続・3QQQ掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ (必須)
Eメール
タイトル
メッセージ (必須)  [絵文字入力]
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
なかのさんのクラブモデル 投稿者:TOM上田 投稿日:2015/12/30(Wed) 21:12 No.4016
かねてよりこっそり7打ち合わせをしていた新作の画像を拝見して、大層喜んでおります。531の旧タイプデカールを貼ったのは、大正解です。少し辛口の嫌ごとをのたまわさせて戴ければ、フレームカラーは英国のナショナルカラーである黒にしたうえで、赤・青・白をアクセントにしてほしかった点。ブルーメルのマッドガードとタイヤの間隔をもっと開いてほしいの2点です。インフレーターの位置については、各論が有るでしょうが、使いやすさの合理的判断としては、この位置で正解でしょう。実際、カールトンの1962年カタログの最高級モデルもこの位置でした。その他は全く異論有りません。細身のフォークが先曲がりに加工されている点が一番嬉しかったですよ。早く実物を拝見したいものです。

Re: なかのさんのクラブモデル - brm-codama 2015/12/30(Wed) 23:43 No.4017
TOM上田さんの投稿で気付きました。
画像掲示板の「英国風 クラブモデル ?」を見させて頂きました。
Fフォークはレイノルズのチューブセットには最初から曲がったフォークブレードの仕様もありましたが、よく似ていますね。マッドガードとタイヤの隙間は英国本家では向こうが見えるぐらいのがほとんどですが、今回のブレーキアーチの寸法の関係でそうも行かなかったのでは?
カラーは個人の好みもありますしね。
久しぶりに見ていて楽しくなりました。なかのふりーさん ご苦労様でした。クラブランの時にでも実車を見せてください。

画像掲示板 - フリーダム 2015/12/31(Thu) 08:11 No.4019
には、詳しく書きませんでしたが、じつはフレームは自作ではないのです。ベースは1970年代のブリジストンのグランベローです。流石 brm-codama さんのおっしゃるとおり、当時の531をそのまま使用していると思います。ホークの曲げや、ホーク、ステーの先端の処理などは、レイノルズのオリジナルです。当時の雰囲気が伝わってくるのも当然かと…。

TOM上田さんともう少し、打ち合わせを・・・と言うよりも、英車のことを教えてもらうべきだったと、今頃になって思います。ナショナルカラーが黒ですか。黒を基調に赤白青を所々に・・・・その方がよっぽどデザインし易かったと思いますよ。

ガードとタイヤとのクリアランスはフレームが既製品のため、仕方ないのですが、ガードをブルーメルのもっと深さの浅いものを選択すれば、それらしくなるのも分かっています。このたびは、白にしたかったので、手持ちにはポピュラーしかなく、それを使用しました。

Re: なかのさんのクラブモデル - brm-codama 2015/12/31(Thu) 16:11 No.4020
なかのふりーさん そうでしたか、それなら付くブレーキアーチやガードの隙間も制限があり今回は仕方ありません。また逆に直付け個所はトップチューブのトンネルなど除去してバンドにしても良かったかもしれませんね。
しかし発売時の姿についつい引きずられる古いマスプロ製完成車のフレームの特長を生かした意外な再生術は、参考になりますね。

Re: なかのさんのクラブモデル - BB 2016/01/01(Fri) 07:57 No.4021
泥除けを外せば街レースに出ることができる英吉利のクラブモデルは「夢いっぱい」というイメージがあります。
『お小遣い貯まったらあそこを変えようかな』みたいな

でも、今こういうのをリリースされては参ってしまいます。

あ。あけましておめでとうございます。

昨年夏に - フリーダム 2016/01/01(Fri) 10:01 No.4022
母が亡くなり、喪中につき新年のあいさつは、控えさせていただきますが、製作は相変わらず続いております。
                            brm-codama さんのおっしゃるように既製品のフレームに手を加えるのはかなり考え込んでしまいます。特に、タイヤとのクリアランスあたりを。
トップチューブのアウタートンネルは、逆でして何もなかったのに、アウタートンネルをつけました。
英車のほとんどがやってる、前と後ろにアウターストッパダボを取り付けてその間をアウターなしのインナーを見せる。僕は、なぜかそれが大嫌いで、今まで作った全車種にも採用してないくらいです。それと絶対にやりたくないのが、インフレーターのトップチューブ下への取り付け。あれは、使っても、見ても、良くないですね。英車にはそれが多いんですが。


話は戻って幸い、当時の純粋なレーサといえども、結構クリアランスは広く取ったあるので、何とかなりましたが。
当時ラージサイズとかスモールサイズと呼んでいた、ラージサイズ仕様なら、ガードが付けられるという感じですね。

GBのシンクロンというアーチは、700Cでも、32ぐらいは行けそうなほどラージサイズで、シー船を取り付ける長穴が縦に27mmもありましたが、そのままでは、とてもやぼったいので、下を短く切断して12mmに改造しました。

BBさんがおっしゃるように、クラブモデルはガードを外せば直ぐにレーサーになる作りのようです。だから、ガードをすぐに外せる作りにすべきなのでしょう。ブルーメルのガードがひっかけ式に作ってあるのも、頷けます。
TOM上田さんに、一番最初に聞いたのがこの部分を、フランスがよくやっている隠し止めを、採用してはおかしいでしょうかと。
それは、外したり、付けたりを再々やらないのなら、隠し止めも良いんじゃないですかと・・・・それで決まり・・・ガードを外すことは無いので、よりきれいに、よりしっかり取り付ける方が言いに決まってる。

そんな訳で、全てが純粋なクラブモデル仕様じゃなくて、イタリアやフランスの良いところは取り入れています。まあこれは、個人的な好みもありますけど。

Re: なかのさんのクラブモデル - TOM上田 2016/01/03(Sun) 10:40 No.4027
書き込みが賑やかになってきましたね。なかのさんの新作は、正しくはクラブモデル風快走車でしょうか。20世紀初頭には道路舗装率が90パーセントを超え、地形的には平坦路となだらかな丘陵地が混ざる英国のスポーツ車は、各地のサイクリングクラブ対抗のタイムロライアルの中で発展してきました。1950年代前半までは、リアハブのダブルコグが主体で、片側フリーギヤ、もう片方が固定ギヤの装備で、トライアルレースには固定ギヤで挑む形式でした。映画監督の平野氏がかって所有していたクロード・バトラーはホイールを入れ替えた時に、スターメイの内装変速機に変更されており、当時の姿そのままではありませんが、雰囲気は充分に伝わってきます。その後、外装変速機の普及やフランス、イタリアなどからの影響を受けてマルチプルフリーの採用となりましたが、1960年代初頭まではフロント・シングルギヤが大多数であり、なかのさんのようなタイプは各メーカーの最上級モデルでした。
因みに5ピンでギヤ板をクランクに留める方式は、意外にも英国のBSA(バーミンガム・ショート・アーム社)の特許です。
こうした点を考慮に入れながら掲示板の写真を見直しては如何でしょうか。
確かに細かい点では伝統的手法とは異なりますが、各工房もオーダーで細部の仕様を請けていたはずですから「それも有り」と考えたいものです。
それにしても1970年代半ばのBSの工作技術はオーダー工房顔負けですね。BSの高級車はダイヤモンドのシリーズまでしか実際には目にしていませんので、見抜けませんでした。流石にcodama氏はプロのビルダーです。

77年製ランドナー - フリーダム 2016/01/11(Mon) 19:25 No.4036
画像掲示板にアップしました。今でも、はっきり覚えているのが、長男が生まれた年だったので、・・・・。

贅沢にも、531のフルセットで作りました。ラグレスでローのてんこ盛りをやすってヌメーっとした感じに、所謂フランスの工房でよくやってる感じに、仕上げたものです。

ヘッドチューブを長く見せ、しかもトップチューブはステムの長めのものを使いために、ヘッドはかなり寝せております。

今考えると、あの頃もいろいろと考えてたんだなー思い、懐かしくなります。

Re: 3点カラー - 諭鶴羽 鶴子 2016/01/12(Tue) 05:46 No.4038
 拝見しました。ブラジル、いえ、小倉77ですね、会長。70年代は色々と考えたい自転車だったのかもです。オーダーメイドも、この点を強調していた向きもありましたね。手作り、特殊、車格が好まれた時代でしょうか。しかし、会長の色センスの良さに脱帽です。工作関係も色あり!。長いリアセンターも今となっては色があり!。自転車の色気復活に期待したいですね。今風の自転車で人気なのはビアンキなそう。チェレステカラーに代わるものがハンドメイド車に欲しいところです。3点セットの色づけが目のつけどころでしょうか。うなじ、むね、太腿に相当の(?)。^^

Re:  77年ランドナー - brm-codama 2016/01/12(Tue) 10:01 No.4039
なかのふりーさん 見させて頂きました。38年前は自分が高校を卒業した年でNサイ全盛時代でもありました。
しかし様々な試みをされていますね、Rメカのプーリーゲージやプーリーがパンタ部とデザイン・質感が合わない感じがします。設計値が同じで古いデザインの鉄ゲージや黒い丸プーリーを自作すればいいのでしょうけどかなり大変です。元々シングルプ−リーですから同じメーカーでも時代と思想の差は興味深いです。

Re: なかのさんのクラブモデル - BB 2016/01/12(Tue) 18:04 No.4040
これは「綺麗」
乗ってみたい・・

クラブモデル風 - フリーダム 2016/01/12(Tue) 20:25 No.4041
鶴子さん、BBさんカキコありがとうございます。

あまり、深く考えた訳でもありませんが、過去にいろんなイベントに参加して、んんん〜ちょっとあまり見ない車種に出くわしたことが、きっかけになったかもしれませんね。

それは、フロントバックを付けないで、サドルバックで・・・僕にとっては、凄くお洒落というよりも、新鮮に見えたのが、クラブモデルだったのでしょう。

またそれを乗りこなしている人が、歳が若いわけじゃないけど、なんとも、はつらつとしていたのが、印象的でした。

これって、フランスのスタイルとはちょっと違う・・・その時感じたものです。

うまく、表現できませんが、そのくらいの知識で作った今回の、赤白青です。ナイスボディーのおねーちゃんが、イギリス国旗のワンピースをまとって、さっそうと歩く姿をイメージしたものですと言えば、判りやすいかな。

Re: 会長の画像掲示板 - 諭鶴羽 鶴子 2016/02/01(Mon) 18:45 No.4054
 を拝見しました。グリップシフト、写真だけでは何だか分かりませんが、使い心地は良いみたいです。オートバイでそんなタイプの変速装置はなかったでしょうか?。足が普通ですが。因みにわたしは免許あります。20代のときにとりました。乗ったことないけど。人のを借りて一回だけ。500CCだったです。違反ですね、中型免許なので。

記事No 暗証キー

- E-PAD -