続・3QQQ掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ (必須)
Eメール
タイトル
メッセージ (必須)  [絵文字入力]
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
ニューサイクリング5月号 投稿者:brm-codama 投稿日:2014/04/22(Tue) 01:23 No.2314   [返信]
本日ニューサイクリング5月号が届きました。
ツーリング記事満載と言える号ですが細かく目を通していると静かに時代が更に変化している事も感じされます。
やはり身近かな物も大切にしないといけないという事なのでしょうね。

Re: ニューサイクリング5月号 - brm-codama 2014/04/25(Fri) 16:20 No.2320
オオツカさんが明日26日に来ますので 夜はアモレッテへ行きます。時間がある方は一緒にいかがでしょうか?

追加 - brm-codama 2014/04/25(Fri) 19:03 No.2321
それと「サンプレックスデータブック」が発売されているので希望者を明日募りたいと思います。

人力アシスト 投稿者:フリーダム 投稿日:2014/04/18(Fri) 07:54 No.2309   [返信]
鶴子さん。僕もモノが送ってきて判ったのですが、エンジンの左横にあるレバー操作で、人力のみ(普通の自転車)とエンジンと連結したクランクとに選択できるようになっています。

しかも、前のギャーとクランクはFFになっているので、エンジンが回っていても、クランクは回さなくてもすみます。つまり普通のバイク感覚です。
ちょっとした登りでエンジンが力不足と感じたら、漕いでエンジンを助けてあげようと言うことの様です。

電動アシストの反対、エンジンを人力アシストしてあげる感じ。何しろ0.8馬力の1段だから。

第12回 春の防府ラン 投稿者:フリーダム 投稿日:2014/02/20(Thu) 18:02 No.2243   [返信]
さてさて、もう一ヶ月もすれば暖かい春ですね。

今年もやります。防府の春らん。桜満開を目指して、日程4月5日(土)泊の6日(日)ランに決めようと思っています。

一応ターミナルは押さえてあります。

詳細は今後時々アップしたいと思います。
奮ってご参加下さい。

Re: 第12回 春の防府ラン - brm-codama 2014/02/22(Sat) 09:46 No.2245
こんにちは、つい先日まで大雪でしたが、カレンダーを見るともうそういう季節なんですね。
行けるといいんですが、まだその頃にならないという感じです。

Re: 第12回 春の防府ラン - オオツカ 2014/02/23(Sun) 09:52 No.2252
参加いたします。
好天を心よりお祈りします、楽しみにしています。

Re: 第12回 春の防府ラン - TOM上田 2014/02/23(Sun) 10:01 No.2253
昨年は天候不順で残念な中止でしたから、今年こそ是非参加して楽しみたいものです。テルテル坊主に願いをこめましょう。

Re: 第12回 春の防府ラン - 振り子時計 2014/02/23(Sun) 19:53 No.2254
参加します・・・多くの参加者が集合出来ればよいですね。

Re: 第12回 春の防府ラン - kuro 2014/02/26(Wed) 22:25 No.2256
参加いたします。
今回こそは晴れてくれますよう、祈っています。

Re: 第12回 春の防府ラン - フリーダム 2014/02/27(Thu) 21:37 No.2257
参加される皆様、お久ぶりでございます。

ホント今度こそ晴れてほしいですね。ほくの記憶では、第1と11が雨で走れなかったけど、それ以外は走っていると思いますよ。・・・・もう1回くらい、走れなかったことがありましたかね〜〜?

Re: 第12回 春の防府ラン - フリーダム 2014/03/22(Sat) 21:47 No.2271
ホントいよいよですが、迫ってまいりました。

改めて、参加者を把握したくカキコしました。

オオツカさん、 TOM上田 さん、振り子時計さん、 kuro さん、参加表明ありがとうございます。

TOM上田 さん、いつものラン当日の参加でしょうか?
振り子時計さん、タシロ氏と木本氏はご一緒でしょうか?
ユアサ氏は、ただ今、PCの調子が悪くてカキコできませんが、参加しますとの電話を頂いております。
kuroさん、今年もNさんとご一緒ですよね。

大阪の鶴さま、今年はどうですか。新幹線では大変かな?
でも来てほしいな〜。(笑)

遅くとも、今月中にはまとめて、ターミナルへ正式に申し込みたいと思いますので、皆さまカキコよろしくお願いいたします。

Re: 第12回 春の防府ラン - 諭鶴羽 鶴子 2014/03/23(Sun) 04:56 No.2272
 会長、ありがとうございます。ここ2年ほど仕事が忙しく、残務が多くて、夏も思い切った計画が立てられないありさま。年末年始だけが何とかゆっくりです。とはいっても人の目を盗み、わたしは遊んでいますが。^^

Re: 第12回 春の防府ラン - TOM上田 2014/03/23(Sun) 09:14 No.2274
休みの届を6日一日だけ出しましたので、当日の参加予定です。AM10時には駆けつけます。好天なら、良い写真を撮りたいものです。

Re: 第12回 春の防府ラン - 振り子時計 2014/03/23(Sun) 17:27 No.2275
タシロ―と2人になりそうです。

Re: 第12回 春の防府ラン - フリーダム 2014/03/25(Tue) 22:13 No.2279
桜も開花宣言がやっと本日あたり・・・あったかくなりましたね。

さて、5日は、今のところオオツカさん、振り子時計さん、タシロさん、kuro さん、ユアサさん、そして私。6人ですか。
Nさんは?・・・6日はTOM上田さん、brm-codama は?
今のところ、以上でしょうか。

お月さんには、いつもの打診しております。丁度そのころ娘さんが来るかもしれないということで、行けるかどうか判らないとの返事でした。

諭鶴羽 鶴子 さん、なかなかタイミグが合いませんが、ドタ参でもOKですよ。

今年は、雨が降らないように・・・・・祈ってます。

Re: 第12回 春の防府ラン - brm-codama 2014/03/25(Tue) 22:17 No.2280
こんばんは、今回は残念ながら無理なようです。

Re: 第13回は、春の山口県一周を。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/03/27(Thu) 08:14 No.2281
 会長、再びお礼申し上げます。ドタ参は・・、今年は・・。6日は予定が入ってまして・・。あの娘にスパイクアタックレシーブの計画です。・・・、冗談です。来年は干支も一巡ですので、5月の連休あたり、3泊4日、キャンピング&旅館の「ほんでもって山口県」などを企画して戴けますと嬉しいわたしです。偶に仕事で潰れるゴールデンウィークですが。ここ数年は大丈夫の実績です。監督、2694さんと、それまでに美女を見つけて囲い込み、雑誌自転車人さんへとその模様を記事にしましょうかね。西側諸国のサイクリストは東とは違うことをアピールするんです。なんにつけても垢抜けていることを。ということで4/6は、
 本日は晴天なりを願っております。^^

Re: 第12回 春の防府ラン - フリーダム 2014/03/29(Sat) 10:12 No.2285
昨日、予定コースの下見を兼ねて走ってきました。去年も下見したけど雨で流れたコースです。でも、一年経つと所々忘れるものですね。
コースは今までと全然違って、ターミナルより北上して徳地までの短い距離です。往復40キロ程です。毎年平均年齢も1歳ずつ上がるメンバーなので、このくらいにしときましょう。(笑)
それにしても、昨日はまだ桜はちらほらなのに暑かったです。22度もありました。
諭鶴羽 鶴子さん、いつかまたそのうちにですね。しまなみ海道ってサイクリングコースとしては、全国的に有名になってるようですが、5月の連休は人でいっぱいなんでしょうね。
僕は人が多いところは嫌いなんですが、前からすごく気になってるし、一度は走ってみたいと思ってます。でも、普通のウイークデーが良いなー。各島々でゆっくりしたいし。

Re: 人工物の橋脚も飽きました。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/03/30(Sun) 08:54 No.2286
 下見、お疲れさまでした、会長。サイクリングは、平日に限りますよね。むかし年に数回の連休しか貰えなかった頃は、その平日に出かけていました。信州方面が多く、列車も宿も悩むことがなかったです。日曜旗日が休日になってからは、なかなか出れないそれとなり、たぶん、みなさまも同じかと。混雑は列車だけです。遊園地へ行くのなら別ですが。しまなみ海道は
 平成11年4月、この最終日曜に行っています。近所の人3人と一緒に。夜行日帰りでした。サイクリストのどなたとも会わなかった筈です。橋の上の道は歩道兼自転車道なので、ほかの方が沢山いらっしゃると走り難いかと思います。それと、あそこは片方向だけを走るのは詰まらないです。よって尾道か今治か、スタート地点を終点にしたいですね。島は、回ってこそ島のような気がします。あと、その頂に登るのも。^^

 

Re: 第12回 春の防府ラン - フリーダム 2014/04/01(Tue) 17:21 No.2289
いよいよですね。
今日、ターミナルの方へ宿泊人数を報告いたしました。

6日当日参加は、TOM上田さんですね。例の取り置きブツをお渡しします。それからマスターはいらっしゃらないのでしょうか。当日ならドタ参でも、一向に構いませんので、もしよろしければ、10時までにターミナルへ来てくださいね。

諭鶴羽 鶴子さん、13回は山口県一周かそれも良いですね。
相当計画をちゃんと起てなければなりませんな。
皆さんが定年退職後の身分なら見易いけどね。
歳とっても元気でいて下さいよ。

そのうちホントにやろうよ。山口県じゃなくても良いから(笑)。

Re: 第12回 春の防府ラン - TOM上田 2014/04/03(Thu) 15:28 No.2290
お天気は大丈夫そうですね。どの愛車で…と思案しておりましたが、クラブ・ランですから、ノートン製タンゲ900クラブ・モデルをポンコツ・レガシーに積み込んで、6日の朝に馳せ参じます。久しぶりの皆さんとの再開や、例のパーツ受け取りを楽しみにしております。またニューサイクリング誌の表紙用写真の撮影も計画しておりますから、みなさんご自慢の愛車でご参加ください。

ニューサイクリング4月号 投稿者:brm-codama 投稿日:2014/03/21(Fri) 10:01 No.2267   [返信]
ニューサイクリング4月号が昨日入荷しました。少しずつ春が姿を現しているようですね。
ところで今号はツーリング記事が沢山載っていますが、サンプレックス特集に知りたかったSLJ/Wレバーの内部構造が出ていて助かりました。

オオツカさんは - brm-codama 2014/03/22(Sat) 11:03 No.2268
29日土曜日に来られるそうです。夜はアモレッテへ行きます。

ニューサイクリング3月号 投稿者:brm-codama 投稿日:2014/02/20(Thu) 22:48 No.2244   [返信]
本日ニューサイクリング3月号が入荷しました。
伊勢神宮の式年遷宮には興味があったので自転車で走る場合の参考になり、ツーリング記事多数とサンプレックスの解説があります。
そしてツーリングモデルの世界でもヨーロッパ老舗メーカーのマークが付いたC国製自転車が表紙を飾る時代になったんだなあとも感じました。

予定 - brm-codama 2014/02/26(Wed) 10:11 No.2255
オオツカさんは3月2日に来るそうなので アモレッテへは3月1日夜にニューサイクリング3月を持って行く予定です。

夕べは - brm-codama 2014/03/02(Sun) 10:25 No.2258
話す中でクラブランは昨年の春(山口)と秋(アモレッテ)がいずれも雨で走れなかったので 今年の春は是非とも天候に恵まれ走りたいなあと口々に話していました。それはそうですね。
しかし天候不順はどこも同じでイタリアでも大雨でロードレースでもどうやらマッドガード装着もありそうだという話でした。

新都知事とつくろうTOKYO自転車シティ 投稿者:S藤 投稿日:2014/02/03(Mon) 21:42 No.2219   [返信]
都知事選が今週末に行われますが、こんなキャンペーンが自転車活用推進研究会により行われています。
http://cycle-tokyo.com/#section12
こちらのサイト、立ち上がってから2週間程しますが署名が異常に少ないです。サイクリストには関心の高い事案だと思いますがイマイチ盛り上がっていないようです。
私も含めこの掲示板を利用する人には東京のことは関係無いことですが、この国は地方分権には程遠い中央集権国家です。だからこそ東京が変われば地方も変わり恩恵を受けるとも言えます。そこら中に◯◯銀座とかがあるように…。
趣旨に賛同するかしないかは自由ですがこういうものがあると知って頂きたくて投稿してみました。
サイクルツーリストにもきっと恩恵があると私は信じますよ。

Re: 自転車的基本的人権は守られてきた。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/02/04(Tue) 03:58 No.2220
 拝見しました、S藤さん。署名も、しました!。私事ですが、このPCを私用でも使えるようになり、自転車関係のページを覗いていた最初の頃、「自転車で通勤しようじゃないか」というものがありまして、そこに集う人の動向を知りたくて読んでいました。内心はその筆者に対し「余計なことを言いよって・・」のわたしです。東京では自転車で移動する人が増えているとは知っていました。テレビのニュースなど、その報道では良いことを言っていなかったのが気がかりでした。そのページは、移動費の節減と健康の為にが主な目的だったです。どうなんでしょうね。オランダの何処かが自動車を締め出して成功したなんて例もありますよね。そうですね、ここ日本での自転車の問題点は、

 自転車を動かしても稼ぎがない
 納税能力もない
 雨に弱い
 元々その自転車が、たくさん走るなんて考えていない道作りで来た
 自動車も、そうだけど
 
 こんなことを思い浮かべます。そうそう、たしかN誌に何時だったか、自転車を歩道へと法的に押し込めようという機運が高まり、それは問題だという記事がありましたね。現に、全てではないけれど、その歩道に上げられた結果、自転車が爆発的に増え、今のありさまになっているかと思います。
 マイカーは禁止の場所を増やす
 交通手段の自転車も同様、その場所では走行禁止
 都市交通は歩くかバスか地下鉄かで
 が、広がったほうが、日本では良いようにも思えます。しかし、歩道があるところならば、その歩道を徐行以外には走行禁止となれば、誰が反対活動をするのでしょうね。自転車メーカーの人?。我々のような愛好家?。下駄履き自転車の愛好家?。我々にとっての何か不都合なことが起こったときの、反対勢力の結集についてが気になります。自転車の存在を良しと思っていない人もいますからね。ああ、サイクリストの間では、昨今のレーシングな移動を問題視する人が多いです。自分たちも祭り上げられるのではないかという想いから。

 何れにしましても、わたしは、禁止事項のない自転車環境が良いなぁ。自転車の存在価値がなくなってしまうのが怖いです。^^

基本的には賛成ですが - ひらの 2014/02/04(Tue) 05:05 No.2221
こういった動きには基本的に賛成したく思います。
ただ、自転車に乗る人が都心で増えたとは言え、基本的な自転車に対する考え方が欠落している人が大半のような気もします。

あと、支持が得られないのは、やはり都心での自転車生活者は圧倒的に少数派だからなんだと思います。


この中に登場する有名人で、本当に自転車生活してる人は何人いるのよ?って疑問に思いますけどね。

僕自身もこれだけ、いろいろ上映やら、何やらで、自転車で出掛けてるけど、大半の人は自転車の事など見向きもしません。
逆に自転車にハマってるような人は、他分野の事に対して興味など示しません。

だから、二極化する一方で、どうなるんだろ?って思います。

すなわち、大半の人は、40年前と変わらず、極端にサドルを下げた、安物アジア製ママチャリで満足する人、かたや、カーボンやアルミフレームにヘルメットで、ヒステリックにやたら注意を大声で叫びながら車道を走るスポーツ派。

このまま行くと、この2つのタイプのみが大増殖するだけな気もします。


何か…根本的な問題を考えちやいますよね。

自転車取得税 - 2694 2014/02/04(Tue) 08:33 No.2222
自転車取得税を納めるくらいの気持ちがないと、発言力ないかもしれませんねえ。
自転車レーンでも作ったら、ロードバイクにはベル付けなさい、ランドナーにもヘルメット被りなさいと安全面のルール、自賠責の保険だとか、そういうことに世の中が賛同してくれるなら、インフラ整備もやるべきなんでしょうね。
東京は、走りやすいです。田舎に比べて、全然いいです。
もうちょっと輪行しやすい電車の造りにして欲しいですね。輪行していても少数だから目をつぶってもらっているようなものですから。自転車を固定しやすくする器具やスペースが電車に欲しいです。

Re: 新都知事とつくろうTOKYO自転車シティ - brm-codama 2014/02/04(Tue) 10:14 No.2223
見ました。そしてサインもしました。
使い捨てのようになってしまったC国製格安自転車の氾濫とともに社会の中での一般的な自転車の存在や扱いは後進国となっています。
確かに何かが必要だと感じますね。

Re: 純粋なパンティーであるべき。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/02/06(Thu) 18:46 No.2224
 「自転車レーン」というのは、わたしは(も?)反対です、2694さん。ボーリングでも、あるまいし。ガーターなパンティーさえ見れなくなりそう。むかしは

 センターラインなど、なし
 車線もなし

 でした。要は、現在のそれは、自動車の高速化の為のものですよね。線を引くこと自体が。車線内は自動車の持分と勘違いしているドライバーも多いほどです。ああ、あのページでは、歩道を走るバイカーが多かったのには驚きました。で、「走り難い」となった訳です。主催者は一応、サイクリングの経験はあったみたいですが、素人からのスタートみたいなものです。走り難いのは、当たり前ですよね。

 『左隅を走る自転車が優先』

 わたしは、これだけで済むかと思います。よって、タダですね。日本の道の半分は何らかの歩道つきで、そのまた半分が両サイドにそれがあるそうです。今更、その歩道を削るのでしょうかね。歩道は

 「歩行者と「自転車」を自動車から守る」ことにありました。

 おバカな政治家さんが自転車も入れたんです。日本全国にドンドン作れと。あの方々たちが作りたいレーンを、柵で守られてきた人が利用するのでしょうかね。それと、高速運転のレーサーは車道に出ないと追い抜けませんよね。つまり、

 レーン以外は走行不可となれば、我々にとっても大問題ですね。

 自転車のことを真剣に考えよう

 には、わたしも賛成ですが。^^

本気か? - 2694 2014/02/07(Fri) 07:53 No.2225
有名人の写真載せるのはいいですが、誰が代表なのか?その人の写真?普段の活動?その活動資金は何で賄われているか?税金使ってやるなら財源はどこから?自転車利用者から徴収するならどうやって?
全くわかりません。
文章からは、書いている人がサイクリストであるならば、サイクリストとしての生の声、要求を感じるものでないと人が動かせないのではないでしょうか。

Re: お詫び - S藤 2014/02/12(Wed) 00:12 No.2226
皆さんこんばんわ。
今回投稿するにあたり、皆さんにお詫びしたいと思います。
こんな茶番に付き合わせてしまって申し訳ないです。
ごめんなさい。

自活研のホームページに今回のアンケートによる成果について
報告がなされていますが、子供騙しとしかいえない自画自賛の
報告内容でした。
私自身、自転車レーンが整備されれば事故も減り安全になると
単純に考えておりましたが、事はそんなに単純ではないと諸先輩方の
意見を読んで痛感しました。単純にオランダやデンマークの真似をしても日本の特殊事情を加味しないと問題の解決には至らないですね。

件の団体のバックにはそうそうたる先生方が付いておられるみたいで
新たな公共事業への大義名分作りのために活動しているのではと邪推せざるおえませんでした。

ただ、普通に自転車に乗ってる人(女性、子供、お年寄り)が危険な目に合わないよう状況が改善して欲しいと願っています。

Re: みんなで田吾作、いえ、摸索しよう。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/02/12(Wed) 06:45 No.2228
いえいえ、茶番やなんて、S藤さん。「自転車活用推進研究会さんは良くやっている」とも聞いたことがあります。

 自転車は、どうあるべきか
 どうしたいのか、自転車は

 を考えて結論を出すのは本当に良いことだと思います。我々もこの一員ですからね。サイクリスト代表は、どなたになるのかな。鳥山さんの、お孫さん?。

 駅前ほかの駐輪問題
 歩道内の事故
 自転車利用者の高齢化
 他の乗り物に移転しても構わない人が使うスポーツ車の台頭(要は、自転車を守ろうとしない人)
 信号無視などの法令違反
 ほか

 など、色々と研究されて「車道も歩道も危ない」となったのでしょうね。その前に「2輪車は危ない」のも入れて欲しいけれど。多分、自転車は別かと推察しますが、単車を通勤に使うことを認めている会社は日本の半数とも言われてますし、要は、移動手段としての自転車は取引先、相手方は歓迎せず、こちらも自重すべきということなんでしょう。よって、歩行補助車程度の身分で来たのかと思います。そうですね、その自活研さんも、
 この身分改革をしたいという「理想、理念が必要」かもしれませんね。研究だけでは無理です。自転車に限らず人が集まればブツカル扱けるは当然にて、過失を防ぐ法律、防御柵、防御の策などはありませんから、一般の人も承知の上で自転車を運転して貰いたいもの。形を変えるのも結構ですが、やってみないと分からないことも多いのが現状かと考える訳でして。

 一年間、歩道走行禁止
 自転車を追い越す自動車は、1メートル以上の間隔を空けること

 わたしが内閣法制局ならば直ぐに実行の、1年後の結果をみて、改定すべきは改定です。それと昨今は、高齢者のドライバーが増えていますね。この方々ですが、左隅を走る自転車に気づいていない人も多いです。故意にも思えるドライバーもいますよね。危ない目にあったとき、携帯カメラで撮影し、警察に報告の、3回以上のそれがあるドライバーには罰金ほか、何らかの処分を実行して欲しいですね。まぁ、身勝手とされる自転車から、尊敬される自転車へと転換したいけれど、どうなんでしょうね。。因みに駅前駐輪の60%は鉄道利用者ではないみたいです。S藤さん掲示のページを拝見させて戴いたところ。結論は、

 気持ちのよい自転車でありたいですね。オランダだったか、「こんな道なら、自転車で走ってもいいですね」と言っていたテレビのアナウンサーさんが、印象に残っています。そりゃそうだに、なりましょうか^^

Re:まず自転車の乗り手から - 2694 2014/02/12(Wed) 08:17 No.2229
S藤さんは、考えるきっかけを作ってくれたのだから、こういう書き込みは、悪くないんじゃないでしょうか。賛成、反対は各自自由に述べればいいわけで。
自転車は、危険です。子供さえ乗っているし、免許がいらないので気が緩むのです。自分自身は、クルマの免許があることは自転車に役立っています。クルマ目線で自転車を見れるから。クルマに意思表示したり、クルマの車種によってドライバーの気質を読み取って、気づかない、自転車に無理解だと判断すれば、近寄りません。
また、歩行者目線で自転車を見ることも大事ですね。歩道での事故は、それが原因だと思います。
自分は、死にたくないし、死なせたくないです。まず自転車走行の知識を深めることじゃないでしょうか。

車道を自転車が走ると言っても、時速10キロくらいの買い物自転車は、本当に車道を走っていいものか考えてしまいます。
また自転車の法律上の曖昧さが、自転車の魅力、便利さであったりするように思います。

二極化 さまざまな問題 - ひらの 2014/02/12(Wed) 10:23 No.2230
結局、なぜそういう問題提議がなされるのか?って事ですよね?

これは主に実際に都心で本気で自転車生活をしてみないと見えてこない問題です。

ひとつはどこを走っていいかわからない曖昧な状況が現にあるから、自転車レーンを作ろう、と。
それはわかるんだけど、じゃあ、それ作ったからって、自転車生活者が増えるんですかね?

今の状況だと空しい結果に終わるだけな気もします。

もう、根本的な問題、意識が変わらないと難しいですよね。

電車にそのまま自転車が乗せる事ができない国、
スポーツ自転車と言えば、ヘルメットして宇宙人みたいなパツパツな服着て、怖そうなドロップ付けないと、走っちゃいけないような風潮。

どう見たってカッコ悪い。
そうかと思うとがに股でサドルが異常に低く、粗雑な扱いをされる一方の放置自転車の山。

ゴミゴミして置き場所さえ苦労する環境。

自転車で旅する人間は、学生か、貧乏人という昔から変わらぬ認識。

良い自転車は高額な上に、うるさい連中と付き合わないといけないような雰囲気。


誰が自転車で生活しようと思いますか?

と、言って、あきらめてるわけではもちろんありませんけどね。

論点ズレてたかな? - ひらの 2014/02/12(Wed) 12:50 No.2231
結局、事故の問題などは、ひとつはコミュニケーションの問題が大きいでしょうね。

すなわち車のドライバーに意思と状況を伝えようとするコミュニケーションする努力。
歩行者が一番偉いという、走行中でのこちらの態度、などでしょうね。

そういう気持ちになる環境を作るのは、都心だと難しいですよね。

自転車レーンは、まあ、ひとつの解決法にはなるかもしれませんが、それだけでは成り立たない。
多摩川の自転車専用道路がいい例です。

自転車専用のはずなのに、歩行者や散歩者が歩くのが後をたたず、自転車専用だからと、ロードで猛スピードで練習する連中が山のようにいて、結局は危険で、前より事故が増えるハメになった。
本末転倒でしょう。

Re: ツーリストが自転車人のリーダーになるべき。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/02/13(Thu) 06:53 No.2233
 多摩サイは「もう走れない」と聞きますよね、監督。こちら淀川沿いの道はというと、いつも通る阪神高速から見えまして、のどかな光景です。休日でも同じ感じのような。ああ、単車で走っているバカもいます。南極、いえ、結局、
 幾ら線を描いたところで同じ道ですから、あまり変わらないと考えるのが妥当なんでしょうね。あの方々の目的は「歩道走行の禁止」です。でも、禁止と言ったら反感を買う、ここ日本であり、しようがなく、レーンの新設に置き換えただけ。並走する歩道や自転車道とするなら景色も違うけれど、一般的、実務的にはどうなんでしょうね。オランダのそれは「別の道」に写りました。テレビのそれを見る限りは。幹線道と並走する旧道のような道であれば良いですね。しかしながら、その歩行者は必ずいますから、どちらにせよ、歩行補助輪の機能しか発揮できません。要は、

 「サイクリング気分で走れる道は都会にはない」

 ことになりましょうか。サイクリングでないなら、なんになりましょうかね。プロムナード!。いや、やっぱり歩行補助車です。わたしは単車を使っていますが、50CCから125CCに換えました。自動車に追い抜かれるのが怖くてです。「バックで攻めて」の、女体の穴の気持ちと同じです。一応、信頼関係で成り立ってはいるのだけれど、鉄棒で抉るような訳の分からない者もいますからね。結論は、

 左端を走る「自転車が優先」とし、「自転車様様」にしないと、何をやっても無駄使いになりそうなです。丁度、今でいう自動車のように。この行為が認められないと、日本の自転車に「未来はない」かと思います。簡単に申しますと、「ヨーロッパ並みの自転車観」でしょうか。ここ日本でも、車道では歩行者優先ではありませんからね。一応は自動車優先です。ゴロツキから殿様に変身が肝要です。この際、バカ殿でもいいです。因みにオランダですが、

 国土面積は日本の1/10、人口も1/10のようですね。国土の全てが平野ですから、人口密度も1/10と考えても良いのでしょうね。ああ、それと、信号無視は賛成です。右左を見てくれるなら。

 何もないような顔をして走り去る人が多いです。ここ大阪も。^^

謹賀新年 投稿者:brm-codama 投稿日:2014/01/01(Wed) 01:48 No.2090   [返信]
明けましてあめでとうございます。
自転車界と言ってもロードレース用は軽量化や電動化、ディスクブレーキという具合ですが、ツーリング用はクロモリスチールフレームとともに全天候対策のマッドガード復活や安心して旅が出来る耐久性が必要で鍛造アルミクランクやクイルステムも少しずつ現代版として生まれ始めている印象です。
さらにまだ手付かずの変速機もどこかやってくれないかと考えたりしています。
本年もよろしくお願い致します。

謹賀新年 - フリーダム 2014/01/01(Wed) 09:21 No.2091
私事ですが、今年こそはなにか、もう一台制作したいと思います。

それにしても、一年たつのが早いですねー。

今年もよろしくお願いいたします

Re: 謹賀新年 - S藤 2014/01/01(Wed) 09:44 No.2092
明けましておめでとうございます。
先年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いします。

今年は皆さんと一緒に走れたらなと思います。

あけましておめでとうございます - 2694 2014/01/01(Wed) 11:48 No.2093
あけましておめでとうございます
年賀状がわりに画像添付一枚しました
画像のイラストのように心地よい疾走感に満たされるような一年でありたいと思います

Re: 謹賀新年 - BB 2014/01/01(Wed) 21:43 No.2094
明けましておめでとうございます。
ばらもんスポルティーフは組んだパーツ全てが壊れる気配もなく元気にやってます。

謹賀新年 - ひらの 2014/01/01(Wed) 23:35 No.2095
あけましておめでとうございます。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。

本年も突っ走ります!!

謹賀新年 私ごとですが - 2694 2014/01/02(Thu) 00:05 No.2096
私ごとですが、ブログ始めましたのでたまにお立ち寄りください。
同じ人間のやることなので3qqqとあまり変わりませんが^^;
http://m.blogs.yahoo.co.jp/randonneur_indub

Re:謹賀新年 私ごとですが - brm-codama 2014/01/02(Thu) 01:46 No.2097
2694さん 早速登録しておきました。
フランク・パターソンの画集や本は結構持っていて集中的に見ていた時期もあり そういう走りを先輩達としてみたり日本の風景と対比したりしていました。
風情のある環境はどんどん壊すのではなく大事にして残していくべきと感じます。

Re: 謹賀新年 7番目 - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/05(Sun) 19:45 No.2102
 遅ればせながら、あけましておめでとうございます!。今年もよろしくおねがいします。みなさまのご多幸を。先ほど、四国行きの様子を画像掲示板に貼らせていただきました。良かったらご覧下さいませ。で、2694さん、
 ウェブログを始められたんですね。わたしのランドナーと女子大生は書かないつもりです。面倒臭くて。朝の時間、書けるから書けているここ3QQQですが、あれは朝にはシンドイです。まぁ、サイクリングの良さをクラブ員候補に伝えるのが目的だったので、口で言えば済むことと悟った次第です。でも、2694さんの記事は面白そうですね。わたしのあれは支離滅裂でしたが。知りメンチカツを期待しています。N誌にも寄稿して下さいませ。62ページから増えそうです。^^

刺さる - 2694 2014/01/05(Sun) 21:57 No.2106
鶴子さん、あけましておめでとうございます
N誌定期購読者ではない2694は、鶴子さんのチエック出来てないんです。
四国行かれていたんですね。寂れた宿のビーチと書かれたあの昭和チックな書体に突き刺さるものがありますね。

鶴子さん - brm-codama 2014/01/05(Sun) 22:41 No.2107
四国行き お疲れ様でした。画像を見ていると楽しそうですね。
質問ですが後輪のシャフトは、どこかで購入し装着というくだりがなかったので針金のままで走行したのですか?
昔の本格キャンピング車がナット式ムクシャフトだったのは一つはそういうトラブルを防ぐ意味もあったのかもしれません。でもロードエンドのように前後に動くときつく締めて固定しないとダメですが、ストレートエンドならなんとかなりますね。船のしまんと号は大きく見え、船といえば普段小ちゃなソロカヤックばかりだったのでまるで周遊豪華フェリーのようにも感じます。高知も貝殻収集で行ってみたい所の一つだし海岸コース+アップダウンは大好きなんですけど なかなか行けません。高知市にお得意さんがいるんですが行ったら行ったでトレーニングコースに付合わされそうです。キャンプでの一夜干しイカもすごくうまそうですが、一緒に写った写真の女性の連絡先は訊きましたか?
鶴子さんのブログ「ランドナーと女子大生」は全然見ていなかったので読みたいです。コピーが残っているなら是非見たいです。

Re: 区間お遍路さんな彼女です。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/07(Tue) 07:56 No.2109
 ご覧いただき、ありがとうございました。刺さりましたか、2694さん。ビーチさんの文字に。カタカナの装飾が流行った頃に創業されたのかも知れませんね。今は横文字、読めない漢字が主流でしょうかね。大正はロマンで昭和はチックと呼ばれるようになるのかなぁ。これから後は。N誌ですが、
 贈呈本を沢山もらっていますので、良かったら差し上げますけど。送り先を電子メールかなんかでお知らせ下さいませ。「2冊でええ、どうせいいうねん」と伝えておくのを忘れてました。貰って下されば、わたしも助かります。定期購読なしは、わたしも。寄稿したときのものだけが本棚にです。平成18年6月までは並んでいますが。それとbrm-codamaさん、
 0.9ミリの針金だけで5日間、走りました。乗車する分はどうもないですしね。後輪を持ち上げるときだけ具合が悪いだけの。トラックシャフトの分厚いロードエンドはキャンピング車の証しだったこともありましたよね。あのジュラはシャフトのみを交換できるのかなぁ。いや、締め付け取り外しに工具が要るから、輪行のときに不便でしょうか。あの子の連絡先は、
 追いついたときに聞こうと思ってましたが、わたしが進む道上にはいなかったです。おかしい・・。一応、「自転車に乗らへん?」とは言っておきました。「寒くないですか?」とのお返事だったです。風を切るのがこの時期、寒いというイメージでしょうかね。歩く速度では、風を切らないですもんね。ランドナーと女子高生(女子大生は続編の名称です、もしも書くことがあったならばの)ですが、
 読むほうも人格を疑われますので、やめたほうがいいです。知り合いのサイクリストさんから「鶴子さんが分からなくなりました」との、ご感想を戴いていましたから。コピーなどはないです。書くのもコピーするのも恥ずかしいもの。女性メンバーを勧誘するのが目的だったので、主人公は女にした訳ですが、
 だいぶピントがずれていたようです。いつもながらの。^^

Qシャフト - brm-codama 2014/01/07(Tue) 10:45 No.2111
QシャフトはキャンピングはRサイドバッグキャリアは踵に当たらないようにすればするほどセットバックするため 頑丈にすればするほどRエンド回りが複雑に混み合って来てQシャフトの開け閉めは同角度位置では無理な事が多かった印象で そういう場合レンチが入り回せる隙間さえあればよかったので逆に使いやすかったです。
ビーチの文字は確かに懐かしい香りがします。バナナボートやゴールデンハーフ?を連想しました。今と違いどこかで見たコンピューター文字やその変形ではなくデザインに人の手の暖かさを感じますね。
「ランドナーと女子大生」が読めないのは残念です。人の内面には親しい者にさえ見せられない話せない闇(陰)の部分があり、公開するばまず間違いなく人格を疑われると判断しているので世間の常識という皮を被り秘めたままというのはよくある事だと思いますよ。ひらのさんの仕事もそういう面があるのでは・・・となどと考えています。

貝殻の螺旋の奥の闇 - 2694 2014/01/07(Tue) 21:07 No.2113
2694は、ひらのさん、鶴子さんの陰陽をひっくり返したり、往き来を促しているのかもしれません。
鶴子さんのランドナーと・・・は、傑作です。闇の奥からお兄ちゃんと呼ぶ声が聞こえます。

鶴子さん、連絡先以前と一緒ですか?

brm-codamaさんにも、貝殻の螺旋の奥の闇があるのでしょう。

あとS藤さんも気軽に書いてくださいね。

表に出せない事 - ひらの 2014/01/08(Wed) 03:26 No.2114
鶴子さんの「ランドナーと女子大生」?に関して、世間に出せない?とか、そういうのは、ちょっとよくわからないですけど、brm-codamaさんの言う表に出せない心の闇であったり、と、言うのは普通に誰でもある事かと思います。

僕みたいに誰も見たくないはずなのに、股間まで晒して堂々としてる方がヤバい気もしますが(笑)これはもう仕方ないと言うか…まあ、表現活動を選んでしまった人間の業みたいなものなんで、巻き込まれた人間は災難かもしれませんが(笑)、もう、晒してなんぼの世界でしょうね。

もちろん堅気の方に強要するつもりはありません。

それより、秘密保護法の方が問題でしょう。

政治家の方こそ、僕を見習ってですね、(笑)
キン○マ晒しやがれ、って思いますよね。

Re: 上下混合 - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/08(Wed) 07:03 No.2115
 2694さん、あのアドレスにお知らせ下さいませ。戴いていたメッセージを今、拝見しました。どうもすみません。スカートと同じく、捲ることか少なくて。
 監督、ランドナーと女子高生は世間に晒していました。読者層は、主婦と思われる人が多かったです。一日あたり、3人くらいのご来店でしたが。普通は、見たら直ぐに他所へかと思われます。
 ああ、政治家さんのキンタマ、いいですね!。女性は、上の口で下の口も晒していると思っていますが、違うのでしょうかね。よって、上の口を見れば、下の口は見ずとも良いことになりますね。どうなんでしょう、一般的には。本質的にでも良いけれど。^^

鶴子さんの四国 - ひらの 2014/01/10(Fri) 00:53 No.2123
画像拝見しました。

懐中電灯の話、すごく良かったです。

宿の話も。

昔行った場所を再び自転車で旅するのは、なんともいえない感慨があるものです。

10年後にまた来るというのも「ああ旅だなあ」と思いました。

「時間」や「年月」を考える事ができるのも、ランドナー的な事ですよね。

豊かで、ゆったりとした思考で、昔の自転車乗りなら、パイプの香りでしょうか?

鶴子さんには似合わないかもしれませんが(笑)

鶴子さんにも、独特なタコ焼き的な孤独の香りがあるな、と思いました。

シクロツーリズム的視線 - 2694 2014/01/10(Fri) 08:27 No.2124
サイクリングには、現地の人には理解できない鄙びた情緒を求めるところありますね。現地の人が理解できないんですから、他所者の視線がシクロツーリズムを形作っているのでしょう。鶴子さんにただよう寂しさもそこにあるのかなあ。

早速 - 2694 2014/01/11(Sat) 15:48 No.2125
鶴子さん、早速読ませていただきました。
旅慣れたひとの柔軟で気儘な旅の様子、要所に旅のノウハウまで盛り込まれ、カッコつけるでもなく、ただ淡々と出会う風景、人と受け応えをする鶴子さんは、結局カッコいいんじゃないのと思う2694でした。

Re: 阿武隈 - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/14(Tue) 18:20 No.2138
 2694さん、ランドナー・イン・ダブブログの、ご一緒されたお店の方なんですが、お写真から、ヤ〇ダさんに似ているような気がします。空似なのかなぁ。例の湯ノ田鉱泉からZラインで高萩、常磐線で帰ったときにご一緒させていただきました。しかし、宿泊は二泊とも一緒じゃなかったようなです。東京在中と思っていましたが、どこから合流したのかも忘れました。水郡線の車内は、わたしと先輩3人の計4人だったのは間違いないですから、そのヤ〇ダさんは、最終日だけの日帰りご参加だったのかも知れません。もしもそうならば、奇遇ですね。というよりも、サイクリスト同士は、狭き社会といえますね。^^

空似 ソラリゼーション - 2694 2014/01/14(Tue) 21:33 No.2139
鶴子さん空似ですねえ。でもサイクリング車の世界は、狭いです。知り合いの知り合いぐらいでぶち当たるくらいに人間関係が繋がってますから。
鶴子さんに見てもらえるのは、嬉しいですよ。だいぶ2694に親しみが湧いてきたかと思います。

Re: 店内は単なる売り場? - 諭鶴羽 鶴子 2014/01/15(Wed) 18:07 No.2140
 空豆でしたか、2694さん。ヤ〇ダさんは、N誌にベストドレッサーでも挙がっていた方なので、洋服好きな2694さんと、何某が合致したのではとも考えた次第です。口髭もお顔の輪郭も似ていたのですが、違ってましたか。Kさんのほうは会津の方ですね。どこかの画面で拝見したことがあります。ああ、
 自転車店内では、喋りたがらないお客さん同士だったことを思い出しました。店主さんとは話したがると申しますか、色々と聞きたいが為のそれだったのに。売り場がサロン化しても困るけど、もう少しニコヤカな顔をした人が多くてもと思いますね。目的追求型の自己本位な方ばかりです。特に京都、東京は。いわきは、愉しそうな気がします。^^

店との付き合い - 2694 2014/01/15(Wed) 20:50 No.2141
ランドナーに理解を示してもらえる店があるだけでありがたいです。趣味の世界では、古いとはいえない自分の自転車も、現行品ではないのは確かで、そんな客は、自分が多少の買い物をしようと儲かりませんから、店の御主人の自転車が好きだに尽きると思います。
ランドナーに理解を示してもらえる店があるだけでありがたいです。趣味の世界では、古いとはいえない自分の自転車も、現行品ではないのは確かで、そんな客は、自分が多少の買い物をしようと儲かりませんから、店の御主人の自転車が好きだに尽きると思います。

自由に会話が出来るお店でも、時に店の好意でコミュニケーションの場を提供してもらっているのを忘れて出入り禁止になる人もいます。
本当の良いお客さんは、インターネットに出ない経験や知識を有しているものなので、知識を一緒に買うつもりで、商品を買えばいいじゃないでしょうか。
模範解答みたいなコメントですが、それ以上のことは、実際に店に通わないとわかり。

厳冬北海道日本海ツアー 投稿者:ひらの 投稿日:2013/12/22(Sun) 19:01 No.2061   [返信]
先ほど、画像掲示板にレポートしました。生きてます

停滞もまた - 2694 2013/12/22(Sun) 23:08 No.2062
ひらのさんツーリング中、北海道の天気予報を見ていました。やっとというべきか、ついにというべきか、雪ですね。
走れない1日もツーリングの一部で、贅沢な時間です。
最後から2枚目の真っ白な世界に、電線が道がそこにあることを示すように続き消えていく写真が好きです。

さすがに - brm-codama 2013/12/23(Mon) 03:14 No.2063
天候の急変も激しいですね。
テント脇に風避けに雪を置くなど こちらでは考えもしない事ですし除雪や車の轍を走る事もそうですね。
遠い昔に北海道に住んでいたのに こんな風景の中にいたんだなと感慨深いです。

任務終了 本日、無事に札幌到着しました。 - ひらの 2013/12/24(Tue) 22:09 No.2067
本日、2時頃、札幌駅に無事到着しました。

任務終了です。

昨日は、望来(もらい)のコミュニケーションセンターの裏にゲリラキャンプです。
数日前と違い、先日のドカ雪で、キャンプ場はどこも雪で埋まっていたので、ゲリラですが、おまわりさんと話をつけたので大丈夫でしょう。

今朝、コミュニケーションセンターの管理の人にご挨拶しましたが、『あ、そう』みたいな素っ気ない応答で(笑)問題何もありませんでした。

コミュニケーションセンターの裏も、雪に埋もれているので、除雪された駐車場から、勝手に雪かきを借りて(笑)自転車の通り道と(笑)、テント設営場所を地ならししてから、テント建てるという重労働で、陽が暮れた氷点下で、ひっそりと作業する様子は、やっぱ、凄まじく怪しいですね(笑)

携帯はカメラ機能にすると、氷点下では瞬く間にバッテリーが上がってしまうので、撮るのをあきらめました。
しかし、写真の方はいっぱい撮影しています。やっぱ凄まじい光景が多いです。撮影も重労働ですが(涙)

停滞の日は、出発しないで正解でした。アップダウンは激しいは、30キロバス停以外何もないわ、
おそらく、除雪車登場も遅いと思われる(北海道は規模がデカイからね)ので、翌日走りながら、こんなところで吹雪かれたり、大雪にヤラレたら、ずいぶん面倒な事になる、と、ゾッとしました。

まあ、しかし、最悪の最悪は、寝袋一発でビパークできるぐらいの装備は備えているので、いろいろ考えながらいつも進んでます。

キャンプ地探しも大変ですしね…

でも、今までの厳冬北海道に比べると、天候と気温はまだ穏やかだったので、早めに到着できました。


今日は札幌なので、2泊しても1泊分ぐらいの温泉が隣接する激安ホテルに泊まりました。

札幌も極端に走りづらかったですねー、都心はやっぱ嫌ですねー

明日は、大爆睡日。

26日は、予定通り千歳空港まで走って、帰京します。
まだ吹雪かれる事もありうるので、油断なく行くつもりです。

brm-codamaさん、テントは冬山登山用です。インナーは通常テントと同じなのですが、フライシートではなく、外張りと言って、雪山専用です。特徴は、テントの下がスカート形状になっていて、雪を盛り、固定します。固定するには、四隅に水を少量かければ、すぐに凍りついて、固定されます。水がない時や面倒な時は四隅に小便ぶっかけます(笑)こうすると、下を塞ぐので下からの冷気を遮断する事ができます。あと、風などが強い時は周辺に雪を盛って防波堤作る時もあります。
入り口が絞り式なのは、ジッパーだと、凍結して空かなくなる時があるので、それらを防ぐためです。

生還 - ひらの 2013/12/28(Sat) 22:18 No.2077
26日、無事、帰還しました。

10日間の旅。

テント泊6日

移動日1日
宿3日

大雪停滞1日
完全休日1日

全走行距離約313キロ
(だいたい東京から名古屋ぐらいまでの距離でしょうか?)
天塩→札幌までは約265キロ


ほとんど北海道の日本海側を上から石狩平野、札幌経由して千歳空港までの縦断ツアーとなりました。
全体にアップダウンが多く、結構、面倒な道でした。


極太スパイクタイアに、かなりの重装備(これ、きっと、実物見た人は、これでホントに走るわけ?って思うほどマッチョで、重いですよ。)

これだけの重装備だと、陽が短くて寒くて野宿の場合、朝6時に起きて行動しても、撮影に時間取られるのもあり、どうしても平均走行距離は40キロ前後になってしまいます。



東京に戻ったら暖かかったです。
今回の向こうの気温は、東京の真冬日の気候より、もうちょい寒いぐらいで、いつもの2月とかの極寒よりは、全然暖かな方でしょう。
靴下も二枚重ねにしなかったし、グローブもほとんどウインドストッパーのフリースグローブ1枚で済みました。

しかしながら、撮影も兼ねた氷点下での単独行は、さすがに物凄いエネルギー消費量で、戻ったら1日、廃人状態。
ポジは昨日、すぐに現像上げたので、これから写真選びと、原稿書きです。
バイシクルクラブ、1月号、2月号の記事にご期待下さいませ。

こういう旅してると、思う事は、体力よりも、知識よりも、判断力です。
脳ミソをフル回転して、即座に正確な判断しなくてはならない、って事を思い知らされます。
その判断を少しでも間違えると、大変な事になってしまいます。
僕なんか、こういうのには強いと思うんだけど、普段の社会生活の方が、間違った判断だらけ(笑)なのが、悲しいですね(笑)

よいお年を

ひらの

Re: 厳冬北海道日本海ツアー - brm-codama 2013/12/29(Sun) 03:52 No.2078
無事のご帰還 安心しました。
こっちは、外はー1度程度ですがさっきまで友人とコーヒー片手に話していました。限界状況の中では考えるより適切な判断が、その先を決めるのでしょうね。
お疲れ様でした。

よいお年を - 2694 2013/12/29(Sun) 08:47 No.2079
おつかれさまでした。ツアー中、北海道の天気を見ていましたが、せっかくあれだけの準備をしたのに雪が降らなかったらと心配していました。ひらのさんには、死なない程度の試練を与えてくださった神様に感謝です(笑)
今年は、あんまり走れませんでした。来年は、もう少しどうにかしよう。 皆さん、よいお年を(´・_・`)

Re: よいお年を 2  - 諭鶴羽 鶴子 2013/12/29(Sun) 11:09 No.2080
 お〜〜〜監督、ご無事が残念、いえ、良かったですね。千歳までもそこそこの距離ですし、扱けて生き埋めもありうるのではないかと祈っておりました。自身の為にも(?)。というのは、
 昨日の小樽行きに乗れるのではないかという目算がございまして、先週、札幌のお店へシュワル〇700×30Cを注文してしまった次第です。結局は残務となった今なので、買ったことが無駄になりましたが。いや、この1、2月、どこかの山行きでも使えるので、そうでもないですね。わたしは
 今日の夜か、明日の朝か夜か、四国の西へ行くつもりです。キャンピング装備で。中村スタートの足摺、宇和海方面の予定です。最低0度、最高15度くらいのお天気のよう。5日までお休みですから、監督と同じくの停滞日も作れるかも知れません。ああ、通常ならば行き難い離れ小島でも行ってみようかな。海ばかりでは飽きるので、篠山周辺へでもいいし。山中も面白い四国です。あと、2694さん、
 サイクリングはある意味、苦行です。特に出かける前が。一家団欒とは縁を切りましょう。何も何も、普段から離れることが重要でしょうかね。わたしの経験から言わせて貰うならば、お金で何でも解決です。結論は、

 旧足摺スカイラインは、走ろうか走るまいか、どうしよう。愛のあるスカイラインとなれば、良いけれど。^^

余談 マッドガードの重要性 - ひらの 2013/12/29(Sun) 12:04 No.2081
※この文章は、この掲示板を読んでるベテランの方には、あまり必要ないかもしれませんが、これから、自転車で長期旅などに挑戦しよう、という、まだ経験あまりない人が読んでる可能性があるかと思って、意図的に掲載します。

マッドガードが無い状況で、雨上がりや雨などを走ったらどうなるか?

画像掲示板にも画像添付しましたので、合わせてご覧下さい。



以下。


厳冬北海道のツーリングでは、自転車に普段装着しているマッドガードを外していきます。


これは、26×1,95のスパイクタイアを装着するため、ガードクリアランスが取れない事と、仮に装着できたとしても、雪のミゾレなどがマッドガードの隙間に入りこみ、凍結してしまい、氷を落とすのが大変厄介になるので、それらを回避するために、やむを得ずガードを外しているわけです。

しかし、冬の北海道とはいえ、日の高い時や暖かい時など、札幌などの都心に近い路面では、雪が溶けて水びたしになったり、ミゾレになったりします。

そんな中、ガード無しの状態で40キロ走ったらどうなるか?が、この写真です。

これは、夏の雨上がりや、雨の走行でも、同じ現象が起きます。


もう、水やら砂やら、何もかもがタイアに巻き上げられて、無茶苦茶なのがわかるかと思います。

後ろには大きな荷物を積んでいるので、背中に被害はありませんでしたが、荷物がなかったら、頭のてっぺんから背中の下まで、水、砂、オイルなどで手に終えない状態になっていたでしょう。

後処理が大変です。
ズボンも靴もメチャクチャ。
何が言いたいか?と言うと、旅自転車、生活自転車におけるマッドガードの重要性です。

今回は前記した理由からガードは付けていませんが、以上のような、レースなど快適さを無視してでもスピードを求める場合、または本格的山道用MTBや、パスハンター、今回のような特殊例以外では、自転車におけるマッドガードは基本的に必需品である、ということです。

それも、簡易なものではなく、きちんと長いものでなくてはなりません。

よく、ランドナーにおけるマッドガードを、美意識方面から語る人がいますが、この雨国日本では、そういう問題ではないと思う。


自転車における旅は、数日以上の場合、生活も兼ねてきます。

もう、20年ほど前から、日本ではガード付きの自転車はママチャリぐらいで、スポーツ車には付けられなくなり、ガード無しスポーツ車が大半になってしまいました。

こんなひどい事はありません。

メーカーは、我々の使い方に寄り添っているのではなく、コストダウンのため、売れるもののために、ガードをカットしている、という事をもっと知るべきです。

ガードの無い自転車を、カッコいいものとして、店も買う方も流れてしまうのは、僕から見ると、異様としか言いようがありません。

本気で旅をしたり、生活に自転車を取り入れたい人ならば、日本を走る以上、マッドガードは必需品です。

昔のイギリスクラブマンレーサーや、昔のイタリアンロードだって、雨の街道練習用に、きちんとマッドガードが付けれるようになっていたわけです。

哀れなのは、自転車ショップの店員に乗せられ、カッコだけで、そういう自転車を購入してしまい、旅をする人ですね。

中には、そういう事をきちんと説明しているにも関わらず、カッコだけで自転車を買う人までいます。

自転車関係の人は、この写真を見て、マッドガードを付けずに本気で旅をしたらどうなるか?

思い知ればいいと思う。

今回のこの写真が良い実例です。

それでも、なおガード無し自転車で旅をしようと言う方は、どうぞ宿に入る前に、宿の方に失礼なきよう、洗濯をなさるべく、洗剤などをたっぷり持ってお出かけ下さい。

ひらの

画像掲示板見ました。 - brm-codama 2013/12/29(Sun) 22:53 No.2082
これは、さすがに凄いし白いバッグが汚れるのは辛いですね。
自分も真冬に九州ながら雪の日に走って雪があちこちに詰まってタイヤの抵抗になり困るので 時々木の枝などで突付いて取りながらという経験はありますね。
でもひらのさんの愛車を見ているとチェンやギヤなど駆動系が激しく痛みそうでツーリング中はそうそう手入れが出来ないでしょうから自転車の悲鳴も聞こえてきそうです。

Re: 畳文化とランドナーの泥除け。 - 諭鶴羽 鶴子 2013/12/30(Mon) 06:29 No.2083
 しかし監督、クリアランスの無さと、凍りつく隙間を理由にガードなしで行かれたのだから、普通はキャンプの、宿や交通機関においては服装を着替えてをされたなら、他の人もこれに値するのかもですよね。ガードなしは、

 スポーツウエアを身に纏い
 宿泊はしない
 移動も自身の自動車で

 こんなところかと察します。マナーの良いサイクリストならば。他人他物を汚さないと申しましても、コンビニ前で寝転んでいるバカでも列車座席へと座っている現在、畳部屋に上がる以外は、どうなんでしょうね。全部がホテルを利用ですと、着衣を脱げばドロドロも許される、ここ日本でしょうか。まぁ、コンビニ前で寝転んでいるそのバカ連中も、畳部屋に遠慮なく入っています。

 「親の教育がなっていない」というのが、あの警官さんの口癖でした。自転車関連人だけの教育だけでは、おさまりつかないようなです。アメリカナイズが浸透してきた証拠?。ジーンズが普通になった?。わたしの子供の頃は怒られてました。下のものを上にあげるなんて。たとえば、下においた手提げカバンを椅子に置くなんてことですね。

 アフリカへ行ったことのあるサイクリストは、アンチ泥除け派だった筈です。^^

自覚の問題 - ひらの 2013/12/30(Mon) 10:51 No.2084
アンチ泥除けの人たちがいても、それは意図的に外しているならば、一向に構わないと思います。

僕は基本的に嫌ですけど。
しかし、北海道などで、ガード付きの自転車の存在さえ知らず、または、ガード無しの自転車しか購入できずに旅してる人たちを腐るほど見てきたわけです。

みんな単純に大変でしょ?って思わざるをえません。

だから、僕は発信する立場だから、こうなりますけど、みんなこれでいいの?
という、疑問の提出です。

あと、泥除けに限らず、旅人は、基本的に地元の人にとってはお邪魔虫である、という自覚が大切だと思う。

孤独を噛みしめる事です。

突き破って、有り難さを知る - 2694 2013/12/30(Mon) 10:58 No.2085
昔、マスプロランドナーが盛んなころは、ランドナーが商売になるから作ったはずです。現在は、もっと楽な商売の仕方を身につけたということでしょうか。
今回のひらのさんは、ランドナーの世界を突き破って、ランドナーの泥除けの有り難さが身に沁みたのだと想いました。
ひらのさんには、菅原さんのダンディズムへのリスペクトというか、憧れがありますから、厳冬期ツーリングでそれを実現するのは、これからも難しそうです。
鶴子さん、2694は、少し浮世離れしているので現実世界に苦しむほうがいいんですよ、自転車だって、タイヤを地面に付けてないと走れません。
またまた良いお年を、2694

地味な存在になりたいのに - ひらの 2013/12/30(Mon) 12:02 No.2086
2694さん、どうも。

以前にも、厳冬北海道ツアーで、ガード無しによる同様な現象はありましたが、今回はちゃんと記録して訴えておこうと思いました。

自転車旅人被害者の会の代表の代わりに訴えておこうという気分ですね。

しかし、昔のようにランドナーやキャンピングによるロマンがどんどん少なくなってるって事ですね。

菅原さん的なダンディズムとは、少し違うかもしれませんが、菅原さんの時代は、今と違って、さらに菅原さんみたいな人は相当な異端児だっただろうから、想像するに、気持ちに筋金(ヤキ)が入ってないと、ああいう事はなかなか難しかったのではないか?と思います。
菅原さんは孤独だったと思いますね。

あ、よいおとしを

見渡すと - brm-codama 2013/12/30(Mon) 18:45 No.2087
マッドガードは復活しつつあるように感じます。
雨が降る温帯の日本ではレーシングモデルに脱着式のマッドガードもあり使い物にならないかというと 実際に使ってみると意外にも快適です。
厳冬期を除きツーリングなら汚れたままだと失礼過ぎて椅子にも座れません マッドガードは必需品じゃないでしょうかね。
格好いい素敵なスポルティーフや渋いランドナーをその文化とともにどんどん世に出してレーシングモデルだけが自転車じゃない事をアピールしなきゃいけませんね。

ありふれた日常のように、ささやかな豊かさのように - 2694 2013/12/31(Tue) 00:14 No.2088
田舎では、未だにランドナーに乗ることは、孤独です。
普通にありふれて、在って然るべきものが、極めてマイナーに過ぎない時、せめて乗り手である2694自身は、ランドナーに乗るのがあたりまえだろ、何も特別なことじゃないよぐらいの顔して走らないと、と思うのです。
終わらない、たぶん終わらない来年も。

本当にそうですね - ひらの 2013/12/31(Tue) 02:18 No.2089
2694さんの言う通りですね。
せめて、サイクリングぐらい普通にありふれたものであってほしいし、それに沿った普通の機材が一般的に、普通に存在して欲しいだけなんですよね。

レースやMTBの世界の方が特殊なはずで、それを一般に近づけたクロスバイクだって、本来ではないと思う。

brm-codamaさんの仰るように、ガードは前よりずいぶんみなさん付けるようになったと思うし、ランドナーも昔よりかなり復活しましたよね。

映画とか、サイクリングとか、冒険的な憧れサイクリングなどが無い、またはそれに沿う形でのしっかりとした道具が一般にありふれてない世界は、嫌な世界だと思います。

僕なんかも、目立つのが目的ではないのに、自分の目的に沿う形になると、目立ってしまう世の中って、どうよ?って思います。

厳冬北海道ツアーが一般的だとはまったく思わないけど、自分の中では、サイクリングの枠の中のひとつではあります。

そのぐらいサイクリングは自由だ、って事でしょうか?

画像を - ひらの 2014/01/08(Wed) 23:09 No.2116
画像掲示板に掲載しました。


以下、
今回の旅について。


冬の北海道日本海側を、さんざん「殺伐」と記しましたが、実はまったく違います。

白と黒。
空の暗い灰色と、海の突き抜けた緑色。

青すぎる青。

たまに切り裂くナイフのような太陽のオレンジ色。

豊かです。

時々、広大な毛布のような白い雪が、全ての色を消そうとする。

透過光のフィルムに、豊かな証拠がたくさん記録されている。



ただの冒険旅行ではない「何か」が撮影されたフィルムには潜んでいます。


本当の殺伐は、別にある。


ひらの

殺伐 両義性 - 2694 2014/01/09(Thu) 00:24 No.2118
ある距離を踏破した記録、数値化された冒険
放り込まれた世界への眼差し、走り進むこと、余儀無く強いられる停滞も、冒険する知覚の只中に、刻々と映り変わる風景、風景はそこにひらのさんがいるのだから、ひらのさんは風景、風景はひらのさん

殺伐も芳醇も変転する世界を表すとしたら、殺伐も殺伐のままに、芳醇は芳醇なままなはずもなく、絶えずひっくり返り、往き来する、ひらのさんの殺伐、ひらのさんの芳醇

Re: 厳冬北海道日本海ツアー - brm-codama 2014/01/09(Thu) 02:39 No.2119
ひらのさん 画像掲示板を見ました。
こちらで普段生活する景色とは全く違う空間が広がっていて 見ていると今にも手元足元が凍てつきそうです。
そして過酷なはずの旅に惹かれるもう一人の自分がいる事にも気付かされます。

旅とその後。 - ひらの 2014/01/09(Thu) 19:09 No.2120
今回の北海道旅は、今までの過去の厳冬旅に比べると地味な部類に入ります。

しかし、地味だからこそ、むしろ違う事に気付かされる、という感覚が、今回の旅にはありました。
行動中は、考えたり感じたりするゆとりはありませんでしたが、戻って、こうしてじっくりと写真を選んでいると、じわじわと、いろいろな事が浮上してきます。

厳冬北海道旅というと、どうしてもスペクタクルな冒険紀行のイメージで他者も自分も捉えがちですが、実はそこに自転車旅の本質は、あまり無いんではないか?…と。

そういう旅ももちろんありますが、今回はフィルム群が「違うでしょ?」と、穏やかに語りかけてくるような感じ、といいますか。

自転車旅は、後にこういう発見もあるから、やはり面白いですね。

例えば、冬の北海道は空がとても近いなあ、とか。

空がとても近いはずなのに、走っても走っても決して追いつく事ができない感覚…。

といいますか…

いやあ大変ですよ。 - brm-codama 2014/01/09(Thu) 19:25 No.2121
凄い吹雪の中や豪雪の中をという訳じゃなくても凍てつく空気感は伝わってきて 熱帯とは違う氷点下独特の冷たい色彩が甘いもんじゃないよと静かに景色を通じて伝えているようです。
それにしてもセルフ撮影は何人分も役割をこなさなければならず大変ですね。

北海道が好き - ひらの 2014/01/09(Thu) 19:44 No.2122
まあ、北海道が好きでないとできないかもしれませんね。
セルフ撮影は、手間隙がすごくかかり、大変、面倒な作業ですね。

オーダーフレームを作るのと同じぐらい(笑)

職人さんならわかるかと思いますが、手間隙かかる場合、とにかく手際よさが勝負となります

狙いを定め、素早く、確実に、落ち着いて。

大雪なんかの場合だと、ぐずぐずしてると、どんどんカメラが大変な事になってしまうので、特に手際よさが重要です。

まあ、撮影は地道な作業ですね

ニューサイクリング2014年1月号 投稿者:brm-codama 投稿日:2013/12/23(Mon) 03:23 No.2064   [返信]
昨日ニューサイクリング2014年1月号が入荷しました。
ランドナーでの自転車ツーリング好きには堪らない内容の号ですね。思わず野山へ走りに行きたくなりました。
そしてお馴染みの鶴さんの「ルララ、宇宙の風に乗る〜北信濃から頸城へ〜上」が掲載されていますよ。

Re: ニューサイクリング2014年1月号 - S藤 2013/12/23(Mon) 22:35 No.2066
こんばんわ。初投稿になりますS藤です。
昨日、秋月のあたりでツイードジャケット着用で
黒いスポルティーフに乗っていた方とすれ違ったのですが
QQQのメンバーの方なのでしょうか。

実際にツイードで自転車に乗っている人を初めて見たので
驚きましたが、とてもかっこよかったです。

ツイードジャケット - 2694 2013/12/26(Thu) 07:46 No.2068
S藤さん、こんにちは
普通のツイードジャケットだと腕が前にいかなくて自転車には向かなかったりします。ノーフォークジャケットとかだといけるかもしれません。自分は、ニッカーは、オーストリアの昔のスキー用に作られたものを見つけて履いたりしました。
普段乗りで喫茶店に行ったり、食事したりするならレーパンじゃないですよね。今のロードの格好ならコンビニの店先しかいる場所がありませんよね。

誰でしょう? - brm-codama 2013/12/26(Thu) 09:13 No.2069
S藤さん 走っていた人が掲示板を見ていたなら書き込みがあるかなと思っていましたし、その印象から何となく**さんかなと思っていましたが、反応もないので違ったんでしょう。
ただしかしランドナーに乗って走る人も少し見かけるし 様々なメディアでツイードランが紹介されて来たので英国風にジャケットを着て走る方も近辺でも若干いるのではないでしょうか。自転車へたいして興味のない女性でも本場ツィードランの写真を見せると これは素敵ね!も言いますからね。以前クラブランでもメンバーが提唱し着用してくれるメンバーもいたので わずかながら周囲へ影響を与えているのかもしれません。
自分自身は英国のファッションに詳しくないんですが自転車ツーリングなどでは修理や転倒もあるので大事なジャケットは避けドレスダウンという考えで着用するという話は聞いた事があります。
2694さん 昔は登山やスキーでも本来は紳士の身だしなみだったと聞きますね。自分なんかは耳が痛い方です。

ヘルメット着用は、つらいよ - 2694 2013/12/26(Thu) 22:39 No.2070
安全の為にヘルメットをかぶっているので、着るものには苦労します。ランドナーは、自転車にホイール径、タイヤの太さ様々なようにレーサーかツイードかではなく、個人に応じて色んなスタイルがあるのが、あるべき普通だと思っています。
ツイードランが服サイドからの自転車への刺激なら、逆も必要です。乗車に適したものが作られてほしいです。街乗り用に作られた自転車ウェアのほとんどは、中途半端な機能と安い造りのものばかり、ひらのさんがオーダーに走ったのは必然です。

オオツカさんは - brm-codama 2013/12/27(Fri) 22:55 No.2071
忙しいようで29日(日曜)にしか来られないそうなのでニューサイクリング誌は一応28日夜に持って行きます。

ファッションと機能性の両立 - S藤 2013/12/28(Sat) 01:08 No.2072
こんばんは。
ファッションと機能性の両立は難しいですね。
火野正平さんの様な自由な着こなしができればいいなとは思いますが
速く走ろうとなると大変でしょうね。
自分もロードレーサーで走る時はコンビニにか自動販売機でしか飲食できないです。たまに勇気を出してお店に入るとやはり怪訝な顔をされ気まずい思いをします。アモレッテのようなお店の存在はありがたいです。
突き詰めると洋服も自転車の様にオーダーメイドするしかないのかもしれないですね。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
記事No 暗証キー

- E-PAD -