがあるのが当たり前になって、ありがたさを忘れていますが、ロードに乗る人から雨の撥ね上げでで泥だらけになった話しを聞くと、やっぱり泥除けがあると違うんですね。
自転車に限らず、個人経営の老舗は、みんなあんな感じですね。生粋の京都人じゃないそうですよ、実は(笑)京風といえばいいでしょうか。

Re: 本末転倒ですが、店主ほかさんを煽てましょう。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/20(Wed) 03:40 No.3299
 京都のお店とは、中京ではない、あのお店のことでしょうか?、S藤さん。そうですね、教育して上げて下さいませ。こちらの都合の良いように。あの方は関東の生まれ育ちと聞いています。若いほうの方は福岡と仰せでした。この前、寄ったとき。まぁ、合う合わないもありますが、商品力としては貴重な存在でしょうか。今のところ、ほかにはないですから。ああ、むかしはお店の人がユーザーを教育するのが普通でしたが、今はどうなんでしょう。ネットなどで何でも知り得る時代ですから、その必要性も薄いのかもしれませんね。^^

Re: 霧隠鶴子 - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/20(Wed) 04:08 No.3300
 brm-codamaさん、2694さん、真夏の雨が気持ち良かったです。下の娘さんと申しましても、どちらも50歳前後でして、この日はおねえさんに交代されたようです。泥除けといえば2694さん、運動靴の汚れがなかったですね。あんなに雨の中、地道も走ったにもかかわらず。雨具を着ない上からの雨が洗い流してくれたこともありますが。服装は海パン風バミューダとレーサージャージでした。そうそう、brm-codamaさん、
 道の駅龍遊館で休憩していたら、20歳くらいでしょうか、若くて可愛い娘に見つめられました。家族連れのお一人かと思われます。家族連れでなかったら、声を掛けていたでしょうね。最近、見つめられて困っています。自転車が認知されてきた証拠かな。それとも、わたしのような人間が認知されてきた?。まぁ、でも、可愛い子でした、彼女。そうですね、堀北真希さんに似ていました。林道の溝は、もう結構!。一度は嵌まりたいですね、あんな子と(?)。^^

時代の変化? - brm-codama 2014/08/20(Wed) 17:52 No.3301
時代の変化なのか、はたまた時間の経過とも言うべきなんでしょうけど 以下のようなニュースがヨシガイから届きました。純粋なサイドプルブレーキ(ワンシャフト)の終焉という事かもしれません。ただ*ンパのようにロッキング現象を防ぐトルクダウンの目的であえてリアのみサイドプル(ワンシャフト)を設定するメーカーもあるので完全に絶滅と言う訳ではありません。そして横で引っ張るタイプはアームシャフトが2本でもサイドプルなのですよね。
「長年 DIA-COMPE の顔として生産して参りましたサイドプルブレーキの定番商品DC810・DC730 両モデルの生産を終了いたします。
旧WEINMANNモデルからスタートし、現在のDC-Nシリーズまで50余年の歴史を重ねて参りましたが、2014年8月をもちまして販売を終了させていただきます。
本体以外の補修部品に関しましては継続して供給させて頂きます。
 尚、後継モデルとしては DL800 Dual-pivot Brake をご購入いただきますよう宜しくお願い申し上げます。」

NC誌 - フリーダム 2014/09/02(Tue) 21:25 No.3302
8月号・・・未だですよね。

もう9月なのに、どうなってるんだろう?

Re: NC誌 - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/03(Wed) 08:09 No.3303
 会長、9月号も遅れると仰せでした。わたしの寄稿が載るとの連絡を戴いたとき。諸般のご事情があるみたいです。素早く解決して欲しいですね。ああ、こののちのいつか、カンパニョロ社のお手を借りるとか。ヨーロッパ目線で日本のツーリングを考える記事など、面白そうですが。外資、歓迎!。観光立国は自転車から!。ニョロもいい宣伝になるかと思うけれど。ツーリング車にも使われるニョロということで。今のスーパーレコードを装着した快走車が欲しいです。ブレーキはカンパカンティブレーキを。^^

Re: Re: NC誌 - brm-codama 2014/09/03(Wed) 09:52 No.3304
まだ届きませんね。
だいぶ前ですが600号をメドにして頑張っていますとのメールが入っていたのですが、それをずいぶん越えたので影ながら嬉しく思っていました。
*ンパの現行型カンティーはシンプルな形状ながらクロカンレース用でもあり強力に効きます。
ただトリプル用Fメカはキャパシティー範囲内であっても設定ギヤと違うとチェンが移動しないので困りました。
スポルティーフに現スーパーレコードを使う場合 肝心な部分さえ同社の11S仕様で固めれば機能上は問題ないでしょう。
しかし転倒時の衝撃にはひどく弱いのでダートや滑りやすい状況では一発で走行不能になる可能性大です。同ブレーキレバーも軽く倒して表面が荒れると手を傷付けます。

Re: おじゃるニョロ。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/03(Wed) 18:03 No.3305
 ということは、brm-codamaさん、転倒のときは、そこで旅行は止んぺの、ささくれカーボンは、透明ビニールテープでも持参しないといけませんね。カンティブレーキですが、今、この画面のカタログをみますと、2014、2015のそれからは消えているようです。オールニョロを目指したいので、
 サイドプルのストロークを延長加工し、28〜32ミリのタイヤ幅を使うのもあれなので、チューブラー仕様の純スポルティーフとなりましょうか。ホイールもニョロ!。シマ〇と同じく現在は、動く部分以外の部品はないようですね。
 マウンテンからは撤退したニョロさんなので、「ツアー」というカテゴリーをつけくわえて欲しいけれど。レーシング、トライアスロン-タイムトライアル、シクロクロス、トラックという、この4つを表示されている先の画面ですね。^^

Re: Re: おじゃるニョロ。 - brm-codama 2014/09/03(Wed) 18:51 No.3306
手許の*ンパ2014JPNカタログを開いてみましたが、「CXカンチレバー・ブレーキ(ブラック/シルバー)」が載っています。
デザインは*ンパ好きな者にとってもあまりにスッキリしすぎて味が無いという印象はあり、ツーリング車で使う他の個性の強いパーツとのバランスは考えないといけないな…と感じます。
ツーリング用は転倒で折れたら困りますし 曲がっても取りあえず走れる程度に戻せる素材なのが理想ですね。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/04(Thu) 08:54 No.3307
Cンパのシルバーパーツが無くなるのが心配だと、ツーリング車寄りの方たちから声が上がっています。
でも現行のAテナとかのグレードのシルバーと昔のレコードとはイメージを重ね合わせようが無いんじゃないかと思ったりします。普及品とバリバリのレース部品とでは。
でも転倒時の破損を考えれば、Aテナ以下のグレードは貴重なのかもしれないと、3qqqでの会話から。
今のロードバイクは、尖りすぎなのかな?最近は、ロードバイクとすれ違いようのないところばかり走ってます。せっかくの自転車が活き活きするような場所を。

Re: Cンパのシルバーパーツ - brm-codama 2014/09/04(Thu) 10:06 No.3308
毎年*ンパ社の社員と直接話し合い 業者側からも要望も出していて 今までシルバーパーツや165mmクランク(カーボンのみでしたが)は実現しました。
シルバーパーツに関しては日本とアメリカでのみ売れている商品で販売量が一定以下になれば生産中止になりますので販売に努力しなければいけないようです。
また’90年代以前のレコードと現行品は表面処理は同じシルバーアルマイトでも規格が掛け離れて過ぎているので組み合わせるのは難しく 基本部分はそれぞれ独立してアッセンブルしないとダメな感じです。
ロードレース用はチェンや歯を極薄にしての多段化志向や炭素繊維樹脂による極端な軽量化、一部で電動/自動化が進み 耐久性や扱いやすさ、修理の簡便さが求められるツーリングには向かなくなっていると思います。トップクラスのレースと旅は違うので仕方ありませんが、耐久性が必要なトレーニング兼用や趣味で最新性能よりも旧世代のデザインを好むレトロチックレース派は旅用と重なる部分も多くなります。
旧街道や古い家並みの中に浸り走る分は、最新流行のロードは機能的に必要無いし 第一その風景の中に似合いませんね。

最新のハイセンス? - 2694 2014/09/04(Thu) 19:09 No.3310
今のカーボン樹脂のフレームのセンスは、どこから来るのでしょう。だってクルマでTヨタとかFェラーリとかボディにデカデカと企業名のステッカーを貼ったり、スペックを説明するステッカーをあちこちに貼ったりなんてダサくてもうやらないじゃないですか。何故今の最新の自転車のフレームやパーツがやるのか?あれは何なんでしょう。
企業名のステッカーを貼ったフレームを買ったら、キャッシュバックしてくれるなら話しがわかりますが。お金も貰わないで看板ぶら下げるのは、馬鹿なんじゃないかと。

たまにドロップハンドルは、競技用でサイクリングには、必要性が無いという人がいます。前傾しては、風景が楽しめないじゃないかとか。首が痛い、腕が痛い、腰が痛いとか。
実は、ドロップハンドル使っていて、そんなに苦痛を感じたことないんですが。身体が硬いとか、ペダリングの癖によってドロップハンドルが向かないひとがいるんでしょうか?モヤモヤ

Re: 最新のハイセンス? - brm-codama 2014/09/04(Thu) 22:26 No.3311
太いモノコックの炭素繊維樹脂製フレームになってより広くなった空間を埋めるために多色使いのペイントにしたり ブランド名の他に更に仕様やWEBアドレスなどのステッカーをベタベタ貼るのはある時期から各メーカーのデザイン担当が始めたようです最終的にはセンスを問われる所でしょう。
またドロップバーだから首/腕/腰が痛いのではなく 低過ぎたり遠過ぎたりとハンドルが何であろうと要するにポジションやセッティングが基本的に合ってない事が痛む原因なのではないでしょうか?
当のドロップバーも肩幅に全く合わないのを使っているのも見受けますし リーチやドロップ量も各種沢山あり、曲がり形状もフォームやセッティング、そして使用目的に合っていないとダメでしょうね。
しかし他にも様々な形状のハンドルがあるので適切な物を捜して使うべきでしょう。
昔のピストステムは天返しタイプ(日東で3種)があったりして公道を移動する時はひっくり返し立派なアップハンドルにして乗る人もいましたね。

Re: 黒部品をツーリング車らしく出来ないものでしょうか?。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/05(Fri) 06:03 No.3312
 2694さん、例の黒問題ですね。黒を引き立てるフレームカラーにすればどうなんでしょうかね。たとえば
 〇フレームカラーを木目調に
 〇オール金メッキや!
 〇金線引きを施す
 〇いや、その金線、銀線引きを、部品にも!
 〇ほか・・
 アメリカさんもシルバーを好むとは知りませんでした、brm-codamaさん。カメラボディーのシルバー、ブラックですが、むかし、「黒がええよ」とカメラ店のご主人から言われたことがあります。剥げても風格があるとかで。わたしの頭の毛と同じなのかな。^^

ツーリング的最高品質 - 2694 2014/09/05(Fri) 07:27 No.3313
屁理屈でも良いから、ツーリング用と称するシルバーパーツには、ツーリング目的ならあらゆるロードの部品より優れていると言って欲しいものです。
クランクの剛性をわざと落としたとか、転倒時を考慮して変速機にカーボンパーツ使わなかったとか。フレームのパイプもアルミやカーボンの大径薄肉よりクロモリ細いパイプにほどほどの肉厚が良いとか。

先日、今まで使っていたCャレンジ社のパリ・ルーべから京都の700×30C、Cプレを試してみました。実測20gの差以上に走りが重いです。しなやかさが足りないようです、ちょっと硬い気がする。エアボリュームも乗り心地を良くするかもしれないが、タイヤのしなやかさが大事なんじゃないかと思いました。Cプレでもエクストラレジェなら良いかもしれないですね。
あとタイヤの太さのせいか、タイヤの断面形状からくる性格かわかりませんが、直立性が高い気がします。

戦時中のフランスのアルミ - 2694 2014/09/05(Fri) 08:38 No.3314
鉄のフレームからは、どこのに乗っているかで、人の繋がりが見えてきたりがあって、ただ商品としてのフレームがあるのとは、違いますね。現在の大メーカーのものには、それはありません。

現在のパーツでもオーバーサイズのパイプだと見た目は、釣り合いが取れてくるんじゃないでしょうか。戦時中のフランスのアルミのフレームなんかをイメージソースにしたら良さそうです。あとは、自転車以外のバッグや、ウェア類でサイクリングらしさを盛り上げられたらいいですね。

Re: タイヤのしなやかさ - brm-codama 2014/09/05(Fri) 11:13 No.3315
タイヤの乗り心地が話題になる時がありますが、同じ重量/同じゴムコンパウンド/同じチューブ/同じ空気量/同じ空気圧だと使用されている糸の繊維の質(化学繊維、コットン、絹)や単位辺りの糸/コードの本数でしなやかさ/振動吸収性能が変わります。
女性初心者の自転車のタイヤをコットン製普及品からセタエキストラ(やや細めの絹糸)製のタイヤに替えたら路面の振動を今までは細かい所までごつごつ感じていたのに それをほぼ消してしまい全然疲れないと驚いていました。
同じタイヤで乗り心地を変えるならチューブの材質や厚さを薄い物にしたり 後は空気圧を変えてみるしかないでしょう。
アルミフレームは戦前の日本製を見た事がありますが、まだTIG溶接や接着が確立されていない時代でしたし当時は貴重なジュラルミンを航空機メーカーがリベット固定で製作していました。
古いフランス製だとサブリエールを見たぐらいでしょう、言われている戦時中のはどこのメーカーですか。
鉄製フレーム全盛の時代も下請けメーカーに出すという事はあったんですが現在の自転車ブランドは中国でのOEM生産があまりに多くなりで他メーカーとマークが違うだけで中身一緒という事も多く メーカーの個性や主張も薄くなりましたからね。 

BALLA、サブリエール - 2694 2014/09/05(Fri) 13:16 No.3316
フランスのBALLA、ニコラ・バッラを2台見たことがあります。1台は、覚えていますが、1941年です。トップチューブは、扁平、ダウンチューブもBBあたりで扁平だったと思います。オリジナルカンチが付いていた。左右ダブルのヘッドライトだったり、後ろの泥除けがてっぺんが平の亀甲でパニアを掛ける機能の一部分を担っていました。変速機はシクロで二本のブラケット。
レーサーですがスーレコ期あたりのサブリエールも見たことがあります。
昔のアルミは、乗りたいとは思わないんですが、モダンランドナーの製作には、造形的に刺激を受けることがあるんじゃないかと思っています。

Re: BALLA、サブリエール - brm-codama 2014/09/05(Fri) 18:24 No.3318
向こうでも多数の航空業界の関係者が自転車の小工房に結構関わっていましたから航空機材料を使ってアルミニウムに行くのも自然な流れですよね。
当時としては画期的でかつ先進的なものだったはずでイラストに残る物も材質までは判別出来ないのでアルミニウムフレームもかなり混じっているんでしょう。
「造形的な理由」という意味を知りたいのでフランスのBALLA、ニコラ・バッラは是非見てみたいですね。機会があれば画像掲示板へよろしくお願いします。

BALLA画像 - 2694 2014/09/05(Fri) 22:14 No.3319
BALLAのっけときました。もしかしたら2日くらいで消すかもしれません、自分のものではないので。

Re: BALLA画像 - brm-codama 2014/09/06(Sat) 01:43 No.3320
2694さん 資料ありがとうございます。
この時代にこれだけすばらしいアルミフレーム製自転車を製作していたとは高い技術力と製作者達の情熱を感じます。Fホークの曲がりの流麗さもそれらを証明しています。
接続部分の形状などから熱処理の必要の無い材質で肉厚は結構厚いのではと推測していますがダウンチューブやトップチューブの扁平加工は細身のアルミフレームで起きる独特のたわみを減らすための工夫でしょう。
画像掲示板登校ありがとうございました。

ReRe: BALLA画像 - フリーダム 2014/09/06(Sat) 22:42 No.3321
2694 さま、画像ありがとうございます。

実は、ロードじゃなくてランドナーのそれを見たことがあります。
T川さん所有品でしたが、その存在感は凄いものを感じました。1935年頃から作ってたと言ってましたが、欲しかったら売りますよって言われて、かなりその気になったのですが、どうしてもフレームサイズが僕には大きすぎて、断念しました。
僕はコレクターじゃないので、自分が乗れない自転車は買わないようにしているので…・でも、これがアルミだ、と叫びたくなるような、貫禄十分のランドナーでした。

恐るべし - 2694 2014/09/07(Sun) 02:08 No.3322
確かに肉厚は、感じました。この時代のアルミの溶接とはどのようなものなのかなあ?と話しも出ました。
完成車状態ではありませんが、ランドナーのも見たことがあります。

エルスは、何故ジュラルミンで部品を作っても、フレームは鉄だったのか?を知りたいものです。

BALLAは、ぶっ飛んでますね。あれがフランスなんだと思いました。エるス、サんジェだけじゃないですね。

Re: 恐るべし - brm-codama 2014/09/07(Sun) 11:41 No.3323
2694さん気付きましたね。
昔のフランスのレベルは凄いし あちこちに個性ある小工房が多数存在していたようです。
またそれらの工房の自転車を見ると*ルスや*ンジェは独自に生まれたのでは無く原型を感じ、それらの先輩工房から大きく影響を受け様々な形式を取り入れて 自分らしくまとめ熟成させて行ったんだと思います。
当時のアルミの特性や価格、溶接方法を考えると先代*ルスの気持ちはわかります。
しかしあれだけ花開き隆盛を誇ったフランスの自転車業界ですが、何故1970年代以降 現在までのような状況になってしまったのか?と考えてしまいます。

Re::恐るべし - S藤 2014/09/07(Sun) 22:27 No.3324
2694さんBALLAのフレームは溶接ではなくチューブの繋ぎ目を鋳型で囲んで鋳造したものではないでしょうか?確か何かの本にそう書いてあったと思います。確か図書館にあった自転車の歴史的な本だったと思いますが…。あまりマニアが手に取らない本ですね。ドライジーネに関する記述もかなりありましたから。
北関東にいた頃お世話になっていたお店にはヴィ◯ューのアルミフレームが何本か在庫してありましたが細身で綺麗なフレームでした。チューブをラグで接着したフレームでかなり柔らかく耐久性は保証出来ないと言ってましたね。10年ほど前のことですが。その当時主流だった空き缶みたいにペコペコなフレームよりかはよっぽど丈夫そうでしたが。

ノスタルジーを受け付けない - 2694 2014/09/08(Mon) 03:10 No.3325
S藤さん、カミナルジェンなんかは、鋳造で擬似ラグを作っているようですね。BALLAは、どうなのでしょう?ゴールデンエイジ本を見てもらって、その本と作り方が合致しそうか教えてください。

こういうフレームは、パイプの継ぎ目の内側の写真、肉厚を調べる必要がありますね、外見だけでなく。それがbrm−codamaさんのようなプロにも価値のある資料の提供の仕方なんじゃないかと思いました。機会があったら撮りたいと思います。

ビチューの接着のは、細くて好きですよ。これまた乗りたいと思わないんですが。でもやっぱりBALLAが輝いているなあ、ノスタルジーを受け付けない迫力に惹かれるんです。

Re: ノスタルジーを受け付けない - S藤 2014/09/08(Mon) 14:02 No.3326
2694さん昔のフランスの乗り物は凄みがありますよね。自動車だったらブガッティ、アルピーヌ、パナールだとか、シトロエンのHトラック、DSだとか。飛行機ならコンコルドとか。

現代のフレームビルダーだとアメリカのシ○ロやハ○ターなどが自由闊達なツーリング車を作ってますね。こちらは実車を見る限りは凄みというよりは清々しさを感じます。乗ったら楽しいだろうなと思わせてくれる物が感じられます。

フレームの内部構造はとても興味あります。CTスキャン?MRI?そういったものでデータを取って3Dプリンターで出力出来れば実車を傷付けずに構造が理解できそうですが。途絶えてしまった技術の継承にデジタルの技術が役立って欲しいです。

ところで最新のカーボンフレームとかからはBALLAから感じるような凄みは感じませんか?ユーロバイクで発表されたB○Cのコンセプトバイクなどは好き嫌いは別として面白いと思いますが。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/08(Mon) 20:09 No.3327
日本の鉄のフレームは、競輪という勝負の場があるので、他の国の鉄フレームより優位な立場にあるんじゃないでしょうか。またロードレースで鉄のフレームが活躍していた時代を知っている世代は、結構年代が上で、僕はそういう世代しか信用していません。我ながら心が狭いですね(笑)
今の最新の自転車のフレームに付くフォークのオフセットは、一種類だったりします。メインターゲット以外は、切り捨てということです。
ロードレースを頂点としたロードバイクより、僕なんかが親しむランドナーは、多様で細分化した世界なので大量生産では対応できません。ホイール径、タイヤの太さ、ジオメトリーは、実走からしか生まれません。誰と話せば良いのか?ビルダーとです。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/08(Mon) 20:23 No.3328
こないだビルダーさんにメールで最近走ったフィールドの写真をメールで送りました。話し合いで想像していたより、悪路を走っているんだなあと思ったようです。
最近のスポルティフと呼ばれる車種は、700×25Cあたりで作る人が多いようです。でも僕の場合は、もう少し自然に踏み入れたいです。だから28Cの軽量オープンサイド、ホイール32H、ジオメトリーも気持ちオフセット多め、ハンガー下げようかと思ってます。
そんなことを乗ってみて、ああだったこうだったと考え、人と話したりしてます。自分の自転車のハンドリングがフロントバッグを含めた荷物の重量いくらで安定するかとか走りながらテストして、次はどうするかの判断材料にしたりしています。
僕は、言葉の問題もあるけど、海の向こうの人と話すより日本のビルダーさん達とやりたいです。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/08(Mon) 20:28 No.3329
エるスやサんジェにあってTーエイに無いのは、競技に出るようなクラブが無いことではないでしょうか。
自分のクラブで走るのを面倒見ながら自転車作ってたら、そりゃ走るよな、当たり前だよ。
でもTーエイも修理に戻ってきたものから、学んだものはあるはずで、僕にはそれがいかほどかはわかりません。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/08(Mon) 20:40 No.3330
付き合っておきたい人たちが、20年後もビルダーでいるかといったら、辞めてる可能性が高い。どんどん面倒なことは出来なくなる。
自分の身体はひとつだ、金も限りあるでしょう。じゃあ優先して何やるか?日本にいるメリットを活かしたいもんです。
だからビルダーさん所でフレームを拵えてもらって、自転車を誂えようかと。
今、中古のフレーム弄っている人たちも、それはそれで良いがもったいないよ。また自分が迎えるその年齢なりの自転車があるって思わないかい。それを作るのって刺激的だと想うんだがどうですか?
お宝パーツそりゃ結構!でもそれはたいしたことじゃないよな。
結局、身体性を無視しては、どうもならんよ。
エるスが笑ってる、サんジェも笑ってる、たぶんTーエイも笑ってる、みんな笑っているよ。

Re: 続1・新・窓口スレッド - S藤 2014/09/08(Mon) 22:12 No.3331
僕の解釈ではランドナーもスポルティーフも全天候型レーサーであってツーリング車ではないんですよね。エ○スもサン○ェも向いているベクトルは競技で勝つ事だったと思います。ヨーロッパの自転車競技(自動車競技も)が先鋭化して行く中でランドナーが廃れて行ったのは自然な流れだと個人的には思います。こんな事書くと顰蹙を買うでしょうがσ(^_^;)

アメリカの自動車は嫌いですが、自転車は好きです。日本では競輪がビルダーの技術レベルを上げているように、向こうではシクロクロス、MTBが技術向上に一役買ってるみたいです。リッ○ーなんかは今だに自分でフレーム作って自分で走って楽しんでますし、なかなか侮れないですよ。

日本のビルダーだとトー○イには全く興味が無いですがイリ○さんやアカ○ツさんのアルミフレームは欲しいです。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/08(Mon) 23:16 No.3332
僕は、結局は自分の自転車快楽に従うべきだとしか言わないです。
それが競技車寄りであろうが、日本的ツーリング車であろうが。
自分が語る権利があるのは、自分が身銭を切るつもりがあるものだけです。
だからS藤さんもただご自身のことを語れば、充分に魅力があるのではないでしょうか。

地産地消 - 2694 2014/09/09(Tue) 05:44 No.3333
自転車のフレーム、車体そのものだって、地産地消であるべきなんだよ本来は。
その土地で情報のやり取りや面倒見てもらうなりして、自転車を環境や目的に合わせたものにしていくべきなんですよ。また付き合いの中で、他のお客さんに刺激受けたりしながら、あなたには次はこういうのが良いかもなあとか話しが出て新しい一台ができたりするんじゃないですか。
それは、マニアがエるスのラインナップを揃えるような自転車作りとは違います。もっとパーソナルで地に脚を着けた自転車作りです。
だからあれがかっこいいとかそんな話しじゃないんですよ。自分の住んでいるところには、ランドナーを作れる人はいないですから、比較的近い東京になる。シートピンのひとつくらい作れる加工技術が無いと寂しい。こないだ写真でシクロの変速機使っているのにアーレンキーのシートピン使っている車体があった、そこはナット式のシートピン作ってやれよと思った。情報収集、部品調達のしやすさも大事です。関西なら関西の、九州なら九州のビルダーと付き合うのが理想なんですよ。エるスが理想じゃないんです。

Re: 地産地消 - S藤 2014/09/10(Wed) 01:27 No.3334
僕は今brm-codamaさんにフレームを作って貰っています。
理由は、まさに2694さんとおなじような気持ちからです。もうすぐ完成する予定です。
ところで自転車だけでなく身につける物については地産地消しないのですか?この間蚕の繭から糸を紡ぐワークショップに参加したのですが、養蚕や綿花栽培が廃れた中頑張って創作活動を続ける職人が日本各地にいることを知りました。こういう方たちの活動も応援していただけませんか?

S藤さんのオーダー記 - 2694 2014/09/10(Wed) 02:45 No.3335
S藤さんが、brm-codamaさんに一台お願いしているなら、そういうことを話題にスレッド立てたらいいじゃないですか。別に無理に書いてくれとは言いませんが。
brm-codamaさんにお願いした理由や、そこでのやり取りや、どんなことを聞かれたか?寸法を出す時のプロセスなど、面白いと思うんです。
オーダーは、特殊工作にマルをつけることじゃないですよ。それを上手くお話ししてください。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/10(Wed) 02:59 No.3336
身につけたる物の職人さんの手助けをするといって、どういう手助けができるのか教えてください。
洋服に関していえば、イギリスのブランドがイギリスで生産し、アメリカがアメリカで、フランスがフランスでの時代の服とグローバル化した現在とでは、グローバル化してからのものは、魂の抜け殻みたいなもんです。
日本人は、日本人でありながら洋服を普段着ているので、なかなか最後の魂や、歴史の作り出すカタチになかなか到達できないんです。日本人はいろいろ芸が細かいんだけど、引いてパッと見た時の風情が違うんです。弱いか強がっているかにしかならないんです。

フレームディメンション表 - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/11(Thu) 04:27 No.3339
 を見ていた昨日、むかしはなかったスタックとリーチについてが気になりました。なんのため、なんの採寸に使うのでしょうね。完成車のスタンドオーバーハイトも大昔はなかったですね。そういえば、サドル先端とステムだったかハンドルだったか、肘から指先までの距離としていた入門書でしたが、これもその理由が分かりません。「サドルの銘柄はどうなるんだ」と、当時、思った記憶です。今のリーチとは、肘と関係あり?。スタックとは、ヘソと関係?。ご存知ないでしょうか。^^

Re: フレームディメンション - brm-codama 2014/09/11(Thu) 13:46 No.3340
スタック,リーチ,スタンドオーバーハイトですか?クルマの4WDのカタログにも良く出ている言葉ですよね。
それぞれは本来独立した意味があり、限定された箇所を示す言葉ではありませんので、わからないならどこの箇所を指しているのかカタログを発行しているメーカーに確認すべきでしょうね。
メーカーによって設計を考える基準は違うと思いますね。
いろんな入門書でも様々な意見を書いてあります。
その人にとってベストな答え(ポジション・フォーム・ペダリング・重心位置・クランク長)はやはりあるんですが、辿りつくまでは大変だし 指導する側もそれ相当の勉強や経験が必要なんだと感じます。

Re: わたしは所有自転車を測って考察おわりでしたが。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/11(Thu) 18:06 No.3341
 いえ、brm-codamaさん、何を知らせたい、何を知りたいが為の数値という疑問でして、今、「スタック、リーチ、自転車」とタイプしますと、
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-fleet/top_ttframe.html
 これなどが出てきました。どうやら、ハンドルの落差を知りたい、ステム長は前のままで、サドル高は一定なので、シート角からセットバックの数値を導き出すようなことも書いてありました。スローピングフレームが主体となり、トレックあたりが言うようになったようですね。上とは別の記事には、SとM、どちらがフレームが大きいかなんてことも書かれていました。わたしのランドナーもレーサーも大体でして、レーサーのアンパラレル(72の74.5度)でもハンドル高さは無視の、みかけパラレス計算しかしていなかったです。チネリの90ミリで駄目なら、交換するつもりでしたから。今も90です。NTC-Aの90ミリステムと、ハンドルはジロデイタリアから105に換えましたが。旧新ランドナー(72度パラレル)ですが、
 旧 530のトップ 90ミリステム(新ランドナー購入前は70ミリ)
 新 550のトップ 旧ランドナーの70ミリステムを取り付け
 簡単ですね。レーサーは試行錯誤の余地あり!。でも、旅行用車は全然に違和感がないので。ハンドルリーチのほうが気になります。腰角度が変わりますからね。^^

Re: スタック、リーチ、自転車 - brm-codama 2014/09/11(Thu) 23:06 No.3342
最新の大手メーカー製自転車はすでに出来上がった物から選ぶ訳なので 最終的なバランスの完成度は別として これらのデータが出してあると ある程度は捜しやすいでしょうね。
そしてバーのリーチやドロップ、幅のデータはセッティングする上でとても重要で それに加え曲がり形状の相性もありますね。
またチネリステム90mmと日東NTC-Aステム90mmは長さ(リーチ)が違うし最低高も違うので注意ですね。

ステム長 - 2694 2014/09/12(Fri) 00:07 No.3343
ニっトーのパールなんかは、パール9ならば、ステムそのものの長さは芯ー芯95ミリです。でも突き出し量でいえば90ミリなんですね。二っトーのホームページ見てください。
以前、3tttステムを測ったら、90ミリ表記のは、ステムそのものの長さが芯ー芯90、サかエなんかも同様でした。確かチねリもです。
二っトーの55と105は、クランプ径は異なるものの曲がりは、一緒だそうです。

Re: 続1・新・窓口スレッド - brm-codama 2014/09/12(Fri) 02:22 No.3347
ステムの詳細な解説ありがとうございます。
チネリは天井部の長さだったので中心〜中心が他より短く注意が必要でした。
日東バーの105は元々はユニバーシアード105という名前で 当時兄弟分にオリンピアード115という微妙に違うのがあり どちらを選ぶか迷いました。
しかしイタリア製で主流の上下の幅が変わらないタイプが違和感が少ないという良さが評価され日本のメーカーもラインナップに加えました。 

sim works - S藤 2014/09/13(Sat) 21:12 No.3353
名古屋のsim works という問屋さん面白い製品取扱っています。
日○に別注したクロモリステムとか良くないですか?
旅自転車にかなり使えそうです。

sim works:2 - S藤 2014/09/13(Sat) 21:28 No.3354
ちなみにリンクはこちらから
http://sim-works.com

Re: 続1・新・窓口スレッド - brm-codama 2014/09/13(Sat) 23:24 No.3355
新時代の問屋さんという感じでお流行のお洒落なバイク(サイクル)ショップが販売している製品を取り扱っていますね。
ご紹介ありがとうございました。
言われているステムは*im worksの「Gettin' Hungry Stem」でしょうか?これだとクランプネジの受け部分が構造的にフロントバッグ取り付けアダプターが付かないのは残念です。
もしこれならば 実は’90年代に*東が製造販売していたUI(ユーアイ)ステム初期の物をベースにエキステンションチューブのテーパーをストレートにして角度やカラー(表面処理)のバリエーションを増やした感じですね。これはうちにも残っていて当時はダルメッキのみでした。
その頃はスレッドレスステムに変わる直前でクロモリやチタン製チューブをTIG溶接でビード痕をわざと残してプロトタイプ風なのが流行でアピールポイントでもありました。記憶では*ネリだと「グランモ」「ピノッキオ」、3*TTや*TMにも同タイプがありました。これらはイタリアブランドなんですが、よく見ると製造は*東製らしき製品も多かったです。
この問屋さんのは他も*東のメーカーHPに載せていないOEM専用のバリエーション違いと言う感じですね。

Re: 続1・新・窓口スレッド - S藤 2014/09/14(Sun) 07:17 No.3356
brm-codamaさん、僕もUIステムを持ってます。
昔乗っていた固定ギアに使ってました(前後ブレーキはちゃんと付いてます)。溶接やメッキの無骨さが気に入ってました。
ロードに付けてもっと使い込めばよかったなと思います。アルミステムと比べて捻れに対して強いのでしょうね。
sim wor○sの物は洗練されていいですね。フレームと同色にオーダーとか出来ればなお良いです。

オーダーステム - 2694 2014/09/14(Sun) 08:29 No.3357
S藤さんなら、brm−codamaさんにフレームをお願いしているんだから、ステムも作ってもらうといいでしょう。
クランプ径は使いたいハンドルに合わせ、ステム長は1ミリ単位で頼めるでしょう、剛性だってあえて落としたりもちろん頑丈にだって作れるはずです。ちょっと高いでしょうけど、満足感はあるんじゃないかなあ。

ステムというパーツ - brm-codama 2014/09/14(Sun) 10:01 No.3358
確かにUIステムは同社のパールとかに比べ捩れ強度は高かったです。材質と若干テーパーになっていた分の効果かもしれません。ただ汗が落ちる箇所なのでサビに関しては厚手のクロームメッキに比較すると弱かった印象です。「Gettin' Hungry Stem」は材質や肉厚がわかりませんが画像で見た印象ではUIよりもしなやかそうですね。通常のペイントだと上下する部分やクランプの締め込みやバーの交換時に広がる時や大きな捩れ発生時に剥がれ易いのでお薦めできません。やはり*東がしているような金属コーティング形式の方がいいでしょう。
オリジナルステムは、そのための材料を同業者から入手し無い物は特注して作ってもらい たまに他でまずやらないような古典的な形式のラグ付きを作ってましたが、今は*東でバッジ付きの渋いクラフトステムやそのデザイン違いのOEMがあちこちから販売されているので ほとんどの場合それでデザイン的にも機能的にも十分でNJS認可製品を製作する経験豊富な*東製だし もう無理して作らなくてもいいという有難い状況になり 休止しています。
自分らは'60年代のチネリのバッジ付きや*東の旧ジャガー、現行NJプロ(旧ジャガープロ)などのピストでも使われる本当に丈夫なスチール製ステムを見ていて70km/hでの集団転倒を現場で見たり修理しているのでスタンディングフォームの時など上半身が一点に集中するステムはそう甘い物ではなく ステム自作を溶接温度も徹底管理出来ない素人に勧めるような自転車誌のコーナーは怖くて仕方ありません。

Re: 続1・新・窓口スレッド - 2694 2014/09/14(Sun) 15:26 No.3359
すみません、勝手なことを言ってしまいました。
ビルダーが人の命をあずかる仕事だってことを再認識しました。

日本に二っトーがあることは、誇っていいですね。部品の精度も高いと聞きました。

Re: ステムというパーツ - brm-codama 2014/09/14(Sun) 15:57 No.3360
ある時に自転車にフレームと同じ工房製のオリジナルステムが付いているのを見かけ正面から見るとバーが傾き水平が出ていないのに気付き ちょうど知人だった事もあり このまま使い続けると体の故障に繋がるので購入元へ相談するように話した事がありました。
フォームセッテイングを気にするハイレベルのプロレーサーだとハンドルポジションの左右の高さのズレを体で感じ取るので うちで精密に測定し修正する事もあります。新品でも製品誤差ですが修正が必要なモノもあります。競技場でモーターペーサーに付けると90km/h以上出してしまう(当然下り坂でも)彼らなのでアンバランスなのは基本的にダメでフレームや車輪も同様です。
そこまで行かないにしても乗る人の体の故障に繋がるような自転車は作りたくないですね。

TOM上田さん - brm-codama 2014/09/14(Sun) 22:35 No.3361
TOM上田さんから デッドストックだったロードの部品を改造したという写真付きハガキを頂き 了承を頂いたので画像掲示板へ投稿しました。
時代の雰囲気とTOM上田さんのセンスを楽しんでください。

Re: 続1・新・窓口スレッド - TOM上田 2014/09/15(Mon) 09:01 No.3362
codama氏のお手を煩わせた画像の投稿ですが、ホイール組みはcodama氏に、若干の不足パーツと消耗部品の補充は3QQQメンバーのフリーダムさんと振り子時計さんからご協力を戴きました。
二級品パーツばかりの構成は、手軽な日常用として愛用するにはモッテコイですし、ハンガー下がりが小さくリアセンターが詰まったスケルトンは、衰えた脚力に最適です。
ただ、プリントからスキャンしてデータを圧縮した画質の粗さが目に付きますので、次回からはデジタルデータでの送信を考えます。
ご意見をお聞かせ下さい。

日本的とは - 2694 2014/09/15(Mon) 11:03 No.3363
TOM上田さんの自転車拝見しました。本当は考え抜かれたアッセンブルなのでしょう、しかし一見肩の力の抜けたようにも見え、それが見ていて楽しいのです。
しばしば考えることで、日本人らしいアッセンブルって何だろう?と考えた時に、日本のパーツで揃えることではなくて、フランス、イタリア、日本のパーツが気負いなく組み合わされている時に、日本的美しさが現れるんじゃないかなあと思ったりします。

エクストラレジェ - 2694 2014/09/15(Mon) 16:57 No.3364
京都の店の700×30Cエクストラレジェでダート、荒れた舗装を20キロほど走ってみました。軽量タイヤだからといってもトレッドはしっかりしているので、神経質にならずにダートを走ることができました。ノーマルよりも走っていて楽しいですよ。林道サイクリングには、このくらいのタイヤが、先の路面状況を知らぬ場合の走行では対応力が高く、オールラウンドといえそうです。

2694さん、お目が高い - TOM上田 2014/09/15(Mon) 18:00 No.3365
ご指摘の通り、オール・カンパだのオール・フレンチだのとは一切無縁にて、肩肘張らずスンナリと組み上げたところに、このガンウェル快走車のテーマがございます。
気軽に近場をウロチョロするには、このような構成の愛車が一番なのですよ。
codama氏には、これまでも色んな写真をお届しているのですが、敢えて画像掲示板へ投稿したい旨のお申し出が有ったのは、今回が初めて。彼も2694さんと同様な読み取りをされたのだと判断しました。ご両人とも流石ですね。

Re: 画像掲示板への投稿 - brm-codama 2014/09/15(Mon) 18:43 No.3366
以前ならば画像掲示板へ代理投稿されるご友人がおられたのと 普通ならお披露目は専門誌投稿を優先すべきですが、記憶では以前専門誌への投稿に使った事がある自転車のように感じたので今回は3QQQ画像掲示板へ載せたらどうかなと思った次第です。
それにTOM上田さんらしい(**派と表現されるような)凝り固まらない味付けも確かに感じましたね。

マファックS - 2694 2014/09/15(Mon) 21:32 No.3367
TOM上田さん、感じたままを書いたまでです。マファックSは、ワインマンみたいなタイプでしたよね。どっちが剛性あるのかな?

マファックSについて - TOM上田 2014/09/16(Tue) 17:56 No.3368
2694さんご指摘のように、レーサーやコンペティション、ライドやタイガーなど代表的な機種は何れもギロチンが付いた形状ですが、Sだけはワインマンやユニバーサル、ダイヤ・コンペ等と同じ構造です。アーチの厚みやリブの入れ方を見る限り(材質云々は別にして)、ワインマンやユニバーサルの方が剛性は高そうです。もっと大事なことは、アーチがほぼロング・タイプ専用となっており、調整範囲が限られている点です。
よほどSが好きと言われる方を除いては、ワインマンやユニバーサルの方が安心してお薦めできます。

Re: ドマファックSについて - brm-codama 2014/09/17(Wed) 12:06 No.3369
ほとんど馴染みのないブレーキなんですが、意外にリム幅や側面の傾斜でブレーキシューが上下にズレたりして 想定していた位置ではなくなりガッカリした事があり その点ではギロチンボルトを使うタイプは上下だけではなく角度も変えられるのでありがたい存在でした。
ただワイヤーを強いトルクで引く場合は普通(ワイマン)タイプの方が中心がズレていない分ネジれないので構造的には安心感はあったんですが、いかんせんどれもこれも効かないブレーキシュー(*ンパレコード以外)が多かったので'70年代当時は気が付かなかったですね。
今は特許がオープンになったのかノーマルタイプでもシューの角度が自由に動くので便利にはなりました。

トー◯イオーナーズミーティング - S藤 2014/09/18(Thu) 21:17 No.3370
14、15日にあったそうですが参加された方はいますか?
ちょっと気になったものでσ(^_^;)

Re: トー〇イオーナーズミーティング - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/19(Fri) 06:35 No.3371
 今年は伺っていないですが、数年前の長野に行ったことがあります、S藤さん!。N誌に案内が出ていた、その昔からですが、旅行、サイクリングを兼ねてではなかったので、そんなにマニアでもないわたしですから、関心がなかったけれど、新ランドナーを製作した次の年にでした。
 面白かったですよ。みなさん、サイクリスト顔で(?)。自転車が一同に並びますと、なんとか美術館のよう。機能だけを追及した自転車であっても、愛好家からすれば、その美術かと思います。とはいうものの、
 夕飯を食べて数分だけ見たのち、部屋で眠りこけていたわたしです。申し込みは工場さんへ電話したら、N誌の案内を見てくれといわれ、行きつけの自転車店さんへ出向き、たしか、葉書きを送った筈です。それからは毎年、
 直接に案内が来ます。今年は松本でしたね。東京、名古屋の方が都合いいし、大阪ほかの田舎の人も信州となりますと、行きたくなるのではないでしょうか。是非とも一度は行ってみて下さいませ。変な人はいませんよ。ああ、
 〇泉さんの奥さんですが、むかしと変わらず別嬪さんですね。ほかは、・・・、いうの、やめときます。^^

アモレッテへ - brm-codama 2014/09/21(Sun) 17:07 No.3372
ニューサイがさっぱり届かないのと居心地のいい喫茶専門店で上質なカップで飲む美味しいコーヒーに飢えていたので耐えられず 夕べアモレッテへ行って来ました。
いい自転車に乗った時に感じるフォームにピタッと合って腰も痛くならず 余計な力が要らずスッと流れるように走り確実に変速機が操作出来て気持よくブレーキが効くのとよく似ていて ここで飲むコーヒーは、雑味が無くすっきりとしてコクや心地よい後味や香りが仕事で疲れた心身を楽しませ癒してくれます。
それはマスターがお客に合わせて使うカップ&ソーサー選び(今回はマイセン ブルーオニオンでした。)や流れる音楽(今回はジャズ)にも気遣いがされているせいなのかもしれません。
ところでマスター達が3QQQアモレッテ秋のランを計画中で試走して確認・検討し決まれば投稿されると思います。ここのところ雨でクラブランが走れなかったので秋の風の中を走れば気持ちいいでしょう。
そして来年度に日本サイクリング協会主催のサイクリングラリー全国大会が福岡県で開催されるようで 関係者の方から会員以外の一般の方もエントリー出来るので3QQQから是非ランドナーやスポルティーフなどマッドガード付きの自転車で参加して日本で育てられた味のある自転車をアピールして欲しいという話でした。

心配だなあ - 2694 2014/09/22(Mon) 13:29 No.3373
ニューサイクリングの遅れが定期購読者の減少に繋がらなければよいですね。
なんだか自分もコーヒー飲みたくなりました。自家焙煎の喫茶店に行こう。
つい先日、泥除けの交換をしました。今までのは、T社で組んでもらったものです。ツーリング車に詳しい店が無いので、自分でやるようになりますね。古い自転車の写真眺めながらやりました。
田舎で新規にランドナーを作る人には、古い部品は勧められません。20年以上自転車に携わっている人でもユーレー使ったこと無いと言われますから。でも革サドルくらいは、使って欲しいものです。

Re: トー○イオーナーズミーティング - S藤 2014/09/22(Mon) 16:18 No.3374
鶴子さんサイクリスト顏ってどんな感じなんでしょうσ(^_^;)?
美術品のような華麗な自転車を眺めて愉しむのもたまにはいいかもしれませんね。
しかし熟女がお好きなようで(^_^)
だ○蜜にランドナーとかはありでしょうか?
バラ○ンオーナーズミーティングとかも企画して欲しいです。

Re:アモレッテへ - S藤 2014/09/22(Mon) 16:29 No.3375
アモレッテラン是非参加させて下さい。
ニューサイは心配ですがこの際季刊にするとか、いっそ同人誌になった方が面白くなるんじゃないかと僕は思います(無責任な意見ですが(^_^;))。何はともあれ頑張って欲しいですね。

お密さんは、どんな人?。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/23(Tue) 04:52 No.3376
 そうですね、S藤さん。サイクリスト顔というのは、ウスターソースと生醤油を混ぜたようなお顔です(?)。つまり、焼きそばソース顔ということになりましょうか。サバサバした人よりも、ソバソバした人(?)ばかりやし。ああ、その焼きそば麺ですが、昨今は
 細い麺から太い麺まであるようですね。でも、ラーメン顔の方はいないかと思います。汁に沈んでいるとか、浮いているとかの。わたしは、熟女好きというよりも、
 唇と、体つきがタイプな方に目が行くようです。あと、匂い!。雰囲気ではなくて、ほんとの匂いです(?)。よって、若くないと話になりません。あの奥さんは
 見た目、若いです。でも、最初は誰しもお目目ではないでしょうかね。口ほどにものをいう目ですから。で、すみません、お密さんを
 最近まで知りませんでした。民放をあまり見ませんので。お密さんにランドナーとは?。そうそう、自転車の目といえば、ヘッドチューブでしょうかね。唇はヘッドパーツ?。体つきは、ダウンチューブの存在感とチェーンステーの開き?。フォークよりも、そのステーの開きに興奮するわたしです。レーサーが綺麗なのは
 その締まりがキュッとしているからではないでしょうか。所有のマウンパは、チェーンステーの膨らみと申しますか、あの膝の曲がりにも似た、色気なしに困っています。全く興奮しません。スチールフレームが見直されているのも、このルックスにあるようですね。太い何ばかりでは、見た目に走りそうもありませんしね。スチールフレームは見た目、サラブレットなのかもです。太いのに慣れ親しんでこられた、最近のサイクリストさんにとって。わたしは
 太い何も走りそうに見えますよ。乗ったこと無いけど、おデブさんには。いや、むかし、ありました。大柄な人と申しますか。しかし、小柄な方が好きですね。その取扱いに便利です。ほんとに。^^

Re:アモレッティへ - 案山子 2014/09/23(Tue) 10:47 No.3377
来年度のサイクリングラリーは、「福岡県サイクリング協会主催の九州サイクリングラリーです。」
筑後市長に、船小屋を起点とするイベントで了承をもらっています。市長の意向としては、隣接広域圏で展開している「筑後七国」観光も取り入れてほしいとの事です。
サイクリング協会としては、関係市町村の観光担当課と連携をとり、10月末には企画をとりまとめル必要があるようです。
皆さんの情報を参考にさせてください。
週末の夜にでも、アモレッティに集まれる方はいらしてくださいませんか?

NC誌のことですが、○堀サンからの電話情報では、「季刊誌的には発行したい意向のようですが、詳しくはわからないのですみません。」
との事でしたよ。

Re: Re:アモレッテへ - brm-codama 2014/09/24(Wed) 22:36 No.3378
案山子さん 九州ラリーの方だったんですね。ずいぶん前ですが2回ほど泊りで参加した事があります。
「筑後七国」には石橋が多い上陽町が入っていませんね。
残念ながら今週末は行けません。重要なツーリングメンバーKUROさんが先週は来ていなかったので今週は出て来れるかも・・・一応連絡してみたら?
また案山子さんがご友人の自転車のレストアでカンパヌーボRメカのプーリーのスチール蓋(皿型)4枚を捜しているそうです。心当たりある方は連絡をください。
それとアモレッテマスターから連絡があり 3QQQ アモレッテ秋のランは11月1/2日の予定で計画しているそうです。詳細はアモレッテで聞いてください。

NC8月号はついに - フリーダム 2014/10/02(Thu) 20:17 No.3387
届かずですか?もう2か月以上も過ぎているのに音沙汰なしとは・・。

とても残念です。年間購読者に対してどのように対処いただけるのでしょうか。

断続的とは言うものの、17歳のときからかれこれ48年間もの愛読者に対して・・・それはないでしょうって言いたいです。
今後どのようにするのか、はっきり書いてください。NC様。

Re: NC8月号はついに - 諭鶴羽 鶴子 2014/10/03(Fri) 06:03 No.3388
 ほんとですね、会長。わたしは、その理由を知っていますが、ここではちょっと。待つしかないです。一旦、休刊の可能性もあるのかな。何事も続けるのは大変ですよね。ああ、別れて又、ひっつくというご夫婦もいらっしゃいますが、あれも、どうなんでしょうね。わたしには分かりません。辛抱が足りないだけかと思うのですが。^^

Re: NC8月号はついに - フリーダム 2014/10/03(Fri) 23:04 No.3389
鶴子さんどうも。

投稿が滞っているので問い合わせされたのでしょうね。

待つしかないですか。私待つーは、いつまでも待つーは・・・
しかないか。でも、ホームページにでもいいから、読者に対して何か示してほしいのです。

611号もの継続は大変だったのはよく判りますが、沈黙は良くないと思います。 

Re: モナリザの沈黙 - 諭鶴羽 鶴子 2014/10/06(Mon) 17:39 No.3390
 いえ、会長、何月号に掲載かの連絡を戴いたとき、遅れている理由と、その掲載される号が遅れるそれをも知らせていただきました。聞いてもいないのに。理由まで。普通は、諸般の事情で済むにも関わらずです。やる気を伺える文面でした。つまり、
 音沙汰なしの沈黙は、抜本的な解決策を模索されているのではないでしょうかね。待ってあげるしかないです。定期購読は8年前に止めているけれど、わたしも16のときからのN誌さんです。この雑誌がなかったら、サイクリングをやめていたのかもしれませんね。女に狂うとかの。^^

Re: 続1・新・窓口スレッド - フリーダム 2014/10/13(Mon) 22:29 No.3409
長くなったので、新しく立ち上げますね。

続2・新・窓口スレッド

モペット 投稿者:フリーダム 投稿日:2014/04/14(Mon) 20:55 No.2298   [返信]
こんなことを立ち上げて大丈夫かいな〜と思いつつ書いてしまいました。

今は電動アシストが当たり前ですよね。でもあえてモペットをやってみたいと思ったのはなぜか、ただ単に世の中の流れに逆らってみたいと思うだけなのかもしれませんが。でも・・・。

まあとにかく、フキプランニングと言う、10万円のママチャリモペットを購入してしまいました。新車です。
今後これを、自分流に乗りやすいように改造してみたいと思っています。

どうなることやら、スローペースでも前進させたいです。

できたら、ランドナーモペットにしたいのですが、どうなることやら・・・・?

ランドナーモペット - BB 2014/04/15(Tue) 03:50 No.2299
エンジン付のイタリア風味自転車なので良いのでは?
昔から存在する、免許さえあれば乗れる大人の自転車ジャンルですし。
自転車モードでの重量感が気になりますが、エンジン補助での旅行感は期待できそう。

Re: 燃焼自転車。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/04/16(Wed) 06:38 No.2302
 お〜〜〜会長、これでしょうか?。 
 http://www.fuki.co.jp/la2.html
 実はわたし、20歳ごろ、ベスパのそれに乗ってました。ただ、モベットと申しましても、シートは単車と同じ。ペダル位置もエンジンをかけるだけの用途しか使えない代物でした。要は、漕げないんです、ベスパは。歩道をフラフラと走るくらいしか出来ませんでした。フキさんのものは、自転車としても使えそう!ですね。でも、50CCから125CCに乗り換えたわたしです。追い抜く自動車が怖くて。サイクリングでは抜かれる道など殆ど走りませんから、ゲタ履きには自動二輪のほうが安全かと判断です。そうですね、モベットランドナーは、呑み屋へ行く自転車として良いかもです。自転車の飲酒運転は、法的にも構わない実情のよう。乗れないほどの泥酔のみ、道路交通法違反らしいですよ。^^

ペダル間距離 - フリーダム 2014/04/16(Wed) 08:34 No.2303
BBさん、諭鶴羽 鶴子さんどうも。
ペダルとペダルの間隔・・・Qファクターと言うんですかね。

エンジンのギャーケースから出た、クランクスピンドルがどうなってるのか、モノを購入するまで判りませんでした。

普通に考えると、BBの代わりにエンジンが有るので、Qファクターはかなり広くなるのは判るのですが、どの程度なのか?

まあその辺から、実物をを考慮して車種を決めようと思ってます。Qファクターをなるべく小さくして、エンジンを止めて、普通の自転車として乗る時のペダリングに、あまり違和感を感じることなく使えるのか、そこらへんが一番のポイントかと思うのですが…。

Re: モペット - brm-codama 2014/04/16(Wed) 14:51 No.2304
こんにちは、今もエンジン付きが国内で製作販売されている事を知りませんでした。
自転車のトラックレースで使われるペーサーのようにエンジンをBBからずらせば通常の自転車と同じQファクターになりペダリングは違和感が無いと思いますが、公道を走るならエンジンや燃料タンクの重量物は左右の中心にある方がやはりバランスはよさそうで現車のQファクターがどれぐらいなのか?ですね。
2サイクル単気筒エンジンなので排気音が大きめで排気ガスも濃いのかと思いますが、排気量が30ccとごく小さいのでそれほどでもないのかもしれませんね。

FF仕様 - フリーダム 2014/04/16(Wed) 15:43 No.2305
brm-codama さんどうも。

そうですね。エンジンはどうしても、普通の自転車で言えば、BBの位置に置くしかないですね。50年代のエルスもモペットを作ってたようですが、あれはローラーをタイヤにこすり付けるタイプで、構造的には、ホンダピープルと同じなんです。
これらの最大の欠点は、ギャーチェンジが難しいことだと思うのです。
フキプランニングの良いとこは、エンジンの出力を前ギャーを経てチェーン駆動で、後輪を回す。つまり普通の自転車と同じなのです。と言うことは、外装でも、内装でも、変速にが使えると言うことです。クランクはフロントフリーになっていて足は休めても、フロントギャーは回っています。
10パーセント程度の勾配を、変速機なしで上るには、いくらエンジン付きとは言っても、1速では無理だと思うのですが。

ここら辺をどうするか、いろいろ楽しめそうです。

Re: モペット - brm-codama 2014/04/16(Wed) 18:29 No.2306
フキプランニングのはオプションで*マノの内装3段が選べるようですが、エンジン駆動トルクと重量も更に加わるので耐久性は低下しないのかな?と心配してしまいます。
なかのふりーさんの自宅周りは坂なので登坂能力は絶対にクリアしないといけない問題ですね。
それとチェンやギヤに掛かるトルクを考えると3/32サイズより1/8なので外装変速機は難しいかもしれません。ただ1970年代頃までは1/8用外装変速機があったし 輸出用などにも一部あったので それらを使えば大丈夫なのかもしれません。
それに今は電気モーター全盛なのですが充電地や充電時間/航続距離の問題もあるので 入れさえすれば済む液体燃料の便利さも捨てがたいですね。

話変わりますがアメリカからの依頼で本所が6年ほど前に少量製作したブラス/真鍮製(金色)マッドガード(ライン入り)は見かけた事ありませんか?当時は100ドルほどで販売していたようです。街乗り用はステンレスという選択もありますがブラス製があるなら選択肢が増えて面白いんですけど。

厚歯の3段 - フリーダム 2014/04/17(Thu) 17:35 No.2307
そうですね。brm-codamaさんも、そう思われますか。
エンジンパワーは0.8馬力とひ弱でも、クラッチ操作がどうなのか?スムースに繋がらないと駆動系を痛めてしまうのではないかとの懸念があります。
確かに人力を前提に考えられた内装は考えものですね。外装だったら昔の厚歯3段でも良いから、少しワイドレシオにしたら・・・なんて考えてます。
例えは、シクロのランドナーモペット3段とか。

エンジンのトルク特性が問題ですが、回転数に対してなるべくフラットな感じだとやり易いのですが、・・・。

これはいろいろやってみないと判りませんかね。

Re: 単車、整備業界。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/04/18(Fri) 06:48 No.2308
 ああ、あれは燃焼は燃焼、漕ぐのは漕ぐのみ、でしたね、会長。要は、燃焼アシストとは行かない構造です。アシスト構造には、逆立ちしても無理なんでしょうか。立パイプ後ろ置きエンジンとして何もかも変えるなどです。わたしは全然、その構造を知らないのですが、エンジンそのものは大丈夫とのこと、近所の取扱い店さんへ電話しました。
 「見れるん?、あれ」
 「横浜にもありません」
 「仕入れ在庫の気持ちもありません」
 「誰かがうちを通して買ってくれたらええのに」
 部材バラバラにて、送ってくるらしいです。整備工場のそのお店の人がいうには、自転車としての車体に持つのかどうかを心配されているようでした。^^

ナンバーを - brm-codama 2014/04/18(Fri) 10:35 No.2310
鶴さん ナンバーを発行する以上 仕様書を提出し車両検査協会で現車で所定のテストを受け形式承認されているはず。
小排気量ではあれエンジンが載って重量増と発生する振動を考慮したフレーム材料や強度にはなっていると思います。
なかのふりーさん もしかするとクルマの改造車(特殊8ナンバー)みたいに新たな車体の製作や主要箇所の大幅な改造等は届けや係員の確認が必要なのではないでしょうか?
自転車の分類ではないので詳しい事はわかりません。

たしかに - フリーダム 2014/04/18(Fri) 14:45 No.2311
ナンバーが付く以上、フキプランニングのモペットとて承認されたものです。
読んで字の如し、原動機付自転車で承認されたもので、エンジン自体をボアーアップとかの改造をするわけではないので、車体を根本から作り替えたとしても、エンジンはそのままの0.8馬力。保安部品などがちゃんと付いていれば、問題ないでしょう。

何といっても、28?sは重いです。良い材料を使って、せめて20?sくらいにできないモノかと思いますよ。

Re: エンジン始動にペダルがモペットという意味?。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/04/18(Fri) 17:31 No.2312
 http://lavec.cocolog-nifty.com/blog/images/2008/12/16/pict0012_2.jpg
 乗っていたのはこれに似ています。そうですそうです、会長。漕ぐときはボタンを押していました。同じ付近にあったそれを。エンジン出力と同時にも漕げていたのかも知れません。でも、ペダルが重かったようなです。だから、先の通りの勘違いを。何れにしましても、上のモデルと同じようなシートなので、単車としてしか使ってなかったです。登り坂は30キロが出ませんでした。10キロなら兎も角も、ペダルでアシストしようにも意味のないことだった筈です。あと、brm-codamaさん、

 ヘッドチューブあたりのことを心配されていました。どなたから聞いたのでしょうね、先の整備工場の人は。28キロといえば、実用運搬車くらいの重量ですよね。我々自転車愛好家には問題なしと思えるものでしょうかね。
 http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
 モペットとタイプしましたら、上のようなものも出てきました。自転車らしい見場ですが、前三角に収まるのが良さそう。むかしはあったんですね、こんな自転車。わたしは見たことがありません。^^

Re: モペット - brm-codama 2014/04/18(Fri) 19:04 No.2313
鶴子さん 昔の日本の原付やオートバイの原型は当時の実用自転車にエンジンをボルトオンばかりで沢山の小メーカー製があったようです。
当時の実用車の基本は重荷運搬用のキャリアやスタンドなどの装備をすればいいぐらい頑丈な物だったのでそれらや荷物に代わりエンジンや燃料タンクを積んでも大丈夫だったようです。
ソレックスていう自動車用スポーツタイプキャブレーターが昔乗っていたクルマに付いて調節しながら使っていましたが、モペットタイプの原動機付き自転車も作っていてエンジンは前輪駆動ですが現在は電動モーターに変わっているようです。

エンジンが - brm-codama 2014/04/22(Tue) 19:04 No.2315
乗った事がないのでわからないのですが、エンジンが掛かっていなくてペダルでの推進のみだったら車重が重い分 相当に体力を使うのでしょうか?
重荷運搬車やフル装備のキャンピングだとキャリアが震えて乗り難くなるんですが、エンジンは下側にあるのでそれは無いのでしょうね。

Re: 獣心 - 諭鶴羽 鶴子 2014/04/23(Wed) 06:34 No.2316
 使います、brm-codamasさん。少し思い出しましたが、あの通りのシートも大きな原因にて、汗、びっしょりだったです。震えはない筈です。タイヤも単車のそれですから、路面抵抗を感じる訳でして。ああ、あと、自転車の重心とは、どこにあるのか、どうやって調べるのでしょう。前後の縦線の所在は簡単ですが、上下の横線はどうやって?。人間の重心は、串刺しのヤジロベーでしょうかね。^^

重心ですか。 - brm-codama 2014/04/23(Wed) 22:34 No.2317
普段は重心(中心)の上下位置はあまり考えた事はありませんでした。
ただどの位置にどれぐらいの重量があるかで発生するペダルトルクや安定性が変化するかは重要視していました。
同じ重量増でも重い荷物なら支えるキャリアやエンドダボに負担が掛かりますし 体が重ければペダル踏力になるし 重いエンジンならマウント部分の負担になり全体の安定性にも大きく関わって来そうです。
いずれも現物で実走行してみないと特性はわからないものなかと思います。 

ナンバー - フリーダム 2014/04/26(Sat) 09:47 No.2322
昨日やっと市役所に行ってナンバーを取得しました。

後は、コンビニで自賠責保険の手続きをすれば、実走できそうです。
この1か月の間、何度かエンジンは回してみましたが、所詮0.8馬力は弱いですねー。
サドルにまたがらないで、立った状態でハンドルをもってエンジンを吹かして、推進力を体感してみると、弱い〜。
これでは10パーセントどころか5パーセント勾配も無理な感じ。

実際には少しスピードを出せば、エンジンの回転も上がるのでトルクも上がり、登れるかもしれませんが、…やってみないと判りません。

いろいろやってみて、今後どう改造するか検討するつもりです。

Re: モペット - brm-codama 2014/04/26(Sat) 10:07 No.2323
そうですか、50ccスクーターでは割とパワフルな印象なんですが、小排気量なのでそんなものなんですね。
燃料満タンならばさらに重くなりそうですが、エンジンの高トルクの回転数に固定して登りをこなすしかないですね。

トルク - フリーダム 2014/04/26(Sat) 11:15 No.2324
そうですね。エンジンの回転-トルク特性が、人間の足の様に回転数が低いほどトルクが強ければ、1段でもかなり出力は出せるのでしょうが、内燃機関ではピーキーな特性は仕方無いですね。だからこそ多段ギャーが必要になますね。

試運転していて気付いたのですが、遠心クラッチが要注意ですね。アクセルをじわーと上げず急に上げると、繋がる時に無理な衝撃が後ろへ伝わり、フリーやハブに悪影響を与える感じです。
内装ハブは、考えものかな? 比較的ワイドレシオの厚歯3〜4段くらいが良いかなーと思っています。

そろそろ改造着手 - フリーダム 2014/06/02(Mon) 18:56 No.3113
ママチャリモペットのまま試乗するにも、ナンバープレートと自賠責保険に加入することが条件でした。
一時ほったらかし状態でしたが、2週間ほど前に何とかクリアーでき、やっと試乗しました。
やっぱり思ってた感じで、平地では、ギャーレシオが低すぎて31?`しか出ません。エンジンはビンピン言ってるのに遅い。
1段しかないので、やや登りで丁度良いようにセットしてあるようです。5パーセント勾配が続くコースで、テストすると15?`くらいなら、ぐんぐん登ってくれますが、10キロ以下になるとだらだらと回転が下がってしまいます。
まあそんなときは、足でアシストしてやると、エンジンが元気になり、微笑ましくなります。
前28、後14Tの丁度2倍固定なので、1.5〜3倍くらいになる様なギャー比にすれば、良いような気がします。

2万2000グラムの幸福 - 諭鶴羽 鶴子 2014/06/03(Tue) 06:29 No.3115
 会長!、画像掲示板も拝見しました!。ということは、6000グラムの軽量化となりましょうか。切り替えスイッチは、どうしたら良いのでしょうね。通常は自転車として走りたい場合、エンジン補助が欲しい登り坂ではイチイチと降りて、そのスイッチオンとエンジンを掛けないといけませんよね。いや、エンジンは常時かけたままの走行ですか?。輪行もしたいですね。出来るのかな?、JRほかの規約上。22キロは担ぐには重い重量ですから、軽量化は必須ですね。あと、純粋なスタンドは必要でしょうかね。重量は程々の、ランドナーな見場を重視したほうが良いのかもしれませんね。プラス10キロはキャンピング車に荷物のような感じでしょうか。駐車のときは寝かせるか、もたれさすかのこれですが、パニアなどの横荷物がなければ結構な面倒さであると推察します。色々なことにおいて、これからの改造の進み具合が楽しみですね。^^

軽量化 - フリーダム 2014/06/03(Tue) 07:21 No.3116
鶴子さんどうも。
まず、リアキャリアーとスタンドは要らないのでマイナス2.2キロ、ホイルの前後で7キロは重すぎます。4〜5キロにはできると思います。
後はフレームですが、肉厚2ミリ位はありそうなハイテンで作ってあるようです。これも024あたりのクロモリで作り直して、かなり軽くする予定です。
駆動部の切り替えですが、足のみとエンジン+足の切り替えは、残念ながらいちど降りて、切り替える必要があります。

横に倒すと、ギャーオイルが外にこぼれてしまうと、説明書きには書いてあります。まあ実際にはどの程度なのかやってみないと判りません。
輪行はガソリンタンクが有るので、ダメでしょうね。黙って自転車と言ってしまえば判りませんが。

Re: モペット - brm-codama 2014/06/03(Tue) 16:39 No.3117
画像見ました。倒れても問題が起きないようにしないといけませんがナンバーが付く原動機付き自転車なので倒さないと置けないのはまずいと思います。スタンドは必要性を感じますので大きなWスタンドはコンパクトなセンタースタンドへ変更。ガソリンタンクはボトル台座へ脱着ロック付き/脱着バルブ機構で固定などが出来ると面白いのですがどうなんでしょう?フレーム製作の基点はハンガーシェルが無いので変わりに冶具のBB固定部へ装着するエンジンマウントアダプターを作る事が必要なのでは・・・と感じます。
電動サポートと真逆の人力ペダルサポート切り替えは乗ったままじゃダメなんですね。どうにかならんもんでしょうか。クルマの4駆/2駆切り替えは昔は一度止めたり後進(パリ・ルーべメカみたい)させないといけませんでしたがアクセルを戻すパワーオフの必要はありますが走りながら可能になりました。デフロックは相変わらず止めないといけませんけど。

Re: ランドナーはガソリン車 - 諭鶴羽 鶴子 2014/06/04(Wed) 05:17 No.3118
 追加画像も拝見しました。エンジンとトランスファーと、そのガソリンタンクを残して新調される自転車になるのでしょうか。ということは、次からのモベットは、それらのみを購入で対処できますよね。会長の手つくり品が量産される日が待ち遠しいです。受注から完成まで3年待ちになるかも。となれば、エンジン起倒レバーが欲しいですよね。イチイチ降りるのは、やっぱり。ああ、そういえば、下のボタンを押すのにしゃがんだ記憶があります。停止をして、乗ったままは乗ったままでしたが。シートが低かったから出来た訳ですね。新手のランドナーインダブな自転車になりそうな気がします。^^

 

:配線とワイヤー類 - フリーダム 2014/06/04(Wed) 09:10 No.3119
スマートなモペットにするには、電気配線とケーブルイヤーをいかにうまくまとめるか。
今回の制作で一番悩むところではないだろうか?

フレーム作って、車輪付けて、ガードやフレーキ台座等の位置決めをしてとかは、今までに何台も作ってきたので、そんなに難しいこととは思わないのですが、今回の車は本数が違う。

ハンドから出るワイヤーだけでも、ブレーキ左右、スロットル、チョーク、それにリア変速機と5本もあるし、スピードメーターはワイヤレスとしても、エンジンの発電機から前後への電気配線がきれいじゃない。極めつけは後ろの燃料タンクからエンジンへの燃料ホース・・・この垂れ下がりは最悪です。

シートチューブにボトルつけて、ボトル風ガソリンタンクか、んー brm-codama さん、良いかもしれない。パクらしてもらうかも。エンジンのすぐ上にあるからホースも気にならない、給油外してやれるし・・・いいねー。

アクアライン - 諭鶴羽 鶴子 2014/06/05(Thu) 05:51 No.3120
 数本のLINEが、悩むところですか・・。普通の単車は、どうなっているんでしょうね。側の中に隠れている?。モペットの場合、ヘッドチューブに2つほど、ボコっと穴を空けて集約する後方向とかでしょうか。最初からトンネル入りです。半内臓半出しみたいな感じでの。しかし本数だけでいえば自転車も4本が普通ですから、余分なラインはスロットルとチョークですよね。
 http://www.fuki.co.jp/dx3.html
 ん〜〜〜、頑張って下さいませ、会長。私はアウターもアートと思う方なので(?)、上の写真のものでも良いけれど。ラインがないと、エンジンだけが目立つような気もしまして。^^

スロットルと変速機 - フリーダム 2014/06/05(Thu) 08:53 No.3121
は手元に、特にスロットル操作(アクセル)は。
変速機はダウンチューブでも良いかな?
これらの操作は両方一緒にやる場合が多いだろうし、右手でアクセルを戻して、左手で変速って感じになるのかな。

頭の中でいろいろ考えてしまいますが、やってみないと判らない部分がありますね。

まずは美については優先とはせずに、なるべくきれいにと言う程度に止めて、取りあえずは、変速機付きのモペットを作る。出来ればランドナー風にとしときます。

だんだん大変だーと思うようになっています。(笑)

Re: 集約型内蔵 - 諭鶴羽 鶴子 2014/06/08(Sun) 08:00 No.3147
 思い悩まれた会長は、フレームパイプに大きな穴を空けられたようです。画像掲示板をみました。穴ぼこ研究家はわたしだけではなかったようですね。あのサイズの穴だけは、空けないで欲しいけれど。^^

穴ぼこ研究家 - フリーダム 2014/06/08(Sun) 09:32 No.3148
穴が開いては困る場合と、開かなくては困る場合とあって、それぞれ大変ですね。鶴子さん。

ダウンチューブ=バイプシャフト状態になってしまいますが、バンド止めはやりたくないし。

チョークレバーとエンジンのストップ押しボタンが、ハンドルバーまで伸びていたのですが、それらはエンジンのすぐそばに配置して、ワイヤーやコードをなるべく伸ばさないようにしようと思っています。あまり先のことは詳しくは考えていませんが、成り行き任せです。どうなりますかね。(笑)

毎日制作時間が、1時間程度しか時間が取れないのですが、今日は今から半日ぐらい取れそうで、・・・頑張らなくては。(笑)

その後 - フリーダム 2014/07/06(Sun) 11:02 No.3190
3週間近くかかってしまいましたが、何とか後ろも出来ました。酸洗いして、やすり掛け作業が残っていますが、まあぼちぼちやります。
後はフロントキャリアーとリアーは燃料タンクをどのように固定するか。迷うところです。出来るだけすっきり収めたいし、かと言って強度的にも問題ない取り付けをしたいし。
制作者のセンスを問われる部分なんでしょう。

Re: モペット - brm-codama 2014/07/06(Sun) 15:49 No.3192
少しずつ出来上がってますね、慣れない作業お疲れ様です。
何だか貴重なパーツを惜しげも無く使っていて純粋な自転車(人のみが動力)という訳でもないので自分としては勿体ないな・・・という気もしないではないのですが、これもなかのふりーさんらしい取り組みでもありモペットというジャンルへのマニアックな方法での新しい挑戦と言えるのでしょう。
Fクラウンは以前はΦ24楕円ブレード用があったのですが、復活してくれませんね。アメリカブランドなら細部のデザインは多少違いますがあるかもしれません。

Re: 走行試験は、いつですか?。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/07/07(Mon) 06:49 No.3193
 会長、拝見しました。タイガーは当たるんですか、42Bほどでも。Qファクターですが、クランクを内に曲げるとか、何らかの方法で狭めることは無理なんでしょうか。今度はエンジンに当たるのかな。走れる状態になりましたら、試走の感想をお聞きしたいです。塗装まで含めた本完成の前に。モペットランドナーは、ツーリング車の未来のひとつを開拓しそう!。わたしは多段ギアもアシストと思っているので、アシスト大好きです。ただ、そのアシストも自力が原則なんですが。でも、猛スピードで上がってくるオバサンがご近所にいらして、電動のあれは、よく目につくようになりましたね。重量11.5キロの自力発電アシスト車が普通になれば、手持ちのランドナーを捨てるかもしれません。^^

カキコミどうも - フリーダム 2014/07/07(Mon) 11:18 No.3194
ありがとうございます。
あのタイガーを、使ったということに面白味を感じていただければ・・・。
実はこのモペットにはもっと面白くなるであろう、試みがあるのです。それは、ブレーキレバーを使わずハンドルバー自体で、フレーキ操作が出来る特殊なステムを使います。
1950年代だと思うのですが、サンプレはそんなステムも考案してたのですね。
大分先になるかもしれませんが、いずれご紹介と使ってみての感想を申し上げます。

それから、Qファクターの件ですが、これは購入前から一番の懸念材料でもありました。とにかく乗ってみないと判らないと言うことで、ママチャリモペットで乗ってみました。
最初はかなり違和感がありましたが、体が順応するとでも言いましょうか、慣れてしまえばこんなものか〜。ストレスがたまるほどでもないし・・・まっ良いか。

49Dのクランクに替えて左右ともいっぱいいっぱいです。
右はエンジンにすれすれ、左はマフラーにすれすれ状態。もうこれ以上Qファクターは稼げません。

それから、まだ先の話ですが、生地完成したら、とにかく一度きっちり組んで、何度か試乗して不具合があれば、塗装前に何度でも手直しして、また試乗。

塗装は一番最後です。経験上の話ですが、そうしないと結局お金も、時間も無駄になってしまいます。

Re: モペット - brm-codama 2014/07/18(Fri) 18:51 No.3223
追加の投稿画像を見ました。完成に近づきましたね。
そして画像と説明を見ていてバーステムブレーキは個人的には突発的な場面や緊急時に危ないような気がします。こういう機構は完全独立でコントロール可能なようにしておくべきでは、…と感じます。
また通常時の重量が増しているので転倒時のダメージは結構大きな物になります。外へ出ているペダルやクランクが傷ついたり曲がるのは形式的に仕方無いにしてもRの両サイドにガード兼用のハードバッグが無いとR変速機やRエンドブラケットにダメージが行きます。バッグを常時付けないなら何かプロテクターが必要な気がします。

Re: いやん、モーレツ!。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/07/18(Fri) 19:28 No.3225
 わたしも追加画像を拝見しました!。格好いい!!。ところで、ステムブレーキとは、なんなんでしょうか?。ドロップバー仕様にも出来ますか?。耶馬渓ランは、モペットでお願いします。塗装は、そのあとですよ、会長。^^

初試乗 - フリーダム 2014/07/19(Sat) 10:14 No.3228
やっと何とか初試乗まで漕ぎつけました。

ブレーキレバーを兼ねた、ステムは使ってみてよくわかりました。これは残念ながら不採用と決めました。
brm-codama さんの仰るとおり、実に扱いにくく、とっさの場合危ないです。
見た目にワイヤーがバーに2本来るのが゜省けてすっきりするだろうと言う期待があったのですが、やっぱり安全を優先すべきです。ご意見ありがとうございます。

リアメカのプロテクターですが、右側だけでも、サイドキャリアーを常備すれば、その代用になりそうです。検討してみます。

鶴子さかのドロップバーにできないか・・・とのご質問。
当初からバーはフラットでフレームを設計してますので、トップを600ミリと長くとっています。右手にアクセルがあるので、今は取りあえずフキ仕様のレバー付けていますが、やはり最終的にはグリップ仕様にすべきだと思うので、ドロップでは扱いにくいと思ったからです。

耶馬渓ですか。コースを走るかどうかは別にして、皆様にお見せするのに持っていきましょうかね。

試乗走行も - フリーダム 2014/08/06(Wed) 09:41 No.3261
4回、延べ100キロメートル近く走りました。

総合的な感想・・・一言でいうならば・・・これは面白いです。自転車なのですが、動力も付いてる。でも、バイク(オートバイ)じゃない。感覚的に全然違う乗り物。

どのように表現すればいいのか?

平地が普通の自転車では、ちょっとした下り坂・・・つまりペダルは回さなくても、進んでくれる。
ちょっとした上り坂が平地の感じ・・・つまりちょっと漕いでやればすいすい進んでくれる。
凄い登りが、ちょっとした上り坂・・・つまり、ダンシングの必要はないもののシッティングで、トルク重視のペダリングで安定感があり、自分自身がすごく強くなったようで、思わず笑ってしまう。

そんな自転車(原付)です。思わず遠くへ旅したくなるような、・・・・。
 

Re: モペットのツーリング仕様が次の課題ですか?。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/09(Sat) 07:55 No.3275
 思わず遠くへですか、会長。ランドナー気質に長けているモペットともいえましょうか。予備ガソリンも要りそうですね。キャンピング・ラン用にこれを買って持参しています。
 http://www.yazawa-jp.com/category/gasolinebottle
 ボトルケイジに入ったかどうか、やったことがないです。携行缶ですが、昔のように何でも良い訳ではなくなってきました。セルフのスタンドさんなら、給油禁止のところも多いようですよ。^^

Re: 試乗走行も - brm-codama 2014/08/09(Sat) 15:43 No.3277
エンジンを掛ければずいぶん楽になるのですね。次はエンジン併用の場合荷物がどれぐらいの重量までなら楽な感じで長距離も行けそうなのか?と燃料切れ(エンジンオフ)の場合はどういう印象でしょうか?

燃料調達 - フリーダム 2014/08/09(Sat) 21:49 No.3281
が、一般の車なんかと比べると、少し面倒です。昔ながらの2サイクルで、混合油を必要とします。混合比は40対1で、ガソリン10リットルに対して250?tのオイルを混ぜて用意しなくてはなりません。
鶴子さんが仰るように、セルフのガソリンスタンドでは、入手困難かもしれません。まずは、分厚い鉄板で出来た携行缶持参で、購入し、自分で混合するしかないと思います。
長旅をするにしても、オイルだけは、いつも持参しないといけないような気がします。
めんどうだけど、それだけ自転車に近い乗り物と言うことだと思います。

最初の予想通り、完成重量は22?s位になりそうです。ママチャリ状態では、28.5?sあったので、かなり軽量化できのました。フリートップ13Tでも、平地では軽すぎるので、かなり荷物を積んでも、大丈夫だと思います。
エンジンを止めて、クランクをフリーにした場合ですが、その状態でも、いろいろ試してみました。
普通のランドナーに比べると、車重が重いだけ、やっぱり重く感じますが、ママチャリの踏んでも踏んでも、前へ進んでくれないと言ったあの感じとは明らかに違います。
踏み始めは、かなり重いのですが、振りが付くとオープンサイドタイヤ特有の軽快さを感じます。

今は母の介護で、何日も家を出ると言うことは出来ませんが、いつかは、山陰経由で京都−大阪まで、このモペットで走ってみたいと思っています。

Re: モペット大改造2 - brm-codama 2014/09/29(Mon) 09:56 No.3383
画像掲示板の9/20投稿分を見ました。
刻印が前方にありますからステムは作られたんですね、ステム固定バンドとかなり頑丈なアウター受けも見えます。
それとエンジンがある分でしょうけどケーブル類の内蔵処理が多くなりますね。
全体の頑丈さに対しサンプレ風?のRエンドがなんとなく華奢に感じます。

何とか - フリーダム 2014/10/01(Wed) 16:53 No.3386
取りあえずは、完成しました。

そのうち外へ持ち出して、走ってから画像掲示板にアップしたいと思います。

3月末に購入して、改造に半年かかりましたが、集中してやれなかった分時間はかかりましたが何とか・・・。

誕生!!、会長のモペット!!。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/10/08(Wed) 17:05 No.3403
 会長のモペット、その完成車が画像掲示板にです。銀の翼みたい!。ところで会長、総重量は何キログラムなんでしょうか?。40キロくらいですか?。^^

Re: モペット - brm-codama 2014/10/08(Wed) 18:30 No.3404
アップハンドルでマニアックなランドナースタイルのずいぶんお洒落なモペットが完成しましたね。
普段は設計の変化で走行性能を考えたり精度で推進効率を上げる事ばかりなので見ているとホッとします。
サドルの相性はそんなものなんですね、珍品なので見た事も使った事もないブレーキですが、効きはどうですか?

私の居場所は、どこ? - 2694 2014/10/09(Thu) 20:02 No.3405
ニューさイのエるス本のカタログ50年代のにシクロモーターと言うのかイラストでありましたが、あれをイメージして製作されたのでしょうか?
気になるのは、燃料タンクです。エルスは、前三角内にタンクがありました。

ご質問ありがとうございます - フリーダム 2014/10/09(Thu) 21:58 No.3406
今回の自作テーマは、純粋な自転車からはちょっと離れてしまった感は大いにあるのですが、クランクにペダルが付いて、自転車のように漕ぐことを大前提で、作ったものなので僕の自作コレクションの一台に付け加えました。
鶴子さんどうも・・・・。総重量ですか。組み付ける前に詳細にパーツの重量を計っていればよかったのですが、忘れてしまったので、体重計で測ろうとしたのですが、乗るたびに値が違うので、あてにならず、困りました。プラスチックでできた安物のデジタル体重計はだめですね。
そのうち自分自身も、大いに気になるので、正確な値を調べます。22〜23キロ位だとは思うのですが。

brm-codama さんどうも・・・・。アップハンドルじゃないですが、ほとんどフラットでサドルと、同じ高さくらいになる様にセットし、歳を取った自分には乗りやすいです。
マファックタイガーは、結構作りがガッチリしているので、初めて使いましたが、悪くないようですよ。
油圧のデスクとかと比べて言ってるのではありませんよ。あくまでも、60年代、70年代の常識と比較しての話ですが。

2694さんどう・・・・。エ○スのモペットですね。もちろんその辺を見て、是非ともこんな車種も作ってみたいと思ったのが原点でした。
確かに、燃料タンクを後輪の上にセットするのは、フキプランニングがやってることで、見た目もきれいじゃないし、機能的にも乗り降りするたびに・・・よいしょ〜・・て跨がなくてはならないし、決して使い勝手が良いとは言えないようです。前三角に広い空間があるので、そこを利用しない手はないのですが、前述のようにメーカーが作ってくれたアルミタンクも捨てがたく、再利用したまでです。

また同じテーマで作るのなら、もっともっときれいに、前三角にキッチリ収まるタンクを作ってみたいと、思うかもしれませんが、モペットは一台あればもう・・・次は違うものを作りたいし…。

これからのランドナーを考える 投稿者:S藤 投稿日:2014/10/06(Mon) 21:35 No.3391   [返信]
https://itunes.apple.com/jp/podcast/saikuringupodcast-kuriraji/id212565306?mt=2&i=319657329

上記アドレスのインターネットラジオで三船雅彦氏がランドナーについて言及しています。氏曰く長距離サイクリングにはランドナーが最も適してるとのこと。いろいろとしがらみのある元プロレーサーが本音で語ってくれてます。ランドナー復権の兆しとなりそうですが、皆さんどう思いますか?

Re: これからのランドナーを考える - brm-codama 2014/10/06(Mon) 23:36 No.3392
彼のランドナーについて言及はいつのリリースでしょうか?
サイクリングという言葉は元々自転車競技を意味する言葉だったんですが日本ではいつのまにか自転車でスポーツ走行する事全般を指すようになりました。なので旅行を差す場合はツーリングを当てる方が適切と感じます。
ランドナーも小旅行を意味するので彼の意見をインターネットラジオで確認してみたいと思います。
そして言われる部分はどこなのか出来れば何分から何分頃か教えてもらえるなら有難いです。

Re: これからのランドナーを考える - S藤 2014/10/07(Tue) 06:24 No.3393
brm-codamaさん、この場合のサイクリングはブルベ等の長距離レースを指しています。かと言ってツーリング派の方には参考にならないとは思いません。

44:30あたりから機材に関する話しをされてますが、全編通して聴いて欲しいです(^_^)

Re: これからのランドナーを考える - brm-codama 2014/10/07(Tue) 10:20 No.3394
聴いてみますので いつの放送分(リリース日)でしょうか?
彼はブルベ関係でよく見かけますね。機材はロードレーサーをベースに夜間走行のライティング、荷物や携行食・・・他を指導していたように思います。
実は、かなりの日数/年月と距離をキャンピングしながら自転車ツーリングをして来たベテランもいますが、彼らのほとんどが団体行動を好まず コピベが多く自分の意見を持たず安易に投稿する人達に嫌気が差す人もいたりと WEBにもあまり興味がないのでここへの投稿はしませんが、誘うとたまにクラブイベントに参加はしてくれるので会えるかもしれません。
うちへも今までキャンプツーリングの途中で修理(ショップで出来ない内容で)・・・他で立ち寄るサイクリストもいますが本当に走る事を楽しんでいて やはりWEB発信には興味がないようです。旅先で出会ったサイクリストからうちの事を聞いていて来られるようです。

Re: これからのランドナーを考える - S藤 2014/10/07(Tue) 13:29 No.3395
失礼しました。URLをクリックすればすむと思っていました。
リリース日は10月3日、お届けまんま亭という番組です(-_-)
サイクリングPodcastは他にも番組がありますが、まんま亭以外は
愚痴とウンチクばかりで面白くも共感もできないので聴くに値しません。

Re: これからのランドナーを考える - 2694 2014/10/07(Tue) 21:45 No.3396
聴いてみました。はじめて泊りがけのサイクリングに誘ってもらい行ったのは信州の方でしたが、標高差からくる気温差、天候の不安定さ、長い下りでの冷え、雨で坂を下り切らないうちにブレーキシューを使い切るひとがいたり、一通りのことを見たり経験させてもらいました。ロードレーサーをサドルバッグ着けてツーリング仕様にした人が雨に苦しむのも見ました。
長時間走る以外は、話しの全てが普通のサイクリングにありましたよ。

Re: これからのランドナーを考える - brm-codama 2014/10/07(Tue) 22:31 No.3397
聴きました。
これは知識ばかりを頭に詰め込んだ走らないサイクリストが少しずつでも実際に体験してみるべき事ですね。
近年はブレベにも対応したロードにして欲しいという希望が多くなり どうあるべきか?・・・というテーマはありました。
しかし実際に夜間連続走行をした話なども聴いていると他の人の経験談でも肉体と精神の慰労などで朦朧となる事もあるようで本人も気付かず転倒を繰り返す現象が起きたりで傍で聞く立場としては、もしそこで横をトラックが走っていたらとつい心配してしまいますから交通量が少ないコースであって欲しいですね。

Re: これからのランドナーを考える - 2694 2014/10/08(Wed) 01:26 No.3398
何十時間も走り続け、意識が朦朧かも知れない自転車が、公道にいること自体に問題というか、ブルベに違和感を感じてしまうのですが。
それならローラー台で100時間漕ぎ続けてくれたほうが、迷惑をかけないと思うのですが、どうなのでしょう?
これからを考えなければいけないのは、ランドナーではなく、ブルベのほうではないでしょうか。やりたい気持ちは、わからないではないんですけど。

Re: これからのランドナーを考える - 2694 2014/10/08(Wed) 01:38 No.3399
あとは、S藤さんがどう考えたかも書いてください。そうしないと問題提起の意味がないから。

Re: これからのランドナーを考える - S藤 2014/10/08(Wed) 03:03 No.3400
2964さんご指摘ありがとうございます。
ブルベについては僕は違和感どころでなく、はっきり言って禁止すべきものだと思っております。モータースポーツ黎明期の公道レースのように現代の交通事情を考えれば危険かつ迷惑なものに違いありません。ただ、その無謀とも言える冒険的な要素は昔のパリダカールラリーの様で魅力的です。初期のツールドフランスもそうですね。現代の音楽より昔の音楽の方が狂気を感じるのと似た様なものでしょうか。

僕がこのインターネットラジオを紹介したのは、スポンサーのしがらみの中で自転車に乗ってきたプロレーサーが率直にランドナー(スチールフレームや旧規格のパーツ)の性能を認めている事に驚きと共感を得たからでした。三船氏が番組で語ったランドナーの利点というのは3QQQのメンバーにとっては当たり前の事でしょうが、その当たり前の事を公に口にしたことは意義が大きかったと思います。

三船氏は高校卒業後すぐに渡欧しオランダ、ベルギーを中心に競技生活を送り、シクロクロスでは日本代表として世界選手権を入っています。彼はスチールフレーム、Wレバーの時代からカーボンフレーム、電動変速機までの時代を実践で使ってきた稀有な存在です。そんな人がランドナーがイイと語ったのはなかなか痛快ではないでしょうか?

Re: これからのランドナーを考える - S藤 2014/10/08(Wed) 03:22 No.3401
僕は氏の発言やこれから活動(ブルベの取り組み方)が自転車のトレンドを変えてくれんじゃないかと期待しています。単純にロードレーサーでなくランドナーを選択する人が増えれば、自転車の楽しみ方も多様になってくれるんじゃないでしょうか?巡り巡って、ベテランの方々には部品の選択肢が増える(かつての名品の復刻とかも)可能性もありかもしれません。(僕はタイヤとリムが充実してくれればイイなと…。)

補足すると、僕はレースに参加したことはありませんがレースは好きです。だからプロレーサーをもっとリスペクトして欲しいという思いもあって、三船氏の後進の指導についてやシクロクロスの取り組みについて知ってほしい意味もありこの番組を紹介しました。

Re: あれからはランドナーを伺えない - 諭鶴羽 鶴子 2014/10/08(Wed) 17:01 No.3402
 S藤さん、わたしも聴かせて戴きました。アイチューンが起動せず、指定業務以外のものをダウンロードしては、「駄目〜よ駄目駄目」と、傍の女史さんから言われているけれど、よく分からない目の前のこのPCを、インサイダー何とかをして(?)、なんとか聴けました。ん〜〜〜、
 その三船さんという方、わたしよりも二世代、年上ですね(?)。というか一世代。いわゆる、今でいうランドナーに乗り、600km×3回を走られるご計画なんでしょうかね。その前に、競技人生主体でありながら、過去、どこかへ旅行でもされたのでしょうか?。そのランドナーを使って。

 〇 レーシング向け部品は、継続航行距離200キロくらいしか考えていない。
 〇 泥除けの重要性しか言っていない。
 〇 典子、いや、ランドナーの性格には触れていない。

 こんな感想です。誰かに「言っておいてくれ」と言われたのではないでしょうか?。「ラーメンおごるから」とか唆されて。でも、まぁ、ミクシーでの、ランドナーのドロヨケよりはマシなコメントですね。走り屋さんのランドナーは見た目も違いますし。ところで、女の方は、なにものですか?。アナウンサー?。オバサン声だけど。^^

ニュース 投稿者:brm-codama 投稿日:2014/08/06(Wed) 16:38 No.3263   [返信]
ヨシガイからのニュースです。
センタープルブレーキ2種を限定販売するとの事で 会社に残っている過去の材料在庫分から組み立てて 不足する小物は現行の部品で補填し販売するとの事でタイプは以下の通りです。上のアーチワイヤー端はタイコ(ワイマン)型、下のシューホルダーはマファック(コンペ、ライド)型です。トモダワールドパーツ/ベンリーにも載っています。
納品は少し先のようですが数量が少ないので捜している方や知人で捜しているのをご存知の方は本人へ確認し うちへ連絡をください。
「1970年代に生産されていたセンタープルブレーキの再販です!
復刻版ではありません。1980年代の最終生産品をそのまま
リフレッシュし組み直したものです。
ボルト類・吊りインナーは現在生産されている物を使用。仕 様
● 材質 : アルミ冷間鍛造アーチ
● リーチサイズ
: DC510 / 43 - 57mm
: DC700 / 52 - 71mm
● 前後ナット式取り付けボルト仕様
● 付属部品 :1242アルミ製チドリ x 2個
         前後R-washer&取り付け小物類」

Re: ニュース - BB 2014/08/06(Wed) 17:43 No.3264
いわばワークスチューンナップですね。

Re: ニュース - brm-codama 2014/08/06(Wed) 19:11 No.3266
BBさん 当時の純正小物が完全に揃わないのではないかと思います。また今は当時に無かった便利な可変式ギロチンボルト(ブレーキシューの上下・左右の角度が変化する)の、マファックタイプシューホルダーやシュー(2種あり、現在の高性能コンパウンド)も入手出来るので更にバージョンアップが可能ですね。
当時のひ弱で扱いにくかったブレーキが現在の引きの軽いワーヤーシステムで高性能さが証明出来そうです。最新のレース用Wピボットサイドプルブレーキのほとんどの基本形はセンタープルですからね。昔全く同じ形式のGB/アルテンバーガーシンクロンとかありましたが格好悪くて まさか40数年後の今 現在みたいになるとは思いもしませんでした。

Re: ニュース - 2694 2014/08/06(Wed) 22:24 No.3268
DC510の仕上げを良くしただけのGC510が手元にあります。TOEIならば700×26Cくらいで使うことを進めるでしょう。現行のシルバーパーツとも違和感の無い部品だと思います。

Re: ニュース - brm-codama 2014/08/07(Thu) 01:16 No.3269
昔の広告を見ると同じフレームでDC510とDC700を入れ替えて650Bと700Cを使い分ける事が出来ると書かれてありましたが、実際にはFホークやチェンステーに隙間がないと太いタイヤやマッドガードが使えません。
当時はNGC450というのもあり、丸型アームヘッドとベアリング使用だったので少し変わっていました。ただ太いタイヤは無理なようです。

Re: ニュース - 2694 2014/08/07(Thu) 02:24 No.3270
NGC450は、ベアリング仕様とノーマルのブッシュタイプがあって、ベアリング仕様は直付けにすると他と台座の径が違ったんじゃないでしょうか。一時使いたくて、使っている人に聞いたりしたことがあります。ブレーキシューの舟についた棒、あれ何て言うのか?棒の径が細いとか。ZEUS2000とか今あったら面白いセンタープルがありますね。

Re: ニュース - brm-codama 2014/08/07(Thu) 09:56 No.3271
NGC450は小振りで性能はよかったのですがベアリングタイプは直付けにすると全くの専用台座なので他のは全く合わないし 本体も他の台座と共通性がなく付きません。ベアリングを抜けば他の台座に合うのか?実験すればいいのですが面倒でまだ試していません。
ブレーキシューの下にあるアームや板状の物はタイヤガイドでレース中に急いでホイール交換する際にタイヤがシューに直撃し脱落するトラブルが起きるため 当初はレーシングモデルからシューに当たらないようタイヤガイドが付くようになりました。慎重に入れればそういう事はないのでいらないケースは多く 格好悪いし 問題無ければ軽量化だと外して使っていました。
ZEUSは当時も見ていますが・・・。その頃変速機も購入した事がありますが、実際に乗って使用してみて人気が無い理由を実感しました。

Re: 穴ぼこ一点主義。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/08(Fri) 07:08 No.3272
 http://cyclotourist.web.fc2.com/special_37.html
 上にある、510、700ですね、brm-codamaさん。わたしはセンタープルを使ったことがなくて。マウンテンの後Uブレーキは経験ありでも。このマウンテン、今のマウンパは、サイドプル57をアッセンブルし、700×28までは嵌まるお股なんですが、650Bでもストロークの長いセンタープルを使えば、初めてのセンタープル経験も出来るかと思います。しかし、後のアウター受けはどうしましょう。集合ステーの、なんにもなしです。前は部材の取り付けで済みますが。センタープルブレーキの直付けの良さなんてキャッチがむかしに。穴ぼこ一点のアーチ台座ですと、直付けと比較し、分かるほどに違うのでしょうかね。ダブルピボッドのロングストロークサイドプルは、57と比較したらば、怖いほどに効かないとは聞いたことがあります。^^

Re: ニュース - brm-codama 2014/08/08(Fri) 14:33 No.3273
鶴子さん センタープル経験無しですか?最近のサイドプルWピボットブレーキはよく見るとセンタープルブレーキの片側と同じ構造なので 本人は知らずにセンタープルを半分だけ経験している事になります。
ごく最近のは*マノでは左右対称デュアルピボットブレーキと表現してセンタープル(ブリッジマウント)と同様に3本のシャフトが存在します。
ブレーキシューやトルクアップの補助具以外の効きの要素は”ワイヤ取り付けアーム:シュー側アーム”の実効距離の比率が大きく関わっていると思われます。上半分は同じで下側だけ伸ばしたタイプはその分トルクダウンしていますね。
また後方のアウター受けは普通だとシートピンの割りの隙間に引っ掛ける形式になり、ダメな場合は他にいくつか種類があります。

Re: 自作アウター受け。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/08(Fri) 17:40 No.3274
 ああ、そうですね。あの穴を使えば!。でも、適正な位置に持って来ようとしますと、市販品ではないのかもしれませんね。そのときは作って下さいませ、brm-codamaさん。わたしは不器用なほうでして。^^

センタープルにラージフランジのフォルムが好き - BB 2014/08/09(Sat) 18:17 No.3279
それはさておき、見れば見るほどセンタープルシステムなアルテンバーガーシンクロン。
真正センタープルのチューンも期待できますが、アルテンバーガーシンクロンのチューンアップも可能性があるかなぁ。
ワイヤー・シュー交換と併せて、Wピボットをフレーム直付にしたり・・いや・・そうなるとオーバースペック過ぎてアーム本体が耐え切れない?

Re:センタープルにラージフランジのフォルムが好き - brm-codama 2014/08/09(Sat) 23:08 No.3282
BBさん 投稿の最初の部分は何にも感じませんし、特定の人のハンドネームを指名し発言している訳でもないので 言われないと気付きもしません。
昔のブレーキは鍛造が甘くて 実際ひ弱い物が多かったのでワイヤーやシュー交換程度に留めておく方がいいかもしれませんね。それ以前に当時はリムの材質が根本的に持たずシューによっては摩擦でどんどん削れてしまうという困った現象やフレームチューブ、Fホークも弱かったです。

Re: Re:センタープルにラージフランジのフォルムが好き - brm-codama 2014/08/10(Sun) 11:31 No.3283
それと絶滅危惧種だったラージフランジハブもだいぶラインナップが増えて一部では選ぶ事も可能という嬉しい状況になりました。
伝統のボスタイプの他 1980年代当時には無かったカセットボディー(2種交換式)対応もあり8〜10Sにも対応出来て変速システムへの使用範囲が拡がりました。
F/R変速機と違ってシンプルな構造と言う事もあるのでしょうね。

Re: ニュース - BB 2014/08/18(Mon) 21:38 No.3291
ミニベロってフレーム構造上、「ミニチュア@見た目」を選ぶか「チェーンライン@実用」を選ぶか「妥協@両方」するかせざるを得なかったのですが、今ではチェーン&ギア、ワイヤーの向上により、そういった数々の呪縛から解き放たれ、現在では安価なのに数々のデザインのミニが普通に街中を走っています。
 70年代にサイスポで特集されていた頃には考えられない事態です(笑)
 私のミニベロはと言うと、70年代の呪縛範囲ぎりぎりで、普通にちゃんと走ってくれるのですが、現行ミニと比べれば性能的に完敗です。短いセディスポーツチェーンを華奢なジュビリーでチェンジすること自体に無理があると感じます。(鉄製のアルビーの方がいいかな?)

 そんな今、ミニベロ意識で街を見てみれば、18インチや20インチのホイールを採用しつつ、現行インデックスシステムの鉄メカが普通に稼動しています。やはり、チェーン&Rギア性能向上が大きな要因でしょう。

 ここで、あえて3QQQ的に「ミニベロ」を構築するとしたらどうしましょ?
 最低条件はインデックスシステムとラージフランジハブでブレーキはセンタープルかカンティで。
 

Re:3QQQmini - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/20(Wed) 03:21 No.3298
 わたしのミニはBBさん、袋詰めサイズが3辺160センチの宅急便で送れるという利点と、その仕様は普通車サイズのホイールベース、スモールフランジの36穴、インデックスのサイドプルブレーキなんですが、車輪の回転数以外はランドナーと同じです。パニアバッグを使ったキャンピング・ランのときはランドナーよりも安定したのがビックリでした。完成車メーカーとして現存しているのも有難いですね。3QQQ的には、どうなんでしょう。ハブリムは32穴が標準でしたが、36穴にお店の方が変更していました。あと、ラージよりもスモールのほうがスポーク折れがないそうです。スポーク角の問題で。小径車は普通車と比較し、その角度が余計につきますから、実務的にはスモールハブの36穴、ついでに14番使用がベターかと思います。今のところ、スポークは15番でも、ノントラブルです。タイヤトレッドは直ぐに減るけれど。^^

Re: ニュース - BB 2014/09/12(Fri) 02:10 No.3346
 スモールフランジハブ+36Hホイールは確かにうちのミニより見た目が良さそうですね。
 「ミニベロ」がランドナーなど既存車種のかわいいミニチュアと考えれば、私がこだわっている「ラージフランジハブ」そのものもスケールダウンすべきかもしれません。
 仮に、昔あった「セミラージ」規格のハブと細目のリム・タイヤがあるとすれば、ブレーキもMAFACライドよりコンパクトなセンタープルを選択できるかも・・・
 そうなるとスポーク本数を少なめにすれば、現在の「20インチ+ラージフランジ+36H」よりも見た目の違和感が軽くなるかもしれません。
 

Re: ニュース - brm-codama 2014/09/12(Fri) 02:31 No.3348
20インチリムで36Hだとニップルの間隔が狭過ぎてうるさいですよね。
もっと少なくていいと思うんですが、最近は味のあるハブで穴数のバリエーションが少なくなっているので困っています。

Re: 哀愁のラージハブ。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/09/13(Sat) 06:47 No.3351
 わたしは今のミニが初めてだったのですが、それ以前は、16インチ車を峠越えで使ったらどうかなどという、先輩サイクリストがいまして、一度で嫌になったと聞いたくらいでした。自身は使う気など全然に起こらずです。旅行用車のことしか考えてなかったといいますか。ゲタ履きもランドナーでした。その先輩は、それからはアンノン族風な走り方に使うのみだったとか。まぁ、
 小径車に何を求めるかで違うわけですが、普通のツーリングにも使いたいと思ったあれは、やっぱり、驚きでした。特にキャンピング!。もう、こっちのほうが良かったりして。で、brm-codamaさん、
 その穴ぼこの安らぎ、ではなくて、数なんですが、ISO451の36穴ですと、スポーク間は指2本です。406なら「いやん、もう、やめて」となるのかな。700Cの32穴で指3本!、ズボズボです。レンチで回す際、451の36なら、どうもないですよ。あの丸いニップル回しでも。狭すぎて煩いというのは、ほかの事でしょうか?。悶えるとか?。^^

Re: Re: 哀愁のラージハブ - brm-codama 2014/09/13(Sat) 09:55 No.3352
見た目のバランスの方が気になっていて組み立て時にニップル廻しを入れてどうの・・・という事は全然気にしていませんでした。
経験上ですが、20インチのホイールのスポーク本数はリム径が小さくスポークは短くなるので強度が増し 26インチや27インチと同じスポーク本数だと耐久性があり過ぎで使用目的によっては無駄じゃないかと感じています。
ただ車輪径ごとに比較した数値データや実走行テストデータなどは見た事が無いので あるなら正確にはどうなのか?どのぐらいのスポーク本数や太さが使用目的に合うのか?確認してみたいですね。
小径車は「一度で嫌になった」という話が意味するように基準が無く設計が難しいのと作っていてもチューブが対応していない箇所が多く感じ 変速機でも問題が出やすく Rブレーキ側も急角度でタイヤが交差するので用心が必要なんですが、車輪の円が小さい分だけ慣性が弱く加速性は上がりますが、外周距離が短くてその分タイヤの消耗が激しいですね。

お宝本1964東京オリンピック写真集 投稿者:TOM上田 投稿日:2014/05/20(Tue) 14:05 No.3083   [返信]
以前のニューサイ誌で長谷川の親父さんが触れていた自転車競技の記録集が、川原さんの書庫整理でひょっこり新品が出てきました。ホルクスの横尾明氏が中心となって企画・編集し、翌年各地のホルクス・ディーラーや撮影・編集に協力した関係者に配本された非売品ですから、手にとって見た人は少ないはずです。協力者には、かの沼勉氏・城東輪業の寺島常蔵氏・アルプスの先代=萩原重一氏もお名前を連ねています。
さらに長年豊国学園自転車競技部監督を務められた樋口彰久氏の若き日の晴れ姿=公式メカニシャンとしてイラン選手のリアホイールを調整しているスナップも掲載されています。早速ハガキサイズにコピーしてフリーダムさん宛てに投函しました。
川原さんのご厚意で、暫く私が預かり[3QQQの皆さんで活用OKを戴いております。是非ともご覧になりたい方は、Eメールにてご相談ください。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - brm-codama 2014/05/20(Tue) 17:10 No.3086
それは是非手にとって見たいですね。
毎月のアモレッテの集まりで皆に見て貰うのもいいと思いますね。今はなかなか来れませんが見せたい友人もいます。
急がないのでTOM上田さんやユアサさんがこちらへ来る時や何かの機会にでもよろしくお願い致します。

ありがとうございます - フリーダム 2014/05/23(Fri) 20:29 No.3090
TOM上田さん、どうもありがとうございます。
写真のはがき届きました。
樋口師匠が、64年の東京オリンピックで、メカニシアンとして、活躍されたことは本人からではなく、いろんな人から聞いていました。
送られてきた写真を見て、思わず頭が下がる思いでした。
今となっては、我が国日本の自転車文化を築いた、原点とでも言いますか、当時としては凄いことをされてたのだと再確認いたしました。ありがとうございます。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - brm-codama 2014/05/25(Sun) 14:00 No.3094
先日TOM上田さんより「TOUKYO OLYMPICS 1964」自転車競技写真集が届いたので出してみました。 デザインされたお洒落な厚紙の専用ケースを静かに開けると表紙に世界の自転車競技トップクラスのスピードとパワフルさを象徴するようにタンデムスプリント(当時はスクラッチと言いましたが現在は違う集団競技です。)が見る者の目を捉え そのギヤ・チェーンを見るとカンパレコードクランクとブロックピッチチェンリング、トラック鉄ハンドルと鉄製スライダーステムなのに気付き 時代の変化も感じさせられます。
内容はまた・・・。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - TOM上田 2014/05/26(Mon) 11:22 No.3096
1964年に編集印刷のプロでもない横尾さんが、多くの協力者を得たとはいえ、これほどの写真集を当時最先端であったオフセット印刷で刊行したとは…。高校生のときにはその凄さが理解できておりませんでしたが、広告業に身を置いてからは、熱意と志の高さに、ただただ敬服する思いでした。
1974年の小倉サイクリングクラブ10周年記念としてB2サイズの1枚ものカレンダーを製作しましたが、モノクロ写真の整理やプリント焼きこみでの調整で苦労しました。私は感度400のTRI-Xでの撮影でしたが、1964年なら未だ感度400はさほど普及しておらず、ネオパンのハイスピードでも200が限度だった事も考え合わせると、晴天はともかく曇天や雨天での撮影には相当に苦労されたと推測されます。ロードレースの写真で、ブレやピンの甘さが散見されますが、この点を考慮に入れてご覧ください。アモレッテでの例会の折に、大いに盛り上がっていただける事を期待しております。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - 澤永敏弘 2014/06/17(Tue) 19:33 No.3156
はじめまして。
私は、かれこれ33年前に、豊国学園自転車競技部で樋口先生にご指導頂いてた者です。確か、樋口先生は奥様と「A&M」?って名前だったと思いますが、自転車屋さんをされていたと思います。現在は大阪在住なんですが、今でもあの時代を思い出して、アルバムなどをみております。フッと、樋口先生はどうなされてるかなぁと思い、ネットであれこれ調べてましたら、たまたまこの欄を見つけましたので、失礼とは思いましたが、メールさせて頂きました。若き日の樋口先生のお写真を是非とも拝見させて下さい。余談ですが、樋口先生は現役の頃に、長義和さんとも対戦した事があるとおっしゃってました。凄い先生でした。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - brm-codama 2014/06/17(Tue) 23:03 No.3158
澤永様 初めまして お店の名前はご本人と奥様の名前のイニシャルを店名に使った”A&Nファイナリー”です。お店はその頃従業員だったM谷さんが店名はそのままで引き継ぎ その後場所を移転し現在も精力的に営業されています。店名で検索されるとHPが出ると思います。
自分brm-codamaは福岡県内在住ですがもともとの出身県も違うのと ここ倶楽部3QQQの会長(なかのふりーさん)は樋口さんとは特に縁が深いので その後の詳しい話が聞けると思います。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - TOM上田 2014/06/18(Wed) 09:22 No.3160
澤永さん初めまして。樋口先生ご夫妻の件ですが、先生は数年前に、奥様も昨年他界されました。codama氏の書き込みどおり、A&Nの店名は店員だったM谷氏が引き継いで小倉北区の清水交差点そばで営業しております。また貴殿の母校である豊国学園の自転車競技部は存続こそしているようですが、現在は登録から外れており、インターハイ等の競技会へは参加しておりません。久留米の祐誠高校(久留米工大付属)が専ら福岡県代表の任を負っているのが現状です。残念ですね。競輪界のOBでは、園田匠選手や北都留翼選手などが小倉登録のA級に在籍して活躍中です。 以上、お知らせまで。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - TOM上田 2014/06/18(Wed) 10:07 No.3162
訂正です。園田・北都留の両選手は、共にS級の選手です。

Re: お宝本1964東京オリンピック写真集 - brm-codama 2014/06/18(Wed) 11:48 No.3163
TOM上田さん 自分は正確な事がわからないので詳しい情報ありがとうございます。そして3QQQ画像掲示板の方へ樋口先生の部分を抜粋し投稿してみました。
澤永さん 是非 覗いてみてください。

京都のお店に冷やかしに行きました2 投稿者:S藤 投稿日:2014/08/18(Mon) 21:58 No.3293   [返信]
ついでに、京都御所の近くでかなりアバンギャルドな自転車を発見しました。今日は閉まっていましたので明日訪問しようと思います。写真を撮らせいただけたら掲示板に載せようと思います。

えとうさん 投稿者:フリーダム 投稿日:2014/08/14(Thu) 10:41 No.3285   [返信]
お帰りなさいませ。

お久しぶりです。大分ですか。環境としてはのんびりしてそうで良いところだと思いすが、えとうさんの仕事では大変なんでしょうね。

以前のように、時間が取れればまた、時々あるイベントにも参加してください。

そういえば、耶馬渓が台風で流れて残念でしたが、9月に入ってでも集まれればいいなーなんて思っています。

Re: えとうさん - TOM上田 2014/08/14(Thu) 11:38 No.3286
えとうさん、お久しぶりです。大分の電波を受信できないのが残念ですが、ご活躍を期待します。東京で入手したプジョーのロード再生が楽しみですね。ビョーキ・マニアが目白押しの3QQQですから、パーツの入手にはお助けマンが直ちに登場してくれるはずです。お会いできる機会を待ってます。

Re: えとうさん - えとう 2014/08/14(Thu) 20:16 No.3287
会長、TOM上田さん、ご無沙汰してます。
スレッドまで立てて頂き、恐縮です。
耶馬渓もいいですし、国東半島巡りも素敵ですよ。
また皆さんと走りたいです。

プジョーは、パーツは大体集まりまして、むしろフレームのタッチアップをどうしようかという感じです。
足りないのは、CLBのレバーパッドくらいで…。
ただ、組む最中には色々とお聞きしたいことが出てくると思いますので、諸先輩方にヘルプを発信いたします。

最大の課題は、余暇時間の確保ですが。

Re: えとうさん - brm-codama 2014/08/16(Sat) 23:15 No.3288
こんばんは、自宅へ戻り掲示板チェックしたらえとうさんじゃないですか、今度は大分ですかみんなと一緒に走れるといいですね。うちの方へメールで新住所を知らせてください。

Re: えとうさん - 諭鶴羽 鶴子 2014/08/17(Sun) 07:32 No.3289
 お〜〜〜えとうさん!。わたし個人の長崎旅行のとき、ご助言いただき、その節はありがとうございました。今度は大分ですか。大分はサイクリング三昧できそうな場所柄にて、お仕事は程々にされてはいかがでしょう。あ、去年だったか一昨年だったか、朝のあれに!。隣の女性何とかさんに
 「えとうさんは、自転車がお得意で何とか何とか」
 と問いかけられ、何かを仰せだったのですが、すみません、忘れました。しかし、わたしがえとうさんならば、それののち、
 「お前、人前で余計なことを言うな」
 と、叱っていたかと思います。いや、どんなものなんでしょうね。うっかりと余計なことを言ってしまうのは、わたしも同じでして、ここでは新しいハンドルネームをつけて下されば助かるのですが。一般人には誰だか分からないハンドルネームをです。エロいわたしの記事が悪影響をもたらすのではないかと心配で心配で。ということで、
 プジョー01なんてハンドルネームなど、どうでしょう。キカイダー01、仕事柄なローサルA重油01を捩りました。それと、関西にお出での折は是非ともおしらせ下さいませ。京都北山サイクリングなど、ご案内したいです。^^

Re: えとうさん - 振り子時計 2014/08/17(Sun) 10:33 No.3290
お帰りなさい、大分ですかァ愚妻の郷里(杵築市)です。
又一緒にランをやりましょう。自転車遊び微力ながらもお手伝い出来ると思いますのでサイキチハウスにも出向いてください。

投稿者:BB 投稿日:2014/08/09(Sat) 18:22 No.3280   [返信]
「それはさておき」の「それ」とはいっこ上の諭鶴羽鶴子さんとbrm-codamaさんのやり取りではなく、私自身の書き込みタイトルを指しています。
送信したものの、読み方によってはめっちゃ失礼に見えましたので念のために。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
記事No 暗証キー

- E-PAD -