続・3QQQ掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ (必須)
Eメール
タイトル
メッセージ (必須)  [絵文字入力]
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
サンツァー(純国産だった頃)の想い出 投稿者:brm-codama 投稿日:2014/07/21(Mon) 16:03 No.3232
先日 先輩から連絡があり、サンツアーの社長であった河合淳三さんが7月3日に他界されたようです。御年92歳。
以下は変速機データブックの製作者のブログからです。
「サンツアー版変速機データブックは3冊目は、フランスのユーレーの予定だったが、サンツアーの変速機にお世話になったサイクリストとして河合さんに届けたいと思い、ユーレー版よりサンツアー版のデータブックを先行することにした矢先だった。残念ながら間に合わなかった。残念、本当に残念である。しかしサンツアー版のデータブック造りを中断するわけにはいかない。変速機データブックを完成させて河合さんの墓前に届けたいと思う。」
そこで皆さんもサンツァー(純国産だった頃)の製品を実際に使った思い出が沢山あると思うので このスレへ投稿して頂き それらが供養代わりになればなあ・・・と思います。

Re: サンツァー(純国産だった頃)の想い出 - brm-codama 2014/07/21(Mon) 16:22 No.3233
自分がサンツァーを最初に愛用して使った記憶は42年ほど前購入した自転車(27×1.1/4)に装着されていたサンツァーGT/Rメカ(ワイドレシオ用)とスパート/Fメカ、Wチェンジレバー(ステムシフト)だったと思います。スキッター/Rメカやスパート/Fメカは友人達のジュニアスポーツ車(セミドロップハンドルに加えWヘッドライトが流行)に沢山付いていた記憶があります。
当時V/Rメカ、Vラックス/Rメカやコンペティションツイン/Rメカ、サイクロン/Rメカ(初代)を愛用したり試し乗りしました。その後自転車製作に関わる仕事に就いたのでピスト用ロード用MTB用と採用・装着しSRサンツァーに変わるまでを見て来ました。
いずれも廉価で軽量・高性能を目指しコストパフォーマンスはダントツのトップクラスだと当時は感じていました。

初めて入手したのは - フリーダム 2014/07/22(Tue) 08:53 No.3235
やっぱりソンツアーでしたね。まだパンタが一般的じゃなかった、タケノコですが、確か中3だったと思います。その後高校になって、コンペティションツインをパンタで初めて使いました。
プルプル機構ですが、タケノコよりも具合がよくて、それからがこの世界へどっぷり浸かったようになったと思います。

Re: サンツァー(純国産だった頃)の想い出 - TOM上田 2014/07/23(Wed) 16:25 No.3237
一番思い出深いのは、1966年に購入したコンペティションですね。タケノコのサンツアー・ワイドから、ユーレー・ズベルト。その次の愛用でしたが、応答が速くレバー・タッチも軽い優れたリア・メカでした。難点はカシメの材質がヤワだったのか、ガタが出てしまうこと。今は、高校時代に一緒に購入した亀さんの形見パーツとしての1台が手元に残っております。

Re: 変わり者なシマ〇と正直者のサンツアー。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/07/23(Wed) 18:17 No.3240
 ジュラエースと又、600も発売されていた入門時でしたが、サンツアーセブンが鉄魂ランドナー1号にアッセンブルされていて、当時の憧れだったアルマイト色の600に換装した矢先、自転車そのものをクロモリ車に乗り換えてVTラックス、SLへとでした。初めてのオーダー車である旧のランドナーは、ユーレーやヌーボハブを使った、国産から舶来志向へと変わりましたが、88年のマウンテンにはランドナーも含めて純国産志向となったが為、インデックスのXCをフルで使いました。このあたりまで本格的旅行用車にシマ〇を使う人は少なかったですね。というか、フランス製パーツも一皮向けた作りになっていましたから、態々と国産を求める必要もなかったといいますか。一番の思い出は、そうですね、
 デサイン的に丸み膨らみを帯びていたサンツアーが好きということ。この丸み膨らみが舶来品との相性に良かった訳で、カンパニョロやフランスパーツに折り込んでも良い感じでした。要は、マニア向けだったということでしょうか。ああなったのもマニアへ目を向け過ぎたせいとも聞きますし、スタイルの良い女に目を向け過ぎて破滅するのと同じにて、マニアに対しての過度の思いやりは禁物で、生き残ってさえしてくれていたならば、今のツーリングシーンも変わっていたのかもしれませんね。サンツアーのツアーは、旅行という意味でしょうか?。太陽の軌跡?。レースツアーを示したもの?。何れにしましても、現在生産されていたらば、シマ〇ではなくてサンツアーを選ぶかと思います。^^

Re: サンツァー(純国産だった頃)の想い出 - BB 2014/07/23(Wed) 20:52 No.3241
やはりスラントパンタとデザイン性。これに尽きます。

また、昔乗っていたシルクキャンピングのメインメカはサンツアーでしたが、手入れを怠るとすぐに錆が発生することを度外視すればノントラブルでした。

今、現役で使っているのはバーエンドコントローラー、XCトリプルプーリーRメカ、シュパーブLF穴なしハブ。
今後、手持ちの旧サイクロン3点を使いたいもののイメージが固まりません。河合さん。どうしましょう?

Re: 憧れたキャンピング車もサンツアーの想い出。 - 諭鶴羽 鶴子 2014/07/24(Thu) 17:39 No.3242
 BBさん、サイクロン1点を旧ランドナーにアッセンブルし、使っています。前はクレーンでした。その前はジュビリ。えらく高く売れると聞いて売りました。よって、そこそこな前に天王寺のお店で買っていたサイクロンを取りつけた(取りつけられた)次第です。シルクのそれは、今は離縁なんでしょうか?。レバーの直付けはカンパタイプでは駄目だった記憶ですから、その3点のうち2点を
 http://store.velo-orange.com/index.php/frames.html
 これらなどに、どうですか?。ベロみかんさんはフレームも販売しているみたいです。国内でオーダーメイドをと申したいところですが、納期、価格ほかの問題がありますから、もしもわたしの手持ち自転車の全部が家出したとしたなら、みかんフレームの購入を考えるかもしれません。キャンピング愛好家なBBさん(?)をゲットしたいなぁ。ここ3QQQでは、監督とわたししか存在しないキャンピング・ラン・ファンですからね。^^

Re: サンツァー(純国産だった頃)の想い出 - 2694 2014/07/25(Fri) 08:34 No.3243
自分が自転車始めたころには、サンツアーはありませんでした。固定車に乗り始めて、ホイールのハブは、シュパーブプロでした。多段変速になってからは、クレーンの次は、サイクロン。変速のフィーリングが掴みやすかったです。シュパーブのシートピラーも使ったなあ。
鶴さん、画像掲示板みました。2枚目と最後の輪行に纏めたのをちょっと遠めに撮ったのが好きです。
自分のフロントバッグのベルトの留め方は、できるバッグと出来ないのがあります。ベルトを通す穴が貫通しているのなら出来ます。ハンドル周りがすっきりさせたい為です。

記事No 暗証キー

- E-PAD -